YouTubeマーケティングの効果と成功事例、インフルエンサーの活用方法

YouTubeマーケティングの特徴と圧倒的な利点とは

地上波メディアに、YouTuberが起用される機会も、格段に増加しました。地上波メディアが、積極的にYouTuberを起用することからもわかるように、YouTuberやメインの活動場所であるYouTubeの価値が向上し続けているのです。YouTuberは、人気も影響力も、芸能人以上に注目されるようになり、言動が報道番組等で取り上げられることも少なくありません。

これほどYouTuberが注目されるようになった背景には、時代の流れやYouTubeそのものの特徴が関係しています。YouTuberが活動するYouTubeは、消費者にとって多くのメリットがあり、積極的に使用したいと思う人の割合が高い媒体です。そのため、日々利用者を増やし、影響力や拡散力が大きくなり続けています。

多くの人々が集まり、進化を続けるYouTubeは、マーケティングとしても注目されるようになりました。利用者だけではなく、企業にとっても多くのメリットが存在するからです。YouTubeを利用したマーケティングは、今後ますます発展し、世間に与えるインパクトも拡大していくでしょう。まだ、YouTubeマーケティングを実施したことがない企業は、早々に利用を検討する必要があります。

YouTubeマーケティングの種類及び特徴

今やYouTubeは、消費者が時間を潰したり、楽しむだけに使用するSNS媒体ではありません。芸能人が積極的に参加していることからも分かるように、YouTubeには様々な可能性が存在します。様々存在する可能性の1つが、マーケティングです。

YouTubeを活用したマーケティングを実施することによって、企業は多くのメリットを手に入れることができます。ここからは、YouTubeに存在する機能を活用したマーケティング方法について、ご紹介していきましょう。どのようなマーケティング方法が存在するのか、またそれぞれどのような特徴を持っているのか、詳しく解説していきます。

YouTubeカード

YouTubeで投稿する動画に、「YouTubeカード」という機能を設定することができます。YouTubeカードとは、動画右上に表示させる「i」マークのことです。以前は、パソコンで観覧した場合のみ表示させることができましたが、現在は携帯電話で観覧した場合でも表示させることができます。YouTubeカードで表示させる「i」マークには、6つの機能を設定することができますが、企業がマーケティングで使用できる機能は4つです。

1つ目の機能が、「チャンネルカード」と呼ばれる機能です。任意のYouTubeチャンネルを設定することができ、「i」マークを押したユーザーを、該当チャンネルに誘導することができます。動画再生回数を増やし話題となるため、もしくは、チャンネル登録者数を早急に増加させたい時に使用する方法です。

2つ目の機能は、「リンクカード」と呼ばれます。YouTubeチャンネルやYouTube内の動画を設定するのではなく、自社の関連ウェブサイトを設定することができる機能です。「i」マークを押したユーザーを、自社ホームページへ誘導したり、購入先等に直接誘導することができます。YouTubeカードの中で、最も多く使用されているのが、このリンクカードです。消費者の行動に関する導線を整備することによって、購入などのCVがスムーズになり、促進されます。

3つ目の方法は、「アンケートカード」です。動画再生中に、アンケートを実施することができます。選択肢は、最大5つまで設定することが可能です。アンケートカードは、ユーザーの思考や意思、傾向を知ることができるツールではあるものの、回答するためにはYouTubeへログインする必要があります。ログインせず、YouTubeを視聴しているユーザーも多いため、抵抗感を感じさせてしまう恐れがあるでしょう。また、アンケートに答えたからといって、企業側が何かを提供できるわけではありません。景品やポイントなど、明確に還元できないため、アンケート機能は回収率が高くないと言われています。

4つ目の方法は、「動画カードまたは再生リストカード」です。「i」マークに、再生リストと呼ばれる動画一覧を、設定することができます。YouTubeカードを設定する動画で、観覧者の興味を惹き付け、他動画に誘導する方法です。自社が作成した動画以外であっても、設定することができます。この方法は、他複数動画を見てもらう際に活用される方法です。再生リスト内に気に入る動画があれば、チャンネル登録をしてくれる可能性も高くなります。

チャンネル開設

YouTubeを活用してマーケティングを行う際、チャンネル開設するという方法もあります。独自に運用できるチャンネルを開設することによって、オリジナリティの高い動画を投稿したり、より自由な運用が可能になるのです。チャンネル開設には、利用料や登録料などが一切発生しないことも、魅力の1つだと言えます。運用する内容や頻度、動画を投稿する件数等に関わらず、全て無料で実施することができるため、大きなメリットです。

キャラクター作成

YouTubeでは、様々な動画を投稿することができます。自社商品の使用用途を発信する動画や、社員を出演させ、社内の様子を発信することもできるのです。しかし、YouTubeやその他SNS媒体は、1度発信してしまうと完全に消し去ることはできません。そのため、自社社員を出演させることに、抵抗を感じることもあるでしょう。そこで活躍するのが、キャラクターです。キャラクターを作成し、キャラクターを介した動画を投稿する方法があります。

デジタルタトゥーとして、動画を残すデメリットもありませんし、キャラクターが魅力的であれば、新規顧客を獲得することも可能です。作成するキャラクターは、立体的でなくても、問題ありません。2Dや3Dなど、自社の特徴や、作成コストを加味して選択してみましょう。

広告

動画再生画面や、動画再生の合間に広告を出し、マーケティングを行う方法もあります。設定する広告の種類によって、表示される時間であったり、ユーザーが読み飛ばせる秒数などが異なります。より、ユーザーに見てもらえる可能性の高い広告は、高額で取引され、比較的多くの会社に提供されている広告は、低価格で利用することが可能です。

YouTubeには、多くの人々が集まり、それぞれに動画視聴を楽しみます。そのため、YouTubeで広告表示させることは、マーケティング効果が期待できるでしょう。しかし、地上波テレビでも発生したように、視聴者は広告を避けようと試みます。有料のアプリを導入し、広告を非表示にしたり、広告を表示させない裏技も出回っているのです。広告を見てもらうためには、視聴者が楽しめるクリエイティブなものでなくてはなりません。様々な工夫を凝らした広告を、作成してみましょう。

YouTuber

YouTubeを活用したマーケティングで、近年最も注目されている方法が、YouTuberを起用したマーケティングです。影響力を持つYouTuberに対価を支払い、自社商品のPRを依頼します。ユーザーに影響力を持つYouTuberがPRすることにより、商品への信頼度が高まり、購買行動を起こしやすくなるのです。また、YouTuberのPRは訴求力が高いため、企業自ら行うマーケティング以上の成果を出すことも少なくありません。

YouTuberを起用したPRは、多くのメリットがあるものの、起用段階で注意が必要です。登録者数の多さだけで、依頼するYouTuberを決定してはいけません。これまでの動画投稿頻度や内容、チャンネル登録者の傾向など、様々な情報を整理し、慎重に採用する必要があります。なぜなら、YouTuberのイメージがそのまま企業及び商品に定着してしまうからです。

YouTuberなど影響力を持つインフルエンサーの起用は、容易ではありません。これまでのインフルエンサーマーケティングの実績、ノウハウが必要となります。もし、YouTuberの起用に不安を感じていたり、インフルエンサーの起用に関するアドバイスを欲しているのであれば、専門企業であるコラボマーケティングに依頼してみましょう。適切なサポートを受けることができ、スムーズにマーケティングを実施することができます。

インフルエンサー

YouTube以外のSNSで活躍するインフルエンサーを起用し、マーケティングを行うこともできます。自社チャンネルを開設しても、視聴者がいなければマーケティングは成立しません。そこで活用するのが、他SNSで活躍するインフルエンサーです。YouTubeは、動画を視聴するという特徴があるため、拡散力が爆発的にあるというわけではありません。優れた動画を作成しても、適切に拡散されないこともあるのです。

そこで、拡散力を持つ他SNSで活躍するインフルエンサーに依頼し、自社チャンネルをPRしてもらいます。物品PRとは異なるため、宣伝色が薄く、視聴者の増加が期待できるでしょう。ここでも重要になるのが、インフルエンサーの起用です。トラブルの発生リスクはもちろん、過去の実績から投稿内容の統一性、フォロワーとの関係性など、慎重に確認しなければなりません。「企業案件専門アカウント」など、企業のマーケティングを請け負うためだけのアカウントを持つインフルエンサーに依頼することも危険です。スタートで躓いてしまわないためにも、専門企業に依頼・確認してみましょう。

YouTubeの広告種類及び費用

前項でご紹介したYouTubeの「広告」には、様々な種類が存在します。動画の長さや表示場所、費用などそれぞれの広告によって異なるのです。ここからは、YouTubeの広告種類と、それぞれの費用や特徴についてご紹介していきます。

TrueViewインストリーム広告

動画が表示される画面に映し出される広告が、「TrueViewインストリーム広告」です。インストリームとは、コンテンツの内部に表示されるものを意味しています。つまり、動画を配信するYouTubeであれば、動画内ということです。TrueViewインストリーム広告は、動画内にいくつも設定することができます。

動画広告再生後、一定時間経過したのち「スキップ」というアイコンが表示され、視聴選択できる広告は、「スキッパブル広告」と呼ばれるものです。ユーザーに視聴の選択が与えられず、強制的に視聴させる広告を、「ノンスキッパブル広告」と呼びます。インストリーム広告は、動画内で表示されるため、見てもらえる可能性の高い広告です。

TrueViewインストリーム広告ではほとんどの場合、CPV課金方式が採用されています。CPV課金方式とは、特定の時間再生された場合にのみ料金が加算されるシステムです。基本的に、再生基準時間は30秒となっています。単価は、3~20円程度です。広告ジャンルや、細かい契約によって多少前後します。

TrueViewディスカバリー広告

動画再生画面以外に表示されるのが、TrueViewディスカバリー広告です。動画検索一覧の上部に表示されたり、ユーザーの検索履歴から算出された、おすすめ動画の上部に表示されます。様々な場所に表示される広告ですが、ユーザーが視聴する動画を阻害することはありません。ユーザーが意図的に見る以外の状況で、再生されることがないため、購買行動に繋がりやすい広告です。

費用計算方法は、インストリーム広告と同じく、CPV課金方式が採用されています。単価も近く、3~20円程度です。広告が再生されなければ費用が発生しないものの、ユーザーの意思次第であり、全く見られないことも考えられるため、広告内容やフレーズを工夫する必要があります。

バンパー広告

バンパー広告は、TrueViewインストリーム広告と同じく、動画の再生画面に表示されます。1つの動画に、いくつも設定することができる広告です。また、「動画の途中」「動画再生前」など、様々な場所に広告を設置することができます。

バンパー広告とTrueViewインストリーム広告の大きな違いは、広告の長さです。バンパー広告は、最長6秒間であり、インストリーム広告は30秒以上となっています。最長でも6秒間しかないバンパー広告は、視聴の選択ができません。「スキップ」機能を使うことができないのです。そのため、必ず最後まで広告動画を見せることができます。

また、バンパー広告は費用の計算方法も異なります。バンパー広告は1,000回再生されるごとに、料金が発生するCPM課金が一般的です。広告内容、その他契約によって単価は異なりますが、平均的に400~600円程度となっています。1,000回表示されるたびに、400~600円加算されるということです。

アウトストリーム広告

モバイル専用の動画広告を、「アウトストリーム広告」と呼びます。アウトストリーム広告の特徴は、広告の表示場所です。アウトストリーム広告は、YouTube以外のGoogle動画パートナーサイトに、表示されます。様々なウェブサイト、アプリなどに広告を表示するフォーマットです。

アウトストリーム広告のメリットは、YouTubeを使用したい顧客へ、アプローチできる部分でしょう。リーチを拡大し、新しい顧客取得の可能性を高めます。費用計算方法は、CPM課金方式です。2秒再生されるごとに1回とカウントし、1,000回表示されることに料金が発生します。他広告よりも、課金されるハードルが低いため、初期の単価設定は低めに設定しておくといいでしょう。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、動画再生画面の下部20%部分に表示される、半透明なバナー広告です。再生される動画と並行して、表示されます。表示サイズは小さく、「468×60」「728×90」です。動画を邪魔することなく、広告を表示させることができ点がメリットだと言えます。ユーザーが不要だと感じた時、すぐに非表示にできるところもメリットです。さらに、広告内容と関連性が強いと認識された動画にのみ表示させることができます。そのため、理想的なユーザーへ、的確にアプローチすることができる広告です。

また、オーバーレイ広告は、知名度や認知度の向上にも効果があります。あまり大きな広告ではないため、認知度を上げるためには、デザインなど様々な工夫が必要ですが、ユーザーの視野に入れやすいため、知名度の向上は期待できるでしょう。オーバーレイ広告は、クリックされた場合にのみ料金が発生する場合と、CPM課金方式が存在します。

マストヘッド

マストヘッドとは、YouTubeにログインした際、最初に表示されるトップ画面に載る広告です。携帯電話でも、パソコンでのログインでも広告は表示されます。この場所に広告を掲載できるのは、1日1社のみです。

YouTubeトップページへの広告は、ユーザーのファーストインプレッションとなることから、広告が与える印象は強く、大きなマーケティング効果が期待できるでしょう。広告費用は、CPMもしくはCPDで算出します。。CPDとは、掲載日数に応じた課金方法です。詳細は、広告代理店もしくはGoogle担当者に見積もりを依頼する必要がありますが、数百万円以上になることも珍しくありません。

YouTubeマーケティングの利点

YouTubeマーケティングが注目され、多くの企業が実施している理由は、確かな実績と多くの利点が存在するからです。ここでは、YouTubeマーケティングが有している、様々な利点について、詳しくご紹介していきます。

利用者の多さ

YouTubeは、圧倒的利用者の数を誇ります。全世代を対象にした調査によって、約72.2%の人々が使用していることが分かりました。さらに、10~20代に限定した場合、利用率はさらに上昇し、94%以上となります。利用者が多いことから、広告などのマーケティングを行った際、多くの効果を得ることができるのです。また、購買行動に積極的で、流行に影響されやすい10~20代にアプローチできることも、魅力だと言えます。

低コストまたは無料

YouTubeマーケティングでは、実施するマーケティングの種類によって異なるものの、多くの機能を低コストまたは無料で利用することができます。自社チャンネルの開設、運用等であれば、ほとんど費用は発生せず、マーケティングを実施することができるのです。

マーケティングに費用が発生しないまたは、低コストで利用できるという部分は、企業にとって大きなメリットだと言えます。現在存在する企業は、大手企業ばかりではありません。中小企業はもちろん、個人などの小規模な体制で運用していることも少なくないのです。そのため、マーケティングに関する費用はできるだけ押さえ、大きな成果を手に入れたいと考えることは、当然だと言えます。そのため、低コストまたは無料で実施できるYouTubeマーケティングは、非常に適しているのです。

動画によるメリット

YouTubeを視聴する人々は、何か特定の興味があり、それらを満たすためだけに視聴しているわけではありません。暇つぶしであったり、特に理由もないまま視聴していることも少なくないのです。このように、全く興味のなかった層へ、アプローチできる部分が、動画投稿サイトのメリットだと言えます。

発信される内容が文字や写真だった場合、ユーザーが意図的にそれらに意識を向けなければ、記憶に残ることはありません。しかし、動画であればユーザーが意識しなくても映像が動き、音声が流れ、記憶として刷り込まれます。意識しなくても、記憶として残るため、購買行動に繋がりやすいのです。

スプラリミナル効果

YouTubeに流される動画広告、表示されるバナー広告を、早々に非表示に切り替えるユーザーは少なくありません。「広告」と認識し、内容を見て「不要」と判断するからです。このように、すぐに非表示にされてしまう確率の高い広告は、一見効果が低いと思われがちですが、対価を払ってまで表示させているのですから、効果がないわけがありません。

YouTubeの広告には、スプラリミナル効果と呼ばれる心理効果が働きます。視覚等で捉えたものを意識した時、それらは記憶に刷り込まれるという心理効果です。動画広告で特定の食べ物を目にした後、食事の選択を迫られた場合、広告に従いやすくなります。このような心理効果があることから、地上波メディアでもCM放送を積極的に行っているのです。しかし、近年はテレビ離れが叫ばれ、使用時間は世代によってYouTube視聴時間を下回ることもあります。こういった理由から、現代ではYouTubeのスプラリミナル効果が高いと言えるのです。

的確なアプローチ

YouTubeは、不特定多数に広告を表示させることもできますが、大きな成果を上げているのは、表示対象を限定した広告の場合です。広告表示を限定した場合、より訴求力の高い広告を作成することができます。また、視聴回数も限定されるため、低コストで利用できることもメリットです。

広告を見せる相手を限定する場合、YouTubeのセグメント機能を使用します。セグメント機能は、大変細かく設定することができるため、自社商品の消費者を明確にした後、設定してみるといいでしょう。

訴求力

YouTubeでは、様々な工夫によって広告の訴求力を高めることができます。前項でご紹介したセグメント機能を使って、広告視聴者を限定することも、その1つです。

他には、YouTuberを起用する方法もあります。YouTubeは、チャンネル登録者と共に作り上げていく動画であるため、配信者と登録者の信頼関係は強く、お互いを「支え合う」という認識があるのです。YouTuberを「応援したい」という理由から、動画内に設定された広告をスキップせず視聴するユーザーも存在します。信頼するYouTuberが「発信しているから」という理由から、購入を検討するユーザーも少なくありません。このような関係性は、YouTubeの特徴であり、大きなメリットです。

導線がスムーズ

YouTubeには、様々な導線を設置することが可能です。動画内の広告に、外部リンクを添付することもできますし、概要欄に詳細と購入ページを設置することもできます。このように、様々な導線を設置することにより、ユーザーの行動がスムーズに進行するため、購買行動を促しやすいのです。購入時や登録時、何かしらで手が止まってしまえば、考える瞬間ができてしまいます。また、作業を後回しにしてしまうこともあるでしょう。

このように、その場以外での作業になった場合、半数以上が作業しないという調査結果も存在します。高揚感を持ったその状態のまま、購入や登録作業を実施させるため、導線は明確にそして簡単に設置しておく必要があるのです。

YouTubeマーケティング成功事例

ここから、実際にYouTubeで行われたマーケティング事例について、ご紹介していきます。YouTubeを活用したマーケティングは、これまで様々な企業が実施してきました。その中でも特に、大きな成果を出した成功事例を詳しくご紹介していきましょう。

公式YouTubeチャンネル


公式チャンネルを開設し、知名度及び認知度の向上に成功したのが、avexです。向上した知名度及び認知度は、社名に関するものではありません。チャンネル開設によって知名度及び認知度が向上したのは、avexが担当するアーティストであり、発売される新曲たちです。avexチャンネルでは、発売前の新曲プロモーション動画を流したり、短く編集した楽曲をチャンネル内で発信しました。多くのユーザーが、試しに視聴できるようになったこと、もっと聞きたいという欲求を起こしやすくなったことなどがメリットです。他にも、消費者の詳細な情報を知れるようになったこともメリットでしょう。

さばけるチャンネル


消費者の役に立つ動画を作成し、ブランディングに成功したのが、さばけるチャンネルです。動画内容は、魚のさばき方がメインとなっています。魚を食すことが多い日本では、こういった手順動画が重宝されますし、何度も見返されるのです。また、動画を見返すために、チャンネル登録も行うので、登録者数が日々増加しています。近年では、魚を食す文化の薄い外国人にも人気の動画となり、海外でも話題のチャンネルです。

メルセデスベンツ


これまでとは異なる層にアプローチし、大きな話題となったのがメルセデスベンツ・ベンツ日本です。メルセデスベントは高級車を取り扱っているため、若年層にはなじみが薄い企業だったと言えます。しかし、広告に人気ゲームキャラクターを起用することによって、これまでとは違った若年層へアプローチすることに成功しました。これまでのイメージを壊すことなく、格式高い印象を払拭し、知名度及び認知度を向上させます。

indeedjapan


人気キャラクターとコラボした、成功事例が存在します。それが、indeedjapanです。indeedは、人気漫画キャラクターの実写化を行い、地上波メディアでCMを放送しました。キャラクターの個性を忠実に再現した実写化は大きな話題となり、これまで見られることの少なかったCMの視聴率を上昇させることに成功します。

また、様々な種類のCMを作成し、自社HPやYouTubeに掲載したことも、成功した要因です。多くの媒体を利用するユーザーに、社名やサービス内容を拡散することができました。特定の媒体でしか見られない「隠しキャラ」が登場する広告動画、漫画キャラクターにちなんだシステム検索方法など、遊び心がふんだんに詰まっており、視聴者を飽きさせず最後まで多くの人々を惹き付けた動画広告です。

Qoo10


YouTuberを活用し、自社運営サイトの登録者を増加させることに成功したのが、Qoo10です。Qoo10は、影響力のあるYouTuberに、様々な物品を提供します。提供した物自体は、Qoo10の物ではありません。Qoo10を利用して購入できる物です。こういった間接的な手法により、宣伝色が薄くなり、結果登録者の増加に繋がりました。

ウイニングハンド

人気YouTuberの知名度と訴求力をふんだんに活用したのが、ウイニングハンドです。今や一流芸能人以上の人気を誇るYouTuberとコラボした、アプリ販売を行いました。販売後、人気YouTuberのチャンネル内で紹介してもらうことにより、さらに認知度を上昇させ、購買行動を促進させます。

mspo


こちらも、大きな影響力を持つインフルエンサーを起用した、マーケティング成功事例です。インフルエンサーを起用するだけで、知名度及び認知度の向上が期待できます。また、等動画は、生配信という手法を用いたことにより、訴求力を高めた動画です。チャンネル登録者と共に動画を作る、というYouTubeの特徴を活かし、効果的な宣伝となりました。

YouTubeマーケティングのデメリット

YouTubeマーケティングには、多くの成功事例が存在するものの、行ったマーケティング全てが成功をおさめたわけではありません。多くの注目を集めているYouTubeマーケティングにも、デメリットが存在するのです。ここからは、YouTubeマーケティングのデメリットについて、詳しく解説していきます。デメリットを正しく理解し、マーケティングに活用していきましょう。

嫌悪感

YouTubeマーケティングに限ったことではありませんが、広告に対して強い嫌悪感を持っている人も、少なくありません。このような事象は、ネット広告だけではなく、地上波メディアでも見られます。SNS媒体やアプリに利用料を支払うことには抵抗があっても、広告を非表示にするためには対価を支払うといった人々も存在するほど、広告に対して根強い嫌悪感が存在するのです。

消費者は、多くの事柄を「自分で選択したい」という思考を持っています。そのため、マーケティングのように企業から一方的に与えられる情報に、嫌悪感を抱きやすいのです。広告に対する嫌悪感をやわらげるためには、消費者に自ら選択していると思い込ませる必要があります。広告内容はもちろん、タイミングなど、意味を持ったマーケティングを実施する必要があるのです。タイミングや内容を誤ってしまえば、消費者からの称賛が一瞬にして嘲罵にかわってしまうでしょう。

動画作成

YouTubeは、動画を投稿する媒体です。そのため、動画投稿に関するマーケティングを行う際は、動画の内容が重要になります。地上波メディアや、これまで行ってきたCMとは異なる注意点があることを、理解しておきましょう。YouTubeは、基本的に視聴しているユーザーと作り上げていくものです。一方、地上波メディアやCMは、企業から一方的に情報を与える動画となっています。このような違いを理解せず、動画を作成してしまった場合、ユーザーに受け入れられず、視聴回数も登録者数も伸ばすことはできないでしょう。

動画作成の難しさが、YouTubeのデメリットでもあります。どのような動画が、YouTubeのユーザーに受け入れられているのか、動画作成前に再生回数の多い動画を見てみるといいでしょう。動画作成が難しいようであれば、YouTuberなどのインフルエンサーを起用したマーケティング等に切り替える必要があります。

拡散されない

面白い動画、企画を作成しても、訪問者が少なければ、マーケティングは失敗に終わってしまいます。SNS媒体を活用したマーケティングでは、内容以上に周知が大切なのです。企画がある程度の面白さであっても、大勢に拡散されることによって、多方面から実施されます。その結果、企画が大きく進化し、壮大なマーケティング効果を生み出すのです。

YouTubeマーケティングや、その他SNS媒体を活用したマーケティングでは、適切に拡散するために、インフルエンサーの起用を検討する必要があります。インフルエンサーの起用に不安を感じるようであれば、インフルエンサーマーケティングの専門企業であるコラボマーケティングへ問い合わせてみましょう。

コスト

YouTubeは、様々なサービスを無料で利用することができます。チャンネル開設や動画投稿など、一切コストは発生しません。しかし、マーケティングを実施する際は、異なります。例えば、動画投稿に関するものです。広告動画を作成する場合、自社で製作したとしてもコストが発生します。他社へ依頼した場合、はさらに高額になるでしょう。また、YouTubeに用意されている動画フォーマットを活用することもできますが、そこにも費用が発生します。

YouTubeに広告を表示させる際、広告枠を手に入れるため入札が必要な場合もあるのです。人気の広告枠であれば、コストもより高額になってしまいます。YouTubeマーケティングには、多くの可能性があり、マーケティング効果も大いに期待できるものの、想像以上のコストが発生してしまう恐れもあるのです。

消費者に嫌悪感を抱かせない効果的なマーケティングを実施していこう

企業のマーケティングに対する嫌悪感は上昇し、今後ますます消費者の目は厳しくなっていくでしょう。優れた能力を持つYouTubeマーケティングであっても、こういった部分に注意する必要があるのです。消費者に嫌悪感を抱かせず、かつ大々的に認知度を上げるためにも、インフルエンサーの起用を検討してみましょう。YouTube動画作成のプロであるインフルエンサーを起用した場合、動画作成に関するアドバイスはもちろん、企業では気づけなかった注意点、ポイントなども発見することができます。

自社や商品に最も適した、魅力的なインフルエンサーを発見するためにも、インフルエンサーマーケティングの専門企業であるコラボマーケティングを利用してみましょう。「コラボマーケティング」には、様々な得意分野を持つインフルエンサーが存在します。コラボマーケティングから助言をもらい、素敵なパートナーを見つけてみましょう。