若者に人気のファッション系ユーチューバー16名!企業との提携事例も

ファッション系ユーチューバーに注目が集まっている

インフルエンサーマーケティングでは、TwitterやFacebook、YouTubeなど、様々なSNSを使用します。マーケティングを行う商品、サービス内容によって、起用するSNS及びインフルエンサーを選択し、その起用がマーケティングの成功を大きく左右するのです。

近年、インフルエンサーマーケティングの中でも、YouTuberを起用したマーケティングに注目が集まるようになりました。さらに、YouTuberの中でも、ファッション系と呼ばれるジャンルが大きな注目を集めています。この記事では、ファッション系YouTuberが注目されるようになった理由、具体的にどのような提携事例があるのかなど、詳細にご紹介してきましょう。

ファッション系ユーチューバーのメリット

インフルエンサーマーケティングを実施する時、ファッション系YouTuberを起用するのは、多くのメリットがあるからです。YouTuberという職業は、曖昧な部分もあり、一般企業から敬遠されることも少なくありませんでした。ところが、地上波テレビがYouTuberを起用するようになり、多くの可能性を持っていることが証明されると、インフルエンサーマーケティングでも起用したいという企業が増え始めます。ここからは、YouTuberがもたらすメリット、企業が評価するYouTuberの可能性などを、詳しくご紹介していきましょう。

費用対効果

一般的なマーケティングには、多くの費用が発生します。CMや番組を利用したマーケティングでは、数千万円から億単位の金額が発生することも珍しくありません。ディスプレイによるマーケティング方法もありますが、消費者の反応によって費用がかさみ続けるため、成果報酬ではあるものの消費者獲得と同時に、多くのコストが発生する場合もあります。

YouTuberを起用した場合、登録者数や総再生数などによって異なりますが、依頼単価が大変低く、低コストで利用することができるのです。一般的に100万動画再生されたYouTuberが、影響力を持っていると評価されますが、そういったYouTuberの起用であっても1再生1~5円程度で起用することができます。つまり、単純計算ではありますが、100万円から採用できるマーケティング方法なのです。

動画のメリット

YouTubeは、動画投稿を行う媒体です。TwitterやInstagramでも動画投稿は可能ですが、視聴者の利用目的が異なります。YouTubeを利用する消費者は、動画を見るために利用することにたいし、TwitterやInstagramは必ずしもそうではありません。何かしらの情報収集が目的であることが多く、企業の発信する情報に意識を向けにくいのです。その点、YouTubeは視聴者自ら動画を見ることを目的としているため、そこへ企業情報を含めることによって、自然なかたちで意識に刷り込むことが可能となります。

YouTubeという媒体のメリット

YouTubeという媒体も、マーケティングに適しています。YouTubeは、誰でも無料で視聴することが可能です。そのため多くの利用者が存在します。YouTubeは、毎月6,000万人以上が利用しており、デジタル利用率はGoogleに次いで第3位です。多くの人々が自主的に利用するのは、YouTubeの特徴であり、マーケティングにおいて大きなメリットと言えます。また、全世界に発信できることも、YouTubeのメリットです。YouTubeの動画再生数を比較しても、世界を巻き込んだ動画と日本人に限定される動画企画では大きく差が出ます。マーケティングも同様で、日本以外へも発信できることが、これからは特に必要になってくるのです。

YouTubeのメリットは、他にも存在します。それは、消費者を想定しやすい部分です。YouTubeを利用したインフルエンサーマーケティングは、CMや街頭広告、ディスプレイ広告のように、不特定多数に向けたマーケティングではありません。YouTubeを見るのは、登録者や検索ワードに関連した人物であり、ある程度想定することができます。視聴者を想定できるため、より効果的な宣伝を考えることができ、購買行動にもつなげやすくなるのです。

フォロワーとの親密度が高い

YouTubeは、フォロワーと投稿者の親密度が高くなっています。YouTubeに登場するYouTuberは、視聴者と同じく一般人という認識で捉えられるため、抵抗感や嫉妬心などネガティブな感情を持ちにくいのです。消費者が芸能人へ向ける「評価する」という認識ではなく、「応援する」という関係性が築かれています。YouTuberを応援する登録者たちは、自分たちと同じ弱者であるYouTuberを、自分たちの代表として応援したいと考えているのです。そのため、YouTube内の宣伝活動に否定的になりにくく、訴求力も大きくなります。YouTube内で動画の合間に宣伝広告を掲載しても、「応援したいからもっと流してほしい」「成功してほしいから広告を付けて欲しい」というコメントが見られるのです。

あらゆる分野への展開のしやすさ

特にファッション系YouTuberは、あらゆる分野に展開しやすいというメリットを持っています。投稿内容がゲームや投資、その他限定的な事柄であれば、視聴する消費者も限られるでしょう。マーケティングに活用する際も、内容が限定されてしまいます。ゲームや投資などの限定的な事柄は、訴求力が非常に強いため、ピンポイントに絞ったマーケティングに適しているのです。それとは別に、ファッション系YouTuberはあらゆる分野に展開することができます。家族向けや独身者向け、レディースやメンズなど、視聴者層も幅広く展開することが可能です。

アナリティクスデータ活用

アナリティクスなどのツールを使用すれば、得たデータを今後に活用することも可能となります。アナリティクスとは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。アナリティクス以外にも、類似した解析ツールが存在します。どういった層がYouTubeを見ているのか、宣伝に反応した消費者にはどういった傾向があるのかなど、様々な切り口から解析を行うことができるツールです。YouTubeでのマーケティングでは、商品やサービスを販売する、活性化させるだけではなく、マーケティングのデータを集め、それらを今後に活かすという取り組みも実現できます。

ファッション系人気ユーチューバー【レディース】

ここからは、ファッション系人気YouTubeをご紹介していきます。ファッション系YouTubeとして活躍している人は大勢いるため、レディースとメンズに分けてご紹介していきましょう。また、具体的な企業提携事例もご紹介していきます。ファッション関連の提携から、ファッション以外の提携まで、様々な場面で活躍しているYouTuberをご紹介していきましょう。

佐々木あさひ/sasakiasahi


佐々木あさひさんは、92万人以上の登録者を抱える、大型人気YouTuberです。大手YouTube会社に所属し、美容系YouTuberとして活躍しています。YouTubeでは、メイクアップやヘアケア、ネイルアートなどトータルビューティー動画をアップしていました。話題のアニメキャラクターになりきったメイク術を紹介した動画や、季節に合わせたメイク術、タイムスリップメイクは、特に大きな話題を集め注目されます。また、近年では菓子やフルーツなどの、取り寄せグルメのレビューも行っており、マルチに活躍するYouTuberです。企業との提携では、レディースファッションサイトのPR動画投稿を行っていました。今後は、食レポや商品紹介、恋愛相談など自身が興味を持てるジャンルに関連した活動を、積極的に行っていきたいと発信しています。

かんだま/かんだま劇場


かんだまさんは、「軟式globe」というユニット名で、以前メディアにも登場したYouTuberです。当時は、音楽を披露していました。現在は、ファッション系YouTuberとして活躍しています。YouTubeでは、日々のコーディネートや季節、イベントに合わせたコーディネート動画を発信したり、購入コスメの紹介など、女性に向けた動画投稿を行っていました。時には、現役アイドルのメイク、ファッションを変え、イメチェン企画を実施したり、資格取得に関する動画など、ファッション系以外の投稿も行っています。企業との提携では、スポーツジムに関連した料理教室のPR及びレビューを行っていました。他には、飲料水のPRなども行っています。ファッションとは関係のない提携が目立ちますが、女性であることから、料理や飲料水PRも不快感を与えない提携だと言えるでしょう。

あさぎーにょ/ASAGINYO


あさぎーにょさんは、チャンネル登録者数65万人以上を誇るYouTuberです。ファッションモデルとして活動したり、音楽活動も行っていました。神戸コレクションに出演したこともあります。また、YouTube内では、歌い手として歌を披露することもありました。音楽に携わる仕事がしたい、という目標をもっているようですが、現在は音楽やファッションに限定されず、様々な分野に関する動画を発信しています。企業との提携では、タピオカ店ポスターに登場しPRを行ったり、コスメや雑貨紹介なども行っていました。飾らない素直なキャラクターが多くの女性を惹きつけているため、今後もあらゆる場面で活躍が期待できるYouTuberです。

椎名あつみ/椎名あつみチャンネル


椎名あつみさんは、大のディズニー好きとして、ディズニーランドを訪れている投稿から、ファッションや使用コスメの紹介など幅広い内容の投稿を行っています。100円均一コスメの使用レビュー、福袋購入企画は特に注目を集めました。企業との提携では、ディズニー好きが評価され、公式動画配信サービスのPRを行っています。今後も、ファッションやコスメに限定されず、ディズニーやアニメ、雑貨など幅広い場面での活躍が期待できるYouTubeです。

あや/プチプラのあやチャンネル


ファッション系YouTuberとして大変有名なのが、あやさんです。地上波テレビや、CMにも出演したことがあります。チャンネル名にある通り、低価格のファッションアイテムをメインで紹介していました。あやさんのチャンネルが注目されている理由は、大人でも取り入れやすいように、多くのコーディネートを発信している部分です。年齢を重ねると、あまりにも安く見えるファッションは適さない場合があります。しかし、あやさんのチャンネルでは、プチプラファッションをプチプラに見せないコツ、注意点などを詳細に解説しているため、どんな女性でも取り入れやすい内容となっていました。企業提携では、ファッションブランドのPRを行っています。担当したブランドは、プチプラをうりにしているため、適したマッチングだと言えるでしょう。

ななみ/nanachannel


ななみさんは、半顔メイク、ブランド縛りメイクが有名なYouTuberです。使用するコスメブランドを限定したメイクは、多くの女性たちから支持されていました。また、全色コスメレビュー、スキンケア悩み相談も、人気の投稿となっています。ななみさんは、メイクだけではなく、プチプラファッションに関連した動画投稿も行っていました。ななみさん自身2児の母親でもあるため、同世代のママたちが取り入れやすい価格のファッションを紹介し、注目を集めています。企業との提携では、アプリのPRを行っていました。子育て中の女性や、恋愛に夢中な若年層の女性に向けたアプリであり、適した提携例です。

くまみき/Kumamiki


くまみきさんは、ファッションやメイクに関する専門的情報を発信しています。自分に似合うファッションを知るために必要な、骨格診断という企画は、大きな反響となりました。また、実際に購入したファッションアイテム、コスメ紹介も人気のコーナーとなっています。企業との提携では、コスメのプロデュースが決定していました。メイクやファッションに関する知識、これまでの動画投稿が評価されたためです。くまみきさんは、ヘアメイクも得意なので、今後はコスメ以外のプロデュースも期待できるでしょう。

徳本夏恵/なちょすのへや


夏恵さんは、雑誌ポップティーンの専属モデルとしても活躍しているYouTuberです。モデルとして活躍しているにも関わらず、飾らない日常の姿、スッピンや赤裸々に紹介するスキンケアが人気となっています。また、彼氏との日常や手作り料理も、若い女性を中心に人気のコーナーとなていました。企業との提携では、ヘアケア用品のPR、ルームウェアPRを行っています。ルームウェアは、モデルも担当し、魅力を存分にアピールしていました。メディアに登場することもあるYouTuberであり、今後ますます大きな影響力を持つであろう人物です。

ファッション系人気ユーチューバー【メンズ】

続いて、ここからはメンズのファッション系YouTubeをご紹介していきます。レディースのファッション系YouTubeと同じく、ファッション分野で活躍している人物もいれば、ファッション以外の場所で力を発揮しているYouTuberも存在していました。どのような提携を行っているのか、また今後どのような活躍が期待できるのか、具体的にご紹介していきます。

げんじ/Genji


げんじざんは、56万人以上の登録者数を抱える、人気ファッション系YouTuberです。YouTuberとしての顔だけではなく、自身でファッションブランドを経営し、ファッションの魅力を発信しています。げんじさんのYouTubeでは、低価格ファッションブランドコーディネートや、ファッション関連街頭調査が人気コーナーです。これまでは、メンズに限定したファッションアイテムを紹介していましたが、近年レディースのファッションアイテムも取り入れるようになりました。企業との提携では、アプリのPRを行っています。フリマアプリを実際に利用したPR動画は、「わかりやすい」「参考になった」など、大きな反響を集めました。また、時計やアクセサリーを販売する企業のPRも行っています。ファッション系ブランドを手掛けているため、いづれも説得力のある提携となっていました。

マッシュ【ストリート宇宙人】


マッシュさんのYouTubeは、メンズ系ファッションや、スニーカー、DIYに関する動画投稿を行っています。古着のコーディネート、古着店巡りの動画が特に人気となっていました。古着店巡りの動画では、掘り出し物の見つけ方や安く買う方法などが評判となっています。また、大変貴重なスニーカー動画も、評判となっていました。スニーカー愛が評価され、スニーカーコンテストにゲスト招待されています。オフ会やイベント、アクセサリー作りなど、様々な活動に精力的に取り組んでいるため、大いに期待できるYouTuberです。

なかむ


なかむさんもまた、YouTuberとして活動するだけではなく、ファッションブランドの経営も行っています。YouTuberとして活動する前は、古着などのバイヤーを務めていました。ファッション系のバイヤーとして活躍していた頃の知識を活かし、コピー商品の見抜き方や、購入すべきファッションアイテムとその理由などを分かりやすく解説した動画は、大変人気となっています。現在は、高級スニーカーの動画を投稿したり、高額セレクトショップでの購入品を紹介したりと、比較的高価なファッションアイテムを紹介していました。また、時折芸能人とトークショーに登場し、ファッションに対する思い、知識などを披露しています。企業との提携では、コスメの使用レビュー動画を投稿していました。ファッションに携わる人間として、男性であっても身なりを清潔に保つこと、コスメを使用することは当然のことです。今後も、ファッションだけではなく、男性の身だしなみに関するあらゆる活躍が期待できるYouTuberと言えます。

ハズム/Hazu Channel


メンズファッション系YouTuberは、自身でブランドを立ち上げていることも少なくありません。こういった部分は、レディースファッション系YouTuberと異なる部分です。ハズムさんも、YouTuberを行いながら、自身でショップを経営しています。過去には、有名ジーンズメーカーのタイアップ動画を投稿していました。しかし、現在は紹介系の提携は行っていないようです。紹介以外の企画、ハズムさんが興味を持てる企画であれば、提携できる可能性もあります。訴求力の高いYouTuberのため、是非提携したい逸材です。

藤原裕/ヴィンテージデニムアドバイザー藤原裕CH


藤原裕さんは、ヴィンテージショップ店長として働いているため、デニムやヴィンテージに関する知識を豊富に持っています。質の高いデニムの見分け方、新商品やおすすめ商品の紹介動画は特に人気です。専門的知識を披露しているため、訴求力の強いYouTuberと言えます。企業との提携では、著書の出版を行っていました。また、インターネット記事に登場し、ファッションに関する意見を発信したり、ヴィンテージデニムに関する情報を発信しています。

FORTY NINERS/FORTYNIERSチャンネル


登録者数はまだまだ少ないものの、今後に期待できるYouTubeチャンネルです。FORTYNINERSでは、新商品の紹介やコーディネート、使用方法などを詳しく発信しています。また、1からジーンズが縫いあがる動画や刺繍動画は、多くの注目を集めました。制作工場でしゆしているハンドルミシン、その他の道具も、ファッション愛好家や同業者の注目を集めています。企業提携はまだないものの、特化型ファッションチャンネルであることから、訴求力も高く、企業側のメリットも大きいと考えられます。

SOSHI/SOSHI Net


SOSHI Netは、主にメンズスニーカーに関する情報を発信しているYouTubeです。履き心地の紹介や、大変高価なスニーカー紹介動画が、注目を集めました。これまで紹介したメンズファッション系YouTuberとも、積極的にコラボ動画を投稿しています。企業との提携では、ShoeGuardsのPRを行っていました。スニーカーに特化したチャンネルであるため、スニーカー用品PRは大変優れた提携だと言えます。大手YouTube事務所に所属しているため、契約が複雑であったり、簡単に依頼を受けてもらえない可能性もありますが、今後もスニーカー関連の企業提携において、大変期待できるYouTuberです。

ryo matsumoto


ryoさんは、セレクトショップを経営しながら、YouTubeにて自身の洋服愛を発信しています。洋服愛が強すぎるがあまり、ファッション業界へ物申す系の投稿があり、話題となりました。また、海外での買い付け動画、スタイリングも注目を集めています。企業提携では、海外のセレクトショップとタイアップし、PR動画を制作していました。また、海外の有名ブランドのメンズプレフォールショーに招待されるなど、世界的に活躍しているファッション系YouTuberです。

ファッション系ユーチューバーを起用する際の注意点

最後に、ファッション系YouTuberを起用する際の注意点について、ご紹介していきます。YouTuberというジャンルは、比較的最近確立したものであり、不確定要素も少なくありません。そのため、YouTuberを起用したマーケティングを成功させるためには、注意点を理解し、適切に実行する必要があるのです。

ユーチューバーとフォロワーの属性を正しく把握

YouTubeを使用したマーケティングを実行する際は、YouTuberと登録者の属性を正しく把握しておきましょう。これは、最もはじめに行うことです。YouTuber及び登録者の属性を把握しなければ、PR商品に適した人材であるかもわかりません。さらに、どのような企画が購買行動を促しやすいのかも想定できず、インフルエンサーマーケティングがスタートできないのです。YouTuber及びフォロワーの属性把握には、複数のポイントが存在します。同じファッション系YouTuberであっても、どういった支持層が存在するのか、年代など様々です。属性把握、企画立案など、インフルエンサーマーケティングに不安があれば、専門企業に相談してみるといいでしょう。

ユーチューバーとPR商品の相性

YouTuberを起用したマーケティングだけに言えることではありませんが、インフルエンサーとPR商品の相性は大変重要です。インフルエンサーの持っている特徴によって、適しているマーケティング商品と適さないものが存在します。登録者数だけに目を向け、相性を確認せず実行してしまうのは、不特定多数に向けた過去のマーケティング方法であり、インフルエンサーマーケティングのメリットを活用しきれていないのです。インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーの特徴を把握し、商品や企業イメージと適しているか必ず確認しておきましょう。具体的な確認方法がわからない場合は、インフルエンサーマーケティングの専門企業であるコラボマーケティングに相談してみてください。

宣伝表記の徹底

YouTuberを起用したマーケティングを実行する場合は、宣伝表記の徹底に注意しましょう。YouTubeは、動画を見る媒体であり、関連情報は意図的に見に行かなければなりません。そのため、宣伝活動であるにもかかわらず、表記が徹底されていないのです。見えにくい部分であること、ルールが曖昧であることなどが要因と言えます。InstagramやTwitterでは、「PR」「提供」といった文言が使用され、ルールが確立していますが、YouTubeでは徹底されていません。宣伝表記を行わないことによって、様々なリスクが考えられます。

ステマと誤解されやすい

宣伝表記を行わない場合、ステマと誤解されてしまいます。現代でも、ステマ行為は非難される行為であり、発覚した場合YouTuberだけではなく採用企業も大きなイメージダウンとなってしまうのです。数年前に発覚した芸能人のステマ事件は、現在でも批判され、取り上げられることがあります。それほどステマ行為は、消費者に不快感を与える行為なのです。「意図はなかった」「間違いであった」とどれだけ発信しても、1つの間違いが命取りとなってしまいます。消費者に不信感を持たれる行動は排除し、起用するYouTuberにも徹底させる必要があるのです。

双方の意向が合致しないことも

YouTuberを起用する時、直接声をかける方法も存在します。仲介業者を通さないことによって、仲介コストを削減することができるでしょう。しかし、それらがトラブルのもとになる場合もあります。仲介業者を通さなかった場合、YouTuberと企業は直接やり取りを重ねなければなりません。そこには、時間もかかりますし、費用も発生します。仲介手数料以上のコストがかかるこも、珍しくないのです。さらに、それだけコストをかけたにもかかわらず、双方の意向が合致せず、提携できないこともあります。契約後に何かしらのトラブル、不一致が発生し、想定していたメリットを得られないなど、仲介業者を省くことによってあらゆるリスクが考えられるのです。企業側は、できるだけコストを減らしたいと考えますし、それらは企業にとって大切な部分と言えます。しかし、減らすべきコストと、かけるべき費用の判断は間違ってはいけません。こういった判断ミスが、大きなトラブル、デメリットをもたらすのです。

大手事務所に所属している可能性も

YouTube界には、いくつかの大手事務所が存在します。大手事務所に所属するYouTuberを起用する際は、当然事務所を通して行う必要がありますが、それらがトラブルを引き起こすこともあるのです。大手事務所に所属するYouTuberは、採用コストが高額になりやすく、また交渉に慣れているため、企業にとって理想的な合意に至らないケースも少なくありません。

さらに、企業が求める人材を紹介してもらえないこともあり、コストがかかるばかりでメリットが少ないといった事態も否めないのです。事務所に所属しているにもかかわらず、事務所を通さず勝手に契約してしまい、費用支払いなどのトラブルに巻き込まれる恐れもあります。大手事務所に所属していることは、企業にとってデメリットにもなり得るため、注意が必要です。

ファッション系ユーチューバーを活用し効果的な宣伝をしてみよう

YouTuber、特にファッション系YouTuberには大きな魅力が備わっています。宣伝媒体、マーケティングのパートナーとして、今後もさらなる発展が期待できるでしょう。企業側は、柔軟にそして時代に適したマーケティング方法を取り入れていく必要があります。現代であれば、インフルエンサーマーケティングでしょう。

それらを柔軟に取り入れ、さらに成功を収めるためには、インフルエンサーマーケティングについて理解する必要があります。しかし、理解に時間を費やしていては、実行することもできませんし、変わり続ける時代に取り残されてしまうでしょう。適切なスピード感を持ち、インフルエンサーマーケティングを実行するためにも、マーケティング専門企業の「コラボマーケティング」に依頼してみてください。適切なアドバイス、リスクマネジメントを行い、企業に大きなメリットをもたらすことができます。