リファラルマーケティングの意味とは?実際の成功事例とメリット

リファラルマーケティングが根強い人気を誇るわけ

人々の思想や流行、時代の変化などに合わせて、日々新しいマーケティングが誕生しています。インフルエンサーを活用するインフルエンサーマーケティングも、大きな効果を持つ最新マーケティングの1つです。マーケターをはじめ多くの企業は、その時々で最も優れたマーケティングを取り入れ、効果的に実施していく必要があります。

しかし、いつの時代も、最新マーケティングが優れているというわけではありません。インフルエンサーマーケティングは、近年大きな成果が見込めるマーケティングだと言われていますが、取り扱う商品やサービス、企業の特徴などによっては、インフルエンサーマーケティング以上のマーケティングが適している場合もあるのです。従来から使用されていたマーケティングの中で、現在もなお大きな成果を上げ、根強い人気を誇るマーケティングが存在します。

それが、リファラルマーケティングです。リファラルマーケティングは、古くから活用されてきたマーケティングですが、現代においても大きな成果が期待できます。また、近年誕生した新しいマーケティングと組み合わせることにより、より大きな成果が期待できることから、さらに多くの企業から注目を集めるようになりました。

リファラルマーケティングとは

リファラルマーケティングは、現代でも大きな成果を得られる可能性が高いため、愛用する企業も少なくありません。また、別のマーケティングと合わせて活用する企業も存在します。リファラルマーケティングは、別マーケティングとも相性が良く、より大きな成果を上げることが期待されるマーケティングです。多くの企業が愛用するリファラルマーケティングですが、知らない企業、正しく理解していない人も存在するでしょう。ここからは、リファラルマーケティングとはどういったマーケティングなのか、またどのような特徴があるのかご紹介していきます。

紹介

リファラルマーケティングの、リファラル(Referral)とは、「紹介」「推薦」を意味する英単語です。リファラルリクルーティング、という使われ方もします。リファラルマーケティングとは、企業がマーケティングを行うのではなく、一般利用者が同じく一般人に商品・サービスを紹介するマーケティング方法です。

紹介された側が利用を開始した際、紹介者に報酬が支払われます。リファラルマーケティングの魅力は、企業がマーケティングを行わない部分です。商品やサービスを紹介するのは利用している一般人のため、信頼度の高い情報として認知されやすく、効率的に消費者を増やすことができます。また、紹介者には報酬が支払われるため、企業だけではなく紹介者も、紹介される側も、満足できるマーケティングなのです。

口コミ

リファラルマーケティングが誕生した背景には、口コミと、消費者の不信感が関係しています。企業がマーケティングを行う時、自社商品やサービスの優れた部分を積極的に発信するでしょう。デメリットや短所を発信するというていを装って、最終的に魅力的な部分を発信することも少なくありません。消費者は対価を支払ったことを後悔したくないため、可能な限りデメリットのない商品・サービスを選択しようと試みるため、企業の発信する情報が利点ばかりなのも納得できます。しかし、この状況に、消費者は不信感を抱くようになったのです。

デメリットを発信する商品・サービスは「利用したくない」と考える一方、利点ばかり発信する情報は「信頼できない」という不信感を抱いてしまいます。インターネットを使用し得た情報のうち、87%の情報に不信感を持つというアンケート結果も存在するほどです。このような状況下で、消費者が強い信頼を寄せたのが、「口コミ」です。自分たちと同じ一般人が寄せた口コミに、大きな信頼感を持つようになります。実際、口コミによって購入を決定したという人の割合は、70%以上にものぼるのです。口コミに対する消費者の強い信頼感、購買行動への影響力に注目した企業が、リファラルマーケティングを考案しました。口コミを活用し、積極的な購買行動を促そうと考えたのです。

海外

リファラルマーケティングは、日本以上に海外で積極的に用いられているマーケティング方法です。特に、先進国アメリカでは、好んで使用されています。リファラルマーケティングがアメリカで好まれる理由は、国民の特徴が関係していると言えるでしょう。アメリカは、個を尊重する特徴があります。日本人のように、多数派・少数派に囚われることなく、積極的に発信し、異なる意見も尊重することができるのです。

そのため、消費者間のコミュニケーションも積極的ですし、それらを活用したリファラルマーケティングも活発に行われています。近年、個を尊重する文化が、日本にも根付き始めました。マイノリティが排除されたり、同調圧力をかけられることも減少傾向にあるのです。そのため、日本でもリファラルマーケティングが再燃したと言えます。

リファラルマーケティングと類似したマーケティング一覧

消費者のコミュニケーションを活用したマーケティング、ソーシャルメディアを活用したマーケティングなど、リファラルマーケティングと類似したマーケティングは、多数存在しています。そのため、それぞれのマーケティングの特徴を理解できなかったり、誤認していることも少なくありません。それぞれのマーケティングを理解しなければ、メリットも活かしきれませんし、デメリットを解消することも難しくなってしまうでしょう。それではここから、リファラルマーケティングと混同されやすい、類似したマーケティングをご紹介していきます。リファラルマーケティングと類似した部分、リファラルマーケティングとは異なる特徴など、詳しく解説していきましょう。

アンバサダーマーケティング

アンバサダーマーケティングとは、自社商品やサービスの既存ファンに協力を依頼するマーケティング方法です。使用者でありファンでもある人物を起用し、商品やサービスの知名度や認知度向上に協力してもらいます。企業と消費者の間に立ち、消費者が抱える不安を解消したり、企業が伝えたい事柄をかみ砕いて消費者に発信するなどの役割を担うのが、アンバサダーです。企業や商品にたいして、好意的な感情を持っているため、積極的にそしてより効果的にマーケティングを行ってくれます。

アンバサダーマーケティングでは、消費者に近い立場を持ちつつ、拡散力を有した人物が適しているため、インフルエンサーが適しているでしょう。著名人や芸能人を起用する場合もありますが、消費者から遠い印象を持っていることも少なくないため、インフルエンサーが適任だと言えます。「紹介」という意味では、リファラルマーケティングと類似したマーケティング方法です。しかし、アンバサダーマーケティングは、「紹介」がメインであることに対し、リファラルマーケティングは、「紹介」から「利用」が目的のマーケティングとなります。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、近年特に注目されているマーケティング方法です。ソーシャルメディアの定着、検索ツールとしての価値などが影響し、インフルエンサーは消費者の購買行動に大きな影響を与えます。インフルエンサーマーケティングとは、インフルエンサーを起用し、様々なマーケティングを実施する方法です。PRや拡散、アンバサダーとして起用など、インフルエンサーの特徴を活かしたマーケティングを実施します。前項でご紹介したアンバサダーマーケティングも、インフルエンサーを起用した場合は、インフルエンサーマーケティングと呼ぶことができるのです。

インフルエンサーが商品やサービスを紹介し、利用者を獲得した場合、リファラルマーケティングと呼ぶこともできます。リファラルマーケティングであり、インフルエンサーマーケティングでもあるのです。インフルエンサーマーケティングとリファラルマーケティングの相違点は、「紹介者」が「誰」かという部分でしょう。インフルエンサーを活用したマーケティングは全て、インフルエンサーマーケティングと呼ぶことができますし、それはリファラルマーケティングでも同様です。

コミュニティマーケティング

コミュニティマーケティングとは、特定の消費者グループとのコミュニケーションを利用し、マーケティングに活かしたり、商品やサービスを改善していく方法です。魅力的な商品、サービスであれば、自然に人々が集まり、消費者グループが作られます。商品・サービスの愛用者であることから、協力を得られやすく、有益な情報等を得られると考え、コミュニティマーケティングが誕生しました。企業は、該当グループに特別な支援を行い、該当グループはその見返りとして、マーケティングへ協力します。

企業や商品に愛着があることから、低コストで協力してもらえること、積極的に参加してもらえることなどがメリットです。該当グループは、消費者でもあるため、マーケティング内容によっては、リファラルマーケティングと非常に類似します。好意的な口コミを、人から人へ繋げ、消費者を獲得するマーケティングであれば、リファラルマーケティングと呼んで問題ないでしょう。リファラルマーケティングとの相違点は、マーケティング方法が様々ある部分です。コミュニティマーケティングは、顧客を直接的に獲得する方法だけではありません。商品開発や使用レビューなど、様々な方法を有したマーケティングです。

バズマーケティング

バズマーケティングのバズは、蜂が対象物の周りに集まり、飛び回る様を表現しています。つまりバズマーケティングとは、多くの人々が集まり会話をする中で、噂話や感想・特徴が広まっていくマーケティングを意味しているのです。近年では、インフルエンサーなど強い影響力を持つ人材を活用し、効果的にマーケティングが行われています。

しかし、バズマーケティングは、ソーシャルメディアに限定したマーケティング方法ではありません。口頭コミュニケーションを活用するマーケティングでもあり、このような特徴は、リファラルマーケティングと類似しているでしょう。リファラルマーケティングも、消費者が発信する情報の信頼度を利用したマーケティング方法です。異なる点は、「紹介」するか否かでしょう。リファラルマーケティングは、紹介者と紹介される一般人が存在します。大勢で話題を作り出すのがバズマーケティングであり、特定の人物に紹介させる方法が、リファラルマーケティングです。

バイラルマーケティング

バイラルマーケティングは、人を介して広がる「ウィルス性」を意味しています。商品やサービスを使用したことのある人物から、新たな消費者へ広げていくマーケティング方法です。バズマーケティングと、同様の意味で使用されることもあります。しかし、厳密には異なるマーケティング方法です。バイラルマーケティングは、インターネットを活用した手法ですが、バズマーケティングはインターネットに限定されません。バズマーケティングは、話題性を増加させることが目的であり、バイラルマーケティングは、購買行動の促進が目的のマーケティングなのです。

そのため、バイラルマーケティングとバズマーケティングを比較した時、バイラルマーケティングの方が、リファラルマーケティングに近しいマーケティングだと言えるでしょう。バイラルマーケティングとリファラルマーケティングの相違点は、紹介者の利益だと言えます。リファラルマーケティングでは、成果報酬として、紹介者に報酬が支払われますが、バイラルマーケティングは自然発生の意味合いが強い口コミ等を活用するため、報酬が発生しません。もちろん、インフルエンサー等に依頼し、積極的にマーケティングを行った場合、どちらも報酬が発生しますが、リファラルマーケティングの方がよりマーケティング要素の強い方法だと言えるでしょう。

リファラルマーケティングのメリット

リファラルマーケティングに類似したマーケティングは、様々存在します。しかし、その中でも特にリファラルマーケティングが企業には好まれているのです。最新マーケティングと併用する企業も、少なくありません。その理由は、リファラルマーケティングに多くのメリットが存在するからです。ここからは、リファラルマーケティングのメリットについて、ご紹介していきます。

信頼度

リファラルマーケティングのメリットは、大きな信頼度です。消費者は、紹介者に対して、大きな信頼感を持ち、意見や情報を尊重します。企業がどれだけ詳しい情報を発信しても、明確なメリットを発信しても、これほどの信頼度を得ることは難しいでしょう。購買行動には段階があり、消費者が対価を支払うまでに、「不安の解消」が必要です。商品やサービスに対する不安が払しょくされなければ、対価を支払う事はありません。この不安の解消に必要なのは、多くの良質な情報ではなく、信頼する人の好意的な意見です。

また、リファラルマーケティングは、認知的不協和を解消する際も役立ちます。認知的不協和とは、購入後に感じる不安感です。購入してよかったのか、もっと適した商品があったのではないかと感じる心理状態です。この不安感は、固定顧客数に影響します。不安感を放置すれば、リピート率が低下し、固定顧客を得られないのです。評判のいい口コミ、多くのレビューが、消費者を安心させます。購入後のサポートの質も、認知的不協和の解消に影響を与えるため、適切に実施する必要があるでしょう。

訴求力

リファラルマーケティングで紹介者が発信する情報は、高い訴求力を持っています。訴求力とは、商品やサービスの魅力をアピールし、消費者の購買行動を促す割合のことです。訴求力が高い程、コンバージョン率が上昇するため、企業にとって大きなメリットだと言えるでしょう。リファラルマーケティングでの訴求力が高い要因は、前項でもご紹介した信頼度が関係しています。発信される情報の信頼度が高いことから、訴求効果・訴求率も高まるのです。

リファラルマーケティングでは、2種類の訴求を高めることができます。2種類の訴求とは、価格訴求と価値訴求です。価格訴求とは、消費者に訴えかけるテーマが価格であり、価値訴求では商品の価値がテーマとなります。紹介者と消費者の関係性が整っていることから、どちらも効果的にアピールすることが可能です。

宣伝色

リファラルマーケティングは、宣伝色が薄いこともメリットの1つです。消費者は、企業が行うマーケティングに嫌悪感を感じることも少なくありません。意図的に、それらを排除しようとしたり、対価を支払ってまで排除することもあるのです。その証拠に2018年、マーケティングを排除するアプリケーションが、最もインストールされました。嫌悪感を感じさせてしまうと、宣伝効果が薄れてしまいますし、排除されてしまえば何の効果も得られません。今後の課題として企業は、消費者に嫌悪感を抱かせないマーケティングを行っていく必要があるのです。

リファラルマーケティングでは、それが可能となります。リファラルマーケティングは、企業が積極的に情報を発信するわけではありません。情報を発信し、プレゼンテーションを行うのは、消費者と同じ一般人です。そのため、宣伝色が薄くなり、嫌悪感も抱きにくくなります。また、宣伝だとわかっていても、好意的に受け止める場合もあるのです。紹介者に対する信頼感や、愛着が関係しています。「応援したい」という気持ちから、マーケティングを好意的に受け止めたり、積極的に参加することもあるのです。その例として、短期間で登録者数を伸ばしたYouTuber、フォロワーを増加させたインスタグラマーなども存在します。

効率的

リファラルマーケティングは、効率的に消費者を獲得することができます。効率的とは、顧客になりやすいという意味です。紹介者に対する信頼度が高いことから、紹介者が発信する情報を、素直に受け取ります。紹介者もまた消費者であることから、消費者が感じやすい不安、知りたいと考えている情報が理解できるため、的確なプレゼンテーションを行うことができるのです。結果、消費者の不安を解消しやすく、効率的に購買行動に繋げることができます。

また、ソーシャルメディアの浸透により、リファラルマーケティングはより効率的になりました。以前のリファラルマーケティングでは、1対1であったり、限定的な人数でのマーケティングが主流だったのです。ソーシャルメディアが定着したことにより、同時に大勢と交流することも、情報を発信することも可能となりました。これまで以上に、短時間で効率的にリファラルマーケティングの効果を得られるようになったのです。

相性

リファラルマーケティングは、近年誕生し大きな成果を上げているインフルエンサーマーケティングやソーシャルメディアマーケティングと非常に相性がいいマーケティングだと言われています。そのため、お互いを邪魔することなく併用し、より効果を高めることも可能なのです。

現代の購買行動は、まず検索ツールで商品・サービスを検索します。その後、該当商品の詳しい情報を集め、不安を解消した後、対価を支払うもしくは、購入を断念するという流れです。この時、検索ツールとして活用するのも、不安を解消するために集める情報にも、ソーシャルメディアやインフルエンサーが関与します。特に信頼を寄せるインフルエンサーの意見は重要で、購買行動を大きく左右するのです。この様子は、リファラルマーケティングに類似しています。つまり、リファラルマーケティングの紹介者にインフルエンサーを起用することにより、さらに効果的なマーケティングが可能となるのです。ソーシャルメディアをツールとして活用することも、効果的でしょう。このように、リファラルマーケティングは近代マーケティングと大変相性が良く、工夫・組み合わせ次第で様々な効果を生み出すことができるのです。

コスト

リファラルマーケティングは、低コストで利用できるマーケティングです。一般的なマーケティングは、企業が対価を支払い、宣伝などを行っていました。しかしリファラルマーケティングでは、消費者間のコミュニケーションを活用するため、費用が発生しないことになります。インフルエンサーなど、影響力を持った人物に依頼する場合、別途コストが発生しますが、それでも従来のマーケティングより低コストで利用できるでしょう。

また、リファラルマーケティングでは、企業や商品に愛着を持った人物を活用する場合もあります。アンバサダーマーケティングと、類似したマーケティング方法です。好意的な紹介者の場合、積極的に協力してもらいやすく、大幅なコストダウンが期待できます。

リファラルマーケティング成功事例

リファラルマーケティングを成功させ、集客はもちろん売上増加など、多くの効果を得た企業が多数存在します。ここでは、リファラルマーケティングの成功事例について、ご紹介していきましょう。それぞれの特徴や、成功したポイントなど、詳しく解説していきます。

ピコ太郎


リファラルマーケティングの成功事例として有名なのが、シンガーソングライダーのピコ太郎です。ピコ太郎は、動画投稿サイトYouTubeに動画を投稿し、拡散されたことにより爆発的人気を得ることができました。ピコ太郎の紹介者は、世界的にも有名だったジャスティン・ビーバーです。ジャスティン・ビーバーへの信頼感、知名度等が加わり、世界的に無名だったピコ太郎が、一瞬で多くのものを得ることができました。この事例について、「マーケティングではない」と表現する人も存在しますが、紹介者であるジャスティン・ビーバーの情報発信後、ピコ太郎は多くの利益を得ています。

YouTubeへの動画投稿が、マーケティングとして意図していなかったとしても、リファラルマーケティングの要素は十分に備えていると言えるでしょう。また、等マーケティングは、インフルエンサーマーケティングにも近しいと言えます。影響力を持つインフルエンサーの拡散により、ピコ太郎という人物の市場が作られました。このように、インフルエンサーマーケティングとリファラルマーケティングは相性が良く、併用することによりより多くの効果を得ることができるのです。

楽天

 

この投稿をInstagramで見る

 

楽天市場(@rakuten_official)がシェアした投稿


楽天は、リファラルマーケティングをいち早く活用し、多くの消費者を獲得しました。楽天が活用したのは、クレジットカードの勧誘です。カードの契約は、様々な場所で行われているため、ほとんどの場合すでに人々は多くのカードを所有しています。そのため、新規でカードを契約してもらうことは、なかなかにハードルが高いKPIでした。しかし楽天では、利用者が新規ユーザーを勧誘するというシステムを確立します。家族や友人、知人など、紹介し登録した場合、現金に相当するポイントの付与を行うというシステムを確立したのです。

楽天の優れた部分は、紹介者に十分な報酬を設定したこと、そして紹介者だけではなく、紹介された側へも報酬を用意した部分でしょう。参加する全ての人、にメリットがある取り組みです。リファラルマーケティングの活用により楽天カードは、カード利用率及び顧客満足度でNo1を獲得しています。

クーポンコード

 

この投稿をInstagramで見る

 

@sudio 様より かわいすぎる素敵な ワイヤレスイヤホン Tolv (トルブ) を いただきました 💐♡ 耳にはめるだけで Bluetoothで 自動的にスマホと接続してくれて 、 コードもないから聴きたい時に聴ける とってもストレスフリーなイヤホン 🦔🌿 しかも 約7時間の連続再生ができるうえに 充電ケースを使えば 最大35時間も 使えるみたい 👶🏻 ちなみに 期間限定で 3月9日〜3月29日まで イヤホンを購入の方に、 カードケースとギフト包装を プレゼント中みたいです 🦉♡ 🛒❤︎ 15%off coupon ⇨ mi_sta (〜2020.5.17) Thank you for @sudio . 🧺🕯♡ #sudio #sudiomoments #PR #earphones #mery #sucle #rili_tokyo #isuta #l4l #waka_gram #wirelessearphones

𝐰𝐚𝐤𝐚𝐧𝐚 💐(@_____mi_stagram)がシェアした投稿 –


クーポンコードも、リファラルマーケティングの1つです。クーポンコードは、主にInstagramで活動するインフルエンサーが活用しています。Instagramで商品・サービスを紹介し、利用した際割引が受けられるオリジナルのクーポンコードを合わせて掲載するマーケティング方法です。インフルエンサーが紹介人となり、フォロワーが消費者となります。クーポンコードは、インフルエンサーそれぞれに発行されるため、クーポンコードの利用率を確認することにより、どのインフルエンサーから紹介されたのか簡単に把握することが可能です。

紹介を受けた消費者であるフォロワーも、クーポンコードの利用により、お得に購入することができますし、紹介者であるインフルエンサー側にも報酬が支払われるため、お互いに損がありません。また、企業が勧誘するのではなく、影響力を持つインフルエンサーが勧誘(紹介)することになるため、効率的に顧客を獲得することができます。

Uber


日本でも見かける機会が多くなったUberは、リファラルマーケティングを実施し、効果的に普及しました。Uberとは、自動車を所有している人が空いた時間、都合のいい時間を利用し、他人を乗車させるサービスです。海外では、広い地域で利用されています。初対面の人物を乗車させることから、乗車させる側も、乗車する側も、不安の多いサービスだと言えるでしょう。これらの不安点を解消するために、Uberでは双方の評価制度を設けています。

乗車した人及びドライバーが、お互いを評価することができるのです。そして、お互いを知人に紹介することもできます。紹介し利用した場合、紹介者には報酬が支払われる仕組みとなっているため、評価も紹介制度も活発に使用され瞬く間に利用者を増加させたサービスです。

Bears

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . ベアーズは皆さまのあたたかな支えによって今年20年目を迎えました。感謝の気持ちを持ち、2019年も”愛する心”💓を応援してまいります。 . . . 🎍 新年明けましておめでとうございます 🎍 . . 多くの皆さまに支えられ、新しい年を迎えることができました。 2019年も素晴らしい1年となりますよう、皆さまのご多幸を祈念いたします。 . . . 昨年は海外からも多くのメンバーが加わり、サービスのご提供の幅が広がった年となりました。 . . . ベアーズは、本年も家事代行サービスを“日本の暮らしの新しいインフラ”とし、 社会にご家庭に、愛と笑顔をお届けできるよう、 全社一丸となって、サービスの向上に取り組んでまいります✨🐻✨ . . 引き続きご愛顧くださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。 . . 🛍 新年もご予約受付中 🛍 家事代行・ハウスクリーニングの新年掃除キャンペーンもご用意しております。 よろしければ是非この機会にご利用ください。 → 🔗プロフィール🔗 からご覧いただけます✨ . . . #明けましておめでとう #年賀状2019 #家事代行 #家事代行サービス #家事代行ベアーズ #おせち2019 #お祝いギフト #newyears2019 #子どものお弁当 #ワーママの休日 #時短家事 #ワーママコーデ #つくおきレシピ #ズボラ主婦 #アラフォーママ #アラサーママ #キャンペーン情報 #キャンペーン実施中 #学童弁当 #アラサー婚活 #小学生ママ #ワーママと繋がりたい

家事代行ベアーズ[公式](@bears_official_ig)がシェアした投稿 –


家事代行サービスBearsは、リファラルマーケティングをより宣伝色薄く実施するため、ギフトという形で実施しました。友達や両親などの家族を紹介すると、双方がお得になるギフト制度を導入したのです。さらに、紹介された顧客が利用する頻度によって、紹介者への報酬を変化させるというシステムも作成します。スポット利用に比べ、定期サービスを利用した場合、倍額以上のポイントを付与する制度です。そのため、紹介者は積極的にサービスの利点をプレゼンするため、効果的に消費者を増やし、さらに長期的な利用者も獲得することに成功しました。

美容整形(トリビュー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

🦷✨💗 3連休初日、 皆さまいかがお過ごしでしょうか😘? 本日はちょっとした お知らせをさせてください😳❣️ 🎈✨🎈✨🎈✨🎈✨🎈✨ 当院のおちゃめな林先生が 美容医療口コミアプリ「トリビュー」 の取材を受けました😆 🎈✨🎈✨🎈✨🎈✨🎈✨ その様子がYouTubeに載っているので お休み中にぜひCHECKしてみてください🥰 👉 トリビューチャンネル📺 https://m.youtube.com/watch?v=SWzoDZwZXOI さすがYouTuberの林先生、、👨🏻‍⚕️ 当院で、大変好評の 🦷🌟セラミック治療🌟🦷 について、 とーってもわかりやすく説明してくれています😍 セラミック治療は お得なモニター料金にてご案内できますので 少しでも気になる方は ぜひぜひ無料カウンセリングへ🙌🏻 *―――――*☼*―――――*☼*――――― この3連休中も、もちろんご予約可能です🌷✨ お気軽にお問い合わせくださいね🙆‍♀️💗 🤙🤙🤙🤙🤙🤙 土日祝日も診察受付中! 予約の状況にもよりますが、当日予約も可能です。 ※当院では保険診療は行っておりません。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ご契約の方は🚖ワンメータータクシー代ご負担いたしますので、領収書は必ずお持ちください! ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ==🎁お問い合わせはこちら🎁==== 詳しくはプロフィールのURLから公式サイトへ♪ ▼フリーダイヤル 0120-545-871 (コールセンター受付時間:9:00~21:00) ▼LINE予約 @ tkc_shinbi ========================= ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #東京美容外科#赤坂#審美歯科#審美#赤坂院#矯正#矯正治療#歯並び#噛み合わせ#歯の悩み#セラミック#セラミッククラウン#被せ物#虫歯#虫歯治療#ジルコニア##歯を白くしたい#歯を綺麗にしたい#歯を白くする#歯を綺麗にしたい人と繋がりたい#歯列矯正#youtube#youtuber#ユーチューバー#歯科チューブ#トリビュー#トリビューチャンネル

東京美容外科 審美歯科(@tkc110.shinbi)がシェアした投稿 –


失敗すると取り返しがつかない、簡単に修正できないサービスほど、利用者の口コミを調べたくなります。美容整形も、その1つです。簡単に修正できないからこそ、より多くの消費者レビューを集め、優れた整形方法、病院を選択したいと思うでしょう。このような心理を理解し、リファラルマーケティングを効果的に利用したのが、美容整形の口コミアプリ「トリビュー」です。トリビューでは、実際に整形した病院と整形後の様子、レビューなどが掲載されています。良かった部分だけではなく、痛々しいダウンタイムの様子や、担当医や看護師の対応まで、赤裸々に投稿されていました。このような飾らない投稿が信ぴょう性を高め、利用者を増やしているアプリです。

口コミや投稿を確認し、アプリ内から美容整形クリニックを予約した場合、利用者及び紹介者に特典が付与されます。口コミ投稿者に直接相談もできるため、利用者の不安を解消しやすく、また紹介者は積極的にプレゼンを行えるため、双方にとってメリットがあるサービスです。また、美容系インフルエンサーも起用しているため、リファラルマーケティングの効果もより向上しています。

リファラルマーケティングのポイント

リファラルマーケティングで大きなマーケティング効果を得るためには、リファラルマーケティングの特徴を理解し、ポイントを押さえたマーケティングを実施する必要があります。ここからは、リファラルマーケティングを成功させるポイントを、詳しくご紹介していきましょう。

「誰」が重要

リファラルマーケティングでは、発信する情報が最重要事項ではありません。発信する内容以上に、「誰」が重要になります。発信する内容が重要であれば、企業が発信する情報の方が信頼度が高いということになります。企業が間違った情報を発信するわけもありませんし、最も詳しい情報を持っているのは企業です。しかし、企業以上にインフルエンサーや一般人などの紹介者の情報が信用されるという事は、内容ではなく「誰」という部分が重要だという事になります。リファラルマーケティングを成功させるためには、紹介者選定を慎重に行いましょう。紹介者としてインフルエンサーを起用する際も、同様です。インフルエンサーを起用するポイントは、いくつか存在します。起用ポイントを知らない企業は、インフルエンサーマーケティングの専門企業である、コラボマーケティングに依頼してみるといいでしょう。

信頼関係

リファラルマーケティングを成功させるためには、紹介者と消費者の信頼関係が重要です。信頼関係の強いインフルエンサーとフォロワーだったとしても、同様です。信頼関係は、1つの過ちで簡単に崩れ去ってしまいます。例えば、企業案件ばかり取り扱っていたり、これまでの投稿とは無関係のPR活動を行っているなどです。利益色が強すぎる投稿ばかりであったり、宣伝広告を添付しすぎる(表示しすぎる)といった内容も、信頼関係を壊しかねません。そのため企業は、このような投稿を行っているインフルエンサーを避ける必要がありますし、マーケティングを依頼する際は、頻度及びジャンルに注意しなければなりません。無関係過ぎるマーケティング提携は、双方にとってメリットが少なく、イメージダウンにもつながる恐れがあるのです。企業及び紹介者のイメージを守り、信頼関係を継続させることが、リファラルマーケティング成功の秘訣だと言えます。

見つけやすく

リファラルマーケティングでは、信頼関係を利用し、共感を高めることにより、サービスの利用を促す方法です。共感が高まっているうちに、スムーズにコンバージョンに移行できる導線が必要不可欠となります。そのため、購入ページや外部リンクなど、見つけやすい部分に設置する必要があるでしょう。分かりにくかった場合、離脱率を高めてしまいます。また、複雑すぎる利用要項も、避けるべきです。消費者の気持ちが高ぶっているうちに、コンバージョンを完了させる必要があるため、手順は簡潔に、そして見つけやすい場所に設置しましょう。さらに、できるだけ1つの媒体で完結できるように、利用媒体やシステム構築を工夫してみましょう。

操作

コメントや商品紹介文は、操作しないようにしましょう。コメント等を募った時、良質なコメントばかりが集まるとは限りません。中には、掲載したくないようなコメントも寄せられる可能性があります。しかし、それらを操作してしまうと、リファラルマーケティングに必要な、信頼感を失ってしまう恐れがあるのです。また、メリットばかり掲載するよりも、1~2割程度のデメリットを発信することにより、メリットの信ぴょう性が高まるというデータも存在します。観覧者の気分を害すようなコメントは、排除しても問題ありませんが、トラブルを避けるためにも、排除した理由を掲載するなどの工夫を施し、可能な限り操作しないように努めてみましょう。

広告とは異なる

インフルエンサーなど影響力を持った人物にマーケティングを依頼した場合、それらを消費者に開示する必要があります。PRや広告であることを開示しなかった場合、ステマになってしまうのです。ステマ行為は、非常に批判される行為の1つであり、企業及びインフルエンサーは注意しなければならない事柄の1つだと言えます。リファラルマーケティングと広告の違いを理解し、適切な表記を心がけましょう。

リファラルマーケティングが根強い人気を誇っているのは確かな実績が存在するから

リファラルマーケティングは、大きな成果をあげることのできる魅力的なマーケティングの1つです。インフルエンサーなど、影響力を持つ人材を起用することにより、より効果を高めることも可能となります。マーケティング効果を高めるために、人材採用を考えている企業は、専門企業である「コラボマーケティング」に協力を要請してみるといいでしょう。適切な人材を採用し、効果的なマーケティングを実施してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA