Twitterマーケティングの効果と成功事例、インフルエンサーの活用方法

Twitterマーケティング具体例

Twitterを使用したマーケティングに、大きな成果・可能性が認められるようになってから、SNSやインフルエンサーを起用したマーケティングに関する問い合わせが急増しています。これまで実施したことがなかった大企業、費用や採用に不安を持つ中小企業などでも、積極的に新しいマーケティングを取り入れようとする動きが見られるようになりました。

以前よりも多くの企業が参加することによって、TwitterなどのSNSを活用したマーケティングは、今後ますます活性化し、大きな影響力を持っていくことでしょう。しかし、SNSを活用したマーケティング、インフルエンサーを起用したマーケティンでは、具体的にどのような実績があるのか理解している企業は多くありません。SNS媒体をTwitterに限定した場合は、なおさらです。新しいマーケティング方法を取り入れたり、検討する場合は、正しくより詳しい情報を理解しておく必要があります。

この記事では、近年大きな注目を集めているSNSを活用したマーケティングの中でも、特に問い合わせの多いTwitterを活用したマーケティング内容について、詳しく解説していきましょう。Twitterマーケティングのメリットだけではなく、デメリットやこれまでに実際にあった失敗事例もご紹介していきます。Twitterマーケティングを検討する際、活用してみましょう。

アカウント運用

まず、Twitterマーケティングにはどのような方法が存在するのが、具体的にご紹介していきましょう。Twitterという同じ媒体を活用していても、それぞれのマーケティング方法には、異なる特徴やメリットが存在します。

まず、1つ目のマーケティング方法は、自社アカウントを運用する方法です。運用しているTwitterで、自社商品をPRしたり、企業に関する何かしらの情報発信を行います。Twitter上で、消費者とコミュニケーションを取ったりすることも可能です。これまで実施されたアカウント運用の中で、大変魅力的だった方法は、独自キャラクターでのTwitter運用です。企業とは全く関係のない、一般人のようなツイートを行い、注目を集めた事例もありますし、自社商品の使用レビューを消費者目線でツイートするなどの例もありました。このように、第三者として徹底した運用を行うことによって、企業の宣伝色が薄くなり、効果的なマーケティングが可能となります。

広告掲載

Twitterには、広告を掲載するマーケティング方法も存在します。Twitterに掲載できる広告の種類は、主に3種類です。

「プロモツイート」と呼ばれる広告は、タイムラインと同じ場所に表示することができます。Twitterのメイン機能であるタイムラインに掲載することによって、多くの利用者に情報を届けることが可能です。通常のツイートと区別するために、「プロモーション」というラベルが添付されています。それ以外は、一般的なツイートと同様です。「いいね」をしたり、リツイートや返信等の操作ができます

2つ目の広告は、「プロモアカウント」です。プロモアカウントでは、自社アカウントをフォローしていないユーザーに、おすすめアカウントとして表示することができます。新しい顧客、層の獲得に役立つ広告です。「おすすめユーザーセレクション」「検索結果画面」など、様々な場所に表示できるため、多くのフォロワー増加が期待できます。

3つ目の広告は、「プロモトレンド」です。プロモトレンドは、「おすすめトレンド」「「話題を検索」などに表示することができます。この場所に表示できる広告は、1日1社となっているため、他社と比較されることなくPR活動を行うことができる広告です。また、プロモトレンドと合わせて「ファーストビュー」という広告をセットで使用することもできます。24時間表示される動画広告枠であり、合わせて使うことによってより大きなマーケティング効果を得ることができるでしょう。ファーストビューは、「ファーストビューオンリー」として、単体で使用することもできます。予算や、自社商品の特徴に合わせて、表示させる場所、使用する広告方法を選択してみましょう。

キャンペーン

Twitterでは、キャンペーンと呼ばれるマーケティング方法も存在します。キャンペーンは、自社アカウントを持っていない企業でも、実施することが可能です。自社アカウントまたは、特定のアカウントをフォローしたり、キャンペーン告知ツイートをリツイートするというのが、一般的な応募方法となっています。キャンペーンのなかには、何かしらの指令が出され、それらをクリアした人々のみ応募できるという案件もありました。また、他SNSと連携し、写真投稿やダウンロードを促すキャンペーンもあります。

キャンペーン実施は、自社アカウントを持っていた場合、フォロワーの増加が期待できる広告です。フォロワーの増加によって、自社や商品の価値、影響力を向上させることができます。自社アカウントがない場合でも、知名度や認知度を向上させることができますし、購買行動に繋げることが可能です。しかし、キャンペーン自体が周知されなかった時、フォロワーの増加も、知名度や認知度の向上も期待できません。そういったリスクを軽減させる際にも、インフルエンサーが活躍します。

インフルエンサー

TwitterなどのSNS媒体を活用したマーケティングを実施する時、大きな力を発揮するのがインフルエンサーです。例えば、インフルエンサーが管理するTwitterで、自社商品や店舗をPRしてもらう方法があります。フォロワーに絶大な影響力を持ち、さらに世間からも注目を集めやすいインフルエンサーを起用することによって、自社の知名度や認知度を爆発的に上昇させることが可能です。また、キャンペーンの告知、参加を依頼する方法もあります。人気インフルエンサーに参加してもらうことによって、前項でご紹介したトラブルを回避することができるのです。

また、インフルエンサーは、他マーケティングと比較しても、低価格で利用できる場合が多く、中小企業でも利用しやすいというメリットがあります。低価格で利用できることから、試しやすいものの、起用する人材の選び方には様々なポイントがあるため、専門企業に相談する必要があるでしょう。

インフルエンサーを活用するインフルエンサーマーケティングは、近年大きな盛り上がりをみせているため、多くの企業が仲介業者として名乗りを上げています。インフルエンサーの起用に関するアドバイスをくれる企業も、多数存在するのです。しかし、インフルエンサーマーケティングを成功させるには、確かな実績を持ち、専門的知識を有したインフルエンサーマーケティングの専門企業に依頼する必要があります。相談先に迷った時は、インフルエンサーマーケティングの専門企業であり、確かな実績と豊富な知識を有しているコラボマーケティングに依頼してみましょう。

Twitterマーケティングのメリット

SNS媒体を活用したマーケティングの中でも、特にTwitterマーケティングが注目されている理由は、Twitterを活用した際に発生するメリットが大きいからです。ここからは、Twitterマーケティングを実施した際に発生するメリットについて、ご紹介していきます。

拡散力

SNS媒体は、日本国内外へ発信できるものが多く、場所や時間を選ばずにアクセスすることが可能です。そのため、これまで存在していた様々なメディアと比較しても、圧倒的な拡散力を持っています。SNSの中でも特に、圧倒的拡散力を持っているのがTwitterです。一般的に、短い文章を用いて使用するため、誰でも手軽に操作・投稿できること、そしてそれらを見る消費者も、手軽に見れることから何度もアクセスします。その結果、圧倒的な拡散力を持つようになったのです。

Twitterの魅力は、拡散力及び二次拡散にも期待できる部分でしょう。ある投稿が魅力的だった場合、その投稿を容易に転送、拡散することができます。リツイートと呼ばれる機能が、これらの操作に当たる部分です。リツイートは、自身の時間を使って投稿する必要がありません。時間を使っていないにも関わらず、賛同していることをアピールできる機能であり、簡単に自分の意見を発信できるため、多くのユーザーが好んで積極的に使用しています。このような事象から、Twitterでのマーケティングは、圧倒的な拡散力を誇っていると言えるのです。

オートプロモート機能

Twitterには、オートプロモートという機能が備わっています。月額利用料を支払うことによって、自身のツイートを、関心を持ちやすいと想定されるユーザーに配信してくれる機能です。自身で積極的にアプローチしなくても、興味関心が高いと想定されるユーザーに自動的にアプローチしてくれるため、運用コスト、時間がかかりません。オートプロモート機能は、企業でも、個人でも使用することができます。

オートプロモート機能を使用する際、アプローチしたい対象の特徴を選択する必要があるため、ターゲティングを明確にしておく必要があるでしょう。オートプロモート機能は、利用した際のデータ収集もできます。リーチした人数や、実際に獲得したフォロワー数、アクセス数なども調べることが可能です。月額費用は固定9,900円となっているため、フォロワー数がどれだけ増えても、リーチ数やその他の数値が爆発的に増えても、増額されることはありません。

露出の選択

Twitterのマーケティングでは、細かく露出を選択することができます。これまで行われてきたマーケティングでは、不特定多数に見せることが重要とされていました。各社ある程度のターゲティングは行っていたものの、それ以上に大勢に知らせることが重要とされていたのです。そのため、マーケティング媒体として、地上波テレビは圧倒的な力と評価を得ていました。近年、消費者の情報収集能力が格段に向上し、大きな意識の変化が起こり、これまで実施していたような不特定多数に向けた広告では購買行動を起こしにくくなったのです。

消費者は「自分に必要な物を選択する」という意識が強くなったため、誰にアプローチしているのかわからない広告には、意識を向けなくなってしまいました。そこで必要になったのが、露出の選択という方法です。誰に向けた商品、サービスなのか明確にし、特定の消費者に向けた専門的広告を作成します。そして、それらを見せる際も、誰にでも見える場所に掲載するのではなく、興味を持っている人、持ちやすいと想定された人だけに向けて掲載します。こういった場面で、前項のオートプロモート機能などを活用してもいいでしょう。消費者を絞って作成したことによって、広告に圧倒的な訴求力が備わります。ターゲットを絞ったことにより、無駄な場所で露出させる必要もないため、広告費用も削減することができるのです。

手軽

Twitterは、手軽に操作することができます。文字だけを投稿する場合、一般的に使用されている連絡ツールと使用方法はほとんど変わりません。広告などのマーケティングを行う動作も、それほど手間がかかりませんし、他SNS媒体よりも手軽に実施することができます。また、動画や画像編集に用いるような大掛かりな機器がなくても、マーケティングを実行できるため、どのような企業または個人でも始めやすいことがメリットです。

X~Z世代へのアプローチ力

Twitterがマーケティングに適している理由は、使用者の層が幅広いためです。若年層や年配層に偏ることなく、幅広い世代が利用しています。最も多い利用者層は20代であり、次いで40代、30代となっていました。20~40代は、X~Z世代と呼ばれる世代であり、現在の経済活動を支えている世代、今後の経済活動を支えていく世代と言われています。

つまり、マーケティングでは、これらの世代を中心に内容を考え実行した方が効果的であり、先を見据えた場合も、より安定した事業が実行しやすいのです。もちろん、サービスや商品によっては、年配層もしくは若年層のみにフォーカスする必要があります。しかし、知名度や認知度、その他SNSマーケティングで得られるメリットを効果的に手に入れたいのであれば、X~Z世代は無視できない存在であり、それらに適切にアプローチできるTwitterマーケティングがおすすめなのです。

オリジナリティ

Twitterマーケティングは、自由度の高いマーケティングです。画像や動画を使用することもできますし、文字だけでキャンペーンを実施することもできます。また、他SNS媒体やテレビCM等と連携したマーケティングも可能です。自由度が高いことによって、自社の特徴を活かしたオリジナリティ溢れるキャンペーンを実施することができます。オリジナリティ溢れるキャンペーンの実施により、商品のブランディング、購買行動の促進も期待できるでしょう。

タイムリー

Twitterマーケティングは、時間や場所を限定せず実施することができますし、ユーザーはタイムリーに参加することができます。動画や音楽を用いる媒体の場合、外出先や公共施設では使用しづらく、参加が難しい場合もあるでしょう。しかし、Twitterで実施されるマーケティングは、場所も時間も限定されないため、大勢が参加しやすいというメリットがあります。

分析

Twitterには、「Twitterアナリティクス」と呼ばれる分析ツールが存在します。自身のツイートに対して、どのような反応があったのか分析することが可能です。分析ツールでは、ユーザー属性や反響数などを知ることができます。ユーザー属性とは、ツイートを見たユーザーの性別や趣味、住んでいる地域などです。「いいね」をもらった回数や、リツイートや返信機能を使用した件数なども知ることができます。「コンバージョントラッキング」など、別途ツール設定を行うことによって、外部ページへ移動した件数など、消費者の行動をより詳細に知ることも可能です。具体的な数値、細かい情報は、今後のマーケティングや商品開発に役立てることができます

Twitterマーケティングのデメリット

sns 利用者数

Twitterマーケティングを正しく理解し、しっかりと検討するためにも、メリットのほかにデメリットも理解しておきましょう。ここからは、Twitterマーケティングで発生しやすいデメリットと、それらの対応策について、解説していきます。

話題にならない

Twitterマーケティングで最も発生しやすいデメリットの1つが、話題にならないことによる失敗です。キャンペーンや広告を実施しても、それらが消費者に意識されなければ、効果は期待できません。こういった事態を避けるため、企業は有名な芸能人や著名人を起用し、マーケティングを実施します。

しかし、SNS媒体を活用したマーケティングでは、有名人や著名人が必ずしも力を発揮するわけではありません。Twitterなどでマーケティングを行う場合、インフルエンサーと呼ばれる人々の方が、大きな影響力を持っていることが多いのです。マーケティングの失敗は、該当商品の売上低下を引き起こすだけではなく、企業イメージの低下、ブランディングの失敗など、様々なデメリットを発生させる恐れがあります。

インターネットリテラシー

Twitterマーケティングでは、インターネットリテラシーによるデメリットが発生する恐れがあります。SNS媒体を活用したマーケティングでは、発信する情報はもちろん、使用する媒体の機能も理解しておく必要があるのです。Twitterに備わっている機能を理解しておかなければ、効果的なマーケティングが行えないばかりか、誤操作によって大きなトラブルを発生させる恐れもあります。

また、発信する情報もあらゆる角度から精査し、慎重に発信する必要があるのです。なぜなら、発信された情報は様々な文化、認識を持つ多くの人々が見るものであり、1度発信してしまえば、2度と消すことができないものだからです。炎上によって注目されることはありますが、著しくイメージをダウンさせてしまいますし、イメージ回復は容易ではありません。

広告掲載枠

Twitterには、広告掲載枠と呼ばれるものが存在します。Twitterに限らず、様々なSNS媒体に存在するものです。広告掲載枠は、掲載場所や時間によって費用が変動します。より大勢に見てもらえる可能性がある場所は、高額になりやすく、複数社が利用できる場所などは、低価格で取引される傾向になっていました。大きなマーケティング効果が期待できる広告掲載枠を利用する場合、予想以上にコストが発生してしまいます。使用する頻度により、さらに高額なコストが発生してしまうため、それらはデメリットになり得るのです。

高額な費用が発生することが、単純にデメリットというわけではありません。高額な費用に見合った成果が得られない可能性があり、その可能性がリスクなのです。リスクは、実施する際のデメリットになります。

Twitterマーケティングを成功させるポイント

Twitterマーケティングには、大きなメリット及びデメリットが存在します。それらを踏まえたうえで、実施するか否か検討してみましょう。ここからは、Twitterマーケティングを実施する際に役立つ、成功のポイントをご紹介していきます。成功のポイントは、気を付けるべき注意事項でもあるため、Twitterマーケティングを始める前に、しっかりと理解しておきましょう。

理解

Twitterマーケティングを始める前に最も重要な事は、Twitterを理解しておくことです。Twitterとはどういった特徴があり、どのような機能が備わっているのか、理解しておかなければなりません。Twitterの機能、マーケティング活用方法を理解せず、とりあえずで始めた企業の例も存在します。その企業は、活用できない状態を数年続けていました。とりあえず始めてみる、多くの企業が実施しているアカウント登録などをやってみるでは、うまくいきません。目的を持ち、目的のために活用するのがマーケティングです。

ターゲティング

これからのマーケティングでは、特定の消費者へ向けた専門的な広告を作成する必要があります。なぜなら、消費者の情報収集技術は今後ますます向上するため、「より自分に適した商品だ」と感じさせなければ、購買行動が期待できなくなるからです。訴求力を付けるためにも、ターゲティングをしっかりと行いましょう。

コンバージョン

あらゆるマーケティングでは、コンバージョンを明確にする必要があります。コンバージョンは、1つに絞る必要はありません。なぜなら、それが自社や商品にとって足りない部分だからです。多くのコンバージョンを洗い出した後、それらを達成するためにどのような方法を用いるべきか、考えます。

「多くの企業が取り入れているマーケティング方法だから」と、Twitterマーケティングを実施することから、企画を考えてはいけません。Twitterはマーケティングのツールであり、目的ではないのです。コンバージョンを明確にし、それぞれに適したツール、方法はどういったものなのか、順序を間違えないように考えていきましょう。

投稿内容

Twitterマーケティングでは、自社アカウントを運用する方法が一般的です。自社アカウントのフォロワーを増やしていくことによって、より効果的なマーケティングが実施できます。自社アカウントを運用する場合、投稿内容には十分注意しましょう。SNSを使ったマーケティングでは、投稿内容が大変重要な要素であり、他社と差別化できる部分なのです。キャラクターを用いてツイートする場合、キャラクターにのっとった投稿を行いましょう。最初に設定した条件を、適切に守ることが重要です。投稿内容に特徴をつくり、それらを貫き通すことで、消費者に印象を残すことができますし、信頼関係を築くこともできます。

インフルエンサーの選定

Twitterマーケティングで大きな影響を与える部分が、インフルエンサーの選定です。Twitterマーケティングでは、必ずしもインフルエンサーを起用する必要はありません。自社独自で大きな発信力を持っているのであれば、わざわざ選定する必要はないでしょう。しかし、新しい層へアプローチしたい時や、拡散力に不安がある企業は、インフルエンサーを起用することによって、リスクを減らすことができます。また、起用する人材によって、大きなメリットを得ることも可能です。マーケティングにインフルエンサーを起用する際は、正しい選定基準を理解し、実施しましょう。曖昧な選定を行ってしまうと、後々トラブルの原因になってしまう恐れがあります。

Twitterマーケティング成功事例

ここからは、Twitterマーケティングの成功事例について、ご紹介していきましょう。Twitterを活用したマーケティングは、様々な企業が実行しています。そのなかでも、特に大きな成果を上げたマーケティングについて、ご紹介していきましょう。どういった部分が優れていたために、成功をおさめることができたのか、詳しく解説していきます。

シャウエッセン


「手のひらを返します」というキャッチーなコピーを添え、Twitterの拡散力を大いに活用したのが、シャウエッセンです。画像や動画ではなく、文字であるキャッチコピーにインパクトを置いたことにより、Twitterとの相性が抜群となりました。シャウエッセンが発信したメッセージに、消費者それぞれが反応を示し、マーケティングは大盛り上がりとなります。

消費者が盛り上がったことにより、メディアや他SNS媒体も積極的に報道し、さらに大きな話題となりました。消費者やメディアの注目を集めた後、シャウエッセンは次々にマーケティングを実行します。季節のイベントに合わせ、新商品を宣伝したり、Twitterアカウントを解説し、フォロー&リツイートのキャンペーンを実施するなど、積極的にしかし順を追ってマーケティングを実行しました。Twitterを活用したマーケティングにより、既存商品のブランドは崩さず、かつ新商品の認知度向上に成功します。

エスティローダー


エスティローダーでは、もともとロングセラーとなっていたコスメに対して、さらに顧客を拡大するためにTwitterマーケティングを実施しました。エスティローダーが実施したマーケティングの優れた部分は、消費者目線のキャンペーンを実施した部分です。自社商品に対して、消費者が普段使用しているハッシュタグをリサーチし、それらに関連したキャンペーンを長期的に実施しました。実施したキャンペーンの中には、4択で問いかけるものもあり、消費者が楽しんで実行できるキャンペーンだったことも魅力の1つです。

Twitterマーケティング実施2年目になると、同商品の売り上げは過去最高を記録しました。もともと高い知名度、認知度を誇り、ある程度の売り上げを持っている商品を、さらに伸ばすことは非常に難しいことです。エスティローダーは、消費者に寄り添った企画、Twitterを理解したマーケティングによって、見事目標を達成することができました。

すかいらーく


自社アカウントの運用方法を変更し、様々なプロセスを経てフォロワー数を36万人以上増加させ、さらに売り上げ増加にも成功したのが、飲食店を運営する「すかいらーく社」です。すかいらーく社は、数年前からTwitterに自社アカウントを所有していました。しかし当時は、TwitterやTwitterを活用したマーケティングを理解していなかったため、時々キャンペーンの告知等に使う程度だったようです。公式アカウント開設から5年たったある日、アイドルグループとTwitterを活用したマーケティングを実施します。そこで、Twitterマーケティングの特徴である大きな拡散力と影響力を目の当たりにし、本格的にTwitterマーケティングに取り組むようになりました。

Twitterマーケティングを正しく行うために、すかいらーく社では順を追って作業を進めていきます。運用手順を決めたり、投稿内容の会議を行うなど、これまで整備されていなかったマーケティング環境を整えていきました。その結果、フォロワーの増加及び、集客と売り上げ増加を達成したのです。その後すかいらーく社は、Twitterマーケティングのメリットを活かしつつ、より広告感の薄い、消費者が楽しめるコンテンツの発信に取り組み、お笑い芸人とのコラボ企画を実施しました。

ペプシコーラ


Twitterを活用し、ユニークなキャンペーンによって、大きな注目を集めたのが、サントリー社です。サントリー社が運用するペプシコーラは、CMの内容が独創的かつ高揚感に溢れる内容だったことから、もともと絶大な知名度及び認知度を誇っていました。担当者は、CMで得たブランド力を活用し、Twitterマーケティングを成功させたいと考えます。Twitterを選択した理由は、顧客1人1人とエンゲージメントを築くためでした。

耳にした人の記憶に残る、キャッチーなハッシュタグを設定し、自撮りという現代人の心を揺さぶる方法を取り入れ、Twitterマーケティングを実施します。等マーケティングは、消費者が楽しんで参加し、大きな話題となりました。CM出演という商品もあったためか、参加者は増え続け、効果的なマーケティングだったと言えます。

NTTドコモ


バズマーケティングのように、消費者間で自社の話題が出るようにしたいという欲求から、NTTドコモ社はTwitterマーケティングを実施しました。NTTドコモ社が取り扱っている商品は、目に見える物品ではありません。そのため、消費者同士の会話に登場することがほとんどなく、バズることもなく、拡散される話題もありませんでした。このような現状を変えるため取り組んだのが、3つの広告です。有名アーティストを起用し、イベントを実施します。その際、「前日」「当日」「事後」の3つに分けて、特徴的な広告を実施しました。

実施日の特徴に合わせ、プロモツイートやプロモトレンドなどの広告機能を使い分けたことも、ポイントです。等キャンペーンにより、Twitter上で話題になり、積極的に会話に登場したこと、新しい技術に注目が集まったなど、大きな成果が見られました。

Twitterマーケティング失敗事例

最後に、Twitterマーケティング失敗事例について、ご紹介していきます。Twitterマーケティングが失敗に終わる要因を理解し、マーケティングに役立てましょう。

媒体の見誤り

Twitterの特徴を理解せず、細かすぎる指示により失敗に終わったマーケティングが存在します。Twitterは、手軽さがメリットの媒体です。キャンペーンや消費者を巻き込んだマーケティングを実施する際、参加要項が簡単でなくてはなりません。複数のアカウント登録、外部ページでの登録作業は、ユーザーにとって負担となってしまいます。人間は、得ることよりも、失うことに敏感な生き物です。自分の時間をとられる、手間暇をかけさせられるという印象を与えてしまえば、マーケティングは成功しません。

CVRの悪化

購買行動には、順番が存在します。商品を知り、欲求を感じ、消費者の不安を解消した後に購買行動が発生するのです。このような順番を理解せず、何の対策も実施しないまま購買行動を促しても、効果的ではありません。CVRの悪化を招かないためにも、商品やサービスの現状を正しく理解しておきましょう。認知度はどの程度か、消費者が購入前にどのような不安を感じているのか、詳細に把握し、それらを解決する策を講じた後、購買行動を促すようにしましょう。

効果測定ミス

効果測定が正しく実施されず、マーケティング効果が表れているにもかかわらず、途中で運用を中止した例も存在します。マーケティングや、それらに関連する運用には日々コストが発生するため、中止を選択することも企業にとっては重要な事です。しかし、効果が表れている方法を強制終了することは、企業にとって損害でしかありません。このような事態を防ぐためにも、効果測定に関する手順は明確にしておく必要があります。目的や通過点、効果測定方法を確立し、誰でもわかりやすい形で整えておく必要があるのです。

Twitterマーケティングを理解し適切な方法を実施していこう

Twitterマーケティングは、ポイントや注意事項を理解することによって、低リスクで大きな効果が期待できるマーケティング方法です。より大きな効果を求めるのであれば、インフルエンサーを起用したり、マーケティングの専門企業に相談し、自社オリジナルのマーケティング方法を実施してみましょう。マーケティングに関して詳しく知りたい企業、不安を解消したい企業は、専門企業である「コラボマーケティング」に問い合わせしてみてください。