TikTok広告の種類や出稿費用と実際のマーケティング成功事例

Tik Tokをマーケティングに活用するメリット

Tik Tokは既存音楽や特徴的な音に合わせ、15秒から1分程度の動画を投稿する、携帯アプリケーションです。話題のアーティストが発売した楽曲に合わせて踊る・共有ことができたり、Tik Tokオリジナルの音源を使用した振り付けが頻繁に話題になるなど、近年特に注目を集めています。大勢が自ら進んで見る媒体であり、1日に複数回利用するアプリであることなどから、Tik Tokには大きなマーケティングの可能性が存在するのです。

この記事では、Tik Tokがマーケティングの現場で活用される理由と、企業側に与えるメリットの詳細についてご紹介していきましょう。Tik Tokに存在する広告の種類や、Tik Tokでマーケティングを行う際の注意点についても、詳しく解説していきます。

ダウンロード数No1

Tik Tokに、大きなマーケティングの可能性が存在する理由は、利用者の多さです。Tik Tokは、日本だけで利用されているアプリケーションではありません。約150カ国以上でダウンロードされているアプリであり、2018年前期、最もダウンロードされたアプリケーションとしても知られています。SNS媒体として有名なFacebook、動画配信アプリ大手のYouTubeなどを押さえ、堂々の1位を獲得しました。

1年後の2019年ではさらにダウンロード数を伸ばし、最終的には前年比13%以上の伸び率となったようです。Tik Tokでは日々、新しいサービスの開発、提供を実施しています。そのため、今後もダウンロード数は増加する見込みであり、利用者も、利用国もさらに増えていくでしょう。利用者の多さは、マーケティング効果を倍増させますし、利用国の増加はマーケティング規模を拡大させます。どちらも、企業にとって、大きなメリットとなるのです。

圧倒的利用率

Tik Tokがマーケティングに適している理由は、ダウンロード数の多さだけが要因ではありません。数多く存在するSNSの中でも、Tik Tokは圧倒的利用率を誇ります。利用率が高ければ高い程、マーケティングを行った際の接触率が高くなり、マーケティング効果を上げやすくなるため、効率的でより多くのメリットを企業側は受け取りやすくなるのです。

Tik Tokの利用率を明確にするため、同じく多くの世界で利用されている動画投稿媒体YouTubeと比較してみましょう。SNS媒体の特徴が異なるため、容易に比較することはできませんが、双方には大きな差があります。YouTubeの1日平均使用時間は、約8.4分間です。一方Tik Tokは、約41分間となっています。利用者の人数が異なるため、利用時間が長い方が優れた媒体というわけではありません。しかし、1人当たりの再生時間の長さは、広告等を見てもらえる時間の長さを表しているため、消費者に与える影響も強いと言えるのです。優れた広告等を作成しても、それらを見てもらえなかったり、途中で離脱されてしまえば、広告の効果は大きく減少してしまいます

操作性

Tik Tokの利用者は、今後も増え続けると予想されています。そのため、Tik Tokを使ったマーケティングは、今後ますます影響力を持つでしょう。Tik Tokの利用者が増加し続ける理由は、操作性が優れているからです。SNS媒体は、流行に敏感な若年層が使いこなすイメージが強く、年配層の取り込みにはある程度苦戦します。ところが、Tik Tokは、操作性が優れているため、どのような年代であっても容易に使いこなすことができるのです。分かりやすい操作性であり、誰でも簡単に楽しめることから、年代や性別を問わず利用者を増やしています。

追加される機能も、比較的簡単に使いこなせるため利用者の負担になりにくく、アプリ離脱者をつくりにくいところも、Tik Tokの利点です。

女性の割合

Tik Tokの国内ユーザー層は、60%以上が女性となっています。Tik Tokは、購買行動に積極的な女性の割合が高いことから、宣伝広告を実施した場合、マーケティング効果が出やすいと言えるのです。国内に限定しなかった場合、男性の割合が約55%と、若干多くなっています。Tik Tokでマーケティングを行う際は、国内ユーザーに向けたものなのか、国外ユーザーへ向けたものなのか明確にし、実施することによって、よりマーケティング効果を出しやすくなるでしょう。

視聴専門ユーザーの割合

Tik Tokは、利用者によって全く違った楽しみ方ができるツールです。新しい音楽、振り付けを実施し、自身の動画を投稿し楽しむユーザーもいますし、動画投稿をきっかけに、新しいコミュニティを形成するユーザーもいます。国内外を問わず、多くの出会いが可能なツールです。

また、投稿される動画を視聴するだけの、視聴専門ユーザーも存在します。この、視聴専門ユーザーの割合が、Tik Tok内で最も多いようです。視聴専門ユーザーが多いということは、企業が作成した広告、マーケティング行為等を見てもらえる可能性が高いということになります。作成した広告を、最後まで見てもらうことは近年さらに難しくなったため、より確率の高い場所でマーケティングを行う必要があるのです。

エンゲージメント

Tik Tokは、多数存在するSNS媒体の中でも、特にエンゲージメント率が優れた媒体だと言われています。エンゲージメント率は、消費者の積極性を表しているため、率が高ければ高い程、マーケティング効果を発揮できるのです。

また、消費者が積極的であることから、企業が発信した情報に抵抗感を持ちにくく、新しい事柄を受け入れやすい傾向があります。企業及び消費者が積極的であり、行動的でもあることから、Tik Tokは今後ますます盛り上がることが予想できますし、適切なマーケティングを行うことによって、企業へ大きなメリットを与えてくれるでしょう。

Tik Tok広告の特徴と費用【起動画面広告】

今後ますます影響力を持つことが想定されるTik Tokでのマーケティング方法を理解することは、企業にとって必要なスキルと言えます。SNSでのマーケティング方法を理解することはもちろん、SNSの種類によってマーケティング方法を適切に変えていく必要もあるのです。

しかし、それらは多数存在するSNSの特徴及び、取り入れられているマーケティング方法を理解しなければ難しく、失敗リスクを高めてしまう場合もあります。ここからは、Tik Tokに存在する広告の種類と、最も気になるであろう費用について詳しくご紹介していきましょう。その他の広告との違い、メリットやデメリットにつても解説しますので、自社や商品に最も適した方法を選択してみてください。

起動画面広告とは

Tik Tokには、起動画面広告と呼ばれる広告が存在します。Tik Tokを起動した際、全員に表示される広告です。しかし、Tik Tok新規ユーザーの場合は、起動画面広告は表示されません。Tik Tok登録後7日以上経過しているユーザー全てに、表示される広告です。利用者全てに表示される広告であることから、拡散力が高く、知名度や認知度を上昇させたい場合、効果的でしょう。

特徴

起動画面広告は、3~5秒表示されます。縦型フルスクリーンで表示されることも、特徴の1つです。広告を作成する際は、フルスクリーンであることを理解し、画面を効果的に活用してみましょう。また、起動画面広告は、動画広告限定ではありません。静止画広告でも可能ですし、音声や音源の有無に関する規定もないため、自由な広告作成が可能です。

さらに、広告内にTik Tok内のCPページを添付させることもできますし、外部のwebをリンクすることもできます。表示される時間が大変短いため、インパクトのある広告を作成し、詳しい内容は自社HPやCPページで確認してもらうようにすると、効果的に活用できるでしょう。

費用

起動画面広告の費用は、約600万円です。起動画面広告にたいする費用は、作成された広告によって左右されません。一律、設定されているため、Tik Tok運営会社との交渉や、広告作成の工夫で変化することはないのです。起動画面広告には、保証インプレッション(IMP)が設定されています。

広告を掲載した場合の、最低IMPを保証しているのです。現在保証されているIMPは、300万回となっています。1人に広告を見せる際、2,000円のコストが発生する計算です。この保証IMPを超えた場合であっても、23:59まで広告は表示されます。そのため、最も利用者が増える曜日、または日時に広告を表示させることによって、費用対効果を上げることが可能です。

メリット・デメリット

起動画面広告のメリットは、拡散力です。また、1ユーザーにつき1回表示ではなく、起動時に毎回表示されるため、単純接触効果も期待できます。

デメリットの1つ目は、コストです。インフルエンサーに依頼する方法や、SNSを活用したマーケティングが近年主流となっていますが、その中でも起動画面広告は大変高額となっています。知名度や認知度を上げたい企業というのは、大手企業ではないことが多く、宣伝広告費用に大きな金額を投じることができません。約600万円もの費用を投じた場合、失敗は許されなくなりますが、このようなインフルエンサーマーケティングの実施経験がなければ、失敗リスクも高まってしまいます

デメリットの2つ目は、広告枠確保の難しさです。起動画面広告は、1日1社限定であり、広告枠は申し込みの先着順によって決定します。企業としては、費用対効果が優れている枠を確保したいと考えますし、その場合競争率が上昇し確保が難しくなってしまうのです。さらに、1社につき1回という制約もありません。申し込み後、Tik Tok側の審査はありますが、許可されれば、何度も広告を掲載することができるのです。そのため、さらに競争率が上昇してしまいます。広告には時期、年度も大いに関係するため、広告枠を逃す恐れがあるというのは大きなデメリットです。

Tik Tok広告の特徴と費用【#チャレンジ広告】

2つ目に紹介するTik Tokの広告は、#チャレンジ広告です。タイアップ広告と呼ばれることもあります。#チャレンジ広告の特徴から、メリット及びデメリットを詳しく解説していきましょう。

#チャレンジ広告とは

#チャレンジ広告とは、Instagramやその他SNSでも活用されることの多いハッシュタグを使用する広告です。ハッシュタグを設定し、動画投稿を行う際添付してもらいます。企業が設定するのは、ハッシュタグのみですが、投稿する動画の内容も設定することが可能です。ここで設定する動画の内容によって、#チャレンジ広告の成功が左右されることも少なくありません。

特徴

#チャレンジ広告は、マーケティング行為として認識されにくいという特徴を持っています。Tik Tokユーザーは、あくまでも自身が楽しむためにハッシュタグを使用したり、関連動画を投稿するのです。そのため、多くのユーザーが積極的に参加してくれるマーケティングと言えます。多くのユーザーが積極的に参加してくれるため、拡散力及び訴求力も期待できるでしょう。また、自社HPや他SNSで独自に宣伝を行わなくても、Tik Tok内で広告へ誘導することが可能です。消費者に手順を踏んでもらうことによって、#チャレンジ広告へ参加を促すこともできます。

費用

#チャレンジ広告は、広告の種類選択によって金額が前後します。広告の種類とは、誘導枠の事であり、#チャレンジ広告に参加させる入り口です。誘導枠を「起動画面広告」にした場合、前項でご紹介した費用約600万円が発生します。「インフィード広告」を設定した場合は、770万円です。誘導枠を複数設定することも可能ですが、その場合はそれぞれコストが発生します。誘導枠には、IMP保証が設定されていました。起動画面広告の場合は、300万回、インフィード広告であれば220万回です。そのため、高額な宣伝費を投じて、全く効果が得られなかったという事態は避けることができます。

メリット・デメリット

#チャレンジ広告のメリットは、宣伝活動に対する嫌悪感を消費者に感じさせない部分です。近年、消費者の宣伝活動に対する嫌悪感は凄まじく、ある程度の対価を支払ってでも「避けたい」という動向が目立ちます。評価の高い作品であっても、宣伝活動であることが発覚し、消費者から大きな批判をあびたケースも多々あるのです。このような事態を避け、消費者自ら積極的に参加するのが、#チャレンジ広告の大きなメリットだと言えます。嫌悪感がないことから、広告内容を素直に受け取り、積極的な購買行動が期待できるでしょう。動画の内容や広告の内容が優れていれば、次回作へ転用することもできますし、他SNS媒体でより大規模な広告を打ち出す際にも活用できます。

#チャレンジ広告のデメリットは、やはり費用面です。より大々的に実施しようとした場合、2,000万円を超えることも予想されます。IMP保証があるとはいえ、簡単に捻出できる金額でもありません。また、これほどの金額を投じるからには、大きな成功を収めたいと考えるでしょう。#チャレンジ広告で大きな成功を収めるためには、動画内容はもちろん、参加者も重要となります。消費者に大きな影響力を持つインフルエンサーが参加した場合、瞬く間に拡散されますし、新しい層へアプローチすることもできるのです。インフルエンサーを起用する際は、注意事項も存在するため、一度専門企業であるコラボマーケティングに相談してみるといいでしょう。

Tik Tok広告の特徴と費用【インフィード広告】

続いてご紹介するのは、前項の誘導枠にも登場した、インフィード広告です。「起動画面広告」「#チャレンジ広告」「インフィード広告」は、Tik Tokの主な広告として知られていますし、頻繁に活用されています。ここからは、インフィード広告の特徴について、詳しく解説していきましょう。

インフィード広告とは

インフィード広告は、「おすすめページ」に表示されます。表示される時間は、9~15秒と長く、より効果的なマーケティングを実施することができる広告です。インフィード広告単体では、#(ハッシュタグ)を設定することはできません。#(ハッシュタグ)を使用する場合は、前項でご紹介した#チャレンジ広告に変更する必要があります。

特徴

インフィード広告は、3つのタイプに分けられます。「OneDayMax」「TopView」「BrandPremium」です。3つのタイプは、表示タイミングや、1日に請け負う件数によって、分けられています。1日1社限定で、最も最初に表示させることができる広告が「OneDayMax」です。「BrandPremium」は、おすすめフィード80post以内に表示させることができます。

おすすめページは、Tik Tokユーザーが最も頻繁に眺める場所です。そのため、おすすめページに表示させることによって、大きな宣伝効果が期待できます。しかし、おすすめページには複数案件表示され、ユーザーが操作しなければ、広告は閲覧されないのです。こういったデメリットを解消させるために、インフィード広告は3つのタイプに分けられています

費用

インフィード広告は、3つのタイプによって発生する費用も異なります。最も高額な広告は、「TopView」です。費用は625万円以上となっています。次いで高額な広告が、「OneDayMax」です。広告費用は300万円となっています。最も低価格で利用できるのが、「BrandPremium」です。広告費用は、42万円~となっています。1日1社に限定された広告や4社に限定されたもの、表示場所が優れている広告が高額設定となっていました。継続的に広告発注を行ったり、複数案件広告を依頼すると、費用を安くすることができます。

メリット・デメリット

インフィード広告のメリットは、より適切な消費者へ効果的にアプローチできる点です。「おすすめページ」には、目にするユーザーに最も適した内容が表示されます。ユーザーの検索や観覧履歴からシステムが選別し、表示内容を変化させているのです。そのため、ユーザーは「おすすめページ」に表示される内容を信頼しています。その証拠に、Tik Tokユーザーが最も頻繁に長時間眺める場所が「おすすめページ」だとも言われているのです。また、インフィード広告では、複数個所にリンクを設定することができます。画面の複数部分にランディングページやダウンロードページを設定できるため、消費者の行動を積極的に促すことができるでしょう。

デメリットは、国内以外にアプローチできない部分です。日本以外を、ターゲティングすることはできません。インフィード広告によって、全世界でキャンペーンを実施することはできないのです。他にも、動画内で使用した楽曲を、公式楽曲に設定できないなどのデメリットは生じますが、購買行動を促しやすい的確な広告と言えます。

Tik Tok広告の特徴と費用【運用型広告】

最後にご紹介する広告が、運用型と呼ばれる広告です。「Tik Tok Ads」と呼ばれることもあります。これまでご紹介した広告とは、異なった費用計算方法を採用している広告です。そのため、より多くの企業が取り入れやすい広告だと言えるでしょう。

最新広告

運用型広告は、通常のコンテンツ表示に紛れて、広告が表示されます。全面を活用した動画広告から、上下どちらかに偏った画像広告など、4種類の表示から選択することが可能です。

特徴

運用型の特徴は、日本国外へもアプローチできる部分です。運用型広告にはターゲティング機能が搭載されているため、望んだ消費者へ的確にアプローチすることができます。その中には、地域選択欄もあり、アメリカやロシアなど幅広い地域を選択することが可能です。

また、運用サポートが大変充実していることも特徴となっています。前項でご紹介した広告方法も含め、最も最近誕生した広告方法である運用型は、最新Ai技術が使用されていたり、広告動画を作成するツールが備わっていたりと、多くのサポートを受けることができるのです。

費用

運用型広告は、特徴的な課金形式を採用しています。課金形式は、4種類です。インプレッション課金型(CPM)と呼ばれる方法は、広告が1,000回表示されるたびに料金が発生します。これまでの広告では、表示回数が保証されていたものの、費用が高額で中小企業が利用しにくいというデメリットが存在していました。しかし、表示回数を下げ、合わせて費用を低く設定したことにより、これまで利用できなかった企業や個人も、積極的に利用しやすくなったと言えます。2つ目は、クリック課金型(CPC)です。表示された広告がクリックされるたびに、料金が発生します。クリックされなかった場合、料金は発生しません。再生課金型(CPV)は、広告動画が一定時間以上再生された場合、料金が発生します。4つ目の方法が、最適化クリック課金型(oCPC)です。計算方法は、CPCと類似しており、特定のコンバージョンに応じて単価が自動調整されます。

メリット・デメリット

運用型広告は、これまでになかった費用計算方法、広告掲載方法を採用しています。そのため、これまで利用をためらっていた企業や個人が利用しやすくなった所が、メリットだと言えるでしょう。動画作成補助ツールによって、広告作成のノウハウがなかった企業、個人でも作成できるようになった部分もメリットです。

大きなデメリットはないものの、表示箇所や表示タイミングによって、ユーザーが意図しない場面でアクセスしてしまう恐れがあります。企業にとっては、コンバージョン確率が上昇するため、メリットではありますが、意図しない瞬間の広告アクセスはユーザーにとって大きなストレスになってしまうのです。

Tik Tokマーケティング成功事例

 

この投稿をInstagramで見る

 

S.y.u.n(@syun_0920.sabu)がシェアした投稿


ここからは、実際にTik Tokで行われたマーケティングの成功事例について、ご紹介していきます。Tik Tokのシステムを使ったマーケティングは、様々行われてきました。その中でも、特に大きな成功を収めたマーケティングを、4種類ご紹介していきましょう。

ソフトバンク/起動画面広告

 

この投稿をInstagramで見る

 

ソフトバンク(SoftBank)(@softbank_official)がシェアした投稿


ソフトバンクは、起動画面広告を活用し、広告表示を行いました。起動画面広告は、1日1社という限られた枠であることから、ユーザーに与えるインパクトも大きく、記憶に残りやすいという特徴があります。こういった特徴に加え、ソフトバンク社が添えた文言、使用した映像も大変インパクトがあり、ユーザーに大きな衝撃を与えた広告だと言えるでしょう。

ソフトバンク社は、ストーリー仕立てのCMを作成するなど、常にユーザーが驚くような広告活動を行っています。どういった内容が消費者に注目されるのか、どのような内容であれば最後まで見てもらえるかなど、常に新しい手法を探していると言えます。こういった姿勢であることから、Tik Tokで行ったマーケティングも、大変面白くまた効果な広告となっていました。

家売るオンナの逆襲/起動画面広告

 

この投稿をInstagramで見る

 

perurincho【マジシャンぺる】(@perurincho)がシェアした投稿


広告活動を行うのは、物品を売りたい企業ばかりではありません。日本テレビが作成したドラマの宣伝として、Tik Tokが活用されました。これまで、ドラマのPR活動は、テレビ内だけで行われることがほとんどでした。しかし近年、テレビ離れはもちろん、SNSの影響力拡大に伴い、Tik Tokなどの媒体を活用したPR活動も積極的に行われるようになります。

Tik Tokという媒体の特徴をよく理解し、適切にマーケティングを行ったのが「家売るオンナの逆襲」です。ドラマ内に登場する名シーンを再現させる動画企画を実施し、誘導を起動画面広告で行いました。動画企画は大いに盛り上がり、ドラマも高評価だったようです。

マンガpark/インフィード広告

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤原ヒロ(@fuji_hiron)がシェアした投稿


短い表示時間を効果的に活用したのが、マンガparkです。実際のマンガ画面を表示し、ユーザーの流入を目指しました。マンガparkの優れた部分は、表示する画面にこだわったところでしょう。広告では、多くの情報を盛り込むよりも、どれだけ消費者に印象を残せるかが重要となります。多すぎる情報は、離脱の原因となってしまうため、避けなければなりません。

マンガparkは、多くの人々が気になってしまう場面、言葉が表示された漫画の1ページを表示させ、ユーザーの興味を一瞬で惹きつけることに成功しました。広告から1つの動作で、該当ページへ移動できる点も、優れた部分です。

#ポッキー何本分体操/#チャレンジ広告

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ポッキー何本分体操 #美少女図鑑 #ティックトック #てぃっくとっく #可愛すぎる #かわいすぎ #萌え系

Yui-P🌈(@tik_toker_yui)がシェアした投稿 –


インフルエンサーを起用し、企業及び商品プロモーションに成功したのが、江崎グリコ社です。音楽と効果音に合わせて、振り付けした動画を投稿する広告となっています。このようなチャレンジ広告は、Tik Tokユーザーが最も好み、抵抗感なく実施する広告です。

人気インフルエンサーを起用したことによって、中学生や高校生に爆発的に拡散しました。中高生に拡散することによって、大きな流行が発生します。また、ポップな音楽、真似しやすい振り付けも等広告の魅力的な部分です。Tik TokなどのSNS媒体を活用したマーケティングの場合、適切な拡散と、ファーストコンタクトが重要となります。最初に接触した時、「なんとなくかっこ悪い」「おしゃれじゃない」という印象を与えてしまえば、積極的に実施してもらうことは難しくなってしまうのです。特にTik Tokは、ユーザー自身が出演することが多く、より魅力的な様子を発信したいと考えるのが心理です。ユーザー心理をポジティブに動かすためにも、インフルエンサーの起用を検討しておきましょう。

Tik Tok広告に関する注意事項

Tik Tokでは、今後もマーケティングに合わせた新機能、改良が盛んに行われていくでしょう。企業にとって、マーケティングを実施する際、なくてはならない存在になる日も、そう遠くはありません。Tik Tokを活用し、効果的なマーケティングを実施するためにも、Tik Tok広告に関する注意事項を理解しておきましょう。Tik Tokを運営する企業は、日本企業ではありません。そのため、日本企業とは異なる規約、常識が存在します。広告依頼後、後悔しないためにも、注意事項をしっかりと読みこんでおきましょう。

出稿期限とその後の不備へは不対応

Tik Tokを活用した広告には、それぞれ出稿期限が設定されています。出稿期限に間に合うように広告を提出することはもちろんですが、何かしらのトラブルによって、提出が遅れてしまうこともあるでしょう。期限までに提出できなかった場合でも、通常通りの費用が発生します。

また、提出が遅れた場合は、契約に明記されている保証IMPを下回ったとしても、保証してもらうことができなくなってしまうのです。Tik Tokで広告を行う際は、早めの準備が必要となります。規約を適切に守った企業のみ、様々な保証が確約されるのです。

広告不具合に関する対応

広告内容提出後に、何かしらの不具合が生じても、対応してもらうことはできません。例えば、広告リンクに不具合が生じても、それらを修正するための時間や、費用の減額は認められないのです。不具合が生じ、途中で広告を中断したとしても、通常通りの費用が請求されますし、このようなトラブルによって企業が損害を被ったとしても、Tik Tok運営側に責任を問うことはできません。広告提出後に、トラブルを発生させないためにも、あらゆる想定及び確認を行いましょう。

申し込み後のキャンセル

Tik Tok広告は、メールなどで申し込みを行い、先着順で実施することができます。しかし、1度申し込みを行い、通ってしまった場合、キャンセルはできません。費用は割り引かれることなく、100%発生するため、申し込みには注意しなければなりません。Tik Tokやその他SNS媒体では、多くの注意事項やポイントが存在します。そのため、マーケティングノウハウを持っていなければ、トラブルやデメリットが想定できず、大きな被害を受けてしまう恐れがあるのです。

Tik Tok広告やインフルエンサーを起用したマーケティングを実施する際は、1度専門企業であるコラボマーケティングに相談してみましょう。注意事項や考えられるリスク、そしてそれらを解決する対策方法を詳しく教えてもらうことができます。

Tik Tok広告を出す方法

最後に、Tik Tokに広告を出す方法について、ご紹介していきます。Tik Tokに広告を出す方法は、主に2種類です。どちらにもメリットが存在するため、自社や商品にとってより良い方法を選択してみましょう。

直接問い合わせ

Tik Tokに広告を出す1つ目の方法は、Tik Tok運営会社に直接問い合わせを行う方法です。Tik Tokを管理している企業は「ByteDance」という中国企業ですが、日本にも支社が存在し、日本語で対応してもらうことができます。インターネット上で、問い合わせを行うこともできますし、電話で確認することもできるため、直接やり取りすることに抵抗がない場合は、おすすめの方法です。

専門企業へ依頼

Tik Tokで広告を出す際、専門企業へ依頼することも可能です。広告代理店や、SNS関連マーケティングを行った実績のある企業であれば、適切なマーケティングを行ってくれます。また、何かしらトラブルが発生しても、対応してくれる場合が多いため、マーケティングに多くの時間を割かれることがなく、本業に集中することができるでしょう。

しかし、広告作成やその他運用まで依頼した場合、自社で対応する以上のコストが発生します。ある程度のコストがかかっても、失敗したくないと考える企業であったり、1度ノウハウを見てみたいという企業であれば、おすすめの方法です。

TikTok広告を失敗しないためには

Tik Tok広告は、これまでとは違った層へアプローチできたり、若い世代を活用して大きな流行を生み出すなど、様々な可能性のあるマーケティング現場です。より大きな成果を上げるためにも、広告1つ1つの特徴を理解し、自社に適した方法を選択する必要があります。

また、周知等で失敗しないためにも、インフルエンサーの起用を検討しておきましょう。SNSでは、一般企業や芸能人ではなく、その場で日々活躍するインフルエンサーが大きな影響力を発揮します。インフルエンサーを起用することによって、初動がスムーズになり、短期間で大きな結果をもたらすことも可能です。Tik Tok広告、SNSを活用したマーケティングでは、インフルエンサーを上手に起用していきましょう。インフルエンサーの起用に関し、疑問や不安があれば、インフルエンサーマーケティングの専門企業である、「コラボマーケティング」に相談してみてください。適切なアドバイスがもらえたり、実行まで手助けしてもらうことも可能です。また、相談だけでも問題ありません。様々な不安を解消し、適切なマーケティングを行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA