SNSの特徴やユーザー層の比較とマーケティングへの活用方法

各種SNSの特徴を比較して最適なSNSマーケティングを行おう

最近ではインフルエンサーマーケティングやバイラルマーケティングなど、SNSを有効活用したマーケティング手法を選択する企業も少なくはありません。その他にもSNSを使ってフォロワー限定でセールの告知やクーポンの配布などを積極的に行うことでフォロワー数を増やして販売機会自体を増やそうとしたり、あるいは豪華な商品があたるSNSを活用したプレゼントキャンペーンなどを開催することで一気にフォロワーを増やし、情報発信の効率を高めるケースもあるでしょう。

それほど現代のマーケティング戦略においてSNSは既に見過ごすことのできない有効なツールです。しかし、やみくもにSNSのアカウントの開設をすれば売上が伸びるといった簡単なものではありません。企業がそもそもターゲットとしている顧客層の年代や性別によっても最適なSNSは異なってきますし、行いたいマーケティング戦略においても最適なSNSが変わることは決して珍しいことではありません。多くのSNSアカウントを所持してしまうと管理にコストがかかってしまい本末転倒になってしまうケースがあるので、SNSマーケティングを行う際にはそもそものターゲット層や今後の狙いを吟味してからSNSアカウントを所持するのが良いでしょう。あるいは、既にSNSアカウントを持っているのであれば、どのアカウントを主軸に運用していくのかをSNSの特徴を見ながら決めるのも良いかもしれません。

この生地では、各SNSの主なユーザー層や特徴、そして相性の良いマーケティング手法について解説していきます。既にアカウントを持っている方も今後アカウントを新規に取得しようと思っている方も、SNSマーケティングを行う上での参考にしてください。

SNSとは

そもそもSNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social networking Service)の略であり、インターネット上で現実世界とコミュニケーションを取るなどの社会行動を行うことができるサービスのことを言います。そのためLINEやFacebook、そしてInstagramなどの知名度の高いサービスはもちろん、広義で考えると掲示板や個人サイトなどもSNSの一種として含むことができるでしょう。

SNSの代表的なサービスというとFacebookやInstagram、Twitterを想像する人が多いのではないでしょうか。ただし、実はTwitter社自身は「Twitterはコミュニケーションを目的としたツールではない」としてSNSであることを否定しています。しかしながら、実際にはTwitterを趣味が同じ人との交流や興味のある企業や芸能人の情報収集など、FacebookやInstagramのようなその他のSNSと同じ使い方をしている人が多いため、この記事では特別な注釈をなしに「SNSの一種」としてTwitterも含めて解説していきます。

Instagramの主なユーザー層と特徴

SNSマーケティングは企業が目的に応じて色々なSNSを選択して使い分けていますが、やはりInstagramを主軸として使っている企業が大多数です。最近では大きな影響力を持つことで知られているインフルエンサーもInstagram内で活躍している人が多いため、インフルエンサーマーケティングを行う際にもInstagramが一番インフルエンサーを探しやすいということもあるでしょう。まずは、そんなInstagramについて主なユーザー層やInstagramの特徴、そして相性の良いマーケティング手法を解説していきます。

主なユーザー層

Instagramの主なユーザー層は20代~40代の女性であると言われています。どの世代でも男性に比べて女性の方が1.5倍~2倍程度利用者が多いため、女性向けの商品やサービスを多く取り扱っている企業はInstagramを有効活用することで効率的に売上額をアップさせることができるでしょう。

また、基本的に女性の方が利用者として多いとはいえ男女差がハッキリでているのは20代と30代に限られ、その他の世代では大きく男女差が見られることはありません。そのため、女性向けの商品を取り扱っていない企業でもInstagramを活用することによるデメリットは特に感じられないでしょう。

また、最近ではInstagramの利用者は全体的に増加しています。一時期は新規ユーザーの増加率が伸び悩んでいたInstagramでは、現在は再び勢いを取り戻していて月間アクティブユーザー数が3,300万人、月間アクティブ率も約85%となっています。男性の利用者が増えているだけではなく、全体的な利用者の増加に伴い消費に割く予算の余裕を持つ年齢層も利用を開始しているため、今後もSNSマーケティングにおいては主軸のSNSとして活用できるでしょう。

特徴①

やはりInstagramといえば「インスタ女子」や「インスタ映え」という言葉が流行している通り、綺麗に加工された画像や動画を投稿しているというイメージを持つ人が多いでしょう。確かに、以前は画像や動画にこだわりを持つ女性が利用している割合も多く、素人レベルではない画像が多く投稿されるSNSでした。

しかし、最近では以前より年齢層が高くスマホでの画像加工に慣れていない人や、そもそも画像加工に興味がない人たちも多くInstagramを利用しているため、それほど加工された画像ばかりが投稿されているわけではありません。また、企業としてはInstagramに投稿する場合であってもその他のSNSに投稿する場合であっても可能な限り綺麗な画像を投稿することが求められるため、企業側として画像を投稿する際に他のSNSとの差異を大きく感じることはないでしょう。

特徴②

Instagramの持つ特徴としては、Instagram自体の独特な機能を覚えておく必要があります。特に「Instagramストーリーズ」はSNSマーケティングに活用している企業も多いため、Instagramのアカウントを取得するのであれば積極的に使っていくことが推奨される機能です。

Instagramストーリーズを使うと、24時間という上限を設けて短い動画を投稿することができます。すなわち、「普段から企業のInstagramアカウントに注目している熱心なファン」に向けてプレミア感の高い動画を配信することができるのです。「他のフォロワーが知らない特別な情報」を無料で得られるということは、間違いなくフォロワーのエンゲージメントを高める効果を持つでしょう。さらに、限定公開となるInstagramストーリーズですが「ハイライト」という機能を使えば人気の高い動画をいつでも見られるように設定することもできます。このハイライト機能も活用してInstagramストーリーズの一部を共有することによって、なかなかピンポイントでInstagramストーリーズの配信が見られないフォロワーのアンフォローを防ぐこともできるのです。

熱心なファンに対してはInstagramストーリーズで先駆けてプレミア感を持つ動画を配信し、なかなか見られないフォロワーに対しても動画の中から抜粋してハイライト機能で視聴を可能にすることで、多くのフォロワーのエンゲージメントを高めることが可能になります。InstagramをSNSマーケティングに利用する際には「Instagramストーリーズとハイライト」の組み合わせは絶対に覚えておいた方が良いでしょう。

相性の良いマーケティング手法

Instagramでは、企業はフォロワーに対して厳選した情報を発信することが可能になります。そのため、フォロワーのエンゲージメントを今まで以上に高めて熱狂的な顧客へと成長させるエンゲージメントマーケティングとの相性が良くなるでしょう。また、Instagramのアプリ自体に画像を加工する機能が付与されているため、商品画像を投稿してフォロワーの購買欲をかきたてるようなプレゼントキャンペーンとの相性も良いと言われています。

もちろん、Instagramには他のSNSと比べて圧倒的に多くのインフルエンサーが活動しているためインフルエンサーマーケティングとの相性も抜群です。Instagramのユーザー層の中には、企業の公式情報よりもインフルエンサーの投稿を楽しみに利用している人も多いため、インフルエンサーマーケティングによってそういった層に効率的にアプローチしていくことで一気に購買意欲を煽ることができるでしょう。

Twitterの主なユーザー層と特徴

厳密にはSNSではないとはいえ、TwitterもSNSマーケティングに使われることの多いツールです。実際、Twitterで行われているプレゼントキャンペーンなどに応募した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。ここでは、Instagramと動揺にTwitterのユーザー層や特徴、相性の良いマーケティング手法を解説していきます。

主なユーザー層

TwitterはInstagramよりもさらにユーザー数が多く、月間アクティブユーザー数は4,500万人に達すると言われています。ただし月間アクティブ率は70.2%と比較的低めになっているので、今後は伸び悩む恐れがあるため注意深く動向を見極めていく必要があります。

男女比に関してはInstagramほど顕著ではなく、Twitterはどの年代においても男性と女性がほぼ半数の割合で利用しているSNSです。年齢としても20代と30代の利用が多いためマーケティングのターゲット層としては狙いやすい人が多いと感じる企業も多いのではないでしょうか。

Instagramの場合は画像もしくは動画を投稿・閲覧することを目的として利用している人も多いですが、Twitterはコミュニケーションの場と認識している人も多くテキストだけの投稿も歓迎されるSNSです。そのため、Instagramよりもスピーディに投稿していきたいという時にはTwitterを使うのも良いでしょう。

特徴①

Twitterは各種SNSの中でも特に拡散力が高いSNSとして知られています。「リツイート」というTwitterの機能によって、公開アカウントの投稿であればすぐに自分のフォロワーたちに共有することができるため一つの投稿が即座に拡散されることも珍しくはありません。そのため、企業が価値の高い情報を発信したり、あるいは「10,000リツイート達成で100名に〇〇プレゼント」などの企画をすることにより一気に企業アカウントの知名度を高めることができるでしょう。

実際、ニトリやデニーズのアカウントのように「アカウントをフォローしてリツイートをすれば、その場で結果が分かるプレゼントキャンペーン」などを実施している企業も少なくはなく、そのキャンペーンを開催するごとにフォロワーも増えやすくなると言われています。「フォローとリツイート」という簡単な応募方法はもちろん、すぐに結果が分かるというキャンペーンの内容もフォロワーとしては分かりやすく、忙しい現代人に合った内容だと言われています。

特徴②

Instagramにストーリーズやハイライトといった機能があるように、Twitterにも独自の機能が実装されています。SNSマーケティングにおいてはアンケート機能が最も利用されることが多い機能だと言われています。

アンケート機能を使うことによって、一律の「リツイートしたら〇〇をプレゼント」というプレゼントキャンペーンだけではなく「4つの選択肢の中からほしい商品を選んで投票し、投票した人の中から〇名にプレゼント」というように、よりフォロワーの需要に合ったプレゼントキャンペーンが開催できるようになりました。これにより、フォロワーのエンゲージメントをさらに高めることができるだけではなく、フォロワーがどのような商品に対して需要を抱いているのかをさらに正確に知ることができるようになりました。

こうしたアンケート機能をもったプレゼントキャンペーンで選ばれる商品は「SNSで見かけただけの人でも魅力的に思えるような商品」かつ「普段から商品に注目しているものの予算等の関係で購入までには至らなかった商品」が人気を集める傾向にあります。こうしたフォロワーの生の声を手に入れるのは非常に貴重な機会となるので、Twitterアカウントを持っている企業は単純な「フォロー&リツイート」のプレゼントキャンペーンを開催してフォロワー数を増やすだけではなく、このようなアンケート機能を駆使したプレゼントキャンペーンも積極的に開催していくのがおすすめです。

相性の良いマーケティング手法

既に紹介した通り、Twitterはプレゼントキャンペーンとの相性が非常に良いSNSとして知られています。フォローだけではなくリツイートを応募条件とすることで爆発的にアカウントの知名度を高めてフォロワーを増やすことができますし、アンケート機能を使えばフォロワーが何を求めているのかといった需要を掴むことも可能です。もちろん既に紹介したInstagramでも商品を複数個用意してコメント欄でほしい商品を選択してもらうようなプレゼントキャンペーンが行われていることもありますが、それに比べるとTwitterのプレゼントキャンペーンの方がフォロワーの利便性が高く人気を集める傾向にあります。さらにリツイートだけで応募できるキャンペーンに関しても、結果がその場で分かるというメリットがあるため分かりやすいキャンペーンを開催できるでしょう。

さらに、TwitterではタニタやSHARPのアカウントのように企業アカウントながらも面白い投稿をすることで製品のファン以外からも支持されている企業アカウントも少なくはありません。運用担当者のセンスに大きく左右されるものの、成功すればコミュニティマーケティングやバイラルマーケティングへと発展させることも可能になるでしょう。Instagramよりもフランクに使えるTwitterだからこそ、フォロワーとのコミュニケーションを図りながら売上額アップに貢献することも可能になるのです。

Facebookの主なユーザー層と特徴

東日本大震災などの震災を機に幅広い年齢層が使うようになったSNSがFacebookです。実はInstagramとTwitterに比べて実施している企業は少ないものの、FacebookでもSNSマーケティングを行うことが可能です。Facebookのユーザー層や特徴、最適なマーケティング手法などをチェックしていきましょう。

主なユーザー層

Facebookの利用者はその他のSNSと比べても非常に特徴的で、10代や20代よりも40代・50代の利用が多いという特徴を持っています。また、女性よりも男性の方が多く、年代ごとに利用者は6:4で男性の方が多いという点も珍しい点だと言えるでしょう。

そうした特徴を持つFacebookですが、世界的にも有名なSNSとして知名度が高いことが知られています。一方で、国内では伸び悩んでいて勢いを増し続けるInstagramとは対照的に2019年には初めて新規登録者数が減少に転じるなど、日本においては人気に陰りが見え始めていると言わざるを得ません。実際、月間アクティブユーザーも2,600万人と、既に紹介したInstagramやTwitterに比べて圧倒的に少なくなっています。アクティブユーザー率も56.1%になっているので「一度は登録したことはありスマホにアプリも残しているものの、既に日常的にアクセスすることはない」という人が増えてきていると言われています。

特徴

Facebookの特徴といえば、なんといっても匿名性の低さです。海外では本名でInstagramやTwitterを使う人もいるものの、日本においては基本的にハンドルネームと呼ばれる偽名を使ってSNSを楽しんでいる人の方が多いでしょう。しかし、Facebookは登録時点でそもそも本名が推奨されているため、日本人でも本名を登録して利用している人が多いSNSです。さらに本名を登録しているだけではなく自分や友達が一緒に写っている写真をそのまま載せたり、出身校や勤務先を登録している人も少なくはありません。そうした過去の情報だけではなく、家を購入したらその旨を投稿したり、子どもや孫が生まれたらその旨を投稿するなど、日常的に自分のプライベートな投稿をしている人が多いでしょう。

InstagramやTwitterでは絶対に自分の顔写真を投稿しなかったり自分の住んでいる地域すら分からないようにしていたりする人でも、Facebookでは全く気にせずに投稿しているというケースもあります。このような匿名性の低さがFacebook特有の特徴であることはまず間違いありません。

相性の良いマーケティング手法

匿名性の低いFacebookですので、実はSNSマーケティングとの相性はそれほど良くありません。企業としてはターゲットの生の情報が分かり、出身校や勤務先からある程度の年収なども想定できるため使いやすいSNSだと感じがちですが、逆にユーザーとしては「自分がほしいもの」や「自分が買いたいと思っているものの値段」を自分の友達に知られることを恐れて、プレゼントキャンペーンなどに応募したがらない傾向があります。

そのため、Facebookを活用したマーケティング手法としては広告出稿することによりユーザーの潜在意識で企業の存在感を増したり、興味のありそうな広告にアクセスさせることでFacebookではない外部でプレゼントキャンペーンを行うような手法が好まれるでしょう。そうすれば、ユーザーが危惧する「自分の需要が周りの人に知られる」という状況を避けることもできます。匿名性の低いSNSであるFacebookですが、企業がマーケティング活用する際にはプライバシーの保護を念頭において活用することが求められています。

TikTokの主なユーザー層と特徴

最近では利用禁止にする国も出始めるなど、今後の情勢が不透明だと言われているのがTikTokです。しかし、日本では2020年10月現在で規制されていないこともあり、以前と同じように使っているという人も少なくはありません。そんなTikTokはどのような人たちに使われているのか、ユーザー層やTikTokの特徴、マーケティング手法に活用する上でのおすすめの方法などを見ていきましょう。

主なユーザー層

TikTokからは正式にユーザー層が発表されてはいませんが、ほとんどのユーザー層は10代から20代であると言われています。また、男女比としては圧倒的に女性の方が多く、ユーザー層の8割は女性であるというデータもあります。海外においては日本よりも比較的男性や20代の利用も多いとは言われていますが、それでも有意な差が見られるほどではありません。

月間のアクティブユーザー数としては、日本国内で950万人と、下火になっていると言われているFacebookよりもさらに少ない人数に留まっています。しかしながら、公表されていないもののTikTokの月間アクティブユーザー率は非常に高く、利用者の大半が日常的にログインしてサービスを活用しているとするデータもあります。特に20代は一日に一度程度のログインに留まるのに対し、10代は一日に複数回ログインすることも珍しくはないSNSです。

特徴①

TikTokは各種SNSの中でも動画投稿に特化したSNSです。ストーリー性の高い動画をたまに投稿するというよりは短くて面白い動画を何度も投稿するという使い方をしている人が多く、インパクトの大きい動画が好まれる傾向があります。さらに、完全なオリジナル動画を投稿する人はそれほど多くなく、企業やインフルエンサーが投稿した動画を真似ることでクオリティの高い動画を作ろうとする人も少なくはありません。

そのため企業としては、動画を投稿する際にクオリティが高く専門的な撮影テクニックや被写体のスキルが必要な動画を投稿して注目を集めるだけではなく、「動画の真似やすさ」に注目して投稿することも必要になってきます。どのような動画が若年層の心を掴むことができるのかを考えながら活用していくのが良いでしょう。

特徴②

さらにTikTokの特筆すべき特徴として、他のSNSへの共有が容易という特徴があります。そのためTikTok内ではTwitterのリツイートなどの機能はないため拡散力が低く感じられることもありますが、InstagramやTwitterといったその他のSNSにTikTokで撮影した動画を投稿することにより高い拡散力を発揮するケースも少なくはありません。TikTokのように動画投稿に特化したSNSの場合は、特別な撮影技術を持たなくてもクオリティの高い動画を撮ることができるため、その他のSNSでの存在感も高まります。

実際、コカ・コーラなどの企業もTikTok内で投稿した動画をTwitter等で共有することにより、TikTokを利用していないユーザーに対してもTikTok内のキャンペーンを周知するというマーケティング戦略を行っています。現在はまだまだユーザー数が少なく若年層に偏っているTikTokですが、このような他のSNSとの共有を効率的に活用することで、TikTokに興味を持っていない層に対してもアプローチをすることが可能です。TikTokだけを利用していてInstagramやTwitterを利用していない層に対しては少し不親切になってしまうものの、企業がTikTokを用いたSNSマーケティングを行う際には、この共有機能を有効活用していくと良いでしょう。

相性の良いマーケティング手法

若年層の利用率が高いTikTokですので、インフルエンサーマーケティングとの訴求力が最も高いと言われています。ただしInstagramのように憧れのインフルエンサーが使っているものを買うという方向では、フォロワーに対する影響力をそれほど発揮することはできません。TikTokの主なユーザー層は商品そのものよりも思い出などに価値を見出すX世代であると言われているので「インフルエンサーと同じものを使える」というよりは「インフルエンサーと同じ体験ができる」などの景品を用意する方が好まれます。

既に多くの企業が行っているように「この動画と同じ動画を投稿した人の中から〇名に記念品をプレゼント」などの方式でインフルエンサーマーケティングを行えば爆発的な影響力を生み出すことができるでしょう。さらに、動画をInstagramやTwitterで共有することで当選確率をアップさせるような仕組みにしておくことで、TikTokユーザー以外からも興味を持たれる可能性は高くなります。

YouTubeの主なユーザー層と特徴

「子どもの将来の夢の上位にYouTuberがランクインしている」などの報道を目にする機会が多いなど、最近ではYouTubeというSNSは大人だけではなく小さな子どもにも非常に人気の高いSNSです。では、そんなYouTubeをSNSマーケティングに活用する際にはどのような活用の仕方が求められているのでしょうか。今までのSNSと同様にユーザー層や特徴、マーケティング手法について考えてみましょう。

主なユーザー層

YouTubeはSNSの中では独特なユーザー層を持つSNSです。主に視聴しているのは40代の男性というデータはあるものの、どの世代においてもそれほど男女差はないため性差にこだわらずSNSマーケティングに活用することができるでしょう。ただし、年齢層に対しては注意をしなければなりません。20代以降はYouTubeを見ている人は多いものの、10代ではほとんどYouTubeを視聴していません。同じ動画であれば10代はInstagramやTikTokを選択する可能性が高いため、10代向けの商品やサービスに関してはYouTubeでのプロモーションが適さないケースが多いでしょう。

月間のアクティブユーザー数は国内だけで6,200万人、世界的には20億人と言われていてSNSの中では最も使われているSNSだといっても過言ではありません。ユーザー登録をしなくても使えるためアクティブユーザー率は分かりませんが、幅広い層に対して訴求力を持つSNSだといえるでしょう。

特徴

YouTubeが持つ他のSNSとの違いとしては、やはり動画再生に特化していることが挙げられます。InstagramやTikTokといったその他のSNSでも動画を投稿することはできますが、YouTubeは基本的に動画の投稿を目的としているため他のSNSよりも鮮明で高画質、長時間の動画を投稿することに向いています。

また、InstagramやTikTokの動画はスマホでの視聴を前提として縦長に作られることも多い中で、YouTubeの動画はPCあるいはスマホの横向き画面での視聴を前提として作られるということも覚えておいた方が良いでしょう。プロモーション用の動画を作成する際には、YouTubeで再生しても違和感のないように作成しなければなりません。

さらにPCでの視聴を前提として動画を作成するため、スマホ向けよりも細かい文字やグラフといった詳細な情報を発信することが可能になります。InstagramやTikTokに動画を投稿する際には情報量が多くなり過ぎないように分かりやすさを優先する必要がありますが、YouTubeの場合は動画が長時間になっても良いので詳細で正確な情報を発信することも求められています。

相性の良いマーケティング手法

YouTubeは他のSNSと比べて商品やサービスの魅力を事細かに説明することができるSNSです。動画を使うことで実際に商品やサービスを利用している様子を紹介することもできるため、プロモーションに最適なSNSであると考える人もいるでしょう。そのため、当然ながら人気の高いインフルエンサーが商品やサービスを紹介することで購買意欲を刺激するインフルエンサーマーケティングとの相性が非常に良くなります。

ただし、動画を作成する際には長くなり過ぎないように注意しなければなりません。他のSNSと比べると情報量が多い動画も歓迎される風潮があるYouTubeですが、長すぎる動画はつまらないと判断され再生すらされない恐れがあります。どのような動画が人気が集めているかを分析しながら動画を作成していくと良いでしょう。

LINEの主なユーザー層と特徴

最後に、日常的に使っている人も多いLINEについても解説していきます。LINEはメールの後継として使っているため、使用頻度が高い割にSNSだと認識せずに使っている人も多いのではないでしょうか。しかしながら、LINEもその他のSNSと同様にインターネット上でコミュニケーションを取るツールですので立派なSNSの一つに数えることができます。では、そんなLINEのユーザー層などについても今までと同様に確認していきます。

主なユーザー層

LINEはどの世代においても男女差なく多くの人が使っているSNSです。10代の場合はInstagramやTwitterのDM機能を使って連絡を取ることも多いためLINEを使わないことも多いという人もいますが、InstagramやTwitterといったSNSのアカウントを教えて普段の投稿を見せたくない相手や、自分の家族との連絡手段のためにLINEのインストールはしているという人も少なくはありません。

ユーザー層としては、40代が最も多いと言われていますが、先ほど紹介したYouTubeほど顕著な差はなく多くの世代が愛用しているSNSです。実際、月間のアクティブユーザー数も8,500万人を超えていて、アクティブユーザー率を見ても86%と高い水準を維持しています。

特徴

LINEでよく行くお店と友達登録をして、クーポンやセールの情報を入手しているという人は少なくないでしょう。また、幅広い世代で男女の差がなく使われているということでSNSマーケティングとしての可能性を秘めているSNSだと感じる人も少なくはありません。

しかしながら、実はLINEはSNSマーケティングを行うためにはあまり適切なSNSであると考えられていません。既に紹介した通り、LINEをSNSとして使っているという意識を持っている人はそれほど多くなく、メールの後継としての連絡手段だと感じている人の方が多いからです。「ネット環境があれば無料で電話もできるメール」というように認識している人も少なくはないでしょう。さらに、LINEの特性上TwitterやTikTokのように拡散力もそれほど高くありません。そのため、SNSマーケティングに活用しようと思っても思ったほどの効果を得られない可能性が高くなってしまいます。

また、日本では使っている人が多いSNSですが、世界的に見てみるとカカオトークやWhatsApp、WeChatといったLINEと同じような機能を持ったSNSを使っている人も少なくはありません。そのため日本国内のみならず海外進出を考えている場合でもLINEをSNSマーケティングの主軸とするのはあまりおすすめできません。

LINEをSNSマーケティングに活用していく上では、基本的には新規の顧客を獲得することよりも既存の顧客のエンゲージメントを高めて囲い込みをすることを目的とすると良いでしょう。LINEを使ってセールの情報を配信したり定期的にLINE会員限定のクーポンなどを配信することで、定期的に行われる大規模なセール以外でも消費者を集客することが可能になります。強いていえばエンゲージメントマーケティングとの相性が良いLINEですが、やはりSNSマーケティングとして活用していくには少し力不足であると言わざるを得ないでしょう。

SNSマーケティングを行う際にはSNSのユーザー層にも注目しよう

各SNSの特徴を紹介してきましたが、SNSによってユーザー層が違うだけではなくユーザーの使い方や使用目的が違うことが分かったのではないでしょうか。企業としてはSNSマーケティングを行う際には、ユーザー層だけではなく適切なSNSの使い方も考慮に入れて使っていく必要があります。特に、SNSマーケティングの際に選ばれる可能性が最も高いインフルエンサーマーケティングにおいては同じインフルエンサーでもSNSによって掴んでいるフォロワーの層が全く異なる場合もあるので慎重に見極めていく必要があります。

このように、単に人気のあるインフルエンサーを起用するだけでは成功しないのがインフルエンサーマーケティングの難点です。インフルエンサーの数が多く選定自体が難しいだけではなく、起用するSNSも見極める必要があるためインフルエンサーマーケティングを行おうと思うと膨大な時間コストがかかってしまう可能性が高くなります。

そんな時には、ぜひトリドリマーケティングにご相談ください。トリドリマーケティングであれば、多数のインフルエンサーとの契約があるため、ブランドイメージを考慮した上で最適なインフルエンサーをご紹介させていただくことが可能になります。さらに、インフルエンサーの紹介に留まらず起用方法についても提案させていただくことが可能ですので、インフルエンサーの影響力を最大限発揮することができるでしょう。今後SNSマーケティングを積極的に行っていくのであれば、ぜひトリドリマーケティングへのご相談を検討いただければ幸いです。