飲食店のSNSマーケティング手法と成功事例8選

飲食店を続けるなら知っておくべきSNS活用術と驚くべき成果

マーケティングに、SNS媒体を活用することは現代の主流であり、必須事項だと言えます。事業者は、新しくリリースされるSNS媒体の機能を常に把握し、効果的にマーケティングに取り入れていく必要があるのです。様々な効果が立証され、そして多くの企業が積極的に取り入れているにも関わらず、SNS媒体の影響力に不安を持っている人々も存在します。SNSの影響力は、インターネットに関連した事業にのみ限定されるものであり、実店舗運営には有効的ではないと考える人も、少なからず存在しているのです。

確かに、SNSはインターネット関連と相性が良く、様々な活用及び成功事例が存在します。しかし、SNS媒体の影響力は、インターネット関連事業だけに限定されるわけではありません。SNS媒体は、多くの職種に有効であり、インターネット関連以外の職種とも相性が良いのです。マーケティングに活用することにより、大きな影響力を発揮し、多くのメリットをもたらすことができます。インターネット関連以外の職種で、SNS媒体と相性が良いのは、飲食店関連です。実店舗運営の代表格である飲食店に関するマーケティングであっても、SNS媒体は大きな力を発揮することができます。さらに、飲食店とSNS媒体は、インターネット関連事業とSNS媒体のように相性が良く、正しく活用することによって、さらに多くの可能性を作り出すことができるのです。

今回は、飲食店とSNSを活用したSNSマーケティングが相性のいい理由と、具体的な活用方法について、ご紹介していきます。2020年に突如発生したパンデミックにより、飲食店は大きなダメージを受けています。そのような苦境から脱出するためにも、今こそSNSマーケティングの力を借りるべきなのです。後半では、SNSマーケティングを成功させるための、注意点について、解説します。これまで、実施したSNSマーケティングが成功しなかった飲食店関係者は、注意深く読み進めてみましょう。

飲食店がSNSマーケティングを活用すべき理由

実店舗を構える飲食店であっても、SNSを活用したマーケティングが有効です。その理由は、SNS媒体の特徴や、飲食店ならではの特徴が関係しています。ここからは、飲食店を運営する際、SNSマーケティングを活用するべき理由について、詳しく解説していきましょう。飲食店とSNSマーケティングの相性についても、詳細にご紹介していきます。

SNSは広告

飲食店を運営する際、重要となるのが、周知です。その場所に、その店が存在することを、大勢の消費者に知ってもらう必要があります。もちろん、提供する料理や飲み物、店内の様子が優れていることも必要ですが、それらは入店しなければ知られることはありません。味も、店の雰囲気も、消費者が利用して初めて知ることのできるものであり、店を周知してもらわなければわからない事柄なのです。

消費者に店を周知させる行動は、飲食店にとって非常に重要な行動となりますが、これが大変難しい課題の1つだと言えます。実店舗を持たなければならない飲食店は、実店舗を持つ必要のないビジネスと比較した場合、可動域が狭く、効率的に拡散・周知させることが難しいのです。どこへでも出向けるわけではありませんし、商品やサービスを試しに提供することもできません。限られた方法の中で、効果的なものを実施していくしかないのです。

しかしSNS媒体は、実店舗を持つ飲食店運営のマーケティングでも使用することができますし、さらに効率的に周知させることのできる広告になり得ます。SNSの特徴を理解し、そして適切に使用することにより、有効な広告塔にすることも可能なのです。また、SNS媒体は、無料で利用することができます。自社アカウントを作成、運用することはもちろん無料で行えますし、来店した顧客がSNS上で情報を発信することも、無料広告となるのです。さらに効果的なマーケティングを目指すのであれば、インフルエンサーを起用するなどの方法もありますが、こちらも低コストで利用することができます。SNSマーケティングは、飲食店にも効果的なマーケティングがあること、そしてそれぞれの企業、店舗に合わせた柔軟なマーケティングに対応できることが魅力なのです。

相性がいい

飲食店運営に、SNSマーケティングを活用する2つ目の理由は、相性が非常にいいからです。飲食店で扱われる食べ物や飲み物は、SNS媒体と相性が良く、マーケティングでも力を発揮しやすいと言えます。例えば、写真を投稿するSNS媒体であるInstagramでは、料理レシピやグルメ関連が人気ジャンルとなっています。その理由は、一瞬の美しさを共有するInstagramと、料理や飲み物の美しさがマッチしているからです。他にも、店内の様子を紹介する際、長時間の動画配信が行えるYouTubeが適していますし、キャンペーン告知などには、Twitterが適しています。飲食店に関するマーケティングには、主力のSNS媒体全てがマッチするため、SNSマーケティングと非常に相性が良いのです。

さらに、各SNS媒体には、シェア機能が備わっています。自分以外の人物が情報を提供し、それらを気に入った時、共有するための機能です。シェア機能を利用することにより、自身の身近な存在、関連する人物にも共有しやすくなりますし、拡散・周知を苦手とする飲食店のデメリットを上手く補うことができます。また、飲食店との関連を強める媒体もあり、SNSから予約できる機能や、スケジュールと連携するツールなど、サービスも日々充実しているため、顧客を獲得しやすくなっているのです。クーポンを発見したり、キャンペーン情報を提供するなど、飲食店が行うイベントにも対応できる媒体も増えているため、今後ますます多くの活用方法が誕生することでしょう。新しく登場する機能やツールの特性を理解し、上手くマーケティングに盛り込んでいくことが重要です。

国内外へ発信できる

これからのマーケティングでは、国内外に情報を発信しなければなりません。それは、飲食店であっても、同様です。2020年に発生したパンデミックにより、日本に入国する外国人が激減しました。当然、観光客も大幅に減少し、その影響が各地の飲食店にも及んでいます。つまり、日本に存在する飲食店の顧客層は、日本人や地元民だけではないという事です。各SNS媒体は、国内だけではなく、海外にも情報を発信することができます。発信する際は、日本語だけではなく、各国の言葉で発信する方が親切でしょう。しかし、飲食店に限っては、そうとも言い切れないのです。

飲食店に関する情報を発信する際必要になるのは、料理や飲み物、店内の様子になります。そのため、飲食店の情報は、写真や動画で発信することができ、言葉を添えなくても大勢に意味を共有することができるのです。各国の言葉を使用し、情報を発信することは、容易ではありません。言葉を添えなくても、多くの意味を共有できる飲食店は、非常に有利だと言えるでしょう。もし、さらに大きな効果を狙いたいのであれば、共通のハッシュタグを利用する方法もあります。「#food」のように、国内外に通じるハッシュタグを使用することにより、検索からの顧客獲得も目指すことが可能です。共通ハッシュタグは、変更される場合もあるため、使用する際は最新情報を手に入れておきましょう。

飲食店のSNSマーケティング手法例


SNSマーケティングには、様々な方法が存在し、それぞれに特徴を有しています。そこでここからは、SNS媒体の具体的な活用方法と、それぞれの特徴について、解説していきましょう。自社に適したマーケティングを決定する際、参考にしてみてください。

公式アカウントの運用

1つ目の方法は、公式アカウントの運用です。TwitterやInstagramなど、無料SNSアカウントを開設し、運用するだけの方法です。情報を発信する際活用することができますし、フォロワーや登録者を増やすことにより、影響力の高い媒体に作り上げることもできます。しかし、運用にはいくつかのポイントがあり、それらを理解せず、更新が途絶えている公式アカウントも少なくありません。マーケティングに活用するのであれば、運用方法をマスターしておきましょう。

キャンペーン実施

SNS媒体の中で、キャンペーンを実施することもできます。例えば、来店時に使用できるクーポン券の発行であったり、フォローやRTなどの参加型キャンペーンなどです。消費者が楽しめるキャンペーンを実施することができれば、新規顧客の開拓にも繋がりますし、フォロワーを一瞬で増やすこともできます。しかし、面白いキャンペーンを実施しても、それらが広まらなければ、意味がありません。盛り上がりに欠けるキャンペーンとなり、多くのメリットを失ってしまいます。SNSでのキャンペーンを成功させるには、インフルエンサーなど、拡散力を持った人材を起用するといいでしょう

インフルエンサー

インフルエンサーを起用し、PR活動を依頼する方法があります。インフルエンサーは、様々な人々に影響力を持っているため、効果的な拡散はもちろん、狙った消費者層に的確にアプローチすることも可能のなのです。しかし、全てのインフルエンサーが良質であるとは、限りません。フォロワーを購入し、影響力を水増しする偽インフルエンサーも存在しますし、過去に大きなトラブルを発生させたインフルエンサーなども存在します。全てを理解したうえで採用するのであれば問題ありませんが、知らずに採用してしまった場合、デメリットをもたらす可能性があります。インフルエンサーの採用は、インフルエンサーマーケティングの専門企業である、コラボマーケティングなどに依頼する必要があるでしょう。インフルエンサーを活用し、マーケティング効果を最大化してみてください。

エンゲージの活用

SNS媒体は、マーケティングの分析にも活用することができます。「いいね」や「コメント」、「RT」など、エンゲージと呼ばれる消費者の反応を分析することにより、これまで数値化することのできなかった多くの情報を数値化でき、分析及び活用することができるのです。また、ソーシャルリスニングとして活用することにより、特徴的なマーケティングを実施することもできるでしょう。消費者から寄せられる意見には、多くのヒントが隠されており、SNS媒体はそれらを集めるツールとして、非常に適しているのです。

飲食店のSNSマーケティング成功事例

ここからは、SNSマーケティングを活用した飲食店の成功事例について、ご紹介していきます。ポイントとなった点、他社とは異なる取り組みなど、それぞれ細かく解説していきましょう。学べる部分、取り入れる部分を見極め、自社マーケティングに活かしてみてください。

三原豆腐店


日本だけではなく、バンコクなど海外にも支店を持つ三原豆腐店は、SNSマーケティングを効果的に活用しています。媒体として選んだFacebookは、日本国内外に強い影響力を発揮する媒体であり、適した選択だと言えるでしょう。ハッシュタグを多数使用している点、日本語以外の発信も見られる部分、商品に関する情報のみを積極的に取り扱っている統一性など、評価できる部分が多々存在します。

はなまるうどん


大手飲食チェーン店である「はなまるうどん」も、SNSマーケティングを取り入れ、そして成功を収めています。はなまるうどんの優れている部分は、発信する情報の統一性と、その徹底です。はなまるうどんが運営するFacebookに掲載される写真には、商品しか映っていません。人が映り込んだり、商品以外の様子が掲載されることもなく、コンセプトが徹底しています。発信する内容に統一性が見られないSNSは、フォロワーを集めることができませんし、マーケティング効果も期待できません。

Shake Shack


ニューヨーク発のバーガーレストランShake Shackは、提供するバーガーや飲み物が、非常にカラフルです。そのため、見た目が美しく、若い世代を中心に人気となっています。見た目の美しさやカラフルな愛らしさをアピールするため、Instagramを使ったSNSマーケティングを実施し、成功を収めました。投稿される写真に統一感があり、記載される文言も簡潔で評価できます。さらに、様々な取り組みを行っていることはもちろん、それらを積極的にアピールしている部分も優れていると言えるでしょう。日本には、謙遜という文化があり、海外と比較した際、積極的なアピールを苦手としています。これからのマーケティングでは、ポジティブなアピールが重要であり、それらを見ごとに行っているのがShake Shackです。

tropical_lounge

 

この投稿をInstagramで見る

 

残暑も残る今日この頃🍧 皆様いかがお過ごしでしょうか?☺️ トロピカルラウンジの名物とも言える、フレッシュフルーツを使用したスムージー!🌺💕苺やブルーベリー、ライチなど色んなフルーツがございます!自分だけのオリジナルスムージーをぜひご賞味あれ! #japan #tokyo #shisha #sheesha #hookah #nargile #narguile #arguile #shishatime #hookahtime #tobacco #smoke #smoking #wasserpfeife #кальян #кальяны #кальянчик #물담배 #시샤 #日本 #東京 #水煙草 #水タバコ #シーシャ #shinjuku #新宿 #kabukicho #歌舞伎町 #tropicallounge #トロピカルラウンジ

TROPICAL LOUNGE(@tropical_lounge_kabukicho)がシェアした投稿 –


インスタ映えという言葉が大流行したように、Instagramは美しさや、非日常的な空間を、どれだけ表現できるかが重要になります。SNSマーケティングに、Instagramを活用する場合は、これらを有していることが必須条件だと言えるでしょう。ラウンジカフェtropical_lounge_kabukichoは、オリジナリティ溢れる内装と、商品が有名な店であり、Instagramでもその力をいかんなく発揮しています。日本国内外に顧客を抱えているため、様々な言葉のハッシュタグを使用している点も評価できるでしょう。

レストランミヨシ


短い文章と統一感のある写真を掲載し、SNSマーケティングを行っているのがレストランミヨシです。発信媒体として、Twitterを選択しています。Twitterは、多くの文章を掲載するものでもありませんし、多くの写真を掲載する媒体でもありません。簡潔な情報を発信するツールだからこそ、消費者は手軽に情報を受信し、その結果拡散力の高い媒体となったのです。レストランミヨシが運用するTwitterでは、商品紹介から臨時休業まで、様々な情報を発信しています。Twitterだけで、全ての情報を把握できる点も、魅力的です。

アニメイトカフェ総合


アニメイトカフェ総合では、Twitterを活用し、シンプルな情報発信を行っています。Twitter以外にも、オウンドメディアを有していますが、Twitterと他オウンドメディアの使い分けが徹底されている点が評価できるでしょう。Twitterは拡散力の高い媒体ですが、多くの情報を記載するという点においては適していません。そのためアニメイトカフェ総合では、拡散したい情報をTwitterに掲載し、より詳しく知りたい人は他オウンドメディアへ誘導するといった明確な導線を確立しています。誰にとっても使いやすい仕様になっていること、様々な媒体を連携させている部分などが、ポイントです。

桃太郎JOURNEY


世界に情報を発信したい場合は、Facebookと合わせて、YouTubeもおすすめです。YouTubeチャンネル桃太郎JOURNEYでは、岡山や香川のグルメを紹介しています。料理や店内の様子を動画で細かく紹介し、概要欄で飲食店の住所や、各SNSを紹介するなど、メディア版グルメ雑誌のようなチャンネルです。等チャンネルの優れた部分は、細かい情報発信はもちろん、各回でインフルエンサーを起用している部分です。紹介する飲食店やグルメに合わせて、ターゲット層に影響力を持つインフルエンサーを採用しています。YouTubeは、詳しい情報発信に適しているものの、拡散力はそれ程高くありません。インフルエンサーを起用し、拡散力を補った見事なSNSマーケティングだと言えます。

御食事ゆにわ


コンセプト及びオリジナル性など、個性的な情報を発信しているYouTubeチャンネルです。チャンネル内では、自身が運営している飲食店を紹介しています。膨大な数存在する飲食店の中で、注目されるためには、個性的な特徴を作り出さなくてはなりません。しかし、それが料理とあまりにもかけ離れていた場合、消費者に嫌悪感を抱かせてしまったり、飲食店の印象が定着しないなど、デメリットが発生します。等チャンネルでは、「開運」という個性を作り出していますし、料理との関連性も動画内でアピールしているため、これからますます注目されるでしょう。

飲食店のSNSマーケティングに関する注意点

最後に、飲食店運営にSNSマーケティングを取り入れる際の、注意点についてご紹介していきましょう。生活スタイルや流行の変化により、飲食店の運営は、今後ますます厳しいものになっていきます。そのため、マーケッティング1つであっても、小さなものであっても、ミスは許されません。SNSマーケティングを実施する際は、極力デメリット及びリスクを排除するように努めなければならないのです。これから紹介する注意点は、飲食店以外にも応用することができます。SNSマーケティングを実施する際の重要事項だと認識し、常に意識しておきましょう。

使用媒体を絞り込む

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんちには😃 1Life Cafe(ワンライフカフェ)です🐶 15:00-17:00限定でお得なティータイムセットをご用意しております🍰☕️ 当店自家製のクリームチーズチョコケーキとお好きなドリンクで50円引き😎✨ ・ 今日は3月14日ホワイトデー💕ですので、クリームチーズチョコケーキとカフェモカの組み合わせで是非👍✨ ワンちゃんと一緒に素敵なカフェタイム☕️をお過ごしください☺️ 相模原は雪が降り始め、寒さが増しております❄️ ご来店の際にはお気をつけてお越し下さい!! #1lifecafe #dogcafe #dog #cafe #petforest #petshop #cleamcheese #chococake #cafemocha #lateart #setdrink #☕️ #🍰

1Life Cafe(ワンライフカフェ)(@1life_dogcafe)がシェアした投稿 –


SNSマーケティングの手法として、様々な方法があげられます。キャンペーンやクーポン券の発行、PR活動など、SNSには多くの方法が存在します。いいねやコメントなど、消費者から寄せられる情報を活用し、分析を行ったり、ソーシャルリスニングとして使用する方法もあるでしょう。また、マーケティングに利用できる媒体も、1種類ではありません。写真投稿がメインのInstagramや動画配信サービスを提供するYouTube、短い文で交流するTwitterなど、使用できる媒体も豊富にそろっています。マーケティングに使用できるSNS媒体には、それぞれに特徴があり、メリットとデメリットを持ち合わせています。そのため、異なる媒体を複数使用し、デメリットを補い合う手法も盛んに取り入れられているのです。しかし、複数媒体の使用には、注意が必要となります。

「Twitterを始めた」「Facebookにいいねしてください」「Instagramをフォローするとクーポン券を贈呈」など、複数のSNS媒体を併用すると、消費者に手間や煩わしさを感じさせてしまうのです。また、情報発信媒体としての役割も果たしにくくなり、十分なマーケティング効果を発揮しなくなってしまいます。複数の媒体で情報を発信すると、情報が分散し、消費者は何を見て判断したらいいのか分からなくなってしまうのです。さらに、発信媒体が1つではないことから、情報に意識を向けにくくなり、マーケティング効果をさらに減少させてしまう恐れもあります。

管理の部分では、情報の統一が難しく、さらに時間及びコストが必要以上に発生するという点が懸念されるでしょう。使用媒体を増やせば、それだけ管理時間及び人材が必要となります。写真や文字、動画など、各媒体で使用するツールも異なるため、作成時間も必要となるでしょう。提供する情報にズレが生じたり、精度の低下により炎上トラブルが発生する恐れもあります。複数媒体を使用するマーケティングは、メリットばかりではないことを理解したうえで、どのような媒体を選択するのか考えてみましょう。

国籍と使用媒体の選定

マーケティングに使用する際の、SNS媒体選択方法として、国籍も視野に入れておきましょう。前項でもご紹介したように、これからのマーケティングは、日本国内外に発信していかなければなりません。そして、ターゲットとして設定する消費者の国籍に応じて、マーケティングに使用する媒体を決定しなければならないのです。

日本で頻繁に使用されているInstagramLINEは、日本人に限定した場合、大きな影響力を持ちます。しかし世界規模で見た場合、Facebookが圧倒的シェア率を誇っているのです。さらに、中国に限定した場合は、WeChatSina Weiboが主流であり、韓国ではKakao Talk、ドイツではWhatsAppなど、日本とは全く異なるSNSがシェア率ナンバーワンを誇っています。どういった人々にアプローチをかけるのか決定した後、ターゲット層に影響力を持つSNS媒体を選択しなければならないのです。複数の国籍にアプローチしたい場合は、FacebookやYouTubeの活用が望ましいでしょう。さらに効果的に利用するのであれば、ターゲット層の文化を学ぶとともに、発信される情報にどのような特徴が見られるか、事前リサーチすることをおすすめします。

各国の文化、発信される情報の特徴を把握することにより、効果的なマーケティングを実施することができますし、トラブル防止にも繋げることができるのです。それぞれの国には、全く異なる法律、文化が存在し、それらを尊重することがマーケティングにおいても必要となります。知らず知らずのうちに、他者を不快にさせないためにも、事前のリサーチは慎重に行いましょう。

奇抜すぎず平凡過ぎず


今や飲食店は、日本全国に67慢店舗以上存在しています。そのため、同じような情報を、同じように発信していても、集客は見込めないのです。かといって、飲食店という特徴を無視した、もしくは著しくかけ離れた奇抜すぎるマーケティングは、炎上リスクを高めてしまう恐れがあります。飲食店が行うマーケティングは、奇抜すぎず平凡過ぎないことが重要なのです。しかし、「どの程度」奇抜だったらいいのか、「どの程度」平凡でなければいいのかわからないため、積極的になれない営業者も多いことでしょう。それらを「明確にしてほしい」という声も、少なくありません。それでは、順を追ってマーケティングに関するラインである「程度」を考えてみましょう。

最も基本的で忘れてはいけないのが、飲食店という特徴です。食べ物や飲み物を提供する場所であり、切っても切り離せないものが飲食物となります。それらを魅力的に発信することが、飲食店に関するマーケティングの基本中の基本なのです。それだけを発信することは、平凡過ぎると言えます。基本的なことを、基本的に発信しているだけであり、誰にもインパクトを与えることはできません。マーケティングでは、基本の上に、アイディアをのせる必要があります。商品名を工夫したり、提供する環境を工夫するなどです。アイディアによって、特別感などの価値を紹介します。この時、飲食店の特徴を無視したアイディアは、奇抜すぎると言えます。例えば、「不衛生」な演出であったり、「暴力的」な印象を与える情報などです。どれ程遠くても、必ず飲食店と関連性を持たせたアイディアでなくてはなりません。

奇抜な宣伝広告といえば、日清焼きそばのCMを思い浮かべる人も多いことでしょう。飲食店と同じく食べ物関連でありながら、特徴との関連性が乏しく、暴力的な要素も兼ね備えたインパクトの大きいテレビCMです。しかし、ターゲット層を明確に絞り込み、特定の人々にのみ訴求力を持った広告であり、非常に優れたマーケティングだと言えます。採用した音楽、登場する人物や映像全てが、特定の消費者層に向けて作成されているのです。マーケティング対象を正確に絞り込めた場合、日清焼きそばのようなインパクト要素の強い作品を作り上げることもできます。インパクトなど、一点特化型でマーケティングを行う際は、これまでの消費者との信頼関係も重要となるため、関係値が築けており、さらに顧客層を明確に把握できている場合にのみ、実施するようにしてみましょう。

コンセプトの統一及び徹底

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆうとグルメ(@yuuuuto38)がシェアした投稿


SNSマーケティングで非常に重要になってくるのが、コンセプトの統一です。どのような媒体を用いた場合でも、コンセプトを統一した情報を発信しなければなりません。例えば、キャラクター目線の情報発信を行うというコンセプトを決定した場合、それ以外の情報発信を行わないなどです。他にも、撮影アングルを統一したり、商品のみを登場させるなども、コンセプトに含まれます。コンセプトの統一により、発信される情報に統一感が生まれ、美しさによりクオリティの高さを演出することができるのです。クオリティの高さという価値を、見ている消費者に無償で提供することができ、コンテンツとして愛着を持ってもらうことができます。

SNSマーケティングでは、フォロワーがある程度集まるまで、各社試行錯誤している姿が見られます。アングルが定まっていないものや、色味や字体が統一されていないもの、突然人物が登場するなど、様々な手法が試されているのです。SNSマーケティングは、すぐに結果が出るものではありません。短期間で多くの方法を実践してみることが、プラスに働くこともあれば、マイナスに働くこともあり、SNSマーケティングに関してはマイナス面が強いと言えます。SNSマーケティングを実施する際は、事前にコンセプトを明確に決めておくこと、そして決定したものを徹底することを心がけましょう。すぐにフォロワーが増えなくても、消費者の反応が少なくても、やり続けることが重要なのです。

情報管理を徹底する

SNSマーケティングでは、多くの情報を発信しますし、同時に受け取ることにもなります。営業者側が発信する際は、どういった内容が適切か、必ず複数人で確認する必要があるでしょう。多くの視点から発信内容を見つめることにより、トラブルや炎上等を未然に防ぐことができます。また、消費者の情報を受け取る場合もあるため、それらの管理方法についても、事前に決めておく必要があるでしょう。

SNSマーケティングに使用する各SNS媒体は、消費者と直接やり取りを行うことが可能です。営業者側が要求していなくても、消費者が多くの情報を提供してくる場合があります。受け取った情報が、例え企業側の意図しなかったものだったとしても、適切に管理する必要があるのです。万が一、情報が外部に漏れた場合、どのようにして提供された情報かなど、重要視されません。「誰が漏らしたか」という部分に注目が集まるため、営業者としての信頼を失うことになってしまいます。SNSマーケティングを実施する際は、自身が発信する情報と、消費者から受け取った情報を適切に管理し、運用体制の徹底に努めましょう。

続ける

最も重要な要素とも言えるのが、続けることです。フォロワーが多いアカウントと、フォロワーが少ないアカウントを比較すると、大きな違いが見つかります。それは、運用期間です。フォロワー数が1,000人未満のアカウントは、ほとんどの場合1年程度しか運用されていません。思ったようにフォロワー数が伸びず、謳われていたマーケティング効果が得られないと、放置されたアカウントも多々存在するのです。

SNSマーケティングを成功させるためには、多くの注意点があるものの、それらを理解し運用し続ければ、大きな成果を得ることができます。注意点とは、前項でご紹介したような、媒体の絞り込みやコンセプトの徹底など、どれも難しい事ではありません。注意事項を踏まえ、運用し続ければ、SNS媒体は大きな戦力となるのです。しかし、そこまで到達できないアカウントが非常に多いのです。SNS媒体は、大きな戦力にあり得るものではありますが、すぐにその力を発揮できるわけではありません。数年の運用を経て、顧客を獲得し、新しい可能性を提示してくれるものなのです。期間を見誤り、早々に見切りを付けてしまわないように注意しましょう。

もし、より早く効果を得たいのであれば、インフルエンサーの起用などを検討する必要があります。インフルエンサーを起用することにより、スピード感を持った運用が可能となるでしょう。アカウント運営とは違い、依頼料や提携料などのコストは発生してしまいますが、効率的なマーケティングが可能となります。インフルエンサーを起用したマーケティングを行う際は、SNSマーケティングとは異なるポイント、注意事項があるため、1度専門企業に相談してみる必要があります。相談する際は、確かな知識や実績を有したコラボマーケティングなどの優良企業に相談してみましょう。

飲食店復活の鍵はSNSマーケティングが握っている!

飲食店経営には、これから先も多くの困難が待っているでしょう。新しい価値を提供することはもちろん、より効果的なマーケティングを実施していかなければなりません。提供する商品、サービスに力を入れることは当然ですが、それらを魅力的に発信し続けることも、必要事項なのです。これからは、SNSマーケティングを正しく活用し、顧客獲得から情報発信まで、積極的に行動を起こしてみましょう。SNSマーケティングは、これまでの小規模な顧客層を、大幅に拡張する力も持っています。大きな可能性を手に入れるためにも、SNSマーケティングを効果的に実施していきましょう。

SNSマーケティングを成功させるためには、拡散力を補うことのできるインフルエンサーの起用もおすすめです。良質なインフルエンサーを起用することによって、マーケティングの可能性をさらに拡大することができるでしょう。しかし、インフルエンサーの選定は難しく、専門知識を有します。採用する人材に迷ったり、そもそもどういった人材が適しているのか知りたい場合は、インフルエンサーの専門企業である「コラボマーケティング」に相談してみましょう。優れた人材を採用し、効果的なマーケティングを実施してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA