【2021年版】年末年始・正月のSNSキャンペーン事例9選

年末年始・正月は企業にとって重要な日

年末年始に行われるキャンペーンは、1年間で最も重要なキャンペーンだと言えます。日本には、年間を通して多くの行事があるものの、その中でも特に年末年始、正月関連キャンペーンは重要なのです。今回は、年末年始に実施するキャンペーンが、企業にとってどれほど重要な事柄なのか、具体的に解説していきましょう。さらに、これまで実施されたキャンペーンの中から、特に優れていたものを複数件ご紹介していきます。後半では、年末年始に実施するキャンペーンを注意点と、忘れてはいけないポイントについて、詳細に解説していきましょう。

購買行動

年末年始は、1年間で最も購買行動が積極的になりやすいということが、統計で分かっています。そのため、実施するキャンペーンによって、大きな成果を上げることもできますし、他社へ差をつけることも可能なのです。購買行動が積極的になりやすい理由は、いくつかあります。1つ目は、長期休暇を取得しやすく、非日常の高揚から、購買行動が積極的になるというものです。休暇を楽しむために、習い事を始めたり、旅行へでかけるなど、楽しい気分が購買行動を促します。

2つ目は、自己投資です。年末年始や長期休暇中は、自己投資欲求が高まります。新しい技術、知識を身に着けたいと感じたり、ダイエットや整形などの、変身欲求が高まりやすくなり、購買行動が積極的になりやすいのです。長期休暇中は、他者と触れ合う機会が減るため、自分自身と向き合いやすくなるのも要因だと言えるでしょう。また、春先は変化に対応するための準備期間でもあり、大きな買い物が必要となる時期でもあります。生活環境の大きな変化から、住居が変わったり、家具や制服など、大掛かりな買い物が必要になりやすいシーズンでもあるのです。このような多くの理由から、年末年始は購買行動が積極的になりやすく、それに合わせて企業は、質の高いマーケティングを実施していかなければならないのです。

2020年は特別な年

2020年は特に、特別な年だと言えます。本来であれば、オリンピック開催時期であり、日本全国が大きな盛り上がりを見せる年でした。オリンピック開催に合わせ、多くのキャンペーンが予定されていたのです。しかし、新型コロナウイルスの影響により、オリンピックは2021年に延期され、開催できる見通しさえ定かではありません。2020年は、パンデミックとオリンピック延期という歴史的な事柄が続いた年であり、企業にとっても消費者にとっても、特別な時期だったと言えるでしょう。

あらゆる不運が続いたとしても、企業として黙っていることはできません。存続するために、様々な方法を試さなければならないのです。不運が続き、世間が敏感になっていることから、これまで以上に繊細なマーケティングを実施しなければならず、企業にとっての苦境は続いていますが、同時に個性的なマーケティングも多数誕生しているのです。

年末年始・正月のSNSキャンペーン事例

SNSマーケティングが積極的に行われるようになった昨今、真新しいキャンペーンや、消費者の注目を集めるような個性的なキャンペーンは、それ程多くありません。類似したものや、拡散力がないなどの理由から、埋もれてしまうキャンペーンも少なくないのです。それではここから、年末年始、正月シーズンの1月前後に実施されたSNSキャンペーンの成功事例をご紹介していきましょう。これから紹介するキャンペーンは、いずれも大きな成功を収めていますし、多くの企業が見習うべきポイントが存在しています。どのような点が優れているのか、また他社が実施したキャンペーンとどのような部分が異なるかなど、詳しく解説していきましょう。自社マーケティングに取り入れられる部分がないか、慎重に読み進めてみてください。

#GEXペット夢宣言

 

この投稿をInstagramで見る

 

❤ 菜の花畑でちょうだいちょうだい 一緒に行ったMIHOさんを美味しいものくれる人って認識しているのでずっと夢中(笑) ☆ ☆ マスク不足ではあるけど割りと私マスクに出会うなぁ 今日も目の前で品出しが始まった(笑) 我が家必要ないから頼まれたら買う程度だけど #菜の花 夢羽muu(age 9) #ぎゅぎゅぎゅジブン #ロータスカードでお得 #フランクネスフォトコンテスト #フランクネス #ニコメゾンペット募集 #みんなで語ろう犬種愛 #うちのペットフォトコン2020 #ペットさん定期便 #foremaのドヤ顔 #lookでありがと 癒しをありがとう #gexペット夢宣言 #愛の木に願いを 一緒に旅行に行きたいな #todayswankoモデル犬 #シマホおねだり #リビングペット #リビングペットごはんまだ @animalabo_official #おねだり中 #ごきげんワンごはん #ラディカ初笑い @radica_officialshop #todayswanko #petoftoday #エブリドッグ #chihuahuas #featuremychihuahua #チワワ #ロングコートチワワ #イロどり散歩 #カメラ好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい

真珠(@shinju.c.m)がシェアした投稿 –


ペット関連グッズを販売するGEX株式会社は、正月から1月31日まで、自社商品と関連性の強いキャンペーンを実施しました。ペットと自身の夢をSNSに投稿する「ペット夢宣言」と題されたキャンペーンです。GEX株式会社は、犬や猫など一般的なペット用品だけではなく、爬虫類や小動物、観賞魚に関する用品も扱っていることから、等キャンペーンの参加要項でも、幅広いペットを受け入れていました。写真や文言を使い、魅力的な夢を発信した人々には、ペットに合わせた用品が贈呈されます。10,000円以上もする高額用品がもらえるとあって、多くの人々が積極的に参加しました。

等キャンペーンの優れた部分は、カテゴリーを分けた募集を行った部分です。等キャンペーンに参加する時は、自身が飼っているペットに関連した公式アカウントをフォローし、投稿する必要がありました。フォローした公式アカウントには、自身のペットに関連した用品、関連する人々が登場しているため、キャンペーンと同時に宣伝も可能になるのです。また、応募するには、写真投稿が必要でした。そのため、多くのUGCが集まり、今後のマーケティングにも活用することができます。

等キャンペーンは、題材も優れていたと言えるでしょう。年末年始は、新しい1年の始まりであり、多くの人々が目標を持ったり、ポジティブな想定を行います。それらを誘発し、関連商品をPRできる題材だったため、非常に優れていると言えるのです。消費者に夢を尋ね、それらに共感し、関連商品を提示するという年末年始に適した流れを作り上げていたため、当選者以外の販売促進も期待できるキャンペーンだと言えます。

お正月キャンペーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨スレッドリフトキャンペーン✨ ・ キャンペーン期間も残りわずかと なりました☺️ ・ 連日沢山のお問い合わせ、ご予約を いただきまして誠にありがとうございます🙇‍♀️ ・ ご予約、カウンセリングはお早めに お問い合わせくださいませ🎵 ・ ▼スレッドリフト✨ 10本¥200,000+税 通常価格¥380,000税別 . 大好評キャンペーン中📣✨ . 法令線やたるみは年齢を ぐっと老けさせてしまう原因です😨 . たるみ、小顔などなど 興味はあるけど高額だし。。。 . と悩んでいる方も!ぜひ この機会にぜひお試しください☺︎ . 全て2月末まで有効!! . ご予約の混雑が予想されるので お早目のお問い合わせお願い致します🤲 . . #selectclinic #セレクトクリニック #表参道#美容#小顔#美白#美容クリニック #美容外科#痩身#美肌#アンチエイジング #シミ#たるみ#しわ#水光注射#ヒアルロン酸 #botox #お正月キャンペーン#お年玉#happynewyear

SELECT CLINIC(@selectclinic)がシェアした投稿 –


長期的な休暇が取りやすい年末年始や夏休みシーズンは、美容整形や資格取得など、自己投資が積極的に行われます。普段であればまとまった時間が取れず実施できなかった事柄を、このような時期にまとめて行うのです。そのため年末年始は、美容案件や大人向け学習に関するキャンペーンが多数実施されています。実施されているキャンペーンの中から、特に積極的にSNSを活用し、成功を収めている事例の1つをご紹介しましょう。

東京や大阪など主要都市に店舗を構えているSELECT CLINICは、年末から年始の2月にかけ、美容整形キャンペーンを実施しました。対象月であれば、美容整形をお得に実施できるキャンペーンです。SELECT CLINICの優れた部分は、普段からSNSを活用している部分でしょう。クリニックの情報発信に、複数のSNS媒体を使用しているため、キャンペーンの周知をスムーズに行うことができましたし、多くの消費者に届けることができました。仮に、日常的にSNS媒体を使用していなかった場合、フォロワーや登録者が増えず、そのようなSNS媒体でキャンペーン告知を行っても、周知されないのです。

また、発信する内容も、非常に優れています。消費者がどのような情報を知りたいと思っているのか的確に想定し、必要な情報のみをシンプルに発信しているのです。美容整形に興味がある消費者にとって、知りたい情報とは、どのような施術があり金額と効果の差、実際の様子などでしょう。実際の様子は、あらゆる角度から見たいため、加工できる写真より、動画で見たいと感じます。SELECT CLINICは、インフルエンサーを起用し、YouTube内で経過を公開、合わせてInstagramで施術の種類と金額を記載するという的確な開示方法を実施し続けました。その結果、消費者の不安を解消することができ、販売促進に繋がっているのです。

不健康総選挙


SNSを活用したキャンペーンを成功させるためには、贈呈するギフトが非常に重要です。消費者が「欲しい」と感じるものであったり、実施するキャンペーンとの関連性が感じられるものでなくてはなりません。また、実施するキャンペーンの内容も重要です。一般的な参加要項として、フォロー&リツイートがあげられますが、キャンペーン終了と同時にフォローを外されることも少なくないため、プラスアルファの要素を持つキャンペーンを実施しなければなりません。

消費者が欲しいと思える賞品、特徴的な内容という2つの要素を満たす、魅力的なキャンペーンが実施されました。それが、年始に行われた不健康選挙キャンペーンです。健康的な経営を支援する、ティーペック株式会社が実施しました。「プレッシャー」や「人間関係」など、不健康ワーカーを複数人立候補させ、総選挙を行ったのです。等キャンペーンにより、企業勤め人の実情を把握することができますし、ティーペック株式会社が行う経営層への働きかけにも使用することができます。さらに、等キャンペーンを拡散することにより、経営層以外の上層部へも意識付けを行うことができるため、1つのキャンペーンによって、多くの人々へ影響を与えることができるのです。

等キャンペーンでは、投票者に高価な物品が提供されるわけではありません。しかし参加することにより、自身の働く環境が改善するという、大きなギフトをもらえる可能性があるのです。不健康総選挙は、無数に存在するSNSマーケティングの中でも特徴的なキャンペーンの1つであり、今後も消費者を楽しませながら、自社の意向を発信することが期待される良質な企業だと言えます。

四股踏んでお年玉を貰っちゃおう!SNSキャンペーン


ホットヨガスタジオを運営し、SUMOYOGAを推奨する企業LIFE CREATEは、自己投資欲求が活発になる年末年始に合わせ、SNSマーケティングを実施しました。等キャンペーンの特徴は、複数の媒体を活用した部分です。InstagramやTwitter、LINEを活用し、マーケティングを実施しました。媒体に合わせたキャンペーンを作成した部分も、ポイントです。

例えば、Instagramは写真投稿をメインに利用されています。そのため、Instagramでキャンペーンに参加するには、LIFE CREATEが推奨する相撲ヨガを行っている写真を撮影し、指定されたハッシュタグを付け投稿する必要があるのです。Twitterは、文字を利用して共感・拡散を行う媒体のため、キャンペーンに参加するためには、新年の抱負を投稿する必要があります。LINEは、贈呈される賞品が特徴的です。LINEを活用すると、LINEで実際に行われている、ホットヨガ限定配信を見られるチケットをもらうことができます。

LIFE CREATEが行ったキャンペーンは、自社商品と新年をミックスさせ、丁寧に作りこまれたキャンペーンでした。広告ページも、カルタや俳句など、新年を連想させるものを取り入れており、「賞品」という紹介ではなく「お年玉」という記載に変更するなど、細部までこだわりぬかれたキャンペーンだったと言えます。複数の媒体を使用し、企業側にメリットを作り出すとともに、参加する消費者に負担なく楽しんでもらえる工夫も魅力的です。

アソビルお年玉キャンペーン


SNS媒体が普及し、様々なものの仮想化が進む中、「リアルな体験」の価値を評価し、世間に提供しよう試みているのが株式会社アカツキライブエンターテインメントです。「アソビル(ASOBUILD)」と呼ばれる商業アミューズメントビルを運営したり、日本初のバンクシー展を開催するなど、体験型エンターテインメントを次々と作り出しています。「リアルな体験」に価値を置くアカツキライブエンターテインメントは、SNSマーケティングでも、その信念を貫いたキャンペーンを実施していました。

それは、年末年始に実施されたスクラッチ型お年玉キャンペーンです。企業が運営する公式LINEアカウントを友達追加するだけで、キャンペーンに参加することができます。等キャンペーンの「リアルな体験」部分は、スクラッチを削るという行為です。自身のLINEに届くFAROスクラッチを受け取るだけでは、何にも使用することはできません。実際に画面をなぞり、スクラッチを削る必要があるのです。わずかな工程ではありますが、企業としてのコンセプトを守り、消費者に遊び心を提供したいという思いのつまったキャンペーンだったと言えるでしょう。

等キャンペーンで提供される賞品は、アソビルの様々な施設で利用することができます。その場限りで終わらせるのではなく、リアルな体験に関する賞品設定も、優れている部分です。株式会社アカツキライブエンターテインメントは、2017年に誕生した比較的新しい企業です。しかし、多くのイベントを実施したり、キャンペーンとして積極的に消費者に楽しさを届けるアクティブな企業であり、これから実施される多くのマーケティングに、注目が集まっています。

コバラサポート


長期休暇中、外出が極端に減ってしまう人もいます。特に、多くの店舗が休暇となる年末年始は、外出せず自宅等でのんびり過ごす人も多いことでしょう。そのため、運動量が減り「正月太り」を経験する人も少なくありません。このような特徴に注目し、作成されたのが正月太り対策キャンペーンです。ダイエットサポート賞品を提供する大正製薬株式会社は、三が日終了後の1月中旬から約1か月間、正月太りに関するキャンペーンを実施しました。

空腹を軽減する新商品のサポート飲料PRも兼ねた、Twitterフォロー&リツイートキャンペーンです。等マーケティングの優れた部分は、正月という季節の特徴を活かした内容だったことと、定期的なキャンペーンを実施した部分です。等キャンペーンは、長期的キャンペーンの第三弾であり、いずれもダイエットサポートに関連したキャンペーンとなっていました。長期的なキャンペーンを実施することにより、より詳細に消費者に情報を届けられたり、確かな信頼関係を築くことができます

キャンペーン終了後のフォロワー離れも防ぐことができるため、長期的なキャンペーンは非常にメリットが多いのです。PRマスコットとして、人気キャラクターを起用した部分も優れていると言えるでしょう。人気キャラクターを採用したことにより、効果的に拡散することができるのです。人気キャラクター以外に、インフルエンサーの採用などもおすすめです。人気キャラクターやインフルエンサーは、知名度及び影響力を持っているため、キャンペーンを効果的に拡散することができます。必然的に参加者が増加するため、長期的なキャンペーンも中だるみすることがないのです。

#みっけ柏 SNS投稿キャンペーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

#みっけ柏 のハッシュタグをつけて投稿すると その場で合計買取金額が30%アップする #みっけ柏 SNS投稿キャンペーンを開催! ①micke.kashiwa 公式アカウントをフォロー ②写真と #みっけ柏 をつけて投稿 ③投稿した画面を提示 2020年1月31日まで 詳細:https://genki-heiwado.com/?post_type=information&p=8778 ——————- 【さらにWチャンス!】 投稿してくださった中から抽選で豪華な割引券が当たる! 1万円割引券…1名様 1000円割引券…10名様 ※当選者様へメッセージをお送りいたします。必ずフォローを外さずにお待ちください。 みっけでおトクにお買い物もしちゃおう! #リサイクルモールみっけ #リサイクル #買取 #買取査定 #買取り #柏市 #千葉県柏市 #リユース #ヴィンテージ #お酒 #酒 #お酒買取 #リサイクルショップ #リサイクルショップ巡り #リサイクルショップdig #リユースショップ #キャンペーン #キャンペーン実施中 #キャンペーン企画 #キャンペーン応募 #キャンペーン情報 #キャンペーン中 #キャンペーン価格 #リサイクル古着 #古着買取り #ブランド買取 #お待ちしております #お友達にも教えてね

みっけ リユース(@micke.kashiwa)がシェアした投稿 –


ここまで紹介したキャンペーンを思い返してみると、1つの共通点が見られます。それは、季節との関連性の強さです。成功したマーケティングの多くは、正月や新年など、季節の特徴に合ったキャンペーンを実施しています。つまり、年末年始の消費者はどのような事を考えているのか、どのような欲求を感じているのか正しく想定し、それらを実現させることができれば、キャンペーンは成功するという事なのです。

実施企業が大企業であっても、中小企業や自営業だったとしても、消費者の心理を正しく読み取ったマーケティングは、大きな成功を収めます。小規模事業であっても、マーケティングを成功させた事例をご紹介しましょう。千葉県柏市に店舗を構える「リサイクルモールみっけ」が実施したキャンペーンです。年末年始は、締めくくりでありスタートでもあることから、身の回りを整理整頓したいと考える人も少なくありません。長期的な休日が取れることもあり、日ごろできなかった大掃除を始める人も多いことでしょう。このような特徴を理解し、中古品買い取り及び販売店のリサイクルモールみっけでは、買い取り強化キャンペーンを実施しました。

TwitterやInstagramで指定のハッシュタグ「#みっけ柏」を記載し投稿すると、買い取り金額からさらに、30%増額するというキャンペーンです。不用品を高額で処分できるため、消費者にとって大変お得なキャンペーンだったと言えます。さらに、キャンペーン終了後にも割引券がもらえる大チャンスを用意しているなど、消費者の心理を大変よく理解していると言えるでしょう。しかし等キャンペーンには、先頭に立つマスコットやインフルエンサーなどはいませんでした。そのため、拡散力が乏しかったと言えます。地域に密着した実店舗であれば、ローカルインフルエンサーなどの採用がおすすめです。実店舗の知名度を向上させるだけではなく、商品の応用方法や魅力を発信してくれるため、販売促進も期待できます。

SNSシェアキャンペーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

【年末年始 SNS シェア キャンペーン 2019 – 2020】⁣ ⁣年に一度のLAB3 大阪、最大の割引キャンペーン!⁣ ⁣ダンススクール スタジオ LAB3 大阪『年末年始 SNS シェア キャンペーン』開催。⁣ ⁣⁣ ⁣日頃お世話になっている会員様に、そして今からダンスを始める方にダンススクール スタジオ LAB3 大阪から⁣ ⁣クリスマスプレゼント&お年玉!!⁣ ⁣是非この機会にLAB3 大阪(心斎橋、阿波座)にお越しください。⁣ ⁣⁣ ⁣◎キャンペーン内容⁣ ⁣・1ヶ月4回チケット消費税10%サービス⁣ ⁣・LAB3非会員の方は、体験レッスン・入会金割引⁣ ⁣⁣ ⁣*LAB3 SNS 公式アカウントでの当キャンペーンの投稿を⁣ ⁣Facebookでシェア、Twitterでリツイート、Instagramでリポスト(リグラム)又はストーリーに投稿して頂いた方、限定キャンペーンです。⁣ ⁣⁣ ⁣#この投稿のシェアをお願い致します。⁣ ⁣⁣ ⁣⁣ ⁣◎キャンペーン詳細⁣ ⁣⁣ ⁣有効期限1ヶ月間、4回チケット消費税10%サービス⁣ ⁣[一般クラス]⁣ ⁣■4回チケット消費税10%サービス⁣ ⁣7,480円(税込) → 6,800円(税込)⁣ ⁣⁣ ⁣*対象は有効期限1ヶ月間の回数チケットです。⁣ ⁣*キャンペーン中に限り有効期限を購入日から1ヶ月間とさせて頂きます。⁣ ⁣*回数チケットは複数のクラスで使用可能です。⁣ ⁣*年末年始のお休み期間は有効期限に含まれません。⁣ ⁣⁣ ⁣[キッズクラス]⁣ ⁣■4回チケット消費税10%サービス⁣ ⁣6,050円(税込) → 5,500円(税込)⁣ ⁣⁣ ⁣*対象は有効期限1ヶ月間の回数チケットです。⁣ ⁣*キャンペーン中に限り有効期限を購入日から1ヶ月間とさせて頂きます。⁣ ⁣*回数チケットは複数のクラスで使用可能です。⁣ ⁣*年末年始のお休み期間は有効期限に含まれません。⁣ ⁣⁣ ⁣■年末年始のお休み⁣ ⁣2019年12月30日(月)から2020年1月5日(日)まで⁣ ⁣⁣ ⁣◎体験レッスン・入会金割引⁣ ⁣■入会金⁣ ⁣3,300円(税込) → 0円⁣ ⁣⁣ ⁣[一般クラス]⁣ ⁣■体験レッスン+入会金⁣ ⁣1,650円(税込) +3,300円(税込) → 1,100円(税込)⁣ ⁣⁣ ⁣[キッズクラス]⁣ ⁣■体験レッスン+入会金⁣ ⁣1,100円(税込) +3,300円(税込) → 820円(税込)⁣ ⁣⁣ ⁣*お一人様一回限り有効。⁣ ⁣⁣ ⁣キャンペーン期間⁣ ⁣2019.12/1-2020.1/31⁣ ⁣⁣ ⁣#studiolab3 #LAB3 #DANCE #ダンス #年末年始

LAB3 OSAKA(@lab3_osaka)がシェアした投稿 –


年末年始は新しいことにチャレンジしやすい時期ということもあり、ダンススクールスタジオlab3は、入会割引キャンペーンを実施しました。1月中に入会すると、通常時発生する入会金がなくなるだけではなく、レッスン費用も割引されるキャンペーンです。ダンスや音楽関連に影響力を持つインフルエンサーを講師として採用したり、YouTubeやTwitter、Instagramなど複数のSNS媒体を活用し宣伝を行うなど、積極的なマーケティングが評価できます。またlab3では、別途ホームページも運用しており、あらゆる窓口を設定している部分も、メリットです。SNS媒体は、多くの人々に利用されている媒体ではありますが、全ての人が利用しているとは限りません。また、SNS媒体について信頼感を持てない人も少なくないため、マーケティングを行う際は、オウンドメディアやアーンドメディア、ペイドメディアの3つから成り立つ、トリプルメディアのバランスを活用しながら、実施することが望ましいでしょう。

Tik Tokおみくじ


近年では、動画配信サービスアプリTik Tokでも積極的なマーケティングが見られます。Tik Tokは、音楽に合わせ短い動画を配信し、共有するアプリケーションです。しかし、日本国内外の有名人が愛用するなど、一大ブームとなり、大勢の人々が集まるようになり、マーケティングの場としても価値を上げつつあります。ここでは、実際に行われたTik Tokでの年末年始キャンペーンを、ご紹介していきましょう。

Tik Tokを運営するByteDance(バイトダンス)は、日本の年末年始に合わせ、iPhoneやAirPodsなど豪華景品を受け取ることのできるキャンペーンを実施しました。期限内に指定されたハッシュタグを付け動画を投稿すると、おみくじを引くことができ、豪華賞品を得ることができます。商品が魅力的だったこと、また実施期間が短く特別感や限定感を用意した部分が評価できるでしょう。ただのキャンペーンリツイートや、指定ハッシュタグの投稿ではなく、サービスを使った参加要項も魅力的です。

年末年始・正月のSNSキャンペーンに関する注意点

年末年始は、日本人にとって非常に重要なイベントであり、購買行動が活発になるなど、企業にとっても大切な時期だと言えます。このような大切な時期に、どのようなマーケティングを行っていくのか、慎重に決定していかなければならないのです。また、実施する際は、リスクを減らすことはもちろん、極力デメリットのない効率的な方法を、取り入れていかなければなりません。1年の締めくくりであり、新しい年の始まりでもあるお正月シーズンは、企業の印象を左右する重要な時期であり、トラブルなどのデメリット要素は、排除しなければならないのです。ここからは、年末年始に実施するSNSキャンペーンのポイントと、実施する際の注意点について、詳しく解説していきます。ポイントや注意点を理解し、適切にデメリットを排除しながら、SNSマーケティングを成功させてみましょう。

わかりやすく

SNSを活用したマーケティングは、いずれもわかりやすいものにしなければなりません。外部サイトへ行って参加要項を読んだり、複数媒体をはしごして、クエストをこなすようなキャンペーンを、消費者は望んでいないのです。SNS媒体は、場所を選ばず、手軽に多くの情報を行き来させられること、そして共感しあう部分が評価され、爆発的に普及しました。つまり、SNS媒体を活用したマーケティングでは、こういった評価されている部分を消し去らない工夫が必要なのです。

SNSキャンペーンはわかりやすく、気軽に参加できるものにしなければなりません。また、各SNS媒体の特徴を活かした、内容作りに努める必要があります。例えば、Instagramを利用したマーケティングを実施する際は、写真を見ただけである程度内容が把握できる作りにするなどです。Instagramは写真を投稿する媒体であり、長文を読み込む習慣がありません。そのため、長文での説明が掲載されていたり、写真だけでは何を伝えたいのかわからない、共感できない等のキャンペーンは、受け入れられにくいのです。TwitterやYouTube、その他の媒体も同様です。

各媒体には、得意とするコンテンツ、方法が存在し、利用者もそれらを求めています。媒体の特徴と異なる方法でキャンペーンを実施すると、奇抜さから注目を集められる可能性もありますが、全く相手にされないというリスクも抱えることになるのです。これからのマーケティングは、危険を冒すのではなく、データや過去の事例に基づいた、効率的で効果的なものを実施しなければなりません。利用する媒体を慎重に選び、選択した後はそれぞれに適した内容を考えてみましょう。

メリット

SNSキャンペーンの中には、自社商品の宣伝のみを行うものや、PR広告だけを掲載しているものもあります。具体的には、「この店をPRしてみましょう」「このハッシュタグを使ってツイートしてみましょう」といったものです。このような、宣伝のみを行うキャンペーンは、消費者に受け入れられにくいと言えます。なぜなら、企業や自治体など、実施側のメリットしかなく、消費者が参加するメリットがないからです。SNSキャンペーンを実施する際は、必ず消費者が参加するメリットを作る必要があります。

メリットとして、自社商品や他物品を用意した場合、わかりやすいメリットの提示であることから、消費者を集めやすくなるでしょう。割引券や、商品券等も同様です。わかりやすいメリットがあれば、消費者側が参加を迷う時間が短くなるため、盛り上がりが期待できます。このような物品以外でも、メリットとして成立させることが可能です。例えば、サービスの向上、新商品の開発などです。どちらも、消費者にとってメリットとなり得ます。しかし、既存顧客層には響いても、新規顧客層には響かない可能性があるため、目的に応じて提示するメリットを分けるようにしてみましょう。

他には、良心に訴えかける方法もあります。メリットは、良い事をしたいという自身の欲求を満たせること、そして、協力先の存続などです。存続が危ぶまれている飲食店を応援するキャンペーンや、医療従事者を応援するキャンペーンなどが、これらに該当します。時代背景にも影響され、近年ではこのようなメリットも効果を発揮します。良心に訴えかける方法を、メリットとして扱う場合は、詳細な情報を記載するようにしてみましょう。どのような使われ方をするのか、どのような助けになるのか、具体的に紹介するのです。他者の善意を活用する際は、誠意ある対応をしなければなりません。もらいっぱなし、協力してもらいっぱなしでは、信用を無くしてしまうのです。

オリジナル性

SNSキャンペーンに限ったことではありませんが、実施するキャンペーンやマーケティングは、個性的でなければなりません。小規模なものまで含めると、SNSキャンペーン事例は、数万件にのぼります。そして、SNS媒体の普及率を考慮すると、今後ますます増加していくことが容易に想像できるのです。同時期に多数実施されるキャンペーンの中から、自社が行うキャンペーンに参加してもらうためには、消費者を飽きさせないオリジナル性の高いものを用意しなければなりません。

しかし、オリジナル性だけではなく、商品との関連性や時代背景など、繊細に取り扱わなければならない事柄も存在します。2020年であれば、新型コロナウイルスによって、世界中が混乱し、大きな被害を受けました。そのため、命を軽視するものや外出を促す内容、他国や文化の取り扱いは、十分に気を付けなければならないと言えます。つまり、オリジナル性を持ちながら、他者を尊重する内容を心がけなければならないのです。

繰り返されるマーケティングにより、消費者の目も肥え、年々精度の高いキャンペーンが求められるようになります。環境や国同士の関係性により、数カ月前まで当たり前だったことが、突然タブー視されることも珍しくないのです。マーケティングは、大勢の目に積極的に触れさせる事柄であるため、非常に多くの事柄に配慮しなければなりません。慎重になり過ぎて、他社と同じことを繰り返しても意味がなく、奇抜すぎて誰かを傷つけてもいけないのです。マーケティングの内容は、常に新しい情報を取り入れ、繊細に考える必要があります。

シェアできる内容

芸能人や有名人が不祥事を起こし、多くの批判を集めていることからもわかるように、昨今はコンプライアンスやモラルに非常に敏感です。法律に接触していなくても、人として、社会人としてモラルに反するような行いは、多くの批判を集めます。それは、一般人同士でも同様です。SNSじょうで、モラルに反する言動を見せたり、一部コミュニティから批判を集める内容を発信した場合、激しく炎上したり様々な批判を受けることも珍しくないのです。

そのため、SNSキャンペーンは、多くの人々がシェアできる内容にしなければなりません。誰かを批判するような内容であったり、面白さだけに特化させたものは批判リスクが高く、消費者からも敬遠されてしまいやすいのです。難しいのは、どの程度まで許され、どの程度であれば批判されるのか、明確な数値がわからない部分でしょう。これは、世界情勢や日本の様子、本人の現状などに大きく影響されるため、一概に表すことができません。

どれだけ考え抜いた内容であっても、捉え方によって、不適切な案件とみなされる場合もあるのです。不適切な案件と認識されないために企業ができることは、できるだけ立場の違う人から、意見を集めることです。上層部や担当者の目線だけではなく、一般人に近いインフルエンサーの意見を聞いたり、ターゲット層の消費者を招いて意見を求めるなど、できるだけ多くの立場から見た印象を集めてみましょう。異なる目線から見ることにより、キャンペーンそのものの客観的な印象を知ることができ、トラブルを未然に防ぐことができます。

労力と時間

SNSキャンペーンでは、労力と時間に注意しなければなりません。それは、消費者であっても、企業側であっても同様です。まず、消費者の労力及び時間について、説明します。SNS媒体は簡単に操作でき、多くの情報を得られる部分が共感され、爆発的に普及しました。つまり、SNSキャンペーンでは、消費者に労力をかけず、最大限に魅力的な時間を提供しなければならないのです。あらゆる媒体を経由させたり、投稿や撮影など、消費者に多くの労力を要求するのであれば、それに見合った魅力的な時間を提供しなければならないということです。労力と時間のバランスがとれるように、消費者の欲求を理解する必要がありますし、SNS媒体の特徴も把握しておく必要があります。

続いては、企業側の労力及び時間について、解説していきましょう。SNSキャンペーンを作成する際企業側では、オリジナル性やコンプライアンスなど、多くの事柄を確認しなければなりません。キャンペーンを世に送り出すまでに、削れない労力、多くの時間が存在するのです。それに加え、キャンペーンの告知や拡散、人員の確保なども行い、多くの労力及び時間をかけている企業は少なくありません。手間をかけたSNSキャンペーンは、魅力的になりやすく、また世間の注目を集める可能性がある一方、それに見合った成果を出せるとは言い難いものがあります。ただやみくもに、企業側が多くの時間、労力をかければいいというわけではないのです。

キャンペーン実施には、企業側の削れない労力があり、同時に削れる労力もあります。告知や拡散は、必ずしも企業側が行う必要はなく、専門企業やインフルエンサーなどのプロに任せた方が、効率的なのです。人員確保も、インフルエンサーマーケティングの専門企業が存在するため、手探りで多くの時間をかけるよりも、効率的だと言えます。SNSキャンペーンを成功させるためには、企業側が行う部分と、専門企業に依頼する部分を適切に分けてみましょう。全てを企業内でまかなうことのデメリットを理解し、適切な割り振りが必要なのです。

今年こそSNSキャンペーンで盛大な幕開けをしてみよう!

年末年始という大きなイベント時期に実施するキャンペーンは、いつも以上に気を引き締めていかなければなりません。企業にとっても、また取り扱う商品やサービスにとっても、重要なタイミングだと言えるのです。SNSキャンペーンを成功させ、盛大な幕開けを行うためにも、解説したポイントや注意点を理解しておかなければなりません。自社で行う部分と、専門企業に任せる部分を明確にし、適切な企業に依頼してみましょう。インフルエンサーを採用する際は、インフルエンサーマーケティングの専門企業である、「コラボマーケティング」に依頼してみてください。企業にとって適切な人材を紹介してくれますし、リスクを大幅に減らすことができます。また、効果的なマーケティングやキャンペーン、分析方法などSNSマーケティングに関連した多くの情報を提供してくれるでしょう。自社だけで全てを背負い込まず、効率的で効果的なマーケティングを実施してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA