D2CのマーケティングにSNSを活用する重要性と成功事例8選

D2C成功の鍵はSNSにあり!これだけは押さえておくべきD2CとSNSのコラボ術

InstagramやTwitterなどで、一般人が私生活を紹介し、共有・共感を楽しむSNS媒体。それまでの一方的な情報発信とは異なり、双方向に情報が行き交う新鮮さ、あらゆるコンテンツを共有できる面白さから、SNS媒体は爆発的に普及し、多くの注目を集める存在となりました。大勢の注目が集まるようになったことから、SNS媒体は私生活を充実させるツールから、マーケティングツールとして活用されるようになります。

SNS媒体は、今や多くのマーケティングにおいて、取り入れるべきツールとなったのです。D2Cも、その1つだと言えるでしょう。多くの過程を排除し、シンプルなマーケティングであるD2Cですが、SNS媒体だけは付け加えておく必要があります。D2Cを行う上で、SNS媒体を活用するか否かが、成功を分けると言っても過言ではないのです。

今回は、D2CにSNS媒体を活用する理由と、具体的な方法についてご紹介していきます。誤解されやすいD2Cの本当の意味と、特徴も合わせて解説していきましょう。D2Cの基本情報、そして応用方法を知り、今後のマーケティングに活かしてみてくだい。

D2Cの正しい意味

マーケティングには、様々な用語、類似した事案が存在するため、間違った覚え方をしていたり、正しい意味や特徴を理解しきれていないことも少なくないのです。また、D2CとSNS媒体を融合させ、効果的なマーケティングを行うためにも、D2Cの正しい意味や特徴を理解しておかなければなりません。

ここでは、D2Cの正しい意味を解説していきます。D2Cのメリットとデメリットまで紹介し、どのようなパターン、企業に適したマーケティングなのか、詳しく解説していきましょう。また、混同されやすい、他マーケティングとの違いも合わせてご紹介していきます。

Direct to Customer

D2Cとは、Direct(直接) to Consume(消費)の頭文字を用いた略称です。仲介業者等を経由せず、製造企業が消費者へ、直接商品を提供するマーケティングとなります。これまでは、製造企業が商品・サービスを製作し、仲介業者である小売店、紹介業などをとおして、消費者に提供していました。

D2Cでは、仲介業者を通さず、製造企業が直接、消費者へ商品・サービスを提供します。このように、D2Cが積極的に取り入れられるようになった背景には、低価格競争や、SNS媒体の普及、影響力の増加などが関係していると言えるでしょう。近年では特に、多くの商品、サービスの提供価格が下がり続けています。企業として生存し続けるためには、多くのコストを排除し、低価格競争に挑み続けるしかないのです。そのため、仲介業者が排除されるようになりました。

また、無料で使用できるSNS媒体の普及も、D2Cの大きな追い風になったと言えるでしょう。SNS媒体は企業と消費者を繋ぐツールにもなり得たため、仲介業者を頼らず、マーケティングを成立させることができるようになったのです。D2Cでは、SNS媒体を使用していない企業も存在しますが、経緯や相性を考えた場合、SNS媒体を活用するべきだと言えるでしょう。

BtoCとの違い

D2Cと類似したマーケティングとして、BtoCを思い浮かべる人もいるでしょう。BtoCとは、Business(経済行為) to Consumer(消費者)の略称で、消費者に向けたビジネス行為を意味しています。BtoCは、B2Cと表記することもありますが、どちらも同じ意味です。基本的な知識となりますが、経済行為には、BtoCと呼ばれる消費者へ向けたものと、BtoB(Business to Business)と呼ばれる、企業から企業へ向けた取引が存在します。

一般人が使用する日用品、例えばトイレットペーパーや洗剤などの取引は、BtoCです。製造企業から仲介業者に卸し、消費者へ渡った場合も、BtoCとなります。一方、雇用データの整理や管理システムの運用、テナントビルメンテナンスなど、企業を相手にした取引は、BtoBです。顧客企業がどのような職種であっても、提供するサービスが企業で完結した場合は、BtoBとなります。

BtoCやBtoBの説明により、D2Cとの違いに気づいた人もいることでしょう。D2Cは、企業が直接消費者に販売する方法であり、BtoCは企業が一般人である個人を対象にした取引を意味しているのです。つまり、D2Cは、販売方法であり、BtoCは販売先を表している言葉という事です。製造企業が店頭で、個人に販売していた場合、それらはBtoCでありD2Cでもあります。仲介業者をとおし、個人にマンションを販売した場合は、BtoCではあるもののD2Cではないのです。

メリット

D2Cが注目され、積極的に実施されるようになったのは、D2Cに多くのメリットが存在するからです。1つ目は、仲介手数料が不要になることです。D2Cは、製造企業または管理企業が、そのまま消費者へ商品を提供します。多くの企業を経由する必要がないため、それぞれの工程で発生していた手数料を排除することができるのです。手数料が排除されたことにより、消費者へ提供される価格が下げられたり、より質の高い商品・サービスを提供することが可能となるため、消費者にとっても大きなメリットだと言えるでしょう。

2つ目のメリットは、迅速な部分です。商品に対して、多くの企業が携わっていれば、それだけコストも、また提供するまでの時間も有してしまいます。多くの話し合い、承認が必要となるため、スピード感に欠けてしまうのです。流行の移り変わりが早く、数秒単位で景色の変わる昨今、スピード感が持てないのは致命的だと言えるでしょう。D2Cでは、自社で多くの事を完結させることができるため、スピード感を持って消費者に提供することができます。

3つ目は、消費者の声です。D2Cでは、製造企業またはその関連企業が、消費者へ商品・サービスを直接提供します。そのため、提供された時の反応はもちろん、日常的な感想や要望も収集しやすくなるのです。企業にとって消費者の本音は、対価を支払ってでも手に入れたい事柄であり、それらが無償で手に入るのは大きなメリットだと言えます。

4つ目は、コンパクトな事業体制です。多くの企業と1つの商品・サービスを作り出すビジネスは、リスクを分散できたり、自社が負担するコストを減らすことができる一方、1つでも工程が滞った場合、全てが止まってしまうというリスクも持っていました。また、しがらみや忖度により、望まない事柄であっても受け入れざるを得ない部分も多々あったのです。しかし、製造から販売・提供まで自社のみで行うD2Cであれば、事業体制をコンパクトにすることができ、動きやすくなることはもちろん、自社の方針だけを追求することも可能になります。

デメリット

多くのメリットがあるD2Cでも、いくつかのデメリットが存在します。1つ目のデメリットは、体制を整えるまで時間がかかってしまうという点です。商品やサービスを作り出すことはできても、仲介業者が行う「提供」部分に慣れていない企業も存在します。消費者に商品・サービスを渡す重要な部分でもある「提供」に関して、正しい体制を作り上げておく必要があるのです。しかし、それらは容易ではありません。専門企業が存在するように、知識やノウハウ、実店舗やデジタルマーケティングの構築など、多くの準備が必要となるのです。

2つ目のデメリットは、周知されにくいという点です。前項と同じように、「提供」のプロではない企業が、突然「提供」を始めても、すぐに周知させることはできません。これまで仲介業者が行っていた顧客の呼び込み、商品PRなど、全てを企業が実行しなければならず、それもまた容易ではないのです。社内体制を整えるまで、ランニングコストが発生する場合もあり、企業にとって大きな負担だと言えるでしょう。

D2CにSNSを活用するべき理由

D2Cの特徴やメリット及びデメリットを正しく理解した時、D2CにSNS媒体を活用する本当の意味がわかります。SNS媒体を活用することにより、メリットをより大きく、デメリットを最小限に抑えることが可能なのです。また、より効果的で成功率を高めることもでき、D2Cの可能性を最大限に引き出すことができます。それではここから、D2CにSNS媒体を活用する具体的な理由について、ご紹介していきましょう。活用理由別のSNS媒体使用術も、合わせて解説していきます。SNS媒体をどのように使えばいいのか、またどのようなパターン時に適しているのか詳細にご紹介していきましょう。

直接アプローチ

D2Cを取り入れている企業ではそれぞれ、独自の方法で顧客にアプローチをかけます。実店舗を持っている企業であれば、店頭でキャンペーンを行ったり、デジタルマーケティングを取り入れている企業であれば、独自のクーポンを発行するなどです。前項でもご紹介したように、D2CではPRなどの周知活動が重要となります。仲介企業を一切使用しない分、自社でのPRや周知活動が非常に重要となるのです。

SNS媒体は、D2Cが抱えるリスクである拡散や、周知を補うことができます。InstagramやTwitterなどのSNS媒体は普及率80%以上だとも言われているのです。つまり、使用することにより、多くの消費者に直接アプローチできるのです。各SNS媒体にはそれぞれ、利用者の特徴があり、それらを理解し活用することにより、的確なアプローチも可能となります。さらに魅力的なのは、各SNS媒体はコストが発生しないという部分です。公式アカウントの運用、自社アカウントでのPR活動等は、利用コストが発生しません。宣材を用意する費用のみで、PRを行うことが可能なのです。

魅力を伝えやすい

SNS媒体には、それぞれ特徴があります。Instagramであれば、写真を投稿するもの、Twitterであれば、短い文言を投稿するなどです。このように、それぞれ明確な特徴があることから、マーケティングに利用しやすく、商品やサービスの魅力を伝えやすいと言えます。仮に、文章しか投稿できない媒体であれば、見栄えが重要となる料理やコスメの発信には適しません。

写真や文字、動画や音楽などあらゆる情報を発信できるからこそ、各SNS媒体はD2Cに活用するべきなのです。つまり、D2CにSNS媒体を用いる際は、どの媒体を使用するか重要になるということです。自社商品・サービスを最も魅力的にアピールするには、どのような方法があるのか理解し、SNS媒体の特徴と合わせて決定しなければなりません。

この時、SNS媒体は複数使用してもいいでしょう。SNS媒体にはそれぞれ得意分野があるものの、苦手分野も存在します。それらを補うため、複数のSNS媒体を使用しても、問題ありません。複数のSNS媒体を使用する際は、それぞれの運用手順を明確にし、リスク管理を徹底しましょう。

連携

SNS媒体は、使用者のニーズに合わせ、日々進化を続けています。新しい機能が追加されたり、サービスが変更されることも日常茶飯事です。その中には、直接外部サイトへ移動できるリンク設定や、商品を購入できるサービスなどもあります。外部サイトへ移行しなくても、支払いや発想手続きまで完結させることも可能です。このように、SNS媒体はオウンドメディアなどとの連携が容易であり、消費者に負担がかかりません。消費者の購入導線を明確に作り出すことにより、悩む瞬間を与えなくて済むため、購入を積極的に促すことも可能なのです。

Eコマースの定着

これまでのマーケティングは主に、実店舗を構え、消費者に商品やサービスを提供していました。そのため、出店場所が重要でしたし、動かない実店舗を周知させるため、紙やデジタルなど多くの媒体を使用し、宣伝活動を行わなければならなかったのです。

しかし近年、実店舗を持つリアル店舗ビジネスが徐々に衰退しはじめます。実店舗を維持し続けるコスト、宣伝費用等が膨れ上がり、利益を出し続けることが非常に難しくなったためです。また、実店舗を運用しなくても、消費者に商品を提供できるようになったことも大きな要因でしょう。Eコマースと呼ばれる電子取引が取り入れられるようになり、多くのコストを削減できるようになったのです。

Eコマースの普及により、D2Cを取り入れる企業が増え、デジタルコンテンツと相性のいいSNS媒体が積極的に活用されるようになりました。前項でも解説したように、SNS媒体はデジタルコンテンツと連携がしやすく、非常に相性がいい媒体なのです。D2Cを行う上でEコマースの運用は必要不可欠ですし、そのEコマースをより活性化するには、SNS媒体の活用が効果的だと言えます。

インフルエンサー

D2Cには、消費者に周知されにくいというデメリットが存在します。仲介業者を排除してしまうと、広告やPR活動全てを自社で担わなければならず、上手く認知させられないのです。しかし、SNS媒体を使用することにより、インフルエンサーと呼ばれる助っ人を手に入れることができます。

SNSにはそれぞれ、影響力を持ったインフルエンサーが存在し、各媒体に限定した場合、芸能人や著名人以上の影響力を持っていることも少なくないのです。インフルエンサーを起用することにより、D2Cの弱点でもあった拡散を補うことができます。また、起用するインフルエンサーを正しく選択することにより、特定の層へ的確にアプローチすることもできるのです。さらに、商品やサービスのイメージを定着させたり、企業のブランディングを成功させることもできます。

インフルエンサーの起用は、デメリットを最小限にし、メリットを大きくできると言えるでしょう。しかし、起用する際は慎重に行わなければなりません。解説したように、インフルエンサーはマーケティングに大きな影響を与えます。起用するインフルエンサーを間違ってしまった場合、それもまたマーケティングにダイレクトに影響してしまうのです。インフルエンサーの起用には、いくつか注意点が存在します。起用のノウハウがない企業は、専門企業に依頼してもいいでしょう。

D2CにSNSを活用した成功事例

D2CにSNS媒体を取り入れ運用していくためには、過去の活用事例について知っておく必要があります。成功に至った多くの事例を知り、ポイントや注意点を理解しておかなければならないのです。ここからは、D2CとSNS媒体の連携事例について、ご紹介していきます。各事例の優れた部分や、注意点も合わせて解説していきましょう。

avex


D2Cの成功事例1つ目は、avexです。avexと呼ばれる音楽関連企業は、YouTubeに公式アカウントを所有しています。その中で、自社が担当しているアーティストの楽曲を放映し、再生回数を伸ばしています。これまでの音楽関連事業の流れは、音源を作成し、小売店に提供、地上波テレビや雑誌などで宣伝活動を行うという流れでした。

しかしavexは、公式アカウントでPR活動を行えますし、YouTubeの動画内から楽曲を購入することもできるのです。楽曲を購入できるだけではなく、アーティストの各SNSへ行くことも、最新情報を手に入れることも可能であり、SNS媒体の機能を最大限に活かしたマーケティングだと言えます。現在、チャンネル登録者数は536万人を突破し、現在も伸び続けているため、影響力も申し分ありません。

The Official Pokémon YouTube channel


日本だけではなく、海外でも絶大な人気を誇るポケットモンスター。日本在住者であれば、いたるところで商品を購入することができますし、関連するゲーム情報なども多彩に集めることができます。しかし、海外では情報収集も商品の購入も、容易ではありませんでした。類似商品、コピー商品が多く出回り、何が正規品なのかもわからない状況だったと言えます。

そういった状況を改善したのが、ポケモン公式チャンネルです。このチャンネルは、完全に海外の顧客をターゲットとしたチャンネルになっています。そのため、記載されている文字は、日本語ではなく英語です。公式チャンネルとして情報を発信、商品をPRすることはもちろん、動画内からゲームを購入することも可能となっています。SNS媒体活用の魅力は、世界各国いたるところに情報を届けることができる部分です。これからのマーケティングでは、世界を視野に入れた発信が必要だと言えます。

delishkitchen.tv

 

この投稿をInstagramで見る

 

DELISH KITCHENのプロが「とにかく使いやすい!😳」と絶賛✨ 先が柔らかくて料理がすくいやすい #シリコーンスプーン 3点セットの使いやすいポイントを、プロの調理スタッフに聞いてみました👩‍🍳 ⠀⠀⠀ ■POINT1■ 「まず、耐熱なので炒め物にも使えて、そのままサッと盛り付けに使いやすい! ソースも残さず取れるのが◎」 ⠀⠀⠀ ■POINT2■ 「大さじ小さじの目盛も付いているので、料理の途中にサッとはかれるのも良い!」 ⠀⠀⠀ ■POINT3■ 「料理の途中でちょっと置くときも、皿部が直接下につかないから、キッチンも汚れず衛生的✨」 ⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀ 毎日の料理をサポートするDELISH KITCHENならではの視点で、細かいこだわりを詰め込んだスプーンです😊 ⠀⠀⠀ 👉購入はこちら 【画面をタップ】→【商品を見る】→【ウェブサイトで見る】で公式通販サイトDELISH KITCHEN STOREへ!⭐️ #delishkitchen #デリッシュキッチン #delishkitchenstore #キッチングッズ #キッチンツール #キッチン用品 #調理器具 #手料理 #手作り料理 #イエロー #yellow #黄色 #ポップカラー #可愛い #使いやすい #使いやすさ重視 #洗いやすい #デザイン重視 #シリコンスプーン #シリコーングッズ #シリコーン製 #シリコーンヘラ #ヘラ #大さじ #小さじ #時短グッズ #万能グッズ #キッチングッズ大好き

デリッシュキッチン 料理・献立・レシピ(@delishkitchen.tv)がシェアした投稿 –


YouTubeでの動画配信以外にも、活用されているSNS媒体があります。それは、Instagramです。Instagramでフォロワーを増やし、自社サイトへの流入を目指します。このような方法に成功したのが、delishkitchen.tvです。公式アカウントでは、料理のレシピや動画での調理工程を発信しています。等アカウントの優れた部分は、フォロワーと企業が求めている顧客層が、完璧に一致している部分です。どのような商品を売りたいのか、またそれらを購入する層がどのような情報を求めているのか、的確に想定できていた部分が非常に優れています。フォロワーは305万人を突破し、インプレッション数やエンゲージメント率も非常に高く、D2CとSNS媒体の成功事例だと言えるでしょう。

kalos.tv

 

この投稿をInstagramで見る

 

【KALOSショップで購入💕】 💛こんな人におすすめ💛 ✔︎笑ったときに鼻毛が出て気になる… ✔︎顔のうぶ毛や全身にも使いたい ✔︎電池のいらないシェーバーが欲しい . . そんな人におすすめのアイテム❣️ . —————— [使用商品] ☑︎KOIZUMI ✦フェイスシェーバー&ノーズケア 2,728円(税込) —————— \ 💡ポイント💡 / ︎︎︎︎ ✅女性の小さい鼻にフィット❤︎ ✅USB充電で乾電池いらず👍 ✅アタッチメントは水洗いOK! ✅外出先や旅行などにも持っていくと安心✈️ . . コンパクトサイズなので 旅行などにも便利!😘💄✈️ ぜひ試してみてね😘 . . . . . KALOSではみなさんが日々気になっている 『可愛い』に出会えるお店を始めました💌 よかったらTOPのURLからCHECKしてみて👏✨ ————– @kalos.tv ————– #ムダ毛 #ムダ毛処理 #むだ毛 #脱毛#脱毛サロン #メイクグッズ #便利グッズ #裏技 #生活の知恵 #ファンデ #リキッドファンデーション #リキッドファンデ #パウダーファンデ #ベースメイク #毛穴 #カバー力 #コスメレポ #コスメマニア #乾燥肌 #敏感肌 #落ちないメイク #ヘアアレンジ #ヘアアレンジやり方 #ヘアアレンジ解説 #ヘアアレンジ動画 #まとめ髪 #まとめ髪アレンジ #まとめ髪動画 #まとめ髪ヘアアレンジ #kalosで買える

KALOS-カロス-コスメ/ヘア/ファッション動画(@kalos.tv)がシェアした投稿 –


Instagramの中には、人気とされるジャンルがいくつか存在します。前項アカウントのような料理系も、人気ジャンルの1つです。他にも、kalos.tvが発信しているコスメやファッション系が、人気ジャンルとなっています。SNS媒体で宣伝活動を行う時、適した媒体を見つけるため、得意とするジャンルを基準に選んでもいいでしょう。Instagramは料理系やコスメ、ファッション関連が人気であり、Facebookは事業や資格、海外発信に適しています。YouTubeはゲームやデジタルコンテンツに強く、Twitterはオールジャンルに一定数以上の影響力を発揮することが可能です。kalos.tvの魅力は、基本に忠実に、SNSアカウントを運用している部分です。自社商品の使い方や応用方法を発信し、購入を促すという基本的なスタイルを貫いています。不要な情報がなく、アカウント内も非常にシンプルで見やすい構成となっているため、宣伝としては申し分ありません。

kobe_lettuce

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . お待たせしました♡ 注目のワンピがついに登場✨ 低身長スタッフと高身長スタッフが丈感をしっかりお伝えしております♡ . . 〔本日のライブ紹介item〕 ・e2499 ・c4782 ・m2979 ・c4823 ・c4839 ・e2521 ・c4791 (いーちゃん164cm / みーちゃん152cm ) . . 新着ページはこちら▶︎ https://bit.ly/38DrxjV . . #kobelettuce#神戸レタス#プチプラコーデ#coordinate#コーディネート#fashion#今日のコーデ#デニム #ナチュラルコーデ#トレンドコーデ #夏コーデ#夏トレンド#低身長#低身長コーデ#低身長ファッション#ノースリ#デニム#デニムコーデ#コーデ #ワンピ#ワンピース#大人カジュアル#インスタライブ #instalive #new

神戸レタス – プチプラファッション通販 –(@kobe_lettuce)がシェアした投稿 –


ファッション関連商品は、好みや体型など個人に左右される事柄が多く、デジタルコンテンツの活用を苦手とするジャンルではありますが、kobe_lettuceでは多くの工夫によって、デメリットを上手くカバーしています。kobe_lettuceの優れている部分は、着用しているスタッフの特徴を細かく紹介し、消費者の認識をより具体的にする工夫を施している部分です。さらに、商品の値段や、自社サイトでの検索に使用できるコードも表示しているため、購入を迷う隙もなくす工夫が施されています。残念な部分は、投稿画面から直接外部サイトへ行けない部分です。気に入った投稿から一度退出し、最上部のリンクから移動しなければなりません。大きな手間ではないものの、商品を見失い、購入を断念する恐れもあるため、Instagramを活用する際は、投稿ページからそのまま移動できる設定がおすすめです。

CASIO OCEANUS Japan

 

この投稿をInstagramで見る

 

CASIO G-SHOCK Official(@gshock_casio_official)がシェアした投稿


Facebookは、海外への影響力が強いこともメリットですが、信頼度の高さもメリットだと言えます。格式が高い印象を作ることができ、プチプラ商品と一線を画すブランディングを行うことが可能です。そういった特徴を活かし、マーケティングしているのがCASIO OCEANUS Japanです。CASIO OCEANUS Japanは、実店舗も構えていますが、Facebookから商品を購入することもできます。Facebookでは、商品の購入だけではなく、商品紹介や店舗でのイベント告知など、様々な活用が見られました。自社のターゲット層の特徴に応じて、CASIO OCEANUS Japanのように使用する媒体を選択しても良いでしょう。若年層にアプローチしたい場合は、Instagramを使用し、ビジネスパーソンや中流層にアプローチしたい場合はFacebookを使用するなどです。

レゴ


これまでのマーケティングを大きく変更し、大きな成功を収めたのが、玩具メーカーLEGOです。玩具は若年層がターゲットとなるため、実店舗を構え触れさせるマーケティングが主流となっていました。また、宣伝活動も地上波テレビを利用し、若年層が視聴する時間にCMを流すなど、ある程度決まった流れとなっていたのです。しかしLEGOは、大人をターゲットとした玩具を作成し、合わせて宣伝場所をFacebookや、YouTubeに変更しました。ターゲット層に合わせてアプローチ方法を瞬時に変えた点が、非常に優れています。

任天堂株式会社


ゲーム制作会社大手の任天堂も、Twitterを活用したマーケティングを実施しています。Twitterでは、もちろん直接ゲームを購入することも可能です。ゲーム関連商品は、特にSNS媒体と相性が良く、今後さらに活用する企業が増えていくと考えられます。また、任天堂はYouTube界でゲーマ系インフルエンサーとして知られる芸人を起用し、さらに効果的にマーケティングを実施していました。適した人材の起用、SNS媒体で全てが完結する連携など、見習う部分の多い成功事例です。

D2CとSNS連携の注意点

D2Cは、SNSや関連する事柄を連携させることにより、可能性を広げることができます。また、デメリットを排除することもできますし、より多くのメリットを得られる可能性もあるのです。D2CとSNSを上手く活用し、マーケティングを成功させるためにも、最低限の注意点だけ押さえておきましょう。SNS媒体を活用したり、関連するインフルエンサーを起用するデジタルマーケティングには、多くの注意点があり、押さえておくべきポイントが存在します。

それら全てを理解するのは、非常に難しく、変化の激しいデジタルコンテンツの世界では、専門企業でもない限りほぼ不可能と言えるでしょう。大切な事は、最低限覚えておくべき注意点を押さえ、難しい部分は専門企業に頼るなど、役割を明確にすることです。それではここから、D2C実施企業が押さえておくべき注意点、ポイントをご紹介していきます。注意点を理解したうえで、D2Cをどのように進めていくのか、専門企業にどの程度依頼するのか、考えてみましょう。

手軽

D2Cを行う際、ほとんどの場合インターネット上に、自社専用ページを作成します。それらをSNS媒体で拡散し、自社サイトへの流入及び購入を目指すのが主流です。SNS媒体を活用しD2Cを行う際は、あらゆる手続きが簡単になるように、配慮しましょう。例えば、SNS媒体から直接外部サイトへ移行できたり、可能であればSNS媒体の中で完結することが望ましいと言えます。

SNS媒体は、多くのことが手軽でありながら、それ以上の情報やコンテンツを消費者に与えることができ、圧倒的な支持を得るようになりました。つまり、SNSを活用しているにもかかわらず、手順が多かったり、やり方が複雑すぎるコンテンツは、受け入れられないということです。各SNS媒体では、外部サイトと連携をしやすいように、多くの機能が追加されています。それらを理解し、そして正しく活用していくように心がけましょう。

また、経由するサイト、使用するSNS媒体の数は、できるだけ少なくする必要があります。そもそも、多すぎる専用ページは管理が行き届かなくなりますし、各SNS媒体との連携に不具合が生じやすくなる恐れがあるのです。さらに、消費者の環境によっては、一部媒体を利用できなかったり、接続に時間を有してしまい、離脱率が上昇する恐れもあります。これからのマーケティングでは、シンプルでわかりやすいことを心がけましょう。

適切な運用

SNS媒体は、圧倒的知名度及び、拡散力を持っています。しかし、実店舗運営に劣る部分もあるのです。SNS媒体での宣伝行為では、商品に触れることができません。つまり、実際の体験ができないのです。実店舗を運営していれば、商品を手に取り、質感や色味、重量感など、様々な情報を体験し得ることができます。これらを数値化し、SNS媒体上でも表示することはできますが、実際の経験以上に多くの情報を得ることはできないでしょう。

触れた本人にしかわからない「なんとなく嫌」「なんとなく好き」といった情報も、得ることができないのです。そのため、SNS媒体のみでの宣伝行為は、消費者の不安を解消しにくいというデメリットがあります。使用者に大きく影響されるコスメやファッション関連は、より難しいと言えるでしょう。SNS媒体でマーケティングを行う際は、このような不得意とする部分を理解し、補う工夫をしなければなりません。

消費者の不安を解消するため、実際の採寸だけではなく、体型別の様子や、屋内外など違った場所での撮影、質感の感想など個人の意見を多数掲載するのも良いでしょう。この時、一般人の口コミを集め使用する方法もありますが、インフルエンサーを起用する方法もあります。一般人の口コミは、集まるまで時間がかかってしまったり、良質な物が少ないというデメリットがあります。インフルエンサーであれば、良質な意見はもちろん、消費者目線のリアルな意見も聞けるため、企業にとってメリットだと言えるでしょう。

適切な人材

D2Cの注意点は、拡散であり、それを補うインフルエンサーの選択です。多くの消費者に認知してもらうため、ある程度拡散力を持った人材でなければなりません。しかし、大きな拡散力、影響力を有したインフルエンサーの場合、芸能人や著名人以上の依頼コストが発生する恐れもあるのです。また、インフルエンサーは個人で活動していることも多く、依頼や契約に時間を有する場合もあります。

自社の特徴を理解し、適切な人材を選択するのは、容易ではないのです。そこでおすすめなのが、インフルエンサーの専門企業に依頼する方法です。SNSマーケティングを得意とするインフルエンサー専門企業は、いくつか存在しています。専門企業に依頼することにより、企業や商品の特徴、ターゲット層などに適したインフルエンサーを選択してもらうことが可能です。良質な企業であれば、さらに多くの要望を聞き、複数のインフルエンサーを選んでくれる場合もあります。

多くの実績があり、相談ツールや窓口が明確に設けられている企業を選択してみましょう。おすすめ企業は、コラボマーケティングです。確かな経験とノウハウ、それに見合った多くの実績を有した企業であり、料金体制も顧客に合わせ柔軟に対応することができます。

最新情報

SNS媒体を最大限に活用するためには、SNSの使用方法を理解しておく必要があります。SNSは、ただ何かしらの情報を掲載していればいいわけではありません。ユーザーはSNSで文言を検索し、必要な情報を収集します。つまり、ユーザーが検索するであろう文言に、ヒットする情報を掲載し続けなければ意味がないのです。日々、最新情報を盛り込んだ情報を発信し続ける必要があります。最新情報とは、時事ネタや流行などですが、使用するハッシュタグも含まれます。

ハッシュタグはSNSにおいて大変重要であり、日々変化するものです。そのため、マニュアル化できるものでもありませんし、常にリサーチし続ける必要があります。それらを正しく盛り込むと、拡散はもちろん、フォロワーも増加し、いずれ消費者自ら宣伝行為を無償で行ってくれるようになるのです。これが、SNSを活用したマーケティングの、理想的な形だといえます。企業が自ら自社商品をPRするのではなく、依頼しなくても消費者が進んで宣伝を行い、広がっていくことが理想的です。

そういった流れを作り出すためにも、SNSの情報発信では、最新情報を常に意識しておきましょう。インフルエンサーを起用した場合、こういった部分を考慮する必要もないため、運用が楽になります。インフルエンサーは常に最新情報を収集し、それらを適切に発信しているからこそインフルエンサーでいられるのです。そのため、企業が敢て多くの口出し、管理をする必要がなく、適切な発信を行ってくれます。

D2CとSNSマーケティングを上手く連携させ大きな成功を手に入れよう!

SNS媒体と正しく連携し、インフルエンサーなどを上手に活用することにより、D2Cの成功率は格段に上昇します。D2Cを成功させることができれば、これまで当たり前に発生していた仲介業者への多くの費用、宣伝コストなどを削減することができ、企業にとっても利用する消費者にとってもメリットとなるのです。

D2Cを安定稼働させるまでには、必要な準備もありますし、インフルエンサーの採用など、注意点も多々存在します。全てを自社だけで整えようとせず、それぞれの専門企業に頼ることも視野に入れておきましょう。マーケティングでは、スピード感も重要となります。見極めや役割分担を徹底し、効率的に効果的なマーケティングを作り上げてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA