SNS広告を出稿する効果・メリットと出稿費用

SNS広告について徹底解説!

SNSを利用している時、自分がフォローした覚えのないアカウントの投稿が目に入った覚えがあるという人も多いのではないでしょうか。実はSNSは自分自身がフォローしているアカウントの投稿の他に、自分の投稿内容やSNS以外のブラウザ検索のキーワードなどを参考に、興味がありそうな広告が表示されることも決して珍しくはありません。

消費者としては広告が邪魔だと感じることもある一方で、自分が興味があるジャンルなのに今まで手に入れることができなかった情報を手に入れられることもあり、SNS広告を閲覧するのは一長一短だと感じるケースも多いでしょう。では、企業としてはSNSに広告を出稿するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、Twitterも含めてInstagram、Facebook、LINEの4つのSNSへの広告のそれぞれの特徴や費用、広告を出稿することによって期待できるメリットや、出稿するだけではなくさらに広告の効果を上げるための方法を解説していきます。

SNS広告を出すことで期待できる効果・メリット

SNSの広告を出すことは、当然ながら無料で出来ることではありません。しかしながら、それにも関わらず多くの企業がSNSに広告を出し自社の存在感を消費者に対してアピールしています。では、そもそもSNSに広告を出すことにはどのような効果やメリットがあるのでしょうか。広告出稿によって期待できる効果とメリットにどのようなものがあるのかを解説していきます。

費用対効果が高い

SNS広告は出稿に対して費用がかかるものの、テレビや雑誌の広告と比べると非常に費用対効果が高いと言われています。4つのSNSの広告出稿に関してどの程度の費用がかかるのかは後程個別に解説していきますが、基本的にSNSの広告は成果によって費用が発生するケースがほとんどです。

すなわち「ユーザーの目に入った」あるいは「ユーザーが外部リンクに遷移した」などの特定の行動をすることによって、初めて料金が発生するのです。SNS広告はテレビや雑誌よりも多くの人の目にとまりやすく、さらに拡散力が段違いに高いという特性を持っているため費用も高くなってしまうと勘違いしている人も多いですが、むしろそれは全くの誤解で期待する効果が獲得できた場合にのみ費用が発生するので、非常にコスパが良い広告です。

もちろん費用が発生するタイミングだけではなく、出稿した広告が各SNSで表示される場所やタイミングなどもそれぞれのSNSの特性を活かして考案されているため、従来と同じ動画であってもテレビで動画を放映するよりもSNSで動画を再生させた方がユーザーに対する訴求力が高まると言われています。もちろんSNSをやっていないユーザー層に対する訴求力も無視はできないので全ての広告をSNSのみで展開することは現実的ではありませんが、今までテレビや雑誌にかけていた広告費用の半分でもSNSへの広告出稿に回すことによって従来以上の費用対効果が期待できることは間違いありません。

ターゲティングしながらプロモーションができる

SNS広告の出稿による費用対効果が高いのは、単にSNS広告の表示回数が多いからだけではありません。SNSに広告を出稿すると、出稿時点でユーザーのターゲティングが可能となるのです。従来のテレビ広告は放映する番組や時間帯でしかユーザーをターゲティングすることができず、雑誌広告に関しても掲載する雑誌を選ぶことでしかユーザーをターゲティングすることはできませんでした。

しかしSNSに出稿すると、それ以上の精度でユーザーのターゲティングをしながらプロモーションすることが可能になります。たとえば女性向けのコスメであれば女性ユーザーに表示されるのはもちろん、同じ20代女性であっても普段からコスメの情報を積極的に検索したりコスメブランドのアカウントを多くフォローしている20代女性に対して表示される回数が多くなるため、必然的に広告の訴求力を高めることができます。

さらに年代や性別だけでターゲティングを行うだけではなく、小まめに広告の出稿設定を変えることでシーズンに応じて広告を表示させる対象を変えることも可能です。たとえば女性向けのジュエリー広告などは、11月以降のクリスマスシーズンやバレンタイン以降のホワイトデーシーズンは女性だけではなくプレゼントを探している男性のアカウントにも表示させることより、競合他社よりも選ばれやすくすることができます。

このように、SNS広告は既に商品に興味があって積極的に情報を集めている人だけではなく、商品に関する基礎知識がないため広告が表示された段階ですぐに購入へと結びつくような層に対しても表示させる設定にすることで、いつも以上の効果を発揮させることも可能なのです。しっかりターゲティングを行えば行うほど、同じ予算であっても出稿した広告の効果を高めることができるでしょう。

Twitter広告について

ここからは個別に出稿した広告の特徴や、発生する費用に関して解説していきます。まずはTwitter広告の特徴や出稿費用について詳細に解説していきますので、Twitterアカウントを主に運用している企業はぜひ参考にしてください。

Twitter広告の特徴

Twitter広告の特徴は、なんといっても拡散力の高さにあります。Twitterに標準で備わっている「リツイート」という機能を使えば、誰でも簡単に自分が気に入った投稿をフォロワーに対して拡散することができます。広告に対してもリツイート機能を使用することはできるので、広告を見たユーザーによっては当初企業が想定していたよりも多くの人にプロモーションが可能になり費用対効果はますます高くなるでしょう。

Twitter広告といえばタイムライン上に表示されてリツイートや「いいね」などが可能な「プロモツイート」が最も有名ですが、それ以外にもおすすめアカウントの欄に表示される「プロモアカウント」や、トレンド欄に表示される「プロモトレンド」の合計3種類が存在しています。

プロモツイートは自社のアカウントをフォローしていないユーザーに対しても表示させることができるため、広告自体の閲覧回数を伸ばすことが可能な広告であると言われています。また、タイムライン以外でも広告に関する検索画面やアカウントのプロフィール下部に表示させることも可能なため、そもそも広告に対して潜在的なニーズを持つユーザーに視認される機会が増え、必然的にリツイートされる機会も高まります。Twitterに対して広告出稿を検討している場合には、まずプロモツイートを第一候補として考えるのがおすすめです。

プロモアカウントはアカウントの下部やおすすめユーザーの欄に表示されるため、フォロワー数を増やしたい時に効果を発揮する広告です。ユーザーが現時点でフォローしているアカウントと類似したアカウントが表示されることも多く、おすすめユーザーと同じ場所に表示されるため混同されてしまいがちです。プロモアカウントに出稿設定をする場合には、プロフィール画像などを整備してユーザーの興味を惹くような表示にしておくと良いでしょう。

最後のプロモトレンドは、表示が24時間と制限がある広告です。タイムライン上に存在している「おすすめ」の2番目や「トレンド」の1番目に表示される広告で、プロモツイートと比べて拡散力は低くなるもののイベントなどの宣伝に向いている出稿形式だと言われています。

Twitterの出稿形式はここで紹介した3種類ですので、プロモーションしたい内容や目的に合わせて出稿形式を選択するのが良いでしょう。

Twitter広告の出稿費用

Twitter広告に出稿した場合、基本的に費用はTwitterが定める目的を達成した時に発生する成果方式です。たとえばプロモツイートに動画を表示させている場合は、単にユーザーのタイムライン上にツイートが表示された段階ではなく、動画の再生段階に応じて金額が決定されます。動画が再生されて2秒が経過したもしくはユーザーがミュートを解除した段階で費用が発生するタイプもあれば、動画が再生されてから3秒以上経過した時に費用が発生するタイプもあるので、予算に応じて好きな方を選択する方ができます。

その他にも単にツイートがタイムライン上に表示された段階で費用が発生する方式を選ぶこともできますし、外部サイトへのリンクがツイートに含まれている場合にはそのリンクを使ってユーザーが外部サイトに遷移した時に初めて費用が発生するように設定することもできます。また、プロモアカウントのようにフォロワーの獲得を主な目的にして出稿している場合は、実際にフォロワー数が増えるまで費用が発生しないようなコスパが良い課金方式もあります。

さらにTwitter広告の優れている点は、プロモツイートが拡散された場合に無制限に課金されることはないという点です。企業が「タイムライン上に表示された段階で課金」という方式を選択していても、そもそもターゲットへの表示で費用は発生するものの、そのターゲットが自分自身のフォロワーたちにリツイートした場合には費用は発生しません。すなわち企業は数名のユーザーに表示することへの費用を払うだけで、あとは意図しない拡散によって想定よりも多くのユーザーにプロモツイートを表示させることも不可能ではないのです。SNS広告の出稿は従来通りのテレビ広告などと比べて費用対効果が非常に高いことが知られていますが、中でもTwitterの拡散力による費用対効果は驚くべきものであると言えるでしょう。

また、Twitterの広告としては事前に予算を設定しておいて上限に達するまで表示させる成果報酬以外にも、月ごとに固定費用を支払うことによってプロモーションされる方式もあります。月額9,900円の費用を支払うことによって、1日の中でツイートしたものの中から自動的に1つのツイートがプロモツイートとして選ばれるオートツイートは、月額固定費用のTwitter広告としては最も有名なものです。これは固定の費用がかかったり全ての投稿のクオリティをある程度担保しなければならないというデメリットこそあるものの、自動でプロモツイートに選ばれるということで非常に高い宣伝効果が期待されています。Twitter広告をとりあえず始めてみたいという場合には、こちらを選択してまずはアカウントの知名度を上げていくのも良いのではないでしょうか。

Instagram広告について

インフルエンサーの活躍も目覚ましく、現代においてSNSマーケティングを行う際に最も効果を発揮すると言われているSNSがInstagramです。若年層が主なユーザー層であると思われがちなInstagramですが、最近では企業がインフルエンサーマーケティングを始めとして様々な施策をInstagramで行っていることもあり、幅広い年齢層が利用しているSNSとして知られています。そんなInstagramの広告を出稿した場合の特徴と必要となる費用について確認してみましょう。

Instagram広告の特徴

その他のSNSと比べても圧倒的に女性ユーザーの割合が高く、特に女性の中でも若年層の女性に向けた訴求力が高いのがInstagram広告です。必然的にグルメやスイーツ、コスメやファッション、観光業界に属する企業の利用率が高いため、広告自体も華やかな写真の利用が多くなります。そのため既にInstagram以外のSNSで広告出稿をした経験を持つ企業であっても、Instagram広告に新たに参戦する場合には画像や動画の準備など新たなノウハウの構築が必要になるでしょう。

Instagram広告はTwitter広告ほどの拡散力はありませんが、Instagramの機能であるストーリーズやハイライトを利用することによって広告一つ一つのプレミア感を高め、ユーザーに対する訴求力を高めることが可能です。特にInstagramストーリーズを使った広告手法はストーリーズ同士の間に差し込まれるため、ユーザーに「広告を見ている」という意識を抱かせづらいといったメリットがあります。

SNSを見ている若年層の中には「テレビの情報は企業の意図が透けて見えるから見たくない」や「芸能人が愛用しているといっても、どうせ広告のために数回使っただけ」など企業が主導する広告に対して反感を抱いている人も珍しくはありません。だからこそ芸能人よりインフルエンサーが活躍することが多いInstagramなどのSNSの価値が高まるのですが、そうしたユーザーに対してはSNS上の広告も企業価値を下げてしまう要因となりかねません。

しかし、このInstagramストーリーズ内に差し込まれる広告であれば、ユーザーに対して嫌悪感を抱かせることなく自然に企業の存在感をアピールしたり、商品の価値をアピールすることが可能になるでしょう。まさに一種のサブリミナル効果とも呼ぶべき手法によって、自然とユーザーに自社を意識させることができるのです。ストレスなく自然に広告を見せることができるため、Instagramに広告出稿する場合にはInstagramストーリーズの活用がおすすめです。

Instagram広告の出稿費用

Instagramの広告もTwitterと同じように成果によって費用が決まる成果方式です。予算も事前に設定できて、設定した予算を達成した場合は自動的に広告表示が停止されるため予算を超えた費用が勝手に加算されることはありません。さらに予算自体も100円単位から100万円といった広いスパンで設定することができるため、状況に応じて柔軟に出稿の頻度を変更することが可能です。

Twitterの場合は「動画を3秒再生させる」や「外部サイトに一人のユーザーが遷移する」、「一人のユーザーがフォロワーにツイートを拡散させる」といったことが課金の条件になっていましたが、Instagramの場合は「広告のクリック」、「アプリのインストール」といった一度のアクションによって料金が発生するものの他に「広告が1,000回表示されるごとに料金が発生」や「動画の再生数が合計10秒になることで料金が発生」のように全てのユーザーの行動の合計値によって料金が発生するものもあります。

それぞれ料金が発生するタイミングが異なるためInstagramに初めて出稿する場合にはどの程度の予算を組めば良いのか悩む人も多いですが、基本的には月に10万円を一つの目安として予算を組むのがおすすめです。月に10万円の予算を組んでおくことによって広告に対するユーザーの反応を見ながら投稿内容を変えることもできるでしょう。従来のテレビや雑誌の広告では、一度出稿してしまうと消費者の反応が期待よりも悪くても簡単に変更することはできませんでしたが、Instagramを始めとするSNS広告は消費者の反応を見ながら任意のタイミングで更新することができるというメリットもあります。期待する効果やそもそもの予算、商品やサービスへの期待度によっても変わってきますが基本的には月の予算は10万円としてユーザーの反応を見ながら適宜更新していく方法を取るのがおすすめです。

Facebook広告について

SNSの中でもFacebookは本名で登録して利用するのが基本とされているため、その他のInstagramといった匿名性の高いSNSとは利用方法が異なるというユーザーも少なくはありません。Facebookを利用する際には本名を登録するだけではなく、自分自身や家族の顔写真を掲載したり、あるいは自分の出身校や現在の勤め先を公開して知り合いとコミュニケーションを取っている人も多いでしょう。では、そうした匿名性が低く昔からの友達とのコミュニケーションを取ることも多いFacebook広告について解説していきます。

Facebook広告の特徴

Facebookに登録している人は、基本的に自分自身の本名で登録しているだけではなく年齢や住んでいる地域なども正直に登録しているケースが多いと言われています。そのため、必然的にFacebook広告自体も他のSNS広告と比べてターゲティングの精度が高くなります。

たとえば新築マンションについてブラウザ検索を行った場合、Facebookを始めとするSNSの広告にもマンション購入に役立つ内容が増えてくる場合があります。しかしFacebook以外のSNSは新築マンションであれば遠い地域の新築情報を提示してくる場合もありますが、Facebook広告の場合は一度でも広告をクリックする前から住んでいる地域の情報をピンポイントで提供してくれます。さらに同じようにマンションを探していても、20代の夫婦が探すマンションと50代の夫婦が探すマンションは立地や設備の面で異なることも少なくはありませんが、Facebookは最初からそれぞれのユーザーに即した情報を広告として提供することができます。

もちろんFacebook以外のSNSでも、ユーザーの興味関心によって表示される広告が変わっていくので最初は日本全国のマンションの情報を提供していた場合でも、ユーザーが関東地域の情報を積極的にクリックしていることが分かれば徐々に制度の高い広告を提供することも不可能ではありません。しかしながら、Facebookはそのような過程を経ずに最初からダイレクトにユーザーニーズに即した広告を提供できるというメリットがあるのです。

広告の精度が高いということはユーザーとの親和性が高くなり広告効果が高くなるだけではなく、広告は表示されることによるユーザーのストレスも軽減されることによって広告が非表示にされてしまうリスクを減らすこともできます。Facebookに限らずTwitterやInstagramでも第三者が提供するサードパーティーアプリを利用することによってデフォルトで表示される広告を見えないようにしながら利用することができますが、最初から精度が高くストレスの少ない広告を表示するようにしておけばそのようにユーザー側で広告が遮断されてしまう事態をある程度防ぐことができるでしょう。

Facebook広告の出稿費用

Facebookの広告にはインプレッション課金とクリック課金の二種類があります。インプレッション課金は、ユーザーのホーム画面に広告が表示された時点でユーザーが特に広告に対するアクションをしなくても課金対象となる方式です。しかし、一度表示されただけで毎回課金対象となるだけではなく、1,000回表示されることによって初めて広告費用が発生します。

Instagramの項目で紹介した方法と同じ課金方式なので、とにかく広告の表示回数を増やして商品やサービス、あるいは企業の認知度自体を高めたい時に積極的に利用していきたい課金方法です。もしくは広告が非常に効果的でありかなり多くのクリック数が見込めることが出稿前から分かっている場合は、敢えてインプレッション課金を選択してクリック数が伸びても広告料金を低く抑えるテクニックを使うのも良いでしょう。

もう一つのクリック課金は、その名の通りクリック数に応じて広告費用が増えていく方式です。ユーザーが反応しなければどれだけ表示されても費用が発生することはない一方で、クリック数が増えれば増えるほど料金はどんどん高くなってしまうというデメリットがあります。課金方式としては非常に分かりやすいのですが、その分予算がかかってしまう恐れがあります。先ほどのインプレッション課金の項目で触れた通り、出稿前から既に反響が大きくクリック数が伸びることが予想される広告に関しては、敢えてインプレッション課金を選択して広告にかかる費用を抑えるのがおすすめです。

LINE広告について

「SNS」というと、InstagramやFacebookのように企業が情報を発信するだけではなく一般のユーザーも好きなタイミングで情報発信ができるツールのことを指すと認識している人も多いのではないでしょうか。ですが、実はSNSはそもそも登録した会員同士が交流できるサービスのことを意味します。そのためLINEのように情報発信ではなく連絡ツールとして使われているものもSNSの一種だと定義することが可能でしょう。では、そんなLINE広告はどのような特徴があり、どのような使い方をされているのでしょうか。最後にLINE広告について確認していきましょう。

LINE広告の特徴

LINEは友人との連絡ツールとして使っている人も多いため、自然とTwitterやInstagramなどよりも見る機会が多くなりがちです。そのためLINE広告に出稿することで、必然的にその他のSNSに出稿するよりもユーザーの目に留まる可能性が高くなります。年代や性別に関係なく、老若男女問わず使っているSNSであるためアクティブ率も高く従来のテレビ広告のように広い範囲のユーザーに対して訴求力を発揮することができるでしょう。

一方その反面、LINEもFacebookのようにサービスの利用を開始する際にある程度のユーザー情報を登録する必要はあるものの、Facebookほどの精度でターゲティングをすることはできません。そのためユーザーにとってみると自分では必要がないと感じる広告が表示されることもあり、ストレスになってしまう場合もあるでしょう。しかしLINEの場合はTwitterやInstagramと比べてサードパーティーアプリがほぼ存在していないため、ユーザーが広告をストレスに感じたとしても非表示にされるリスクはそこまでないと考えることも可能です。

そのためLINE広告に出稿する際にはニッチな層に向けた広告ではなく潜在的なものも含めてニーズを持っている層が多いと考えられる商品やサービスに関して出稿するのがおすすめです。従来の広告手法であるテレビCMや電車の中づり広告のようなイメージで出稿していくことで効果を実感しやすくなります。

LINE広告の出稿費用

LINE広告の課金方法も、先ほどFacebookの項目で解説したものと同様にインプレッション課金とクリック課金の2つの課金方法から任意に選ぶことが可能です。費用を抑えたい場合にはクリック課金を選択する企業も多いですが、ただしLINEに限らずクリック課金はユーザーの誤捜査であっても表示された時点で費用が発生してしまうケースもあるので当初の想定よりも余裕を持って予算を用意しておく必要があります。

また、LINE広告の場合はインプレッション課金の方が費用対効果が高いという説もあります。一般的にインプレッション課金というと表示された時点で課金されるタイプの広告のことをいいますが、LINE広告の場合はスマホ画面上で動画の枠が100%表示された状態ではない限り「インプレッション状態」とは見なされません。すなわちユーザーが意図せず99%表示された状態で動画を視聴している場合、企業としては十分な情報をユーザーに対して発信しながらも広告としては費用が発生しないため支払いの必要がなくなるのです。

必ずしも全てのユーザーが99%以下の状態で動画を視聴するわけではありませんが、動画の構成によっては全てを表示させなくても情報伝達の役割を果たせる動画を作ることも可能でしょう。できるだけ広告にかける費用を抑えながらも十分な費用対効果を得たいと考えているのであれば、LINE広告におけるインプレッション状態を意識しながら広告用の動画を作ってみるのも良いのではないでしょうか。

SNS広告の効果をさらに上げる方法

Twitterも含めるとSNS広告への出稿はそれぞれのSNSの特性を活かして様々な広告手法を活用していくことができます。拡散力が高く企業の想定よりも多くのユーザーに対する訴求力が期待できるTwitter広告Instagramストーリーズに出稿することでユーザーに対してストレスを与えることなく自然に啓蒙できるInstagram広告登録時の個人情報を元にターゲティング精度の高いプロモーションが可能となるFacebook広告アクティブ率の高さを活かして従来のテレビ広告のように幅広い年代層に対する訴求力を持つLINE広告と、それぞれ宣伝したい商品やサービスの内容によって使い分けることで、より一層SNS広告の効果を高めることができるでしょう。

ですが、それだけではなく実はそれ以上にSNS広告の効果を高める方法が3つ存在しています。従来の広告手法と比べると費用対効果が非常に高いSNS広告ですが、それをさらに高める方法を最後に確認していきましょう。

事前にしっかりターゲティングする

SNS広告の最大のメリットといえば、多くのユーザーに対して広告を提示するのではなく本当にその広告に対して興味を持ち、広告を見た後で実際にアクションを起こしてくれそうなユーザーを選定してプロモーションができる点にあります。しかしながら、ターゲティング精度の高いプロモーションを行うためには、事前に商品やサービスのターゲットとなる層をしっかり見極めておかなければなりません。

市場分析の段階で市場をしっかりセグメント化し、どのユーザーに広告を届ければ効果が実感できるのか、そして広告を届けたいユーザーはどのようなSNSを主に利用しているのかといったことを考えなければ、いくらSNS広告を利用しても精度の高いプロモーション活動を行うことはできません。

単に広告を設定するだけではなく、SNS広告を活用する際には新商品や新サービスをリリースする時のような市場分析が必須となるのです。新商品ではなく既に上市されている商品やサービスを改めてプロモーションする時は忘れてしまいがちですが、SNS広告を成功させるためにはなによりも市場のセグメント化から始まる市場分析やターゲット層の行動分析が必要になることは覚えておかなければなりません。

設定はできるだけ細かく行う

ターゲティング精度の高いSNS広告といえばFacebookですが、もちろんFacebook以外のSNSでもユーザーの投稿内容やフォローしているアカウントから精度の高いプロモーションを行うことが可能です。SNS広告を出稿する際には、どのSNSにおいてもユーザーの住んでいる地域や性別、年代や普段の投稿内容などを企業側でフィルタリングすることによって、本当に広告を届けたいユーザーに対してのインプレッション数を上げることが可能になります。

SNS広告を成功させるためには市場分析やユーザーの行動分析が非常に重要なのは先ほど解説した通りですが、それだけではなく広告出稿時の設定に関しても細かく行わなければなりません。もちろん細かく設定しすぎてしまうとそもそも広告のインプレッション数が伸びずに終わってしまう恐れはありますが、少なくとも年代や性別といった基本的な設定は行いながら商品やサービスの内容によって表示させるユーザーを厳選していく必要があるでしょう。

特にインプレッション課金方式で行う場合、設定を細かく行わなければいたずらに費用がかさむだけで期待しているほどの広告効果は実感できないというケースに陥ってしまう恐れがあります。市場分析をしてターゲティングした結果を元にしながら、どのような層の消費を想定しているのか、どの層であれば広告の費用対効果がさらに高まるのかを考えながら表示させるユーザーを設定していくようにしましょう。

自社アカウントの投稿内容も精査する

SNS広告は非常に細分化されているので、広告によっては外部サイトへの遷移を期待する広告もあればアプリのダウンロード数を増やす広告もあります。また、単にアカウントのフォロワー数を増やすことを目的としている広告もあるでしょう。しかしいずれの場合でも、自社が既に運用しているアカウントの投稿内容も精査しておく必要があります。フォロワー数を増やしたい場合を除き、SNSの広告運用をする段階では自社アカウントはおざなりになってしまうケースも少なくはありませんが、それではせっかくSNS広告を見て自社に対する興味を持ってくれたユーザーがいても逃してしまう恐れがあります。

価値の高い写真や動画で広告の費用対効果を高めるのと同時に、広告を見て自社アカウント自体に興味を持ってくれたユーザーをフォロワーにできるように自社アカウントの投稿内容を精査しておくと良いでしょう。そうでなければ、せっかくの広告も効果が半減してしまう恐れがあります。

投稿内容を精査する段階ではそれぞれのSNSにふさわしい頻度で更新されているかといった点や、SNSのユーザーが求めるようなクオリティの情報が投稿されているかといった点に着目することが重要です。その他にも、SNSのフォロワー限定の割引キャンペーンなどを定期的に行っていることで、消費を検討しているユーザーがフォロワーになってくれる可能性もあります。

さらに、そうしたアカウント自体の投稿内容に加えてインフルエンサーを起用することもフォロワーの増加に役立ちます。インフルエンサーというとInstagramでの活躍が多いと勘違いしている人もいますが、実はインフルエンサーは現在ではTwitterも含めて様々な場で活躍をしています。そうした人たちに自社の商品やサービスを紹介してもらい、それを自社アカウントでリツイートやシェアをすることによって、投稿内容のクオリティも高くなりますしインフルエンサーのファンを自社アカウントのフォロワーにすることも期待できるでしょう。

市場分析とユーザーの行動分析をしっかり終えた後は、ターゲティングされた層に対する影響力を持つインフルエンサーを起用することによってユーザーとの親和性を高めることもおすすめです。

企業はSNS広告を活用して、広く知名度を上げよう!

SNS広告は、Twitterも含めると様々なSNSがあり特性に応じて使い分けることが非常に重要です。しかしながら、それぞれのSNSのユーザー層や行動を把握することによって、従来よりも予算を削減しながら高い効果を得るローコストハイリターンが可能になります。企業としては、ぜひアカウントを作成して運用しながら効果の高いSNS広告を活用して知名度を上げていきましょう。

また、記事内でも触れましたがアカウントのフォロワーを増やしたりそもそもアカウントの存在感自体を増したりするためにはインフルエンサーの起用が非常に効果的です。ターゲット層に対して親和性の高いインフルエンサーを起用するためには、インフルエンサーマッチングサービスである「トリドリマーケティング」のノウハウを借りることで、インフルエンサーの選定だけではなく起用方法に関してもプロの専門家の助言を得ることができます。Instagramに限らずインフルエンサーの起用を考えている場合は、ぜひご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA