【2020年版】クリスマスのSNSキャンペーン事例10選

一大イベントのクリスマスはSNS活用におすすめ!

一年の中には色々なイベントがありますが、その中でも特にクリスマスを楽しみにしているという人も少なくはないのではないでしょうか。クリスマスは街中がキラキラと綺麗に飾り付けられ、イルミネーションを見に遠出をしたり、クリスマス限定のマーケットなども各地に出店されるため、必然的に他の月に比べて消費者の消費行動が促進されます。

企業としてもクリスマス限定の商品を出す企業も少なくなく、一年の総決算時期だと認識している企業も多いのではないでしょうか。イルミネーションの設置などでSNSに写真を投稿する人も増えるので、いわゆる「インスタ映え」するような店内や商品を用意することによって来店する消費者数を大きく増やすことも不可能ではありません。普段は決まった顧客しか訪れない店においても、プレゼントを探すことによって普段とは全く違う客層が訪れるため、新しいファンを獲得することができるチャンスでもあります。

なぜクリスマスはこのようにSNS活用も含めて大きな盛り上がりを見せるのかといった理由や、実際のクリスマスにまつわるSNSキャンペーンの実例、クリスマスに企業がキャンペーンを行うメリットについて解説していきます。クリスマスシーズンのSNS活用の参考にしてください。

クリスマスが大きく盛り上がる理由

クリスマスといえば、子どもの頃から盛り上がり一年の中でも一番楽しみにしている人が多いイベントです。では、そもそもなぜクリスマスはそんなにも盛り上がるのでしょうか。クリスマスはバレンタインやハロウィンなどといった他のイベントとどのような点が違うのか、まずはクリスマスが大きく盛り上がる理由を確認していきましょう。

世界的に盛り上がりやすいイベント

そもそもクリスマスは世界的に盛り上がりを見せやすいイベントです。日本人だけが盛り上がりを見せるのではなく、日本に住んでいる在日外国人も一緒に盛り上がります。お正月やお彼岸といった日本独自のイベントは日本人の消費しか増えないことも少なくはありませんが、クリスマスの場合はむしろ日本人より外国人の方が盛り上がるといったケースも見られます。

当然ながら、国内の需要が高まり消費額が増えるだけではなく国外から個人輸入などを行い消費する人も出てきます。さらに海外のセレブや芸能人がSNSに投稿した写真を見て、自分も真似したいと思い日本で類似商品を買う人もいるでしょう。日本国内のインフルエンサーだけではなく海外のインフルエンサーも影響力をいつも以上に強めることができるのがクリスマスというイベントの特徴なのです。

男女ともにプレゼントを購入する

さらに日本におけるクリスマスといえば、プレゼント交換が行われるのが一般的です。このプレゼント交換も、誰もが参加することによって消費額が他のイベントに比べて大きくなります。

たとえば日本ではバレンタインも大きく盛り上がるイベントとして知られていますが、バレンタインの場合は女性から男性に向けてプレゼントやチョコレートを買うのが一般的です。また、最近ではハロウィンも盛り上がるイベントとして認知度を高めていますが、消費額としては大人が子どもに向けたお菓子を購入したり仮装のための衣装を購入したりといった程度でそれほど消費額が増えることはありません。

その点、プレゼントを購入する人が多いクリスマスが他のイベントよりも盛り上がるのは自然なことだと考えることができるでしょう。実際、クリスマスの一ヶ月くらい前からは男性向け・女性向けを問わずたくさんのプレゼントにまつわる広告が新聞や雑誌、テレビやSNSに掲載されるため自然と消費意欲が刺激されます。

大人も子どもも参加しやすい

また、クリスマスは性別を問わずプレゼントを購入するだけではなく年代を問わず参加できるイベントという点も盛り上がる理由の一つだと考えることができます。バレンタインの場合は思春期以降の女性、あるいは独身の女性を中心に盛り上がりますがクリスマスの場合は親から子どもにプレゼントを購入するケースもあれば、子ども同士でクリスマス会を開きそこで行われるプレゼント交換会用にプレゼントを購入するケースもあります。さらに大人同士に仲の良い同性と集まってクリスマス会を開いてプレゼント交換をすることもあれば、夫婦でプレゼント交換をするということもあるでしょう。

バレンタインの場合は比較的狭い年齢層の女性、またハロウィンの場合は仮装に関心のある人のように消費者層が限定されがちなのに比べて、日本におけるクリスマスは老若男女問わず盛り上がるイベントとして知られています。大人が購入するプレゼントに比べると子ども同士の交換に使われるプレゼント単価は低くなりがちですが、その分購入数が増えるため企業としても幅広い年代に向けた広告を打ち出す必要があり、必然的にクリスマス前の広告の数も増えてそれが理由でさらに盛り上がるという循環を生み出すこともあります。

自分へのご褒美として購入する人も

日本におけるクリスマスプレゼントの購入というと、恋人同士でプレゼントを購入したり大人が子どもに向けたサンタさんとしてのプレゼント購入を連想する人も多いかもしれません。もちろん消費の割合を見るとそうした消費の割合が最も多くなっていますが、実はクリスマスはそれ以外にも自分への一年を通したご褒美として購入する人もいます。

誰かへのプレゼントを選んでいる時、自分が欲しいものを見つけてしまった経験を持っている人も少なくはないでしょう。そういう時、一般的には自分の誕生日など購入する機会が巡ってくるまで待つという人も多いですがクリスマスの場合は待つわけにはいきません。数量限定の商品も多ければ、そもそもクリスマス時期限定て販売されていることも多く時期を逃すと手に入らなくなってしまう商品も少なくはないのです。

そのためクリスマスプレゼントを選んでいる際にどうしても自分が欲しいものを見つけると、普段は我慢する人でも「自分向けの一年のご褒美」という口実によって買う人が増えると言われています。誰かに向けたプレゼントとしてだけではなく、自分向けの購入量も増えるためクリスマスが盛り上がるのは必然的だと言えるでしょう。

年末商戦と時期が被りセールも多い

最後に、クリスマスが盛り上がるのは商業的な理由も関係しています。クリスマスの商品購入が活発になる11月下旬~12月中旬という時期は多くの日本企業のボーナス支給時期と一致します。そのためボーナスが支給されてすぐに普段は買わない高額な商品を購入する人もいれば、そもそもボーナス自体が支給される前にクレジットカードのボーナス払いなどの機能を活用して購入する人もいます。

当然ながら多くの企業もそうした消費者の行動特性は把握しているので、クリスマス時期に合わせて早めに年末セールを始めるなど消費行動をますます促進させるようなイベントを企画します。そういったこともあり、クリスマスは時期的にも消費行動が盛り上がりやすい時期なのです。

クリスマスのSNSキャンペーン実例を10個紹介

上記で紹介した理由により、クリスマスは企業が積極的に働きかけなくても自然と消費者の消費行動が盛り上がりやすい時期です。しかしながら、単に自然発生的に盛り上がる消費行動を待っているだけでは、平月に比べて売上額はアップしても競合他社に大きく差をつけられてしまうでしょう。

そのため、企業はクリスマス時期が近くなってくるとSNSを含めて様々なキャンペーンを開催することによって盛り上がる消費行動をさらに盛り上げて消費行動を促進させようとします。では、実際のクリスマスキャンペーンにはどのような例があるのでしょうか。実際に企業が行っているSNSキャンペーンの実例を10個紹介していきます。

【Instagram】ARTIDA OUD

 

この投稿をInstagramで見る

 

—— CHRISTMAS PRESENT CAMPAIGN —— ARTIDA OUDから贈る、クリスマスプレゼント💫 2019年11月9日(土)~11月27日(水)までの期間、@artidaoud 公式インスタグラムにて、クリスマスプレゼントキャンペーンを開催いたします。 ※好評につき前倒しでの終了とさせて頂きます。 <応募方法> ① Instagram公式アカウント「 @artidaoud 」をフォロー ② 11月9日(木)~11月13日(水)期間中のPRESENT対象5投稿の中から、欲しいジュエリーに「いいね!」 ③ 「いいね!」をして頂いた投稿のコメント欄に1言メッセージを添える。 メッセージはARTIDA OUDのスタッフ全員がひとつひとつ丁寧に読ませていただきます。 ↓ ご参加いただいた皆さまの中から抽選で合計38名様に「いいね!」をして頂いた画像のジュエリーをプレゼントいたします。 <プレゼント商品 C🎁> “elafonisi” small white opal pave diamonds ring 28,600yen (with tax) ※本日投稿のリングをご希望の方は、7・9・11号の中からサイズをセレクトし、コメントに入れて頂けると幸いです。 *既にフォローいただいている方も対象の投稿に「いいね!」で抽選参加となります。 *複数投稿への「いいね!」もOKです。 *期間は、2019年11月27日(水) 23:59まで。 <当選発表> 厳正なる選考の上、12月3日(火)に当選者の方にのみインスタグラムのダイレクトメッセージにてご連絡し、商品の発送をもって当選に代えさせていただきます。また、商品の発送は12月末を予定しておりますので、予めご了承くださいませ。

ARTIDA OUD/アルティーダ ウード(@artidaoud)がシェアした投稿 –


女性向けのジュエリーを多数取り扱っているアルティーダ ウードのクリスマスキャンペーンは、Instagramの公式アカウント「@artidaoud」をフォローし、期間中に投稿される対象の5つのジュエリーの中から欲しいジュエリーに対して「いいね!」のアクションを行い、コメントを残すことによって抽選で合計38名にジュエリーをプレゼントするというキャンペーンです。

クリスマス時期にジュエリーを購入するのは平月と比べて圧倒的に男性が増えると言われていますが、現在ではSNSを中心にこのアルティーダ ウードのように女性向けのキャンペーンを企画する企業も増えています。このキャンペーンは、自分向けのプレゼントを購入したいものの他の人に対するプレゼント購入額が予算をオーバーしてしまい、なかなか余裕がない女性をターゲットにしているタイムリーなキャンペーンだと言えるでしょう。

さらにSNSキャンペーンというと基本的には投稿に対する「いいね!」やシェアだけで終わることも多い中で、このアルティーダ ウードのキャンペーンは投稿に対するコメントも参加条件に組み込んでいます。こうすることによって、商品に対する消費者のコメントを自然と手に入れることができるというメリットがあります。消費者の意見を聞くための方法としてはクーポン券を配布するアンケートなども知られていますが、このように自然な手段でコメントを促すのも一つの方法として知っておくと良いでしょう。

【Instagram】よつ葉乳業

 

この投稿をInstagramで見る

 

. よつ葉の乳製品詰め合わせが当たる♪ #よつ葉のクリスマス2019 プレゼントキャンペーンは12月26日(木)まで! たくさんの素敵な投稿ありがとうございます♪ まだまだ投稿を募集していますので、よつ葉製品とクリスマスグッズを一緒に撮影した画像をインスタグラムにて投稿をお待ちしています。 ハッシュタグ「#よつ葉のクリスマス2019」をつけるのをお忘れなく♪ 投稿していただいた方の中から、抽選で30名様に「よつ葉の乳製品詰め合せ」をプレゼントいたします! 応募は簡単4ステップ★★★★ ①よつ葉乳業製品を手元に用意 ②よつ葉乳業製品とクリスマスにちなんだ物を一緒に撮影 ③ハッシュタグ「#よつ葉のクリスマス2019」をつけて②をInstagramに投稿 ④よつ葉乳業Instagram公式アカウント「@yotsuba_milkproducts_official」をフォロー <投稿期間> 2019年12月2日(月)~12月26日(木) <プレゼント内容> 抽選で30名様にプレゼント ★よつ葉製品セット ・よつ葉パンにおいしい発酵バター ・よつ葉パンにおいしいはちみつ&バター ・よつ葉のバターミルクパンケーキミックス ・よつ葉北海道十勝100ゴーダ ・よつ葉北海道十勝100チェダー キャンペーンの詳細は、プロフィールのURLからアクセスできる「よつ葉のクリスマスキャンペーン2019」特設ページでご案内しています♪ 応募期間はクリスマスの翌日、12月26日(木)まで。残り1週間、たくさんのご応募をお待ちしています! #よつ葉乳業 #よつ葉 #北海道 #酪農 #よつ葉のむヨーグルト #のむヨーグルト #ドリンクヨーグルト #とろっと濃厚 #キャンペーン #クリスマスキャンペーン #クリスマス #クリスマス雑貨 #クリスマス飾り #キャンペーン情報 #抽選 #応募 #プレゼント #よつ葉のクリスマス #よつ葉のクリスマス2019

よつ葉乳業公式(@yotsuba_milkproducts_official)がシェアした投稿 –


よつ葉乳業のSNSキャンペーンは、既に紹介したアルティーダ ウードのようなプレゼントキャンペーンとは少々異なります。よつ葉乳業のSNSキャンペーンに参加するためには、よつ葉乳業の公式アカウント「@yotsuba_milkproducts_official」をフォローした上で、よつ葉乳業の商品を購入しクリスマスにちなんだものと一緒に撮影し、その写真を「#よつ葉のクリスマス2019」というハッシュタグを付けて投稿する必要があります。その上で、参加者の中から抽選で30名にバターやパンケーキミックス、チーズといったよつ葉乳業の商品セットが当たるというのがキャンペーンの内容です。

すなわち、SNSキャンペーンの参加のために最低でも一つはよつ葉乳業の商品を買う必要があるため、よつ葉乳業としてはキャンペーンを企画するだけで売上額がアップすることが期待できます。さらに商品の内容もクリスマスケーキ作りに使いやすいバターやパンケーキミックス、ワインのおつまみに適しているチーズなど季節感を取り入れた商品を選定することによって、さらに消費者のキャンペーンへの参加意欲をかきたてることにも成功していると言えるでしょう。

通常、企業が企画するSNSキャンペーンというと単にフォローやシェアによるプレゼント抽選を通してアカウントの知名度をアップさせることを目的としている場合が多いですが、このよつ葉乳業のように知名度をアップさせるだけではなくキャンペーンを機に売上額自体をアップさせる方法を選択することもできます。他の企業とは違う好事例として覚えておくのも良いのではないでしょうか。

【Instagram】メイクユアデイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

\フォロー&いいねで/ 10,000円分のこども服プレゼント🎄 . クリスマスまであと少し🔔 こども服メイクユアデイ(@makeyourday_official )から、冬をオシャレに楽しめるこども服を10,000円分プレゼント🎁💓 . アウターやニットなど、お子さまにぴったりの新作こども服をMYDサンタ🎅が詰め合わせて、クリスマスにお届けします♡ . ☑️応募方法 ・@makeyourday_official をフォロー ・この投稿にいいね!👍 ・ご希望の洋服サイズをコメント欄に記入して完了! . スクショor リポストで当選率2倍💓 @makeyourday_official と#mydサンタ をタグ付けしてね📝 . ☑️応募締切 本日〜2019/12/10まで . ☑️応募資格 ・当選後にInstagramでご紹介いただける方 ・過去にご応募下さった方も大歓迎です♡ . ☑️当選発表 DMでご連絡いたします📩 . たくさんのご応募お待ちしております😆✨ . . #メイクユアデイ #makeyourday #フィクスラボ #子供服 #こども服 #プレゼント企画 #プレゼントキャンペーン #プレゼント企画開催中 #いいねキャンペーン #キャンペーン企画 #インスタキャンペーン #キャンペーン #モニターキャンペーン #モニター募集中 #クリスマスキャンペーン #クリスマス企画 #クリスマスプレゼント #🎄 #🎅 #🎁

メイクユアデイ オフィシャル(@makeyourday_official)がシェアした投稿 –


子ども服を販売しているメイクユアデイが企画したSNSキャンペーンは、年末年始にかけて忘年会などの出費が増え家計の負担が増えている親世代に対してメリットの大きいキャンペーンです。キャンペーン内容は公式アカウントの「@makeyourday_official」をフォローし、投稿に「いいね!」をしてコメント欄にほしい子ども服のサイズを記入することで、10,000円分という高額な子ども服セットが当たるというキャンペーンです。フォローと「いいね!」だけという簡単な応募条件に対して、10,000円というプレゼントの額は非常に魅力的なものであることが分かるでしょう。

さらにメイクユアデイは、通常の応募方法だけではなくスクショやリポストを行いハッシュタグ「#mydサンタ」を付けて投稿することによって当選確率が2倍になるという告知も行っています。また、当選後にはInstagramで当選したことを紹介するように要望もしていて、キャンペーンを通して大きく知名度をアップさせようとしていることが分かるでしょう。

そもそもSNSキャンペーンは基本的に企業が知名度をアップさせるために行っていることが多いものですが、このメイクユアデイのように、キャンペーン企画としては破格とも言える値段の景品を用意しておくことでさらにその効果を倍増させることができます。競合他社が多い業界においては、このような手法で差別化を図るのも推奨されています。

【Instagram】ONDE化粧品

 

この投稿をInstagramで見る

 

#プラントピュール#通販サイト 、 、 12月16日から25日までの間、 ONDE化粧品通販サイトにて クリスマスキャンペーンとして ONDE化粧品基礎3点を ご購入のかた 先着10名様に ぬるだけ(6,600円税込)を 1本プレゼント致します🎵 . 今年最後、かなりお得な キャンペーンになっています😆 . ご注文は16日から受けたまります✨ . . 🎵 . #ONDE化粧品 #テラヘルツシリーズ #通販サイト . . 毎日、使用しても 安心、安全、優しい 基礎化粧品はこちらから ご購入出来ます🎵 🔻🔻🔻🔻🔻🔻 . @plantpure_onde . . #プラントピュール #コレダケ #クレンジング #洗顔 #ビセイスイ #化粧水 #ぬるだけ #万能美容液 #クリスマスキャンペーン #プレゼント #日々のケア #素肌 #保湿

(株)プラントピュール(@plantpure_onde)がシェアした投稿 –


ONDE化粧品が行っているSNSキャンペーンは、メイクユアデイのように企業の知名度をアップさせるのではなく年末に向けて購入額をアップすることを目的としているSNSキャンペーンです。期間中にONDE化粧品通販サイトで基礎化粧品3点を購入した人の中から先着10名に、6,600円相当の商品をプレゼントするというのがONDE化粧品のSNSキャンペーンです。

これは知名度をアップさせるというよりも、期間中の売上額を増やすことを目的としています。クリスマスシーズンに限らず冬は乾燥に悩む女性が多いため、必然的に化粧品を使う量も増えて普段使いしている化粧品を多めに買っても良いと考える人も増えるでしょう。さらに基礎化粧品の場合は一度気に入った化粧品を見つけた場合、なかなか他の化粧品を購入しようと考えない女性も多く、こうしたプレゼントキャンペーンに合わせて買いだめしやすい商品だと言われています。

デートや飲み会が増えて肌が疲れやすいだけではなく、そもそも年末に忙しくてスキンケアをしっかりしないと肌がすぐに荒れてしまうという悩みを抱えている女性は多いでしょう。こうした季節に応じた悩みを解消できるようなキャンペーンを開催することで、売上額をアップさせつつ既に抱えている既存の顧客からのエンゲージメントを高めることも可能になります。さらに公式ホームページからの購入を推奨することにより、今後もキャンペーンの案内などがしやすく既存の顧客に対するアプローチが容易になるでしょう。SNSキャンペーンの中には新規顧客を取り込むために知名度をアップさせるものだけではなく、このように既存顧客とのエンゲージメントを高めるために企画されるものもあります。

【Instagram】チンザノ

 

この投稿をInstagramで見る

 

\✨いいね&フォローで当たる✨/⁣ ❄️Cinzano Christmas🎁プレゼントキャンペーン❄️⁣ ⁣ 今年のホームパーティーは⁣ 華やかなチンザノ のスパークリングワインで乾杯しませんか🥂⁣ ⁣ キャンペーン応募(いいね+フォロー)いただいたお客さまの中から、⁣ 抽選で最大5名さまに、⁣ 爽やかな甘口の「チンザノ アスティ750ml」と⁣ チンザノオリジナルの「1本用ボトルクーラー」をプレゼントします🍾⁣ ⁣ 今年の締めくくりは是非チンザノ アスティを片手に、⁣ ホームパーティーをお楽しみください。⁣ ⁣ ※20歳未満のお客さまは、本キャンぺーンにご応募いただけません。当選者の方には、年齢確認を実施させていただきます。⁣ ※プレゼント商品は、予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。⁣ ⁣ <参加方法> ⁣ ①cinzano 公式アカウント( @cinzano.jp )をフォロー。⁣ ②こちらのキャンペーン投稿に いいね して応募完了!⁣ ⁣ 〈応募条件〉⁣ ・満20歳以上であること⁣ ・日本国内にお住まいであること⁣ ・cinzano公式アカウントをフォローし、かつこちらの投稿に「いいね」をしていること⁣ ⁣ <募集期間>⁣ 2019年12月4日(水)~12月25日(水)まで⁣ ⁣ <賞品>⁣ ・チンザノ アスティ 750ml×1本 + チンザノ オリジナル「ボトルクーラー」 ×1個⁣ ⁣ <当選者数>⁣ 5名さま⁣ ⁣ <当選者様へのご連絡>⁣ 当選者発表は2020年1月10日(金)以降を予定しております。⁣ 当選者の⽅には Instagram上のDMにてご連絡致します。⁣ ⁣ <ご注意>⁣ *ご応募は満20歳以上の方に限らせていただきます。⁣ *プレゼント商品は、予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。⁣ *当選後、年齢確認をさせていただきます。20歳未満の方であることが発覚した場合、当選者の地位を無効とさせていただきます。⁣ *本キャンペーンにご参加いただくことにより、本募集要項に同意いただいたものとみなします。⁣ *抽選時に、アカウントフォローおよび本投稿へのいいねの当選要件となる状態を維持いただいていることが確認できない場合、抽選の対象から外れることがあります。おおむね1か月程度、フォロー、いいねの状態を継続いただくことをお勧めします。⁣ *通信環境の悪い状況にありDMが不着となった場合又はご当選通知のDMに記載の手続きを履行いただけない場合、ご当選の資格は無効となります。⁣ *再抽選は行いません。⁣ *同キャンペーンの他の告知投稿に「いいね」されている場合は、⁣ 重複応募となり、応募口数は1口となりますので予めご了承ください。⁣ *アカウントを非公開設定にしている場合は選考対象外となります。⁣ *フォロワー様、かつ国内にお住まいの方限定です。⁣ *企業アカウントからのご応募は選考対象外となります。⁣ *賞品の返品・交換・配送業者より弊社に返品されてからの再配送はできませんのでご了承ください。 ⁣ *本キャンペーン参加にあたって生じるインターネット接続料や通信料、ご当選通知メールに記載の手続を履践するにあたって生じる諸費用は、ご本人様の負担となります。⁣ ⁣ たくさんのご応募お待ちしております!⁣ ⁣ #cinzano #チンザノ ⁣ #asti #アスティ⁣ ⁣ #Christmas #クリスマス⁣ #クリスマスプレゼント #クリスマスキャンペーン⁣ ⁣ #present #presentcampaign #プレゼント #campaign #CP #プレゼント企画 #キャンペーン #懸賞 #プレゼントキャンペーン⁣ #懸賞生活 #キャンペーン実施中 #プレゼント企画開催中 #インスタキャンペーン⁣ #懸賞情報 #プレゼント応募 #キャンペーン企画 #インスタグラムキャンペーン #キャンペーン開催中 #ボトルクーラー

チンザノ Cinzano(@cinzano.jp)がシェアした投稿 –


スパークリングワインなどを販売しているイタリア企業のチンザノも、クリスマスシーズンを利用してSNSキャンペーンを企画しています。応募方法は簡単で、チンザノの公式アカウント「@cinzano.jp」をフォローして該当の投稿を「いいね!」するだけです。それだけで人気のスパークリングワイン750mLと1本用ボトルクーラーが当たるということで、応募者数も多くなったと言われています。

さらにクリスマスシーズンのSNSキャンペーンというと、11月上旬などから早めに行って12月中旬にはプレゼントを発送する企業も多い中で、チンザノは応募期間を12月4日~12月25日までとし、当選発表を1月10日以降とするなど他の企業とは少々異なる期間でのSNSキャンペーンを行っています。

これはクリスマスシーズンにワインの需要が高まることによって一時的な需要を伸ばすだけではなく、「ワインを買いたい」という消費者心理が働いている時に応募し、1月以降に発送することによって日常的にワインを飲むという意識づけをすることに役立っていると言われています。さらに当選者発表までは公式アカウントをフォローしておくことが応募条件となっているため、その期間内に消費者に対して公式アカウントの魅力をアピールすることができれば、プレゼントキャンペーンが終わった時のアンフォローを防げるといったメリットもあります。

SNSでキャンペーンを行う場合にフォローを条件にしている企業は多いですが、一方でキャンペーン期間が終わるとキャンペーンを目的にフォローしたユーザーは離れていってしまうというリスクがあります。しかし、このチンザノのようにキャンペーン期間だけではなく当選発表までの期間を長めにとることによって、ユーザーを公式アカウントをフォローしている状態に慣れさせることができれば、アンフォローのリスクを低減することができるでしょう。

【Instagram】Plakira

 

この投稿をInstagramで見る

 

🎁Plakiraクリスマスプレゼントキャンペーン🎁 フォロー&いいね!でプレゼントが当たります😊 Plakiraゆらぎタンブラークリアギフトボックスセットを10名様にプレゼント! 【応募方法】 ①Plakira公式アカウント(@plakira_official)をフォロー ②こちらの投稿をいいね♡ 以上で応募完了です💕 当選された方にはInstagramのDMでご連絡させていただきます! 【期間】12月9日から12月15日まで ——————– Plakiraとは? こだわりのデザイン×丁寧な手仕上げ×驚くほど丈夫な新素材で食卓に安心を提供する食器ブランドです。 ・1000回落としても割れない・欠けない ・1000回洗っても変色変形なし ・耐熱温度100℃/耐冷温度-20℃ ・BPAフリーなので年代問わず安心 ・技師による1つ1つ丁寧な手仕上げ この5つをお約束します。 詳しくはプロフィール欄へ(@plakira_official) —————————————————– \Plakira、POPUP情報!/この度、伊勢丹新宿にて開催される「MOO:D MARK by ISETAN」のPOP UPに、Plakiraの商品が出品されます✨人気の「ゆらぎタンブラーTwo Tonesパステル」も販売予定です!ギフトにぴったりな商品を多数取り揃えておりますので、この機会にぜひ足をお運びください☺伊勢丹新宿店~MOO:D MARK by ISETAN~12/11(wed)~25(wed)営業時/10:00~20:00MOO:D MARK公式サイトはこちら https://moodmark.mistore.jp/ —————————————————- #ていないな暮らし#シンプルデザイン#日々の暮らし#うつわのある暮らし#子どものいる暮らし#日々の暮らし#子どもと暮らす#北欧モダン#シンプルモダン#おうちカフェ#豊かな食卓#いつものいただきますを楽しく#てづくりごはん#iegohanphoto#家族ごはん#器好き#器#割れないグラス#stollen#ゆらぎタンブラー#クリスマス#クリスマス準備#クリスマススイーツ#クリスマスプレゼント企画 #キャンペーン #懸賞情報 #クリスマスキャンペーン #moodmark#isetan#伊勢丹

Plakira(@plakira_official)がシェアした投稿 –


丈夫な食器を販売していることで知られているPlakiraのSNSキャンペーンは、他の企業と同様に公式アカウント「@plakira_official」をフォローして該当する投稿に「いいね!」をするだけで簡単に応募できるといったキャンペーンです。それによりギフトボックスセットが当たるということで、クリスマスに向けてインスタ映えするようなおしゃれな食卓を作りたい人たちが多数応募しました。

さらにPlakiraは、プレゼントキャンペーンの参加に必要な投稿において、ポップアップ情報を記載しています。こうした情報を記載することで、キャンペーン参加者の中から実際に来店する人数を増やす効果が期待できるでしょう。実店舗を複数持っている企業やイベント参加を検討している企業の場合は、このPlakiraの事例を真似してみるのも良いのではないでしょうか。

【Instagram】鈴木栄光堂

 

この投稿をInstagramで見る

 

🎄クリスマスキャンペーン🎄 . 寒い冬に可愛くて美味しいスイーツを🍫❄️ 秋冬verのチョコレートを大切な人とご一緒にいかがですか❣️ . 本日より、クリスマスキャンペーンを開催します! 抽選で15名様に鈴木栄光堂のスペシャルスイーツをお届け✨ 皆様のたくさんのご応募をお待ちしております! . ↓ 詳細はこちら↓ . ◾️応募期間 2018年11月22日(木)~2018年12月25日(火)23:59 . ◾️応募条件 ✔鈴木栄光堂公式アカウント(@s_eikodo_sweet)をフォロー ✔キャンペーン画像をリポスト ✔鈴木栄光堂アカウントを画像にタグ付け ✔キャプションに「#ひみつのしましま」を記載 . ◾️当選商品 条件を満たした方の中から抽選で計15名様に、 「ひとりじめスイーツ秋冬ver.」をプレゼント。 . ◾️当選発表 2019年1月末に当選者の方のみに当アカウントよりDMを差し上げます。 あらかじめDMの受信設定をご確認ください。 . ■注意事項 ・タグ付けをする際、全く知らない方(有名人含む)を多数タグ付けするなど、モラルを反する行為はお辞めください。発覚次第、当選資格を失効、また対処させていただきます。 ・本キャンペーンは都合により事前のお知らせなしに変更または終了となる場合がございます。 ・当選時にフォローを外されている、またはInstagramを退会されている方は当選の対象外となりますのでご注意ください。 ・当選商品の配送先は、応募者ご本人様の住所に限らせていただきます。 ・当選はお一人様1回に限らせていただきます。 ・商品の換金、交換はできません。 ・ご応募は日本国内にお住いの方に限らせていただきます。(発送先も同じく日本国内に限る) ・お預かりした個人情報は、本キャンペーンの抽選、当選結果の連絡とプレゼントの発送(当選者様のみ)、お問い合わせ対応のために利用いたします。 . #ストロベリー #ストロベリーチョコ #イチゴチョコ #苺チョコ #苺 #鈴木栄光堂 #チョコ #チョコレート #苺スイーツ #スイーツ #スイーツ好き #チョコ好き#ひとり時間 #おうちカフェごっこ #ひとりじめ #秋 #食欲の秋 #いちご #いちご好き #おうちカフェ #いちご味 #プレキャン #プレゼントキャンペーン #ひみつのしましま #クリスマス #クリスマスキャンペーン #🍫 #🎄 #🎅

鈴木栄光堂 チョコレート(@s_eikodo_sweet)がシェアした投稿 –


鈴木栄光堂はSNSキャンペーンに参加することによってスイーツが当たるというSNSキャンペーンを開催しました。公式アカウント「@s_eikodo_sweet」をフォローして画像をリポストし、画像をタグ付けした上でハッシュタグ「#ひみつのしましま」をキャプションに記載するという、他のSNSキャンペーンと比べると少々複雑な手順が必要になるキャンペーンです。

しかしながら、リポストやハッシュタグの活用を促すことによって単にフォローと「いいね!」だけで応募が完了するキャンペーンと比べて飛躍的に知名度をアップさせることができるでしょう。新規顧客を獲得したい時には、メイクユアデイや鈴木栄光堂の事例のようにリポストを積極的に活用することも推奨されています。

また、商品の発送時期も先ほど紹介したチンザノの事例のように1月末となっているため必然的にフォローが必須となる期間を伸ばすことができます。スイーツのようにインスタ映えしやすくユーザーを惹きつけやすい商品を扱っている企業の場合は、このようにフォロー期間を伸ばすことで継続的なフォロワーを獲得することに挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

【Twitter】セブン&アイ


クリスマスキャンペーンというと、ここまでで紹介したようにジュエリーや化粧品、グルメのような商品を取り扱う企業の参加が増える傾向にあります。しかしながら、セブン&アイのようにクリスマスに特化した商品を特別に取り扱っていない企業においてもクリスマスキャンペーンへの参加が不可能なわけではありません。

セブン&アイがTwitterで行ったSNSキャンペーンは、公式アカウントの「@Omni7_7andi」をフォローして該当する投稿をリツイートすることによって1,000円分のナナコギフトを毎日100名にプレゼントするというキャンペーンです。ここまでで紹介した事例と比べて景品単価は低くなってしまいますが、その分同じ予算でも多くの人にプレゼントすることができるためキャンペーンの参加者を増やすことができます。

さらにクリスマスに特化した商品の場合「女性しか応募しない」や「子ども服がほしい人しか応募しない」や「ワインを飲みたい人しか応募しない」のように応募者が限定されてしまうこともありますが、ナナコギフトのように汎用性の高いプレゼントを用意することによってキャンペーン参加者を増やし、自然とアカウントの知名度を高めてフォロワー数を増やすことも可能です。

【Twitter】ライモン


ライフスタイルにまつわる商品を多く取り扱うライモンも、セブン&アイの事例と同様にキャンペーンのプレゼントを汎用性の高いスターバックスギフトカード2,500円とすることによって参加者を増やすことを目的としたSNSキャンペーンを開催しています。

ただしライモンの場合は公式アカウント「@limonjpn」をフォローして該当の投稿をリツイートするだけではなく、公式ECサイトで会員登録をした上で指定した商品を購入することも応募条件となっています。よつ葉乳業やONDE化粧品のように商品の購入を必須としていることでキャンペーン参加への難易度は上がってしまいますが、2019年のキャンペーンの場合「ニュートリブレット」というミキサーを対象商品としたことによって「いつかは欲しいと思っていたし、今買ってしまおう」という行動を消費者に起こさせることを可能にしました。さらに公式ECサイトでの購入を必須としたことによって、既に紹介したONDE化粧品のように今後の顧客へのアプローチも容易にできたというメリットもあります。

このキャンペーンのように商品購入を参加への必須条件とすると、単にフォローやシェア、あるいはリツイートのみで応募が完結するSNSキャンペーンと比べて必然的に参加者数は少なくなってしまいます。しかしながら、購入する商品の選定をライモンのように「いつかは欲しいから、この機会に買おう」と思っていたもののように選定することができれば、商品購入額を伸ばしつつECサイトの登録者数を増やせるというメリットを享受できるでしょう。

よつ葉乳業やONDE化粧品、そしてここで紹介しているライモンのように、イベントに合わせたSNSキャンペーンではシーズンに合わせた商品を参加条件とすることが消費者の消費行動を促進するためのポイントとなります。

【Twitter】ニトリ


最後に紹介するSNSキャンペーンの事例は、家具やインテリア雑貨を多数取り扱っているニトリの事例です。公式アカウント「@NitoriOfficial」をフォローして該当する投稿をリツイートするだけで結果が分かるという、セブン&アイと同様に簡単に参加できるのがニトリのSNSキャンペーンの特徴です。

ただしニトリの場合、ニトリの商品もしくはポイントをプレゼントするという企業特性を活かした景品を用意しています。年末年始は大掃除をする人も多く、新しい家具を買う人も増えがちなためニトリの商品やポイントが欲しいと考える人も増えるでしょう。さらに1日あたりの当選者数も210名と他の企業のSNSキャンペーンよりも多いことに加えて「総額1,600,000円以上」といったキャンペーンが大規模であることを表す記載をすることにより、投稿自体にキャンペーンを盛り上げる効果も期待できます。予算をふんだんに用意できる企業は、ニトリのように規模を明記することによって消費者の消費意欲を促進させるのも良いのではないでしょうか。

企業がクリスマスキャンペーンを行うメリット

ここに紹介した以外にも、企業がクリスマスの盛り上がりに合わせて多数のキャンペーンを開催しています。SNSキャンペーンだけではなく、商品を購入することによって店頭でもらえるハガキから応募するなど、多数の方法でクリスマスキャンペーンを行っている企業も少なくはありません。

では、なぜ企業がクリスマスキャンペーンを行うのでしょうか。ここではクリスマスキャンペーンを行うことによって享受できる企業のメリットを3つ紹介していきます。

フォロワー数を増やすことができる

SNSキャンペーンの事例を見ていくと、公式アカウントのフォローが参加条件になっていることが分かります。もちろんこれは当選者に対してダイレクトメッセージ機能を使って当選結果を通知する必要があるというシステム上の理由もありますが、それ以外に企業はSNSのキャンペーンを契機にフォロワーを増やし、今後も継続的に企業からのイベント情報を届けたいという思惑を持っていることもあると言われています。

どんなに有名な企業であっても、SNSのフォローをしていないユーザーに対して継続的に企業のイベント情報を届けるのは難しいことです。もちろんダイレクトメールなどの従来通りの方法によってもイベント情報を届けるのは可能ですし現在でもSNSだけではなくそうした方法を併用している企業も少なくはありませんが、それでも企業にとってはダイレクトメールよりもSNSで一斉に多くのフォロワーに対してイベント情報を届ける方がコストを削減できることは言うまでもありません。また、消費者としても住所や電話番号を通知しなくてもイベント情報を受け取れるSNSの利便性が高いと感じるのは当然のことでしょう。

そのため、企業は「自社のコストを削減して情報発信したい」という理由だけではなく「ダイレクトメールを受け取るほどではないが、企業のお得な情報は知りたい」という層に対しても購買意欲をかきたてるためにフォロワーを増やす必要があります。企業がSNSキャンペーンをクリスマスだけではなくイベントに応じて行うのには、こういったメリットもあるのです。

決算に向けた売上を確保することができる

12月といえば、多くの企業が決算期を迎えます。12月が本決算の企業もあれば四半期決算の企業もありますが、いずれの企業においても売上を確保することは必須事項でしょう。特にハロウィンが終わり特別なイベントもない11月は売上額が落ちることも珍しくはないので、12月はそうした売上額の減少をカバーする役割も持っています。

もちろん年末年始のセールだけでも売上額は平月よりも多くなりますが、クリスマスキャンペーンをすることで消費者に対して企業の存在感をアピールすることによってさらに消費行動を促進させることができます。プレゼントキャンペーンに多額の予算を割いても、そのキャンペーンが盛り上がって実際に店舗に足を運んでくれる消費者が増えればそれだけで売上額は増加するでしょう。

さらに多くの企業が行っているようにシェアやリツイートによって企業の存在を消費者に対してアピールするだけではなく、よつ葉乳業やONDE化粧品やライモンの事例で紹介したようにキャンペーン自体によって消費行動をダイレクトに刺激することも可能です。消費者の消費意欲がクリスマスムードによって高まり、ボーナスの支給によって消費者の予算にも余裕が生まれがちで、かつ企業の決算時期が重なっているクリスマスシーズンですのでキャンペーンを行うことは大きなメリットとなるでしょう。

継続的なフォロワーを確保しやすい

SNSキャンペーンは確かに豪華な景品を用意することによって企業の知名度を上げ、爆発的にフォロワーを増やす効果を持っています。しかしながらキャンペーンの以前からフォローしていたユーザーを除き、キャンペーンの景品を目的にフォローしたユーザーの場合はキャンペーン期間が終わるとアンフォローしてしまうリスクがあります。もちろんチンザノや鈴木栄光堂で紹介したようにキャンペーン期間終了から当選までの間の日数を長くすることによって、消費者がアカウントをフォローしている状況に慣れたり、あるいは期間中に魅力的な投稿をしてフォローを継続する価値があるアカウントであることをアピールできればアンフォローされるリスクを減らすことはできますが、それでもアンフォローを完全に防ぐことはできないでしょう。

しかし、クリスマスキャンペーンを行うとSNSキャンペーン終了後でもフォロワーを継続的に確保しておきやすいと言われています。クリスマスに限らずバレンタインやハロウィンといったイベントでも同様ですが、イベントシーズンに開催されるSNSキャンペーンは定期的に行われることも多く、ユーザーに「来年のために常にフォローしておいても良いだろう」という意識を抱かせやすくなります。

もちろん、キャンペーンをイベント毎に定期的に行っていても普段の投稿に魅力がないとフォローとアンフォローを繰り返すユーザーが増えるだけで継続的なフォロワーを獲得するには至らないというケースもありますが、それでも単なるイベントの情報提供や新商品の紹介といった通常の投稿だけでフォロワーを維持するよりは、イベントに乗じて定期的にSNSキャンペーンを開催していく方が簡単にフォロワーの継続率を上げることができるでしょう。

さらに、冒頭で紹介したようにバレンタインやハロウィンといったイベントは「好きな人に告白したい独身女性」や「仮装に興味がある人」や「子どもにお菓子を配る必要がある人」のように対象人数が絞られてしまいがちで、結果的にキャンペーンに対する消費者の興味も下がってしまいがちです。しかしながらクリスマスのように世界的に見ても多くの人が参加するイベントの場合は参加者自体が必然的に多くなるので、その参加者の中で継続的なフォロワーになってくれる可能性が高いユーザーの割合も高くなるでしょう。

そのためクリスマスといった一定期間のフォロワーを爆発的に増やして認知度を高め売上額をアップさせるといった効果はもちろん、他のイベントに比べて一気にフォロワーを増やして継続的なフォロワーに育てるといった目的を達成するためにもクリスマスキャンペーンは企業にとって開催した方が良いイベントなのです。

世間が盛り上がるクリスマスシーズンはSNSキャンペーンを行ってアカウントを盛り上げよう!

企業が大きな努力をしなくても、自然とクリスマスシーズンは盛り上がり消費行動も活発化し売上額もアップします。しかし、そこに合わせて企業が主体的にSNSキャンペーンを行うことによってさらにアカウントが盛り上がり結果的に売上額をSNSキャンペーンを行わない状態に比べて倍増させることも不可能ではありません。

企業としては、クリスマスなどのシーズンイベントは特別な事情がない限り参加する方が好ましいでしょう。また、さらにインフルエンサーなど消費者の消費行動のお手本になる存在を起用することによって、今まで以上に消費者の興味を惹くことも可能になります。

もしクリスマスキャンペーンに企業のブランドイメージに合うインフルエンサーを起用したいのであれば、ぜひ「トリドリマーケティング」に相談してください。ブランドイメージに合うインフルエンサーの紹介はもちろん、単なる起用以上に効果を実感できる起用方法をご提案することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA