【2021年版】ゴールデンウィークのSNSキャンペーン事例10選

ゴールデンウイークに合わせたSNSキャンペーンを実施する大きな意味と注意点

 

この投稿をInstagramで見る

 

オハヨー乳業 公式Instagram(@ohayo_milk)がシェアした投稿


法律の改正により、1948年に誕生したのが、ゴールデンウイークと呼ばれるイベントです。ゴールデンウイークは、祭日や休日が連続する連休であり、春の大型連休として多くの国民に愛されています。数日前や数カ月前から、ゴールデンウイークの過ごし方を計画したり、連休時には普段できない過ごし方を実施する人も少なくありません。このように、毎年ゴールデンウイークを待ち望んでいるのは、消費者である国民だけとは限らないのです。

企業にとっても、ゴールデンウイークは待ち遠しいイベントとなりました。その理由は、多くの可能性やメリットが存在するからです。父の日や母の日、バレンタインやクリスマスなど、季節のイベントに合わせて、企業がキャンペーンを実施することはもはや当たり前の時代となりました。このようなキャンペーンの中でも特に、近年大きな盛り上がりを見せているのが、ゴールデンウイーク時期に実施するキャンペーンなのです。

消費者だけではなく企業もまた、数週間前・数カ月前からゴールデンウイークに向けて準備を進めます。ゴールデンウイークに向けたキャンペーンなどのマーケティング行為が、積極的に行われるようになった背景には、SNSの普及も関係していると言えるでしょう。SNSの普及により、SNSを活用したSNSキャンペーンが大きな成果を上げるようになりました。SNSの普及に比例するように、ゴールデンウイークなどのイベント時キャンペーンも大きく盛り上がるようになります。今では、ゴールデンウイークに大々的なキャンペーンを打ち出すこと、そしてSNSを活用したキャンペーンを実施することは当たり前であり、企業がいち早く取り入れるべきマーケティングの1つなのです。

ゴールデンウイークにSNSキャンペーンを実施するメリット

 

この投稿をInstagramで見る

 

shunsuke.gazery.japones(@shun_stagkid)がシェアした投稿


季節のイベントに合わせたキャンペーン実施は、企業に大きなメリット、多くの可能性を提供します。特に、SNSを活用したSNSキャンペーン実施は、効果やメリットを最大化することが期待されています。ゴールデンウイーク時期のキャンペーンが盛り上がる、その他イベント時期に合わせたマーケティングの成功には、SNS媒体の活用が大きく関わっているのです。

なぜ、このような季節のイベント時期に実施するキャンペーンと、SNS媒体の活用が効果的なのでしょうか。ここからは、季節のイベントであるゴールデンウイークに合わせて、SNSキャンペーンを実施する具体的なメリットについて、ご紹介していきます。SNS媒体の特徴やSNSキャンペーンの根本的な利点、そしてゴールデンウイークというイベントの特徴と相性を詳しく解説していきましょう。

インドア派・アウトドア派

季節のイベントの中でも、特に企業がゴールデンウイークに注力し、合わせたキャンペーンを実施する理由は、ゴールデンウイークの特徴に関係しています。ゴールデンウイークは連休であり、消費者の過ごし方も様々です。積極的に外出し、レジャーや商業施設を楽しむ人々も存在しますし、逆に全く外出せず、自宅で過ごす時間を充実させる人もいます。

このように、ゴールデンウイークの過ごし方は非常に幅広いため、多くの企業が様々なものを提案しやすいのです。これまでのゴールデンウイークでは、外出派つまりアウトドア派が積極的に消費し、インドア派には大きな消費は期待できないとされてきました。ところが、渋滞などの移動に関する事情、時間の使い方など、ここ数年で消費者の意識が大きく変化し、アウトドア派とインドア派の消費額はそれ程大差なくなりつつあるのです。企業は、自社の得意分野をアピールし、売上増加が見込めるようになりました。

様々なものが提案しやすくなった背景には、SNS媒体の普及も関係しています。SNS媒体もまたそれぞれに特徴があり、それらを活用することにより、時間や場所を問わずあらゆる事柄を楽しめるようになったのです。自宅に居ながら、離れた相手とコミュニケーションをとることもできますし、レジャー感覚を味わう事もできます。また、SNS媒体を活用することにより、より多くの人々に情報を届けられるようになったのです。つまり、企業側はより効果的に宣伝等のマーケティングを行えるようになったため、季節のイベントに合わせたキャンペーンがより盛り上がるようになりました。

継続案件の提供

前項でもご紹介したように、ゴールデンウイークでは様々なものが提案しやすく、業種や商品を問わず多くの企業が参入しやすいというメリットが存在します。ゴールデンウイーク当日に楽しめるレジャー関連のものから、時間の充実を提供する商品なども提案することができるのです。例えば、リモートでの習い事、趣味のきっかけになり得る事柄の提案などです。

ゴールデンウイークは、普段では難しい長時間を確保しやすく、自身のスキルアップに充てたいと考える人も少なくありません。また、イベントという特別な日々であることから、普段とは異なる経験をしたいと考え、新しい事柄にチャレンジしやすい傾向があるのです。そのため、自己啓発関連やスキルアップ商品は、好まれる傾向があります。さらに、これらの提案は、継続的な関係を築くきっかけにもなり得るため、企業にとって大きなメリットだと言えるのです。

ゴールデンウイーク時期に習い事、趣味の提案を行い、ゴールデンウイーク時期終了後も継続して利用してもらうのです。実際、社会人となってから習い事をしている割合は40%以上であり、習い事をしていない人々の中でも約20%が「習い事をしてみたい」と回答しています。このような調査結果から、ゴールデンウイーク時期は提案がしやすく、また継続的な関係に繋げやすいという事がわかり、企業にとって大きなメリットだと言えるのです。

近日イベント

ゴールデンウイーク時期である5月月初近辺には、ゴールデンウイーク以外にも大きなイベントが存在します。例えば、5月5日の「子供の日」です。少子化が加速し、子供に関する産業は低迷すると言われていましたが、1人当たりにかける費用は年々高額化し、12兆円規模の市場を有しています。続いて訪れるのが、5月第2日曜日の「母の日」です。母の日もまた、1,170億円を超える市場規模を持つ大きなイベントです。市場規模は前年比約3%ずつ増加し続ける、発展途上のイベントでもあります。海外を視野に入れた場合、ヨーロッパを中心に行われている「五月祭」や「ワルプルギスの夜」なども存在します。

このように、ゴールデンウイーク近辺には、日本を代表するイベント、海外で深く根付いたイベントが多数存在するのです。近辺に大きなイベントがあるということは、それらを巻き込んだキャンペーンが可能という事になります。ゴールデンウイーク単体で考えた際、商品・サービスとの関連性が乏しくとも、その他近日に行われるイベントを巻き込むことができるため、多くの企業がイベントと関連性を持ったキャンペーンを実施することができるのです。季節のイベントに合わせたキャンペーンでは、イベントとの関連性を持たせることが重要であり、成否や売上額を大きく左右します。つまり、関連性を作りやすいイベントということは、大変重要なのです。

拡散力

季節のイベントに合わせたキャンペーン実施に、SNSキャンペーンが適している理由は、SNS媒体の拡散力が要因だと言えます。SNS媒体には様々な種類が存在し、主要媒体として使用されているのが、「Facebook」「Twitter」「Instagram」「YouTube」などです。近年では、短い動画を配信するサービス「Tik Tok」や連絡ツールとして普及した「LINE」、画像や動画をブックマークし収集するツール「Pinterest」なども目立つようになりました。

「画像」「動画」「音楽」など、SNSにはそれぞれ異なる特徴があるものの、総じて共通しているのが拡散力の高いさです。これまで拡散力の高い媒体として周知されていたのは、地上波テレビや街中に設置された電光掲示板、紙媒体の雑誌等でしょう。しかしSNSは、それら従来の使用媒体を上回る拡散力を誇るのです。拡散力が高い要因は、使用者の多さ、コミュニケーションの変化などが関係しています。SNSの利用者は、最も多いとされる媒体で、2020年3月時点で約8,300万人です。世界規模に拡大した場合、25億人以上のユーザーを有する媒体もあります。これほど多いユーザーが利用しているため、当然拡散力も高くなるのです。また、拡散力の高さは、SNS媒体の使用方法にも関係しています。

SNSが普及し始めた数年前までは、SNSは情報発信ツールとして使用されていました。自身の生活を紹介したり、知り得た小さな情報を発信するツールとして活用されていたのです。SNS使用には損得が発生しなかったため、ユーザーは積極的に多くのことを発信し続けました。こような使用方法の結果、多くの情報が蓄積され、SNSの中には膨大な情報が集約されることとなります。そして近年、情報発信ツールとして使用される他、情報収集ツールとしても積極的に活用されるようになりました。各種SNSは、GoogleやYahoo!などの大手検索ツールよりも、積極的に使用されているといったデータも存在する程です。SNSは圧倒的な拡散力を持ち、それらは企業が実施するキャンペーンにおいて、大きな力を発揮します。期間が限定されたイベント時期のキャンペーンでは、効率的にそして効果的にマーケティングを行う必要があり、そのような状況に適しているのがSNS媒体を活用したSNSキャンペーンなのです。

利用者層

SNS媒体は、利用者の多さもさることながら、利用者層の幅広さという特徴があります。SNSを使用しているのは、若年層や中高生だけではないのです。SNS媒体によっては、若年層が多いものもありますが、会社員や主婦層が多い媒体、30代以上の利用者が多い媒体など、幅広い年齢層の利用者が存在します。そのため、どのような商品・サービスに関するマーケティングでも使用しやすく、企業にとってメリットだと言えるでしょう。特定の年代等にアプローチしたい時は、利用者層を確認し、効果的にアプローチすることも可能です。また、複数のSNS媒体を使用することにより、それぞれの年代に最も適したアプローチを行うことも可能となります。

このように、SNS媒体を活用することにより、ターゲティング精度の高いマーケティングを行うことができるのです。ゴールデンウイークは、バレンタインやクリスマスなど、ターゲット層が限定的ではありません。アウトドア派もいればインドア派もいますし、家族向けや単身者向けなど、幅広い人々が顧客として考えられます。そのため、より柔軟に活用できるマーケティング媒体が必要であり、SNSは非常に適しているのです。

利用媒体

SNS媒体の特徴を理解できれば、商品・サービスを効果的に宣伝することができ、実施するキャンペーンを成功させやすくなります。SNS媒体の特徴とは、前項でご紹介した利用者層などです。他にも、「動画」「音楽」など、SNS媒体のコンテンツも関係しています。それらを正しく理解することにより、どのようなマーケティングに適しているのか、また自社商品・サービスに適している媒体はどれなのか判断することができ、リスクを最小限に抑えることができるのです。

また、利用する媒体によって、マーケティングに必要な人材も異なります。利用する媒体に詳しい人、もしくはその分野で活躍しているインフルエンサーが必要になってくるのです。このように、利用する媒体によって、マーケティング方法は大きく変わってきますし、それらを上手く組み合わせていくことが、キャンペーン成功の秘訣となります。

ゴールデンウイーク時など、多くの企業が参入するイベント時期のマーケティングでは、的確にキャンペーンを実施しなければ出遅れてしまうばかりか、多くのキャンペーンに埋もれ失敗に終わってしまうのです。自社や商品・サービスの特徴を出しやすくオリジナル性の高いキャンペーンを実施しやすいこと、そして効率的にマーケティングを行える部分が、ゴールデンウイーク時にSNSキャンペーンが適している理由なのです。

ゴールデンウイークに実施されたSNSキャンペーン成功事例

ゴールデンウイーク時期にキャンペーンを実施する際、SNSを活用する方法が効果的であることは、過去の成功事例からも把握することができます。これまで、多くの企業がSNSキャンペーンを実施し、多くの利益を得ているのです。ここからは、実際に行われたゴールデンウイーク時期のキャンペーンを、ご紹介していきましょう。実施されたキャンペーンの中でも、特に大きな成果を上げたもの、特徴的だった案件をご紹介していきます。成功要因、自社との類似点や相違点を考えながら、読み進めてみましょう。

GWグラブルやろうぜキャンペーン


「GWぐらぶるやろうぜ」は、主にインドア派に向けたキャンペーンです。4月末日から5月のゴールデンウイーク明けまで、実施されました。普段入手できない珍しいアイテムを入手できたり、キャンペーン中毎日ログインすることにより、魅力的なギフトを受け取ることができたキャンペーンです。

等キャンペーンは、毎年ゴールデンウイークのたびに実施されるほど、好評となっています。「GWグラブルやろうぜ」キャンペーンの魅力は、複数コンテンツを提供している部分です。ゴールデンウイークは、1週間以上休日が続くことも珍しくありません。実施されるキャンペーンには、長い期間楽しめる工夫が必要なのです。

等キャンペーンは、複数のクエストから作られているため、長時間飽きずに遊ぶことができます。また、「やりこみ要素」と呼ばれる、時間をかけるほど優れた特権が得られるというシステムも導入しているため、ゴールデンウイーク期間中だけではなく、長期的に消費者を惹きつけることもできる魅力的なキャンペーンなのです。

とらのあな【公式】


新型コロナウイルスの影響により、多くのイベントが中止する中、いち早くオンラインでのイベントに取り組んだのが、株式会社虎の穴です。虎の穴では、コミックスやそれらに関連するグッズを販売したり、イベント企画などを行っています。毎年ゴールデンウイーク近辺に実施されるコミックマーケットは、一大イベントであり、大きな注目を集めていました。ところが、2020年は開催が難しく、ゴールデンウイークキャンペーンも実施されない見込みだったのです。

しかし、オンラインを取り入れ、ゴールデンウイークに合わせたキャンペーンを実施しました。開催25周年ということもあり、1,000人以上のクリエイターを集めるなど、今までに開催してきたイベントと比較しても、見劣りしないほどのキャンペーンを実施し大成功をおさめます。苦しい消費者に向け、商品を受け取るために必要な送料軽減措置を取り入れたり、拡散力の高いTwitterを活用し、効果的に宣伝を行ったことも、成功の要因です。等キャンペーンは大変好評となり、送料軽減措置やクーポンの発行など、一部キャンペーンが延長されました。

ズムキャバ!


新型コロナウイルスという異例の状況に上手く適用し、効果的なキャンペーンを実施した企業は他にも存在します。zoomと呼ばれる通信サービスを活用し、オンラインでのキャバクラ運営に踏み切った企業が存在するのです。ゴールデンウイークキャンペーンとして、当選者50名を無料で招待するといったサービスを実施し、大きな話題となりました。オンライン営業は無理だと思われていたキャバクラという接客業を、最新アプリを取り入れスムーズに運営したことは、消費者だけではなく業界内外に大きな衝撃を与えます。

等キャンペーンの優れた部分は、Twitterを活用し宣伝を行った部分と、公式アカウントのフォロー&リツイートを促す特典を設けた部分です。オンラインキャバクラという新しい業務形態を周知させ、多くの可能性を提示した画期的なキャンペーンだったと言えます。

LINEパズルタンタン


ゴールデンウイークなどのイベント時期は、コラボキャンペーンも効果的です。コラボキャンペーンとは、既存のキャラクターや人物と提携したキャンペーンであり、双方の知名度及び認知度が組み合わさることによって、より大きなメリットを作り出すことができます。成功事例として、LINEパズルタンタンとクレヨンしんちゃんのコラボキャンペーンがあげられます。

等コラボキャンペーンでは、ゴールデンウイーク時期にログインした回数に応じて特別なアイテムが手に入るシステムを導入したり、キャンペーン時期に登録することにより、より特別なアイテムを入手できるシステムなどを導入し、新規顧客の獲得に努めました。LINEパズルタンタンが実施したコラボキャンペーンの魅力は、コラボ相手がゴールデンウイークに適していた部分です。起用したキャラクターは、ゴールデンウイークというイベントに適していただけではなく、ターゲット層にも適切にマッチしていました。そのため、良質なキャンペーンだったと言えます。

シルバニアファミリーわくわくセット!

 

この投稿をInstagramで見る

 

「わあ、見て!きれいな夕やけ!」 * 新しいピクニックワゴンに乗って、海まで遊びに来ていたフレアちゃんたち。 帰り道に海岸線を走っていると、水平線に沈む夕陽がピンク色のワゴンを照らしました。 今日も楽しい1日だったね♪ * 公式ウェブサイトのおはなしコーナーに、「ピクニックワゴン」をテーマにした新しいおはなしが追加になりました!ぜひ読んでみてね。 * #シルバニアファミリー #シルバニア #sylvanianfamilies #calicocritters #sylvanian #ドールハウス #dollhouse #ミニチュア #miniature #いっぱい乗れるよピクニックワゴン #ピクニックワゴン  #ドライブ #夕日 #夕焼け空 #夕焼け #ゆうやけ #愛車 #車のある風景

シルバニアファミリー【公式】(@sylvanianfamilies_jp)がシェアした投稿 –


ゴールデンウイークは、様々な理由から外出が難しい人々も存在します。両親の仕事の都合や、習い事の関係など、理由は様々です。「外出したくても外出できない」というフラストレーションを解消するようなキャンペーンを実施したのが、シルバニアファミリーを提供するエポック社です。ゴールデンウイークに合わせ、限定セット商品を販売しました。さらに、公式LINEをお友だち追加すると、割引クーポンがもらえるというシステムも導入します。その他にも、期間限定で大幅な値下げを行ったり、数量限定のアイテム販売なども行い、集客を目指しました。

等キャンペーンの魅力は、ゴールデンウイークの楽しい外出風景を、商品で表現した部分です。限定アイテムとして販売された商品は、ゴールデンウイークの外出をイメージさせるものや、楽しいレジャーを連想させるものなどがメインでした。さらに、購入金額に応じて、ギャラリー展への招待券ももらえるなど、大変力の入ったキャンペーンだったと言えます。

NativeCamp


長い休みを利用してスキルアップを目指す人々にフォーカスし、集客に成功したキャンペーンが「レッスン回数無制限∞チャレンジ」です。オンライン英会話レッスンを提供するNative Campでは、ゴールデンウイーク期間中、レッスン回数無制限キャンペーンを実施しました。さらに、無制限で利用できるだけではなく、その回数を競うというオリジナル性の高いキャンペーンです。消費者は、お得感も感じられますし、遊び心があるため楽しみながら積極的に利用することができます。

等キャンペーンの魅力は、消費者にお得なキャンペーンを提供するだけではなく、その様子を活用しUGCのように宣伝に利用した部分です。等キャンペーンでは、回数のカウントとして、レッスンの様子を撮影しInstagramに投稿する必要がありました。つまり、レッスンをした分だけInstagramに投稿されることになり、消費者自ら宣伝することにもなるのです。

いいね割り!


Facebookなどの「いいね」を活用したキャンペーンも実施されています。企業が投稿した内容にたいして、「いいね」が押された回数に応じ、割引率を決定するというキャンペーンです。等キャンペーンの魅力は、割引される商品が毎回変化する部分です。割り引かれる商品が毎回違うため、何度も公式アカウントやホームページを覗きに行きます。また、割引率を高めたいユーザーは、積極的にPR活動を行うため、企業にとって大きなメリットとなるのです。

「フォロー&リツイート」「いいね!」キャンペーン


シンプルで分かりやすいキャンペーンを実施し、集客につなげた企業も存在します。くら寿司は、ゴールデンウイーク時期に限定し、「フォロー&リツイート」キャンペーンを実施しました。公式アカウントであるTwitterもしくは、Facebookをフォローし、等キャンペーンの投稿をリツイートすることにより、応募が完了します。くら寿司は、幅広い世代に愛される飲食店ではありますが、ゴールデンウイーク時期は特に、ファミリー層に注力しているようです。そのため、シンプルで分かりやすいキャンペーンを実施し、集客に努めました。お食事券とうプレゼントも、特にファミリー層に喜ばれるギフトとなっており、イベントとの関連性や消費者心理をよく理解したキャンペーンだと言えるでしょう。

#Tik Tokで生まれ変わろうGWキャンペーン


音楽配信サービスTik Tokを活用した、ゴールデンウイークキャンペーンをご紹介します。Tik Tokは、ゴールデンウイークに合わせ、新しい機能を追加しました。それらのPRを兼ね、SNSキャンペーンを実施したのです。動画を撮影し投稿したり、公式Twitterをフォロー&リツイートすることにより、キャンペーンに参加することができます。消費者が楽しんで参加できること、またゴールデンウイークという特徴を活かし「友達」「家族」との動画を推奨した部分など、こだわったキャンペーンだったと言えるでしょう。さらに、拡散力の高いTwitterだけではなく、動画撮影の楽しみを伝えるため、動画配信サービスYouTubeを活用した部分も、優れた部分です。

GWキャンペーン


絶大な影響力を持つインフルエンサーを採用し、利用者の増加に成功したのがYouTube premiumです。圧倒的人気を誇るYouTuberを採用し、ゴールデンウイーク時期に合わせた無料配信サービスを実施しました。PRはYouTubeと、拡散力の高いTwitterを活用します。コメント欄には、好意的な意見が目立ち、登録したことを報告する内容も少なくありませんでした。ゴールデンウイークに限らず、SNSキャンペーンでは、インフルエンサーの起用が成否を分ける場合も多々あります。インフルエンサーと協力し、マーケティングを成功させてみましょう。

ゴールデンウイークSNSキャンペーンの注意点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Quapy_official【コメヤ薬局】(@quapy_official_jp)がシェアした投稿


ゴールデンウイークやその他のイベントに合わせたキャンペーン実施は、企業に多くのメリットをもたらします。しかし、必ずしも実施した全てのキャンペーンが成功するわけではありませんし、いづれも多くのメリットを提供するとは限りません。キャンペーンが失敗し、デメリットを与えたり、企業にとって致命傷を与える恐れもあるのです。そのため、実施するキャンペーンでは、できる限りリスクを減らす必要があります。ここからは、ゴールデンウイーク時期に実施するSNSキャンペーンの注意点をご紹介していきましょう。これから解説する注意点は、過去に実際に発生した事例も含まれています。自社や商品、状況に置き換えて読み進めてみましょう。

関連性を明確に示す

ゴールデンウイークや、その他のイベント時期に合わせたキャンペーンでは、消費者に向けイベントとの関連性を明確に提示する必要があるでしょう。ゴールデンウイークなどのイベント時に、購買行動が積極的になる背景には、非日常が関係しています。普段とは異なるイベント時期だからこそ、高揚感を感じ、購買行動が積極的になるのです。イベントと関連性を持たせなければ、企業が実施するキャンペーンは「日常的」なキャンペーンと認識されてしまう可能性が高く、積極的な購買行動が期待できません。

ゴールデンウイークは、季節のイベントの中でも、特に関連性を作りやすいイベントです。商品や提供するサービスと、ゴールデンウイークを密接に絡め、それらを提示することができれば、購買行動を積極的に促すことができ、キャンペーンを成功させることができます。明確な関連性を作り出すためにも、使用するSNS媒体や、活用するコンテンツ、起用する人材など、詳細な部分にこだわったキャンペーンを実施してみましょう。

限定感

キャンペーンを成功させるためには、消費者に「限定感」を感じさせる必要があります。実施されるキャンペーンを、「積極的に利用したい」「利用しなければならない」と思わせる必要があるのです。そのためにも、キャンペーンを実施する時期及び期間にはこだわらなくてはなりません。

年中「閉店セール」を実施している店舗を見たことはありませんか。そのような店は、50%オフや90%オフなど破格の値段を提示しているものの、それほど人が集まっている印象はありません。その理由は、「限定感」がないからです。年中セールを行っているため、その日に利用する意味がなく、購買行動が促されにくくなります。このように、消費者の購買行動には、商品・サービスそのものの価値とは別に、利用する状況も大きく影響するのです。

キャンペーンを実施する際は、期間を決めてい実施すること、そして実施する期間を、正しく設定することが重要となります。季節のイベントには、関連言動が積極的になる時期が存在するのです。その時期に合わせたキャンペーンを実施することにより、より多くの消費者に情報を届けることができます。SNSキャンペーンのノウハウがない企業にとって、時期の見極めは難しい場合もあるでしょう。SNS媒体を活用し、時期を見極める方法もありますが、専門企業に依頼する方法もあります。確実に、そして正しいノウハウを身に着けたいのであれば、専門企業であるコラボマーケティングに依頼する方法がおすすめです。

キャッチコピー

イベント時期に合わせて実施するSNSキャンペーンでは、キャッチコピーやキャンペーンのネーミングが重要です。SNS媒体での接触は、数秒で決定すると言われています。ほとんどの媒体の場合、接触から5秒以内に興味が持てなければ、コンバージョンが期待できないのです。SNSを活用し、キャンペーン実施の広告を行う際、5秒以内に興味を惹く何かを用意しなければなりません。その1つが、キャッチコピーやキャンペーンのネーミングなのです。他にも、広告に表示する「写真」や「音楽」で気を惹く方法もあります。

消費者の気を惹くキャッチコピー、ネーミングを作成するためには、SNSユーザーの特徴を理解しなければなりません。ネット用語やSNS用語、好まれるハッシュタグや専門用語を理解し、それらを上手く組み合わせて作成する必要があるのです。しかし、企業にとってこれらは容易ではありません。ある程度は調べることもできますが、実際のユーザーに訴えかける文言は、実際に日常的に使用しているユーザーでなければ思いつかないのです。そこでおすすめなのが、インフルエンサーの起用です。

インフルエンサーは一般ユーザーでありながら、大きな影響力を持っています。起用することにより、効果的な宣伝はもちろん、企業では思いつかないアイディアも提供することができるのです。インフルエンサーを起用する際は、専門企業であるコラボマーケティングに依頼しましょう。自社に最も適した人材を選定することができます。

拡散

SNSキャンペーンで最も重要になるのが、「拡散」です。魅力的なキャンペーン、消費者にとって良質なキャンペーンだったとしても、それらが周知されなければ利用されることはありません。よりよいものを作れば、必ず利用されるというのは、もはや過去のことです。現代では、よりよいものを作ると同時に、適切な拡散を行わなければなりません。

適切な拡散を行う方法として、地上波テレビでのCMや電光掲示板、紙媒体での宣伝などが考えられますが、いずれも高額であり、金額に見合った成果も難しいと言わざるを得ないでしょう。低コスト・低リスクで行える方法としては、インフルエンサーの起用です。インフルエンサーを起用することにより、ターゲット層へダイレクトに拡散することができます。また、訴求力も高いため、コンバージョン率の上昇も期待できるでしょう。SNSキャンペーンや、SNS媒体を使ったマーケティングでは、インフルエンサーの起用がおすすめです。

また、インフルエンサーを起用する際は、いくつかの注意点を忘れないようにしましょう。フォロワー数だけに囚われるのではなく、これまでの活動内容や投稿内容の確認、それらが自社商品・サービスに適しているのか確認するなどです。他にも、フォロワーとのコミュニケーションの割合、投稿頻度など、複数の項目を確認し、適切な人材か判断する必要があります。

年に1度の大チャンス!GWを効果的に活用しマーケティング効果を最大限に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

渋谷 貸切 パーティー会場 SuNaBa (スナバ)(@sunaba_official)がシェアした投稿


ゴールデンウイークは、年に1度訪れる大チャンスです。上手に活用することにより、企業に大きなメリットをもたらします。ゴールデンウイークに合わせたキャンペーン実施には、SNS媒体を活用することはもちろん、SNSの分野で大活躍しているインフルエンサーの起用も検討しておきましょう。マーケティング効果を、最大限に高めることが可能です。

インフルエンサーの起用、その他SNSマーケティングに不安を感じるようであれば、1度専門企業である「コラボマーケティング」に相談してみましょう。適切なアドバイスを受けることができ、問題の洗い出しからどのようなキャンペーン・インフルエンサーが適しているのか提示してもらうこともできます。専門企業に依頼し、無駄な時間を省き、効率的で効果的なマーケティングを実施していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA