Instagramで通販をする方法は?消費者の利便性を向上させよう!

Instagramで簡単に商品が売れる!

2018年からは、Instagram上で商品を売る機能が実装されました。掲載した商品からその場で外部サイトにフォロワーを遷移させダイレクトに購入ができるということで、消費者の利便性も高く多くの企業が、その機能を活用しています。実際、Instagramのショッピング機能を利用しているというフォロワーも少なくはなく、今後も利用する企業は増えていくでしょう。

本稿では、Instagram上で商品を販売するメリットや方法、さらに販売実績を上げるために覚えておきたい手法を紹介していきます。

Instagramで商品を売るメリット

自社の運営するECサイトを持っている企業の場合、Instagramを活用してECサイトの最新商品を紹介している企業も多いでしょう。アカウントのプロフィール欄にECサイトURLを貼付している企業も多いため、わざわざInstagramで商品を販売するということにメリットを見いだせない企業も多いかもしれません。そこで、ここでは注目したい2つのメリットを紹介していきます。

自サイトに簡単に誘導できる

Instagramのショッピング機能を使うと、投稿から簡単に外部の自社サイトに誘導することができます。ショッピング機能を使った投稿の場合、画像に下記のようなマークが表示されるため、そこをタップすることで簡単に自サイトに誘導することができるのです。

これは、プロフィール欄やキャプションにURLを掲載しているより、遥かに簡単かつ直感的に誘導ができるため、消費者の利便性を大きく向上させることができるでしょう。これがショッピング機能を導入する最大のメリットであると考えられています。

消費者を逃すリスクを減らすことができる

簡単に自社サイトへの誘導ができるということで、当然ながら消費者を逃すリスクを減らすことができます。たとえばInstagramでたくさんの商品を紹介した場合、消費者は気になる投稿をお気に入りにしたりスクショを撮ったりして買いたい商品をチェックしていきますが、どうしても購入漏れが出る恐れがあります。スクショを見ても、どれを買いたかったのか思い出せずに諦めることもあるでしょう。

しかし、自社のECサイトにダイレクトに誘導することができれば、そのように消費者を逃すリスクを抑えることができます。結果的に売上が上がるため、ショッピング機能は積極的な導入が推奨されています。

Instagramで商品を販売できる条件

Instagramのショッピング機能の利用は誰でもできるわけではありません。Instagramのヘルプセンターで利用される条件が明記されているので、確認してから申請するようにしましょう。

Instagramの公式ヘルプページに明記されていますが、Instagramのアカウントがビジネスアカウントであり、上記の条件を満たすことでショッピング機能の利用が可能となっています。日本は制限なく使える国として設定されていますので、興味のある方は条件を満たしてビジネスアカウントに切り替えてから申請してみてはいかがでしょうか。

Instagramで商品を販売する手順

Instagramで商品を販売する際の手順についても詳しく見ていきましょう。ただし、こちらの手順に関してはInstagram側で頻繁に変更を行っているため、2020年12月時点での情報として参考にしてください。

①Facebookカタログへのリンク

まず、Instagramで商品を販売するためには、InstagramのビジネスプロフィールをFacebookカタログにリンクさせなければなりません。その方法として、カタログマネージャを利用して自分で登録する方法と、Facebookパートナーにサポートしてもらう方法があります。自力でカタログマネージャを使えない場合は、Facebookパートナーのサポートを受けるのが良いでしょう。

②アプリからの登録

Facebookカタログとのリンクが完了したら、次にInstagramアプリからショッピングの登録を行います。「プロフィール>設定>ビジネス>Instagramショッピング」の順で移動し、設定を完了させてください。

この設定を完了させてもすぐにInstagramショッピングの機能を使えるわけではなく、ビジネスアカウントに切り替えた時と同様に審査があります。審査は数日で完了しますが、状況が気になる人は「設定>ショッピング」の順にアクセスして審査状況を確認しましょう。

③投稿

審査が完了したら、すぐにショッピング機能を利用することができます。通常通り投稿を作成した後、「製品をタグ付け」をタップしてカタログから製品を追加してください。1件の画像や動画で最大5件まで商品を登録することができます。複数の画像を投稿する場合は、最大20件になるので覚えておいてください。また、Instagramストーリーズでも商品カタログとリンクさせることが可能です。1つのストリーズで1つの商品を紹介できるので、こちらの機能も積極的に使っていきましょう。

なお、商品カタログを投稿した後は、「プロフィール>インサイト」の順でアクセスすると投稿やInstagramストーリーズのインサイトを確認できます。消費者のニーズを把握し、今後の戦略に活かしていくと良いでしょう。

ショッピング投稿の広告配信も効果的!

2018年から始まったらInstagramのショッピング機能ですが、2019年10月からはショッピング機能を利用した投稿を広告配信できるようになり、さらに多くのInstagramユーザーへの訴求力を発揮できるようになりました。広告配信の方法に関しても、手順を確認していきましょう。

①広告マネージャーを開く
②「+作成」を選択
③目的を選択
④オーディエンスを選択
⑤「配置を編集」を選択し、「Instagramフィード」もしくは「Instagram発見タブ」のどちらかを選ぶ
⑥広告セットレベルで「既存の投稿を使用」を選択
⑦広告として掲載するショッピング投稿を選ぶ
⑧広告の詳細を入力し「次へ」を選択して完了

この手順で広告掲載した投稿に関しても、通常の広告と同様にインサイトを分析して広告出稿の効果を測定することができます。どういった投稿を広告設定することで最も効果を発揮するかを確認するのを忘れないようにしてください。

Instagramで商品を販売して、売上アップを狙おう!

Instagramのショッピング機能は、ビジネスアカウントの審査とショッピング機能利用の審査を通過することで、簡単に使うことができる機能です。簡単な操作だけで消費者の利便性を大きく向上させることができるため、すぐにでも利用を始める方が良いでしょう。広告出稿やインサイトのチェックも活用しながら、売上アップを狙ってください。