旅館・ホテル業界のインスタグラム活用法と成功事例10選

旅館・ホテル業界はInstagramを活用して集客しよう!

以前はInstagramというと女性向けのコスメや若者向けのグルメなど一部の人たちの集客に使われるイメージの強いツールでした。実際、そうした商品やサービスはInstagramとの親和性が高いため、特に積極的に宣伝しなくてもフォロワー数も増えやすく低コストで大きなベネフィットが得られやすい業界です。

しかし、そうした動向を受けてコスメやグルメ以外の業界も次々に算入し、それに伴いInstagramの利用者も若い女性に限らず老若男女問わない幅広い世代の人たちが利用するようになりました。そのため、企業としては多くの人たちに向けて自社の商品やサービスの魅力をアピールし、一人でも多くの人たちを集客しなければなりません。

多くの企業がInstagramを始めとするSNSを利用した集客に力を入れていますが、旅館業界やホテル業界は数あるSNSの中でも特にInstagramとの親和性が高いと言われています。まだアカウントを持っていない企業も、既に運用しているのに思ったほどの集客効果が見込めていない企業も、ぜひInstagramを有効活用して集客してください。

旅館・ホテル業界がInstagramを活用するメリット

そもそも旅館・ホテル業界がInstagramを活用することでどのようなメリットを享受することができるのでしょうか。ここでは旅館・ホテル業界のInstagramとの親和性の高さに着目しながら、Instagramを活用することのメリットを5つ解説していきます。旅館・ホテル業界がInstagramを活用することのメリットを知ることで、そのメリットを最大限享受するための活用方法を考えていきましょう。

外部サービスに頼らない自社の集客チャネルにできる

じゃらんや楽天トラベルなど、消費者が旅行をする際に利用するサービスは多々あります。しかしながら、企業としてはそうした外部サービス経由で宿泊予約があった場合、外部サービスに対して料金を支払わなければならなくなり利益率が少し下がってしまいます。そもそも、集客のためにそうしたサービスに登録しておくことは重要ですが、月額の利用料が少なからず発生してしまうため企業としてはそうした外部サービスに登録しなくても現在の水準以上の顧客が集まることが理想的な状態といえるでしょう。

そういった点を、Instagramを有効活用することで解決できるようになります。実際、じゃらんや楽天トラベルといった外部サービスに登録しなくても十分な集客ができる企業はそもそも登録すらしていない例も少なくはありません。そうした企業は基本的に知名度が高いハイクラスなホテルや旅館であることが多いですが、仮に知名度がそれほど高くなくてもInstagramを利用することで独自の集客チャネルを構築することができるでしょう。

Instagramによって集客チャネルが構築できれば、今まで外部サービスに支払っていた料金を削減できるのはもちろん、外部サービスよりも多くの情報量を消費者に対して発信し続けることによって今までよりも質の高い情報提供ができるようになります。Instagramによる情報発信を始めたばかりの頃はInstagramだけではなく外部サービスによる集客を行うことは大切ですが、次第にInstagramの活用が軌道に乗ってきたら外部サービスの利用を今までよりも抑えることができるでしょう。

位置情報を使った投稿ができる

Instagramだけではなくその他のSNSによる集客も行っている企業が多いのは、Instagramの特性よりも他のSNSの特性の方が親和性が高い企業があるからです。もちろん業界によって親和性の高いSNSは異なりますが、旅館・ホテル業界においては基本的にInstagramの利用が最も消費者の利便性を高めることができるでしょう。

SNSの中には、発信している位置情報を明記して投稿できる機能が実装されているものも少なくはありません。しかし、その位置情報を元に検索することができて最もその機能の利用者が多いSNSはInstagramだと言われています。すなわち他のSNSでは「〇〇ホテル」のように施設の固有名を検索したユーザーに対してしか情報発信ができないため知名度を高めるのは難しくなってしまいますが、Instagramの場合は単純に「〇〇市△△区」のように地名情報を検索しているユーザーに対しても情報を発信することが可能です。

つまり、旅館やホテルの名前を知らなくても「〇〇市△△区」への旅行や出張の予定があり、その地域で行われているイベントや有名な飲食店を探しているユーザーに対し、宿泊先の候補の一つとしてアピールすることができるのです。旅館やホテルの名前自体を知っているような、あらかじめ興味を持っているユーザーに対してだけではなく、地域に対する情報を収集している段階のユーザーに対しても早期にアピールできるのは他の旅館やホテルよりも選ばれる可能性を高めることに役立つこと間違いありません。Instagramを使って消費者に向けた情報発信を行う際には、必ず位置情報を利用しながら投稿するようにしましょう。

リアルタイムで情報更新ができる

Instagramに限らずSNS全体に共通していることですが、SNSを使うことによってリアルタイムな情報発信をすることが可能になります。地域で行われている季節ごとのイベントを発信することによってSNS内で検索を行っている消費者の目に留まる可能性も高くなります。さらに、旅館やホテルによっては改装の時期などを知らせることができるでしょう。外部サービスを利用しているとそうした外部サービス全ての情報を更新する手間がかかりますが、Instagramならアカウントを更新するだけですのでそれほど手間をかけずに消費者の利便性を高めることができます。消費者としても、最新の情報が分からないままにじゃらんや楽天サービスを使って予約してしまい改装中のホテルに泊まるよりも、Instagramでリアルタイムな情報を入手できる方が便利だと考えるのは当然のことです。

さらにInstagramでは、季節のイベントや改装といった定期的に行われる情報だけではなくイレギュラーな情報発信も可能です。たとえば新型コロナウイルスの影響による休業や予約の再開、営業自体の再開の日程なども自宅にいながら簡単に情報発信できるというメリットがあります。消費者の利便性を高めてホテルや旅館に対するエンゲージメントを強化するだけではなく、従業員の働きやすさという観点からもInstagramを始めとするSNSの利用は大きなメリットがあることが分かります。

地元の観光名所も案内できる

Instagramを使った情報発信は自分たちの旅館やホテルの情報発信だけに留まりません。旅館やホテルからのアクセスが良い観光名所や大型のショッピングモールなど色々な情報を発信することができるでしょう。Instagramを使って地域の観光名所を調べている消費者が、旅館やホテルから簡単に行けることを知れば宿泊客として利用してくれる可能性が高まります。

さらに観光名所を投稿しておくことで、その観光名所のアカウントと親密になれる可能性もあります。そうなると、単なるInstagram運用者同士の交流が企業同士の交流に繋がり「ホテルに一泊したら観光名所の入場半額」や「観光名所とホテルに行きやすくなるパック旅行の導入」など企業間で連携することによって新たな消費者を呼び込むチャンスを得られる可能性もあるでしょう。他の観光名所との交流は決して必須ではありませんが、消費者の検索にヒットする可能性を上げるためにも新たなビジネスチャンスを獲得するためにも、Instagramのアカウントでは自分の旅館やホテルの情報発信だけではなく積極的に地元の観光名所や旅館やホテルからのアクセス方法なども発信していくのがおすすめです。

ハッシュタグを使うと閲覧数が増える

位置情報を使った検索ができるのがInstagramの特徴ではありますが、基本的にはInstagramの検索はハッシュタグを使って行われる場合がほとんどです。そのため、たとえば東京の新宿区にあるホテルも単に位置情報のみを添付して投稿するより「#新宿」というハッシュタグを使う方が観光客を呼び込める可能性は高まるでしょう。

もちろん地名に関するハッシュタグのみを付ければ良いわけではありません。たとえば地元の観光名所やショッピングモールに関する投稿を行う際には「#〇〇の滝」や「#〇〇アウトレットパーク」のように、観光名所やショッピングモールの名前を付けた投稿をすることで消費者から検索される可能性をさらに高めることが可能です。閲覧数が増えれば増えるほど宿泊客になってくれる可能性が高まります。さらにアカウントの投稿が魅力的だとフォロワーになってくれる可能性もあるため、継続的に情報を発信し続けることで次に観光に訪れた際にも宿泊してくれる可能性も高まるでしょう。

これは観光に多く使われる旅館やホテルに限ったことではなく、出張の際に使われるようなビジネスホテルやカプセルホテルでも同じことがいえます。むしろ、そうしたホテルの方が顧客一人あたりの客単価は低くなるものの継続的な利用が見込めるためInstagramの積極利用が求められているのかもしれません。

いずれにせよ、消費者の目に留まる機会を増やすためには、単に位置情報を添付した投稿をしたり消費者の使いそうなキーワードを含めた投稿をするだけでは不足しています。Instagramを利用して自分たちの旅館やホテルのPRを行う際には、必ずハッシュタグを利用してInstagramユーザーの目に入る機会を一度でも増やしていきましょう。

旅館・ホテル業界がInstagramを活用している成功事例10選

旅館・ホテル業界がInstagramを活用するメリットは多く存在しているため、既に多数の旅館やホテルがInstagramを活用した集客を実施しています。そこで、ここでは既に活用している旅館やホテルの中でも特に成功を収めている事例を10個紹介していきます。それぞれの工夫を見ながら、自分たちの旅館やホテルを紹介するアカウント運用の参考にしていってください。

【北海道】ゆとりろ洞爺湖

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんにちは、ゆとりろ洞爺湖です(*´・∀・) ふとじゃらんで販売中の宿泊プランチェックの傍ら、TOPページの人気温泉地ランキングから、北海道をチェックしたところ、堂々の2位に!!! ━(゚Д゚;)━ いやビックリしちゃダメですよね(汗) 嬉しいんですよ。 特に昨今多くのお客様にお越し頂く中、こと当館においては道民の皆さまの利用が多いので、より嬉しいのです。 ただ、これを書いている私の出身が函館で、湯の川温泉よりも洞爺湖温泉の方が上位だったので、若干嫉妬しただけで。。。。 こちらをご覧になられて、『洞爺湖泊りにいってみっかなぁ』とお考え頂けた方がいらっしゃれば、今 『1名様1万円以下で楽しめるお部屋食プラン』 など、期間限定でお得なプランの御用意もございますので、ぜひご利用下さいませ! 洞爺湖温泉への皆さまのお越しを心よりお待ちしております。 . ★ご予約はこちらまで★ ゆとりろ洞爺湖 0570-086-115(9:00~18:00まで) https://www.yutorelo-toyako.com/(24時間OK/プロフィールからも飛べます) . #ゆとりろ洞爺湖 #洞爺湖 #洞爺湖温泉 #じゃらん #人気温泉地 #ランキング #北海道旅行 #旅行 #温泉旅行 #温泉 #源泉掛け流し #源泉一乃湯 #部屋食 #上げ膳据え膳

ゆとりろ洞爺湖 – Yutorelo Toyako(@yutorelotoyako)がシェアした投稿 –


サミットが行われたことでも有名な洞爺湖にあるゆとりろ洞爺湖は、ホテルの目玉である大浴場の写真を多く掲載することで観光客に「泊まりに行きたい」という気持ちを強く持たせる写真を投稿しています。Instagramは他のSNSと比べても画像や動画の訴求力が高いSNSですので、投稿の際には旅館やホテルの魅力が伝わりやすい画像もしくは動画を添付するのがおすすめです。

さらに、ゆとりろ洞爺湖は消費者の心をくすぐる写真を投稿するだけではなく、外部サービスであるじゃらんの人気ランキングで上位にランクインしたことを紹介するなど、「単に旅館やホテルが推奨しているだけではなく、多くの消費者に支持されている」という事実を消費者に明言しています。旅館・ホテル業界に限った話ではありませんが、企業が主導する広告の場合はどうしてもバイアスがかけられているように消費者も最初から疑ってしまいますので、じゃらんや雑誌などの客観的な評価を入れておくことで信憑性をアップさせることができるでしょう。

また、ゆとりろ洞爺湖はInstagram上で単に広告を行うだけではなく、期間限定のプランの紹介や予約しやすいように連絡先の明記も行っています。Instagramを利用するのに慣れている若年層であればこうした気遣いは不要ですが、Instagramを情報収集のためだけに利用していてそれほど使い慣れていない層にとっては電話番号で連絡先が明記されていることだけで非常に利便性が高くなるでしょう。ハッシュタグの利用方法なども含め、観光客を集客するために非常に有意義なInstagramの活用方法だと分析できます。

【山形県】銀山荘

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝の銀山温泉も素敵ですよね‼︎ 素敵な写真でしたのでリポストさせていただきました! #Repost @huge1091 with @get_repost ・・・ 銀山温泉 静かな朝を迎え ④ 2019.2.10 AM7:00 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 中々簡単には行けないので 撮りまくって来たのでもう少し お付き合いを🙇 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ #japan_of_insta #japan_photo_now #beautiful_japan #love_japan #love_united_japan #instagood #nature #photographers #山形県 #尾花沢市 #銀山温泉 #温泉街 #雪景色 #ミラーレス #日本の風景 #日本の絶景 #風景写真 #神戸カメラ部 #東京カメラ部 #広がり同盟 #楽天ハツタビ #写真が好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #カメラのキタムラ

銀山温泉 銀山荘(@ginzanso)がシェアした投稿 –


銀山荘のInstagramは、自分たちで撮影した写真を使って魅力的な情報を発信するだけではなく、訪れた観光客の写真をリポストすることによって投稿頻度を維持しています。観光客の写真の中でも魅力的な写真をリポストすれば、自分たちでクオリティの高い画像を用意する必要がないためInstagramの更新にかかるコストを大きく削減することができるでしょう。

コスト削減という観点だけではなく、観光客自身も自分が訪れた旅館やホテルの公式アカウントに投稿がリポストされることで、良い思い出となることは間違いありません。特に凝った画像や動画を掲載している人ほど、そうした写真を多くの人に見てほしいという欲求は強いものです。多くのフォロワーを抱える公式アカウントにリポストされることによってその欲求が満たされれば、自然とリポストしてくれた旅館やホテルに対するエンゲージメントも高まり「次回も利用しよう」という気持ちになれることは間違いありません。

どうしても自分たちで用意する写真や動画だけでは観光客の気持ちを掴むクオリティのものが用意できない場合、予算に余裕があればプロの写真家に頼ることもあるでしょう。しかしながら、どうそてもそれだけの余裕がない場合はこうして一般に観光している人の投稿をリポストすることでも多くの閲覧者を増やすことが可能です。最近のスマートフォンはクオリティの高い写真を撮ることもできるので、公式アカウントの宣伝として利用しても十分なクオリティの写真が数多くあるでしょう。

ただし、投稿者の投稿を利用する場合には基本的にコメントを残すなどのアクションをするようにしましょう。基本的にインターネットにアップされているものは全世界の人が自由にアクセスしても良いものですが、公式アカウントが無断でリポストをすると無礼なアカウントであるという印象を与えてしまう恐れがあります。リポストした瞬間、あるいはできればリポストする前に投稿者に許可を得ることで無用なトラブルを避けることができるでしょう。

また、いかにクオリティの高い写真や動画をリポストしたいからといって不公平感を抱かせるような選定の仕方は好ましくありません。クオリティの高い写真ばかりを選り好みしてしまうと、「泊まる人を選んでいる」と誤解されてしまう可能性もあります。特に「自分もリポストされたい」と思って投稿したにも関わらず望ましい結果が得られなかった消費者に逆恨みされてしまう恐れもあるでしょう。一般客の投稿をリポストする場合は注意しておきましょう。

【福島県】スパリゾートハワイアンズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム第50期生の小野寺穂里が、このたびサブキャプテンに就任しました。 . 「お客様に笑顔になっていただけるように、これからも全力を尽くしてまいります。 キャプテン、サブキャプテンとともにダンシングチームを盛り上げてまいりますので、よろしくお願いいたします。」 . これからも変わらぬご声援のほど、よろしくお願いいたします。 . ※2枚目は昨年実施した、山口キャラバンの写真です。 #スパリゾートハワイアンズダンシングチーム #50期生 #サブキャプテン #小野寺穂里 #フラガール #笑顔で踊る #ハワイ #ハワイアンズ #スパリゾートハワイアンズ #パワー充電中

スパリゾートハワイアンズ(@spa.resort.hawaiians)がシェアした投稿 –


国内最大級のプール施設として人気を集め、さらに本格的なフラダンスを楽しめることでもファンを集めているスパリゾートハワイアンズもInstagramの活用で顧客のエンゲージメントを高めることに成功しています。スパリゾートハワイアンズは併設された公式ホテルとプールの情報を発信していますが、そのアカウントでフラダンスチームのサブキャプテンが変更となったことを告知しました。一般的な利用であればそれほどフラダンスチームのキャプテンや副キャプテンが誰であるかということに興味を示す消費者は多くありませんが、スパリゾートハワイアンズの場合はプールや宿泊よりもむしろ本格的なフラダンスを見ることが目当てで足を運んでいる消費者も多いため、この投稿の宣伝効果が高いことは言うまでもないでしょう。

さらに、投稿の2枚目では昨年の活動の様子も投稿することで、フラダンスチームをさらに身近なものであると感じさせることに成功しています。プールや宿泊を目的として足を運んでいる消費者にとっても、このように顔を知っている人が踊っていることを知ることで次回からフラダンスに対する興味も強くなるでしょう。「地元アイドル」というほどではないにしても、このように消費者が普通に利用しているだけでは個人として認識するのが難しいスタッフを取り上げて紹介するのは、顧客のエンゲージメントを高める上で非常に重要なことです。フラダンスに限らず、このように継続的に開催しているイベントがある場合は、消費者とコミュニケーションが取りやすくなるように有効活用していくのも良いのではないでしょうか。

【栃木県】あさや

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 八番館にある個室料亭「日光」では、料理長こだわりの会席料理をご用意いたします。 落ち着いた雰囲気の中、ごゆっくりとお食事をお楽しみください。 . #鬼怒川 #鬼怒川温泉 #旅館 #温泉 #温泉旅館 #温泉旅行 #温泉宿 #客室露天風呂 #露天風呂付客室 #温泉デート #温泉好き #温泉部 #旅好き女子 #旅スタグラム #温泉好きな人と繋がりたい #鬼怒川旅行 #日光旅行 #おすすめ温泉 #栃木旅行 #栃木観光 #日光観光 #あさや #あさやホテル #鬼怒川温泉あさや #北関東来て感動 #個室料亭 #会席料理 #とちぎ和牛 #次の旅行に向けて

鬼怒川温泉 あさや(@asaya_hotel)がシェアした投稿 –


あさやのInstagramは、SNSの中でもInstagramの特性を非常に理解した運営がされていると評判のInstagramアカウントです。見ているだけで食欲が出てくるほど綺麗な写真に、多彩なハッシュタグを使うことでアカウントを閲覧するユーザー数を増やすだけではなく、さらに投稿に価値があることをInstagramユーザーにアピールし、単に投稿を見るだけではなくフォロワーの獲得も同時に試みています。

同じSNSでもユーザーの特性が少しずつ異なっていて、たとえばSNSの場合は短文でテンポ良くコミュニケーションを取りながら情報収集を行いたいユーザーが多いため画像や動画を多用した投稿は好まれません。また、Facebookの場合は匿名性が低く企業からの情報発信よりも身近な友人とのコミュニケーションのために登録しているという人の方が多いでしょう。その点、Instagramは情報収集はもちろんとして自分の好きな世界観を発信するアカウントの写真や動画を見るために使っているという人も決して少なくはありません。すなわち、クオリティの高い写真を投稿するということはそれだけでフォロワーを獲得する機会に恵まれるということであり、現在は栃木県に旅行する予定はなくても今後の宿泊先の候補としてカウントする消費者を増やすことにも繋がるのです。

その点、あさやの投稿は単にクオリティの高い写真や動画を掲載しているだけではなく、あさやの存在自体を知らないユーザーであっても豊富なハッシュタグであさやを認知する機会を増やすことに成功している投稿です。アカウントを開設したばかりでどのようなハッシュタグを使えば良いのか分からないという人や、どの程度のクオリティの写真や動画を用意すればInstagramユーザーの中で評価されるのか分からないという人は、ひとまずあさやのアカウントを見ながら学んでいくと良いでしょう。

【新潟県】旅館浦島

 

この投稿をInstagramで見る

 

【ワン・ツー・スリー新酒の会】 令和最初のワン・ツー・スリーの会。今年も多くの方に方にお越し頂き心より感謝申し上げます。 各酒蔵の新酒と、浦島の料理はいかがでしたでしょうか。 今年のお料理は、正月料理をテーマに、重箱のおせちからスタートしました。 おせち料理を重箱に詰めるのは「幸せを重ねる」という意味が込められています。 今年一年、皆さまに沢山の幸せが舞い込みますように、浦島より心を込めて…。 #ryokan浦島 #佐渡 #佐渡島 #sado #sadoisland #日本酒 #sado_luxury

Ryokan Urashima(@ryokan_urashima)がシェアした投稿 –


新潟の佐渡島にある旅館浦島は、開催する未来のイベントだけではなく既に開催したイベントの情報をInstagramを使って発信することによって実際に宿泊した消費者に対して思い出を振り返るきっかけになるようにしたり、あるいは今年は利用しなかった消費者に向けて来年以降の消費のきっかけになるような投稿を行っています。

また、旅館浦島の事例に関してはハッシュタグに注目することでInstagram活用のお手本とすることができるでしょう。旅館浦島は「#佐渡」や「#新潟」などの日本語のハッシュタグだけではなく、「#sado」や「#sadoisland」、あるいは「#sado_luxury」といった外国人観光客向けのハッシュタグも使って投稿を行うことによって、外国人観光客の集客に成功しています。

一般的に情報収集のために使われるSNSは自分の母語のアカウントだけをフォローしているユーザーが多く、また当然ながら検索も自分たちの母語で行うユーザーが多い中で、Instagramはハッシュタグ検索を使うことで全く馴染みのない海外のアカウントも簡単に見つけることが可能です。一概にハッシュタグ検索といっても検索したい内容で使われる単語の難易度は変わってきますが、この旅館浦島の事例のように地名のような簡単なハッシュタグであればすぐにインターネットで検索しながら使用することができるでしょう。

こうした英語のハッシュタグは、英語圏の人々はもちろん英語が母語ではない観光客の集客にも非常に有効です。さらに、普段から外国人観光客が多い地域だけではなく、今後の展望として国内の観光客以外にも海外からの観光客も多く集客したいと考えている場合は積極的に英語ハッシュタグも利用した方が良いことは言うまでもありません。

【岐阜県】養老温泉 ゆせんの里

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 【営業再開のご案内】 本日、6月1日(月) 養老温泉ゆせんの里ホテルなでしこ、 温熱療法館、 が営業を再開致しました‼️ . 先日営業を再開いたしました本館に続き 源泉かけ流しの天然温泉「養老温泉ゆせんの里」が、 日帰り・宿泊共にお楽しみいただけます🎶 . 楽しみにお待ちいただいていた皆さま、 ありがとうございます‼️ お待たせいたしました♨️ . 時間の短縮や、 一部(和風ダイニングMINORI、喫茶トントン、 ゲームコーナー、本館売店) 休業の継続はありますが、 皆さまをお迎えできますこと、 とても嬉しく思います😌 衛生管理を徹底しお待ちしておりますので、 ぜひご来館くださいませ♨️ . 営業時間は下記のとおりです。 みのり乃湯:10時~21時 (最終受付20時30分) 温熱療法館:10時~21時 (最終受付20時) 自然の恵み:ランチ 11時30分~15時 (OS14時)  ディナー 17時30分~21時 (OS20時) ポプラ :10時~20時 (OS19時30分) 3階ジム :10時~20時 グラウンドゴルフ:10時~日没まで . マッサージ からだサプリ:毎週月・水曜日休み あかすり :毎週木曜日休み . 岩盤浴・サウナ・汗蒸幕は、 人数制限を設けております。 ご協力お願い致します。 . 皆さまのご来館心よりお待ちしています♨️ . . #営業再開 #ほぼ全館営業再開 #一部休業 . #医療従事者に感謝とエールを #働いている皆さまに感謝 #物流に携わっている人たちに感謝 . #岐阜#岐阜の温泉#養老温泉#ゆせんの里#ホテルなでしこ#養老温泉ゆせんの里#温泉#天然温泉#源泉掛け流し#露天風呂#温泉旅行#日帰り温泉#汗蒸幕#サウナ#サ活#岩盤浴#歩行プール#薬草蒸し風呂#美肌になる温泉#グラウンドゴルフ#ラドン#ジム付き温泉#美と健康の楽園

養老温泉 ゆせんの里(@yusen_no_sato)がシェアした投稿 –


岐阜県にある養老温泉ゆせんの里は、普段はテレビ出演情報や女将の募集などの情報を発信しています。特にテレビ出演情報など、メディアに掲載される情報を積極的に投稿することによってInstagramのユーザーに対して多くの人に愛される施設であることを印象付けることが可能です。また、最初に紹介した北海道のゆとりろ洞爺湖のように外部サービスからも評価されている事例を投稿することで、企業が投稿しているアカウントであっても客観的な情報が掲載されていて企業に都合の良い情報だけではないという平等なイメージを与えることも可能です。雑誌やテレビといったメディアに掲載される機会があれば、積極的にその情報も発信していくと良いでしょう。

さらに養老温泉ゆせんの里は、新型コロナウイルスの影響によって苦戦している観光業界が多い中でも、利用者が利用しやすいように施設ごとの詳しい営業時間を掲載しています。こうした詳細な情報提供をすることによって、単に「営業再開のお知らせ」を流すよりもさらに、消費者の利便性を高めて利用客を増やすことができることは言うまでもありません。Instagramを含めてSNSを使って消費者に向けた情報発信を行ったり消費者と交流していると、Instagramなどの使用に慣れたユーザーとの交流が多くなってしまうため忘れがちですが交流に参加してこないユーザーの中には交流の意思はあるもののそもそもSNSの使用自体に不慣れで交流したいのにできないという層も存在しています。そのため、SNSの利用に慣れたユーザーはもちろん、不慣れなユーザーでも簡単にほしい情報にアクセスできるような活用方法を考案すると良いでしょう。

【京都府】ザ エディスターホテル京都二条

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨✨徒歩7分でパワースポット✨✨ こちらは、神泉苑の法成橋です。 京都には恋愛成就やパワースポットが多くございますが こちらの庭園もその一つと言われております☺️ その昔、嵯峨天皇が神泉苑で初めて「花宴の節」を開かれたことでも有名 です🌸🌸🌸 当ホテルザエディスターホテル京都二条より 徒歩7分ほどにございます🚶✨✨✨ #堀川通 #二条城 #京都ホテル #teaceremony #中京区ホテル #nijojohotel #エディスターホテル #hedistarhotel #アメニティ #京都観光 #神泉苑パワースポット #桜パワースポット #おしゃれホテル #神泉苑法成橋 #kyototravel #kyotohotel #ホテル好き #神泉苑の桜 #二条城ホテル #京都恋愛成就 #大宮駅 #法成橋 #大宮駅ホテル #ホテル大好き #ホテル巡り #ホテル好きな人と繋がりたい #二条駅パワースポット #河原町ホテル #四条ホテル #京都パワースポット

ザ エディスターホテル京都二条(京都観光ホテル利用に最適)(@the_hedistar_hotel_kyotonijo)がシェアした投稿 –


ザ エディスターホテル京都二条は近くの観光名所をクオリティの高い写真で紹介しつつ、そこまでの徒歩での所要時間も明記することによって京都の地理に詳しくない観光客でも行きやすいように工夫した投稿をしています。さらに京都観光の際にタクシーを利用する場合には通りの名前で位置を告げると分かりやすいと言われていますが、このザ エディスターホテル京都二条のInstagramは「#堀川通」というハッシュタグも付けることによって、ホテル以外からアクセスしたいと考える観光客でも簡単にたどり着けるような配慮されています。

観光名所を紹介する際にも単にホテルからの距離と簡単な情報を投稿するだけではなく、観光名所の人気の理由や歴史的な背景も呟くことによって、様々な目的を持った観光客を集客することもできるでしょう。インスタ映えを求めている観光客だけではなく、パワースポット巡りが好きな観光客の需要も歴史的な事実を知りたい観光客の需要も満たしているため、単にホテルへの集客だけではなく京都全体への観光客の誘致にも貢献しているとさえ言われています。

もちろんザ エディスターホテル京都二条は外国人観光客の利用も多いため、「#teaceremony」(茶の湯)や「#kyototravel」といった外国人が京都を観光する際に重視している日本の伝統的な文化にまつわるハッシュタグも含めた英語のハッシュタグを利用しており、このザ エディスターホテル京都二条のフォロワーの中には京都近隣の住民や日本人だけではなく外国人も多いと言われています。まさに京都という土地柄の持つ特性を活かしたアカウント運用です。

【山口県】梅乃屋

 

この投稿をInstagramで見る

 

山口県下松市にございます、 瀬戸内海国立公園に位置する【笠戸島】から見る夕日の美しさは西日本有数の名所と言われています✨ . 湯田温泉から高速に乗り🚗💭約1時間、 徳山東ICで降りて約20分ほど走ると左右に海と自然が広がる笠戸島に到着です♫ . 島に入ってすぐの夕日岬ではゆっくりと太陽が沈んでいく姿を見ることが出来ますので、自然の雄大さに心が洗われる様な気持ちになります😌 . 上記の場所から🚗を少し走らせた先に、 国民宿舎大城があり、その向かいの外史公園の階段を登ると眼下に広がる海が🌊見渡せます🏖 . 連日コロナウィルスのnewsばかりで気も滅入りますが自然からパワーを貰えることってありますよね🍀 . 湯田温泉からですと、夕日を見るには夕食付きのプランでは間に合わないのですが、 当館では、朝食付きプランや素泊まりプランなど色々な用途に合わせたプランをご用意しております♨️ 皆さまのお越しを心よりお待ち致しております。 #笠戸島 #山口県 #下松市 #絶景スポット #夕日 #夕焼け #夕日岬 #ビュースポットやまぐち #山口市 #湯田温泉 #梅乃屋

梅乃屋(@umenoya0051)がシェアした投稿 –


山口県に位置する梅乃屋は、梅乃屋を利用する顧客が何を求めているのかを掴んだ情報提供をすることによって、観光客の利便性を大きく高めるInstagramの運用に成功しています。山口県だけではなく西日本としても有数の夕焼けの名所である笠戸島から見える日没の景色を紹介しつつ、そこまでの湯田温泉からのアクセス方法を紹介しています。さらに、それだけではなく笠戸島からさらに近くにある観光名所の国民宿舎大城も紹介することで土地勘のない観光客でも十分に山口観光を楽しめるような情報を提供しています。

ゆとりろ洞爺湖のように旅館やホテルのInstagramアカウントがお得なプランを紹介することは決して珍しいことではありませんが、この梅乃屋は湯田温泉からでは笠戸島の絶景の夕日に間に合わないという立地的な条件を勘案して、通常の夕食付プランではなく朝食付のプランや時間を気にしなくても良い素泊まりプランもあることをアピールしています。もちろん、連泊などで時間に余裕がある人や夕日ではなく他の目的のために泊まる人たちに向けた通常の夕食付プランもあるためそれぞれの目的に合わせてフレキシブルに梅乃屋を利用することが可能です。

こういった様々なプランがあることをPRするのはInstagramを利用しなくても公式ホームページやじゃらんや楽天トラベルといった外部サービスでも可能です。しかしながら、そうしたものはあくまで「湯田温泉に行きたい」や「山口県のホテルや旅館を知りたい」という明確なニーズを持った消費者への情報提供に留まってしまいます。ですが、Instagramを使えば「素敵な夕日の写真が見たい」という消費者に対して立地が良く様々なプランがある旅館があることをアピールでき、消費者の持つ潜在的なニーズに訴えかけて集客することができるのです。Instagramを活用する上でのメリットとして、この梅乃屋のように色々なニーズを持つ人に対してアカウント一つで一斉にアピールできるというものもあります。

【鹿児島県】鹿児島サンロイヤル

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 鹿児島サンロイヤルホテル 延期になっておりました、天川料理長の美食会 2020年7月13日(月)・14日(火)の2日間に分けて 開催する事になりました。 皆様に安心・安全にご利用頂けますよう 新型コロナウイルス感染拡大防止策を徹底して 皆様をお迎えしたいと思っております。 詳細は、当社ホームページをご確認下さい。 #鹿児島サンロイヤルホテル #サンロイヤルホテル #サンロイヤル #天川料理長 #美食会 #世界料理オリンピック #銀メダル #安心 #安全 #その先に #コロナに負けるな #いつもありがとうございます

鹿児島サンロイヤルホテル【公式】(@kagoshima_sun_royal_hotel)がシェアした投稿 –


鹿児島サンロイヤルは普段の投稿から食事に力を入れていることを消費者に対してアピールしているアカウントです。インスタ映えしそうなケーキの写真も投稿し、宿泊だけではなくカフェレストランも利用してみたいと消費者に思わせることに成功しています。新型コロナウイルスの影響で観光産業自体が厳しく宿泊客も減少傾向にある中で、レストランだけでも利用をホテル側としても大きなメリットがあるといえるでしょう。

さらに鹿児島サンロイヤルはInstagram上で世界料理オリンピックで銀メダルを獲得した料理長による特別美食会を行うという告知を行っています。これは料理長のフルコースを破格の値段で味わえるということで食事が好きな人はもちろんインスタ映えする料理の写真を撮りたい人からも大きな反響があるイベントです。さらに、この特別美食会に参加した人たちは、普段よりも圧倒的に安い値段でホテルに宿泊することができるというプランも用意されています。

SNSはファッション業界やコスメ業界のクーポンやキャンペーン情報の発信に使われることも多いですが、旅館・ホテル業界も新たなプランやお得なプランを積極的に紹介していくことで、今までとは違う消費者層に対するプロモーションができるようになっていくでしょう。

【沖縄県】ホテルサンパレス球陽館


旅館やホテルのInstagram活用は、お得なプランや周辺の観光地の情報発信が一般的な活用方法です。しかしながら、沖縄県にあるホテルサンパレス球陽館のような季節の移り変わりを感じるような投稿も多くのユーザーから支持されます。特に沖縄や北海道のように本州の大部分とは大きく異なる気候を持っている地域の場合、その土地独自のシンボルを投稿するだけで多くの観光客に「泊まってみたい」という意識を持たせることができるでしょう。

絶景や観光名所などの写真が観光客の心を掴み集客効果が高いのは言うまでもありませんが、このホテルサンパレス球陽館の事例のように日常の何気ない風景を切り取った写真でも、旅館やホテルの立地によっては多くの観光客を招致することも可能です。Instagramを活用して観光客を招致する旅館やホテルが増えているからこそ、旅館やホテルの魅力をアピールするだけではなく地域の特性やアピールポイント、観光客が来る際に求めている点を考えながら活用していくと良いでしょう。

旅館・ホテル業界がInstagramを活用する際の注意点

Instagramを活用することで多くの観光客を集客することは決して不可能ではありませんが、だからといってアカウントを開設すれば必ずしもそれだけで自動的に観光客を増やせるというわけではありません。アカウントを運用する上では、個人のアカウントを使う場合とは異なる注意点を覚えておかなければ、運用コストがかかるだけで無駄になってしまう恐れもあります。では、コスパ良く効率的にInstagramを活用して効果を出すためにはどうすれば良いのでしょうか。最後に旅館・ホテル業界がInstagramを活用する際の注意点を4つ紹介していきます。

画像はしっかり加工する

いくらインスタ映えという言葉が流行っているからといって、個人でInstagramを利用する際にはそれほどインスタ映えする写真にこだわる必要はありません。撮った写真をそのまま投稿しても良いですし、そもそも写真や動画をつけずに投稿することも決してInstagramの規約に違反しているわけではありません。しかし企業として考えた場合、ユーザーの大半がクオリティの高い写真や動画を求めている現状に即して、投稿の際にはクオリティの高い写真や動画を添付する方が集客効果も高くなるでしょう。もちろん、ホテルサンパレス球陽館のように日常で撮った写真を投稿する際にも、手ブレがないのはもちろん逆光になっていたら補正したり、より見やすく見えるように色調補正を行う方が集客効果は高まります。

あさやの例でも紹介はしていますが、投稿する画像のクオリティが高ければ高いほど観光客が他の旅館やホテルよりも、選んでくれるようになることは言うまでもありません。地域独自のパイナップルやハイビスカス、雪景色や満開の桜などの集客しやすいシンボルを持っている旅館やホテルほど、他の地域との差別化は図りやすくても周りの同業他社との差別化は図りづらくなってしまいがちです。同じ地域にある他の旅館やホテルと比較された時に負けないよう、画像はアプリなどを用いてしっかり加工し観光客の興味を惹きつけていきましょう。

ハッシュタグを付けすぎない

ハッシュタグをつけることで投稿がInstagramユーザーの目に留まる機会を大幅にアップさせることが可能です。しかしながら、だからといってハッシュタグを付けすぎてしまうと投稿が見やすくなってしまい、どんなにクオリティの高い写真や動画を用意していても効果は半減してしまいかねません。さらに、多くのハッシュタグはInstagramユーザーに「集客に必死過ぎるから訳ありなのかもしれない」や「関連性が低いのに色々なハッシュタグ検索に出てきて検索の邪魔だからブロックしておこう」など集客どころか悪いイメージを抱かれてしまう恐れがあります。ハッシュタグをつけて投稿することは重要ですが、付けすぎないように注意しましょう。

投稿頻度を維持する

色々なSNSがある中で、それぞれのSNSの使い方が違うため適切な投稿頻度は異なってきます。たとえばTwitterであれば一気に多くのアカウントをフォローしていて流し読みしているユーザーが多いため一日に十件程度投稿してもそれほど気になりませんが、Instagramの場合は画像を並べてじっくり見たいと考えるユーザーが多いため、投稿が多すぎると他のアカウントの閲覧の邪魔になってしまいアンフォローされてしまうリスクが高まります。多くても一日に一回、基本的には二~三日に一回程度の投稿に留めてユーザーから邪魔な企業であると思われないように注意しましょう。

もちろん投稿が多すぎるのはユーザーに嫌われる一因になりますが、だからといって少なすぎる投稿も意味がありません。投稿が少なすぎると、そもそもフォローしている価値がないと見なされてしまう恐れもあるでしょう。しかし、Instagramアカウントを実際に運用してみると分かりますが、実は数日に一度投稿できるレベルのクオリティの画像や動画を継続的に用意するのはそれほど簡単なことではありません。

もし画像や動画の用意が難しくInstagramの投稿頻度が下がってしまいそうになった時には、銀山荘の事例で紹介したようにユーザーの投稿をリポストしていくのもおすすめです。リポストしていくことでユーザーとのエンゲージメントを高められるだけではなく、クオリティの高い画像や動画を定期的に投稿することが可能になります。ぜひリポスト機能も駆使して投稿頻度を維持してください。

インフルエンサーを起用して訴求力を高める

旅館やホテル業界がInstagramを利用することで、今までは違う宿泊施設に泊まっていた観光客を一気に集客することが可能です。しかし、Instagram上でのみ情報を発信していても、そもそも観光に対する潜在的なニーズを持っている層にしか訴求力を発揮することはできません。それだけではなく、観光予定がない層のインサイトを刺激していくためにはインフルエンサーを起用することも重要です。

インフルエンサーを起用して旅館やホテルを紹介してもらえば、インフルエンサーのファンが多く宿泊してくれるようになるでしょう。体験型のイベントを多く紹介しているタイプのインフルエンサーであればコラボレーションも企画できるかもしれません。どの業界においても、Instagramを活用する際にはインフルエンサーを起用することでアカウントの知名度を大幅に上げて集客力をアップさせることは可能です。旅館やホテル業界も、積極的にインフルエンサーを起用して今までとは違うユーザー層にもアプローチを仕掛けていってください。

旅館・ホテル業界はInstagramを積極的に活用していこう

旅館やホテルというと、予算によって年齢層が決まりがちなためなかなか新規顧客の開拓は難しいと言われています。しかしながら、Instagramを活用することによって今までは旅館やホテルの存在すら認知していなかった層に対しても効果的なアプローチができるでしょう。今までアカウントを持っていなかったという人も、ぜひすぐに開設して大きな訴求力を体験してみてください。

また、既に紹介したようにアカウントを開設してもそれだけでは一気に集客効果を実感することはできません。そういった時はインフルエンサーを起用してアカウントの知名度を上げるのもおすすめです。インフルエンサーの中には旅行の情報を定期的に発信し、旅行に関するニーズが高い層を多くフォロワーとして抱えているインフルエンサーもいるため、そうしたインフルエンサーを起用することで大きな集客効果を得られるでしょう。

そういったインフルエンサーの起用を検討している場合は、ぜひ「コラボマーケティング」にご相談ください。旅館やホテルのイメージや集客したい層に合わせたインフルエンサーの紹介はもちろん、より効果的な起用方法など悩みがちな点に対して親身にサポートさせていただきます。