InstagramもSEOでハックする!インスタにおけるSEOの概要と対策方法

InstagramでもSEO対策をして閲覧者を増やそう!

「サイトの閲覧数を上げるためにSEO対策をしなければならない」や「最近はSEOを意識したホームページが増えている」といった言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。SEOはホームページを運用している企業であれば必ず頭に入れておかなければならない考え方です。

また、最近ではホームページだけではなくInstagramでもSEO対策をすることによって閲覧者を増やすことができ、結果的に企業アカウントのフォロワーが増えて情報発信の効果が上がり、企業の売上や利益額を増やすことに貢献することもできます。ホームページを運用している企業はもちろん、Instagramのアカウントを持ち定期的にフォロワーに対して情報を発信している企業も、SEO対策を意識しながらアカウントを運用していくようにしましょう。

SEOについて知っておきたい基礎知識

言葉としては既に広く知られている「SEO」ですが、実際はどのようなものかを知らないという人も少なくはありません。まずはここで、SEOがどういったものかという基礎知識や、SEO対策をするべき理由や、それによって得られるメリットやデメリットについて確認していきましょう。

SEOとは

SEOとはそもそも、「Search Engine Optimization」の頭文字をとった言葉であり日本語に訳すと「検索エンジン最適化」という意味を持っています。すなわち「SEO対策を行う」ということは「検索エンジン最適化を行う」ということ、つまり「検索エンジンでユーザーが単語を検索した時、上位に表示される可能性を上げるためにサイトをカスタマイズする」という意味を持ちます。

SEO対策の方法としては、外部サイトからのリンクされる被リンク率を増やして外部サイトからの閲覧者流入を増やす方法や、検索エンジンから自分のサイトがヒットしやすいようにサイトの内部構造を技術的に変更する方法などがよく知られています。こういったSEO対策をすることにより、GoogleやYahooといった検索エンジンをユーザーが利用した時にサイトを閲覧する可能性が増え、必然的にサイトに掲載している情報が人の目に触れる機会を増やすことが期待されています。

SEOを考えるべき理由

SEO対策を行うことによって、検索エンジンで上位に自サイトが表示されるようになるのでサイトの閲覧者をSEO対策を行う以前よりも圧倒的に増やすことが可能になります。もちろん、既に解説したようにサイトを閲覧する人数が増えることによって、サイトから利用できるオンラインショップの売上額が上昇したり、オンラインショッピングができなくても店頭に足を運んで商品を購入してくれる人を増やすことが期待されています。

しかしながら、SEO対策をすべき理由は単にサイトの閲覧者を増やすことが最終目的ではありません。サイトの閲覧者を増やすことにより、サイトを作成した目的を達成させることが重要です。サイトを作った目的がオンラインショップの活性化であるならば、サイト自体をオンラインショッピングが行いやすいようにレイアウト変更する必要がありますし、そもそもオンラインで購入したいという欲求を持っている閲覧者を多く集めるようなSEO対策をする必要があります。一方、オンラインショッピングも可能にしているものの、それよりも重視したいのは商品紹介であり実際には店頭に足を運んでもらうことが好ましい業界の場合は、商品紹介の情報量を増やして見やすいサイトを構築し、類似した商品や競合他社の商品に興味を持って検索エンジンを利用した閲覧者も自サイトを閲覧するようなSEO対策をしなければなりません。

すなわち、SEO対策の最終的な目標は単に閲覧者を増やすことだけではなく、閲覧者を増やすことによってサイトを作った目的であるコンバージョンを達成することであると考えられるのです。

SEOによるメリット

SEO対策を行う企業がたくさんあることからも分かるように、SEO対策によるメリットは非常に多く存在しています。まず第一に、SEO対策は無料で行うことができるため広告と違ってコストがかかりません。予算に余裕がない企業でも対策できるというのが最大のメリットであると考えられています。

また、GoogleやYahooといった検索エンジンで上位に表示されることにより、今までの既存の顧客だけではなく新規の顧客が流入してくれる可能性も高くなります。すなわち、企業としては中長期的な売上額の確保が期待できるようになるでしょう。さらに、正しくSEO対策が行えていれば検索エンジンから流入してくる顧客は、コンバージョンを達成させてくれる可能性が高い顧客です。企業としてもターゲット層が自動的に自社に興味を持ってくれるため、コンバージョンの達成が容易になります。それだけではなく、サイトの閲覧者が増える以外にも検索エンジンで上位に表示されるということは、企業名を目にする人が増えるということでもあります。すなわち、実際に企業のサイトを閲覧しているわけではなくても企業の存在を認知する人が増えるということで、SEO対策を行うことはブランディングの効果もあると考えられています。

SEOにおけるデメリット

非常に効果が高く、無料ということで実施している企業も多いSEO対策ですが、実はデメリットも存在しています。どのようなデメリットが存在しているのか、SEO対策を行う前にデメリットのリスクも頭に入れておくようにしましょう。

まず、コストの面ですがSEO対策は確かに基本的には無料で行うことができます。しかしながら、SEO対策は基本的に1ページに対して1つのテーマが基本です。すなわち1枚の情報量が多いページを作れば良いのではなく、テーマごとに質の高いページを複数作らなければなりません。これによってSEO対策が可能になるといっても、人的なコストが非常にかかってしまうことが分かるでしょう。

そのようにSEO対策を行っても、すぐに大量に閲覧者が流入してきて中長期的な売上額が確保できるわけではありません。SEO対策のための変更がすぐに検索エンジン側にも反映されるわけではないので、短期間で効果を実感することはできません。SEO対策を行ってからも数週間は以前と状況が変わらない可能性が高くなります。また、SEO対策を行う分野に競合他社が多い場合は、どれだけSEO対策を行っても検索エンジンの上位に表示されずに徒労に終わってしまう可能性もあるでしょう。

また、SEO対策を行う際に念頭に置いておかなければならない最大のデメリットは、SEO対策を行って一度上位に表示された企業でも検索エンジン側のアップデートやアルゴリズムの変更によって順位が大きく変動してしまう恐れがあるという点です。すなわち、どれほど時間をかけてSEO対策を行い検索エンジンで上位に表示されるようになっても、検索エンジンの内部の変更により、その努力が無駄になってしまうリスクが十分にあります。SEO対策は現代の企業において必ず覚えておかなければなりませんが、一方でSEOだけに頼るのはリスクが大きいことが分かるでしょう。

InstagramでSEO対策をする目的は?

ここまでで紹介してきたように、一般的にはSEO対策はホームぺージを運用している企業が考えなければならないものです。しかしながら、InstagramにおいてもSEO対策をすることは大きな効果を得ることができます。

基本的にInstagramはフォロワーにしか情報が届かず、なかなか新しいフォロワーを増やすことができないという特徴があります。しかしながら、InstagramにおいてもしっかりSEO対策をすれば検索エンジンからアカウントを閲覧する人が増え、結果としてフォロワーを増やすことも可能でしょう。

もちろんInstagramにおいてもSEO対策をする目的は単に検索エンジンのInstagramの投稿を表示させるだけではありません。その他の3つの目的についても考えてみましょう。

企業の知名度を上げる

既に紹介した通り、Instagramの投稿は基本的にフォロワーにしか届けることはできません。すなわち店頭のポップアップやメールマガジン、ホームページ上でInstagramアカウントを運用していることを告知しない限り、なかなかフォロワーが増えることはないでしょう。そうすると既に企業の熱烈なファンとなっている消費者にしか情報が届かず、企業の知名度も現状維持のままになってしまいがちです。

しかし、フォロワー以外に対してもInstagramの投稿を届けることができる唯一の手段がSEO対策を行うことです。InstagramでSEO対策を行って検索エンジンの上位に表示させることができれば、フォロワー以外にも投稿を表示させ、結果的に企業の知名度が上がるというブランディングの効果が期待できるでしょう。実際に投稿内容の詳細までチェックする閲覧者はそれほど多くなくても、サイトと同じようにInstagramの投稿も検索エンジンの上位に表示させることにより知名度を高める効果が期待できるのです。

固定ファン以外の消費者の心も掴む

検索エンジン上でもInstagramの投稿が表示されるということは、単に企業の知名度を上げるだけではありません。もちろん検索エンジン上で企業名を表示させる回数自体を増やすことだけでもブランディングは期待できますが、それだけではなく実際に投稿を見る人が増えると固定ファン以外の消費者に対する訴求力が期待できるでしょう。

検索エンジンに表示された投稿が気に入り投稿を保存することもあるでしょうし、企業自体のファンにならなくても商品を気に入って購入する可能性もあります。もちろん、その投稿をきっかけにアカウントのフォロワーとなることもあるでしょう。いずれにせよ、InstagramにおけるSEO対策は既に固定ファンとなっているフォロワー以外の情報伝達のための方法として重視されているのです。

自社アカウントのフォロワーを増やす

アカウントのフォロワー自体が増えなくても、投稿自体を気に入る人や商品を単独で買うユーザーがいることを期待してInstagramのSEO対策をするのは決して無駄なことではありません。しかしながら、やはりInstagramにおけるSEO対策が重要な理由としては自社アカウントのフォロワーを増やす効果を期待できます。

検索エンジンからInstagramの投稿を見てフォロワーになる人が増えるだけではなく、フォロワー数が多いアカウントの投稿はInstagram内でも人気投稿としてピックアップされる可能性が高まります。すなわち、検索エンジンからの流入のみに期待しなくても、元からInstagramの利用率が高いフォロワーを獲得できる可能性があるのです。検索エンジンから流入した人は、フォロワーになってくれたとしてもそもそもInstagramをあまり確認する習慣がなく、せっかくの情報発信が無駄になってしまうリスクもあります。しかしInstagramの人気投稿として表示されれば、そうしてリスクも防ぎつつ非常に効率的にアカウントのフォロワー数を増やすことができるでしょう。

InstagramにおけるSEOの対策方法と注意点を紹介

ではInstagramにおけるSEO対策は、どのように行っていけば良いのでしょうか。ここでは効果的なSEO対策の方法を5つと、それぞれを行う際の注意点を併せて紹介していきます。InstagramにおいてSEO対策を効果的に行い、フォロワー数を現在よりも増やしたい人は参考にしてください。

①ハッシュタグの最適化

Instagram内での検索には、ハッシュタグが使われる場合がほとんどです。そのため投稿に使用するハッシュタグを工夫することはInstagramにおけるSEO対策となり投稿の閲覧者数、ひいてはフォロワー数を増やす効果が期待できるでしょう。ハッシュタグはキャプション部分の最後にまとめて付けることも多いですが、文章内に使うことも可能です。投稿の内容や使用するハッシュタグの雰囲気に合わせて使い分けていくと良いでしょう。

ただし、ハッシュタグを増やすことによってInstagram内の検索にピックアップされる可能性や検索エンジンからの流入者数が増える可能性があるからといって、いたずらに使用するハッシュタグの個数を増やすのは推奨できません。ハッシュタグを付けすぎると投稿が見づらくなるだけではなく、明らかに投稿ごとの閲覧者数を増やしたいという企業側の思惑が透けて見えてユーザーから反感を持たれてしまう可能性があります。

さらに複数のハッシュタグを使うことによって、投稿そのものの内容とかけ離れたハッシュタグになってしまうリスクもあり、ユーザーの利便性を下げてしまうアカウントだと見なされる恐れがあるでしょう。そうなってしまうと、どんなに写真のクオリティや投稿自体の情報量を上げてもユーザーが離れていってしまうこともあります。使うハッシュタグは厳選し、投稿に必要なものだけを使うようにしましょう。

②位置情報の活用

Instagram内の検索としてハッシュタグと並んで使われる頻度が高いのは、位置情報を使用した検索方法です。そのため、投稿をする際には基本的に位置情報を添付して投稿することで、その場所を探しているユーザーの目に留まりやすくなります。もちろんInstagram内だけではなく検索エンジンから流入してくるユーザーに対するSEO対策としても効果は発揮できるでしょう。

特にファッションブランドで実店舗からおすすめのコーディネートを発表する場合やカフェなどが新商品の情報を発信する時、また観光地や旅行業界の企業アカウントがおすすめの観光地を紹介する時などは位置情報を積極的に使っていくと良いでしょう。たまたま近くにいる人が検索時に気になってフォロワーとなってくれる可能性を高めるだけではなく、実際に店舗に来店してSEO対策だけではなく売上に直結する効果も期待できます。ハッシュタグは一つの投稿に対して過剰につけてしまうとユーザーに反感を持たれる可能性もありますが、位置情報であれば一つの投稿に一つつけるのは全く不自然ではないので使うことを習慣化するのもおすすめです。

③ユーザー名等、プロフィールにおける対策

さらにInstagramのSEO対策はユーザー名やプロフィールにも注意を払う必要があります。特にユーザー名には企業名を明記して、検索エンジンのワードが引っかかりやすいようにしておきましょう。企業名によく知られている略称がある場合には、プロフィール欄にその略称を書いておくことで検索の一致率を高めるだけではなくユーザーに対して分かりやすいアカウントにすることも可能です。

また、ユーザー名は一度決めた場合は頻繁に変更しないようにしましょう。何度もユーザー名を変更してしまうと、フォロワーがどのアカウントをフォローしているのか分かりづらくなってしまう恐れがあります。ユーザー名を変更したことによって、フォロワーに誤ってフォローしたアカウントだと誤解されてアンフォローされてしまうこともあるでしょう。また、今までにユーザー名がタグ付けされていた場合はユーザー名を変更することによってそのハッシュタグからの流入ができなくなってしまいSEO対策として大きな損害を被る恐れもあります。プロフィール文であればシーズンに応じて変更するのも良いですが、ユーザー名は頻繁に変更しないよう注意してください。

④適切な更新頻度の維持

InstagramのSEO対策を行う際には、そもそものInstagramアカウント自体の価値を高めることも並行して行わなければなりません。たとえどんなに最適化されたハッシュタグを使い閲覧者やフォロワー数を増やすことに成功したアカウントであっても、更新頻度が好ましくないアカウントでは意味がありません。SEO対策だけではなくInstagramアカウント本体の更新頻度にも気を配るようにしましょう。

たとえば一日に何度も更新してしまうと、フォロワーのホーム画面が一つのアカウントの投稿だけで埋まってしまいます。一見、企業にとっては多くの情報をユーザーに届けられている状況に思われるかもしれませんが、一方でユーザーにとっては他のお気に入りの企業アカウントの情報や、友人や知人の投稿が見づらくなってしまうでしょう。そうすると、どんなに好きな企業であってもフォローしておくことがストレスになってしまい、アンフォローを選択してしまう可能性もあります。一方で、フォロワーの利便性を損ない投稿回数を制限しすぎるのも決して好ましくはありません。たとえばイベントやセールの時にだけ情報を更新するアカウントは、ユーザーにとってはフォローする価値のないアカウントだと思われてしまう恐れがあります。わざわざそのアカウントをフォローしていなくても、他のアカウントがセールのタイミングを告知した時点でアカウント名を検索し、クーポンなどを取得するだけで構わないと考えてアンフォローすることもあるでしょう。

アカウントをフォローした時点で、ユーザーはお得な情報がほしいだけではなく企業から発信される日常的な情報に対する興味も抱いていると考えられます。すなわちファッションブランドのアカウントであれば日常的に真似しやすいコーディネートや着回しの紹介、気候が変わった時の商品の手入方法といった情報を発信することでユーザーへのアカウント価値を高めることができます。ファッションブランドに限らず、新商品やキャンペーンの案内だけにアカウントを使用してしまうのは非常にもったいない使い方です。商品を普段使いしている人が参考になるような情報を定期的に発信し、キャンペーンなどイベントシーズン以外にもフォローしておく価値のあるアカウントであることをアピールしなければなりません。

そのために最適だと言われている投稿回数は1日に1回~3日に1回程度だと言われています。それ以上の頻度で投稿してしまうとユーザーのホーム画面の邪魔になってアンフォローされてしまうリスクが高まりますし、逆にそれほど更新しないアカウントは無意味だと思ってアンフォローされることもあるでしょう。また、新規にフォロワーを増やしたい場合でも、更新頻度が低い場合は既に使われていないアカウントだと誤認されて、フォロワーを増やす機会を失ってしまう恐れがあります。そうならないためにも、アカウントを開設した時点でフォロワーに継続的に情報を届けるためにも適切な更新頻度を維持するようにしましょう。その際に最適化されたハッシュタグや位置情報を添付し、Instagram内に限らず検索エンジンからの流入数も増やすことによってInstagramのSEO対策をすることができるのです。

⑤投稿内容のクオリティを上げる

最適化されたハッシュタグと位置情報を添付して最適な頻度で更新をするだけでも、だいぶInstagramのSEO対策としては効果的でしょう。ただし、こういった方法はあくまでInstagramのSEO対策でしかありません。そもそもInstagramはSEO対策を最優先するものではなく、どちらかといえば写真や動画の投稿によってフォロワーを惹きつけるために使われるものです。そのため、SEO対策にこだわりすぎて投稿内容のクオリティを下げないように注意しましょう。

たとえば使いたいキーワードをふんだんに盛り込み過ぎて、キャプションが長くなってしまうと投稿自体が見づらくなってしまいます。もちろんレシピやキャンペーン情報の案内など情報量が必須とされる項目においてはキャプションが長くても問題なく、むしろ歓迎されることもあるでしょう。しかしながら、そうした投稿ではない通常の投稿に関しては長すぎるキャプションはアカウント自体の世界観を壊してしまうことに繋がりかねません。キャプションが長すぎると、ハッシュタグを付けすぎた時と同じようにユーザーから反感を持たれてしまう恐れがあります。さらに、画像や動画を見るためにInstagramを利用しているユーザーが多いため、どんなにキャプションに情報量を詰め込んでも読まれることすらないという恐れもあるでしょう。キャプションにキーワードを盛り込む際にも、アカウントの世界観を損ねることがないような適切な文章量となるように注意しなければなりません。

もちろん、キャプションの文章量だけではなく添付する画像や動画のクオリティにもこだわる必要があります。同じ商品を撮影した写真でも、レイアウトなどもこだわらずに撮影しただけの写真と、レイアウトや背景に使用する小物にもこだわり画像の編集を駆使した画像ではユーザーに対する訴求力が大きく異なります。TwitterやFacebookの場合は文章による情報を好み、画像や動画を非表示にしているユーザーもいる一方で、Instagramを愛用しているユーザーの場合は文章よりもむしろ画像や動画の閲覧を好んでいると言われています。ハッシュタグからの閲覧者の流入や、あるいはInstagram外部の検索エンジンからの閲覧者の流入といったSEO対策のみを考えると文字だけの対策で良いと誤解してしまいがちですが、あくまでInstagramに求められているものはクオリティの高くフォローし続ける価値があるとユーザーに思わせるような画像や動画であることを忘れてはいけません。

更新頻度の維持やSEO対策にこだわりすぎて、キャプションが冗長になりすぎてしまったり添付する画像や動画のクオリティが損なわれるといった本末転倒の投稿にはならないように十分に注意しながらアカウントを運用していきましょう。

企業がInstagramにおいてSEO対策を効率的に行う方法

企業がInstagramにおけるSEO対策をするためには最適化されたハッシュタグの使用や位置情報の利用、分かりやすいユーザー名やプロフィール文章の構築や適切な更新頻度の維持、そして投稿のクオリティを維持するといった方法があります。

しかし、そういったことを全て考えてSEO対策をするのは意外と困難です。では、効率的にSEO対策をするために最低限知っておくべきことはどういったことなのでしょうか。最も効率的にInstagramのSEO対策をするための最低限の方法を3つ紹介していきます。

ハッシュタグを利用する

Instagramの検索方法といえば、先ほど解説したようにハッシュタグを利用する方法が最もスタンダードです。そのためSEO対策をするために最も効率的なのはハッシュタグを利用する方法です。ハッシュタグを利用することよって、多くの閲覧者を獲得し結果的にフォロワーも増やすことができるでしょう。

もちろん先ほど紹介した位置情報の添付も使う人が多い検索方法ですのでInstagramでSEO対策をする時に欠かすことはできませんが、位置情報の場合は近くに住んでいたり通勤や通学で普段からその地域を通る人にしかメリットがないといった一面があります。すなわち、東京にしか拠点を持たない店舗が頻繁に位置情報を添付した投稿をしても、地方に住んでいて東京に行く機会がないフォロワーにとっては価値がない情報になってしまいますし、既にフォロワーではない人もわざわざ自分が行く機会のない場所の位置情報で検索することはないでしょう。その点、ハッシュタグであれば「#新商品」や「#雑貨」といった汎用性の高いハッシュタグを添付して投稿することにより、地域を問わず多くのユーザーの目に留まりやすくなります。そこから投稿している写真を気に入りフォロワーになってくれる人を増やすことができるでしょう。

そのため、InstagramでSEO対策を行う際に最も優先して取り組むべきなのはハッシュタグの最適化であり、その他の対策に手が回らなくなった場合でもハッシュタグの添付だけは忘れてはいけないのです。

投稿の価値を高める

ハッシュタグや位置情報によるInstagramのSEO対策は、どちらかといえば文字の力に頼ったスタンダードなSEOの対策です。それだけではなく投稿する画像や動画のクオリティを上げることにより、Instagramユーザーの興味を惹ける可能性も高まるでしょう。そのためInstagramのフォロワーを増やす際には投稿のクオリティを維持するために画像や動画の準備に時間をかけることは避けられません。

しかし、それ以外にも投稿の価値を高める方法はあります。そもそもInstagramのフォロワーは単に画像や動画を閲覧するためにフォローしている人もいますが、一方で企業が発信するお得な情報を手に入れるためにフォローしているという人も少なくはないでしょう。そのためInstagramのフォロワー限定で使えるクーポンコードの配布や、フォロワー限定のシークレットセールの案内なども行いつつ、投稿の価値を高めることも重要です。

フォロワーに限定したお得な情報を発信することで投稿の価値が高まり、「このアカウントはアンフォローしてしまうとお得な情報を見逃してしまうかもしれない」という意識をユーザーに持たせることが可能になります。Instagramはフォロワー数を増やす方法を考えるのも大切ですが、それと同時にアンフォローの数を減らす方策を考えなければ安定した売上に繋げることはできません。そのアンフォローの数を減らす方法の一つとして、ユーザーが見逃したくないと考えるような情報の発信を不定期に行い、投稿の価値を高めていくことを忘れないようにしましょう。

インフルエンサーを起用する

Instagramに限らず、ホームページにおけるSEO対策も、そもそも閲覧者を増やしてページへの流入者を増やすことにより、コンバージョンを達成することが目的です。そのため、InstagramにおいてもSEO対策をする際には投稿自体の閲覧者を増やしアカウントの知名度を上げることが必須となるでしょう。そのため、InstagramにおけるSEO対策ではInstagramの特性を活かしてインフルエンサーの起用も非常に効果的です。インフルエンサーはInstagramに限らずTwitterやYouTubeなどでも活躍していますが、それでもやはり活動の中心の場はInstagramにあると言われています。すなわちInstagramのユーザーは他のSNSと比べてインフルエンサーの影響を受けやすい人も多いのです。

インフルエンサーの影響を受けやすい人が多いInstagramですので、インフルエンサーを起用することによりアカウントの知名度を飛躍的に高めることができます。インフルエンサーに商品を提供して商品を紹介するだけでも効果を得ることはできますが、さらにインフルエンサーにオンラインショップで使えるクーポンコードを配布してもらったり、ハッシュタグを使ったキャンペーンの周知をしてもらうことにより、今までよりも多くのユーザーの目に触れる機会を増やせるでしょう。企業が狙うターゲット層を抱えるインフルエンサーを一人起用するだけで、細かなSEO対策をするよりも圧倒的に効率良くフォロワーを増やすことも可能です。さらにSEO対策は時間がかかることがデメリットとして存在していると紹介しましたが、著名なインフルエンサーを起用することができれば一つの投稿が瞬く間に広がり施策開始からタイムラグなく結果を得ることも可能です。

さらに、SEO対策を行う際には検索エンジンのアルゴリズム変更によって順位が変動するというリスクがあるため、ユーザー名やプロフィール文、キャプション欄に検索エンジンを意識した単語を取り入れて文章を記入してもすぐに効果が失われてしまうこともありました。しかしインフルエンサーを起用するSEO対策の場合は、検索エンジンからの流入に対してはそれほど効果を発揮しないもののインフルエンサーがフォロワーを失わない限りは効果を失うことがないというメリットもあります。

基本的に無料で行えるSEO対策と比べるとインフルエンサーの起用にはコストがかかってしまいますが、それでも得られる効果の大きさと人的コストの削減率を考えるとインフルエンサーを起用するSEO対策がいかに効率的か分かるでしょう。

Instagramを有効活用してSEO対策をしっかり行おう!

SEO対策といえばホームページの対策が主流であり、InstagramでのSEO対策というのはピンと来ないと考える人もいるでしょう。しかし多くの消費者がInstagramに投稿された内容を元に自分の消費行動を決定している現状を考えると、InstagramのSEO対策も既に見過ごせないものとなっています。これからはSEO対策をする際にはInstagramも含めて考え、よりInstagramアカウントの価値を高めていくと良いでしょう。

さらに、ここで紹介したようにInstagramのSEO対策においてはハッシュタグの利用や投稿内容のクオリティを上げることも重要ですが、インフルエンサーを起用する方法が最も効率的かつ短期間の効果を実感することができます。もしインフルエンサーを起用して効率的にInstagramのSEO対策をしたいのであれば、起用するインフルエンサーの選定もプロの手に任せることによってさらに効率的にSEO対策をするのも良いのではないでしょうか。

トリドリマーケティング」であれば各企業のターゲット層に応じたインフルエンサーの紹介だけではなく、インフルエンサーの起用方法の提案なども可能です。ぜひご利用を検討してみてください。