食品・外食業界のInstagram活用事例と効果的なキャンペーン

食品・外食業界はすぐにでもInstagramを活用するべき本当の理由

近年、様々なソーシャルメディアを利用したマーケティングが、大きな注目を集めています。特に、Instagramを活用したマーケティングは、多くのメリットがあることから、積極的に取り入れる企業も少なくありません。一方で、ソーシャルメディアの特徴がわからないといった理由や、ソーシャルメディアマーケティングに関するノウハウがないという理由から、取り入れない企業も存在します。

それぞれの企業事情や特徴などから、どのようなマーケティングを実施することも、また実施しないことも自由です。しかし、食品・外食業界であったり、関連事業を行っている企業であるなら、すぐにでもInstagramを活用したマーケティングを実施すべきでしょう。なぜなら、Instagramを活用したマーケティングと、食品・外食業界は非常に相性がいいからです。Instagramを活用したマーケティングを実施することにより、これまで得られなかった様々なメリットを得ることができますし、新しい要素や顧客層を獲得することもできます。

Instagramを活用するべき理由

Instagramを活用したマーケティングは、企業にとって様々なメリットがあります。特に、Instagramの特徴、職種の特徴から、食品・外食業界により適していると言えるのです。まだ、取り入れたことがない、ソーシャルメディアマーケティングに抵抗を感じるなどの企業は、これから紹介する活用理由を読み進めてみましょう。Instagramがもたらす多くの利点を理解し、マーケティングとして取り入れるか否か、検討してみてください。マーケティングに取り入れる際は、トリドリマーケティングなどの専門企業に助言を求めるなどし、スムーズに実施していきましょう。

媒体の特徴

Instagramは、写真を投稿するソーシャルメディアです。思想や関係性を重要視する媒体ではなく、写真の美しさや世界観を楽しみます。現在では、短い動画投稿、24時間で消える動画映像の投稿も可能となりましたが、それでもInstagramは、写真の一瞬の美しさを楽しむ媒体として活用されることがほとんどです。このような特徴は、食品・外食業界に大変適しています。

文字を活用する媒体であれば、食品や外食メニューの特徴を伝えきれません。材料や様子を言葉で表現することも可能ですが、写真の表現力には敵わないでしょう。YouTubeやTik Tokなどの動画投稿媒体が適していると考える人もいるかもしれませんが、プロのカメラマンでもない限り、食べ物を美しく撮り続けるということは不可能です。仮に魅力的に撮影できたとしても、「早く食べなければ迷惑」「不謹慎」などとクレームを付けられる可能性もあります。「食」の魅力を最大限に伝えられ、さらに一瞬の美しい状態で保存できるため、Instagramは食品・外食業界に適したマーケティング媒体なのです。

拡散力

食品・外食業界に限ったことではありませんが、魅力的な商品・サービスを作成しても、大勢に周知できなければ意味がありません。魅力的なものを作り続けていれば、消費者の方から寄ってくるという世界でもないのです。商売では、魅力的な商品・サービスを作ることはもちろん、それを効果的な方法で周知させることが求められます。

そのため、Instagramが適しているのです。Instagramは、大きな拡散力を持っています。Instagramのユーザーは、日本国内だけで3,300万人以上です。毎年、200~900万人程度増加しています。海外を含めた場合、利用者は10億人以上です。利用者の多さは、拡散力に影響します。大勢が集まる場所で、マーケティングを実施した方が、効率的なのです。また、Instagramが持っているのは、単純な拡散力だけではなく、訴求力の高い拡散力です。

訴求力

訴求力とは、特定の商品・サービスの魅力を発信し、消費者に購買行動を促す力の度合いを表しています。訴求力が高い程、消費者に購買行動を促しやすく、売上上昇が期待できるのです。Instagramには、単純な拡散力だけではなく、この訴求力も備わっています。Instagramに、訴求力が備わっている理由は、インフルエンサーとフォロワーが関係していると言えるでしょう。

Instagramには、インスタグラマーと呼ばれる影響力を持つ人物と、フォロワーと呼ばれるファン層が存在します。フォロワーとは一般ユーザーであり、企業にとっての消費者です。フォロワーは好意的な理由から、インスタグラマーのフォロワーとなり、様々な影響を受けます。購入する商品や日常生活、趣味や趣向まで影響を受けることもあるのです。

これほど多くの影響を受けてしまうのは、インスタグラマーを信頼しているからです。インスタグラマーに絶大な信頼を寄せているため、インスタグラマーが発信した情報を素直に受け取ります。それが、訴求力に繋がるのです。企業の依頼を受けインスタグラマーがマーケティングを行うと、高い訴求力からより多くの効果を得ることが可能となります。また、情報発信者が影響力を持つインスタグラマーではなかったとしても、一定数以上の訴求力が備わっているのです。その理由は、情報に関する信頼度が関係しています。

情報に関する信頼度

Instagramには、インフルエンサーのように影響力を持っていない人も多数存在します。一般人として、日常生活を投稿したり、趣味やその他様々な写真を投稿しているのです。このような一般人であっても、前項のような訴求力を持ち合わせています。インフルエンサーのように、大きな拡散力と併用していませんが、訴求力の高さは一定数を超えていると言えるでしょう。拡散力や影響力を持っていない一般人が、訴求力を持っている理由は、消費者と同じ「一般人」だからです。

一般人として、損得勘定なく情報を発信していると認識されるため、情報の信頼度が高く、訴求力も高まります。マーケティング行為だけを行うインフルエンサーよりも、高い訴求力を持っていることもあるのです。このようにInstagramには、一般利用者であっても訴求力を持っている人が多いことから、マーケティングの場として適していると言えます。

全ての職種に関するマーケティングに適しているのではないか」と考える人もいることでしょう。確かに、多くの職種に適用しやすい媒体ではあります。しかし、特に、食品・外食業界に適しているのです。その理由は、食品・外食業界が日常に大きく関係している物であり、Instagramの活用方法に関係しています。

検索ツール

Instagramは、趣味・趣向が類似した人物や投稿を探す、娯楽的要素として使用されてきました。そのため、芸術関連の検索ワードが上位となっています。しかし近年、娯楽的要素での活用から、日常生活に関する情報検索ツールとして使用され始めました。日常生活で感じた疑問から、日常生活に欠かせない情報の検索など、より生活に密着した使われ方をするようになります。そのため、芸術関連が上位を占めていた検索ワードに、日常関連のワードがランキングするようになったのです。日常関連ワードとは、「食」や「インテリア」「ヘアアレンジ」などです。

「食」に関するワードでは、海外でも通じる「yummy」「food」や「카페(カフェ)」「먹스타그램(食スタグラム)」なども積極的に使用されるほど、人気となっています。このような状況から、「食」に関連する事柄は、Instagramでは特に人気のジャンルであることが分かるでしょう。そのため、Instagram内で、食品や外食業界関連情報を発信することにより、多くの人の目に触れさせることができるため、マーケティング効果が期待できるのです。

新規顧客へのアプローチ

Instagramでは、効率的に新規顧客へアプローチすることができます。それも、食品・外食業界が適しているのです。食品・外食業界が行っている効果的なアプローチ方法の1つとして、レシピ投稿があります。スイーツやお弁当など、特定のジャンルに関するレシピ動画・写真を投稿する方法です。前項でご紹介したように、「食」に関する検索は頻繁に行われており、特にレシピ関係も頻繁に検索されるワードとなっています。自社商品を検索していないユーザーであっても、レシピを検索する確率は高く、レシピ動画・写真をきっかけに社名や商品名のアピールが可能となるのです。

レシピを投稿し、使用食材や調理器具として自社商品をアピールする方法や、実店舗で提供する別料理をアピールすることもできます。外部サイトへ、スムーズに誘導する方法などもあるため、新規顧客へあらゆるアピールがしやすいのです。

ブランディング

Instagramの投稿では、的確なブランディングを行うことができます。投稿する写真の特徴や世界観などによって、企業や特定の商品に関するイメージを定着させることが可能なのです。食品・外食業界では、他社との差別化が重要となります。国内だけでも非常に多くの店、食品が存在するため、他社商品との差別化を成功させなければ、顧客の獲得は難しいと言えるでしょう。そのため、食品・外食産業でのInstagramマーケティング活用は、適しているのです。

また、インフルエンサーを起用すると、よりブランディングしやすくマーケティング効果も高めることができます。しかし、起用するインフルエンサーには注意が必要です。起用したインフルエンサーのイメージが、商品や企業に一定数以上定着します。ママインフルエンサーを起用した場合、家庭的なイメージであったり、所帯的印象が定着しやすくなるのです。トラブルを起こしているインフルエンサーや、食に全く関連性のないインフルエンサーを起用した場合、日常生活とかけ離れたイメージが定着する恐れもあります。

UGCの活用

UGCとは、User Generated Contentsの頭文字を使った用語です。ソーシャルメディアやインターネット内で、利用者が作成したコンテンツを意味しています。具体的には、企業が販売した食品系商品を活用したレシピ投稿、応用方法の投稿などです。Instagramでは、このような投稿が頻繁に見られます。実際に利用している消費者の投稿であることから、信頼度の高い情報として捉えられますし、好意的に受け止められやすい投稿であるため、企業が行うマーケティング以上の効果を発揮することも少なくありません。

また、近年ではUGCを集めるアカウントを作成し、企業以外が投稿した写真だけを揃え、新しい顧客にアピールするマーケティング方法も実施されています。消費者が作成したコンテンツは、オリジナル性が高く、さらに訴求力もあるため、効果的なマーケティングが可能なのです。

コスト

Instagramでのマーケティングは、他マーケティングと比較して低コストで利用できます。起用するインフルエンサー、マーケティングの種類などによってコストは変化しますが、金銭の支払いが発生しないこともあるのです。金銭の代わりとして、自社商品を提供したり、来店時の特典など別の対価を提供する方法もあります。また、起用するインフルエンサーを工夫したり、専門企業に依頼するなどで、さらにコストをおさえたマーケティングも可能です。

マーケティングにかかるコストは、低価格だからいいというわけではありません。効果が得られなければ、低コストであっても企業側にメリットはないのです。効果が見られ、さらにコストもおさえられることが、理想的だと言えるでしょう。特に、食品・外食産業は、商品や実店舗に多大なコストがかかってしまうため、マーケティングコストは適切に保ちたいところです。このような点から、Instagramでのマーケティングは、非常に適していると言えるでしょう。

食品・外食業界のInstagram活用事例

それではここから、食品・外食業界で実施されたマーケティングでのInstagram活用事例について、ご紹介していきます。食品・外食業界ではどのような活用方法が見られたのか、またどのような成果があったのか詳しく解説していきましょう。これからInstagramでのマーケティングを検討している企業は、それぞれの特徴と企業の特徴を照らし合わせながら、読み進めてみてください。

mitakeshokuhin

 

この投稿をInstagramで見る

 

みなさまこんにちは🎶 ・ 心配なニュースが多いですが、いかがお過ごしでしょうか。 ・ ここ最近は外出も難しくなってきましたので、今回はおうちで楽しめるパンケーキのご紹介です🥞 ・ 写真は、大豆粉と米粉のパンケーキミックスで焼いたパンケーキです! ・ お子さまと一緒にパンケーキを焼いたり、お好みのフルーツや生クリームで、デコレーションなども楽しめます(*^^*) ・ ぜひ週末のおうち時間にいかがでしょうか🌷 ・ #みたけ食品 #みたけ #大豆粉と米粉のパンケーキミックス #おうち時間 #グルテンフリー #大豆粉 #米粉

みたけ食品公式インスタグラム(@mitakeshokuhin)がシェアした投稿 –


Instagramを使い自社商品の使い方、活用方法を分かりやすくそして魅力的に発信しているのが、みたけ食品です。米粉や大豆粉など、グルテンフリー製品を製造している企業のため、アレルギーであったり、関連する思想を持っていなければ、中々検索されにくい食品ジャンルだと言えます。しかし、日常食メニューのレシピを掲載したり、健康面をアピールするなどして、PV数をのばすことに成功しました。さらに、誰でも見やすいプロフィール欄に外部リンクを設置し、分かりやすい導線を確保しているため、流入数も増加させることに成功します。

ebarafoods

 

この投稿をInstagramで見る

 

おとといの土曜日、関東で桜が開花したそうですね(*^_^*)満開まで待ちきれない!ということで、食卓に桜を咲かせてみました^^ . 鶏そぼろに「 #黄金の味 」を、ごはんに「 #浅漬けの素 さわやか甘酢」を使った特製のケーキ寿司は、小さなお子様でも食べやすい味わいです♪ 作って・見て・食べて楽しめる一品で、春を満喫しましょう☆ . ※詳しいレシピは“おいしいレシピ”で「花びらケーキ寿司」と検索すると、ご覧いただけます。“おいしいレシピ”へはプロフィールのURLからどうぞ! . #エバラおいしいレシピ #エバラ食品 #おうちごはん #レシピ #料理好きな人とつながりたい #桜 #開花 #開花宣言 #花 #ケーキ寿司 #酢飯 #そぼろ #鶏そぼろ #卵 #炒り卵 #桜でんぶ #春 #夜ごはん #デリスタグラム #instafood #foodstagram

エバラ食品(@ebarafoods)がシェアした投稿 –


エバラ食品公式アカウントでも、自社商品の使い方から活用方法まで掲載しています。投稿では、作り方から、どのような商品を使用したかまで詳しく掲載されているため、毎日の献立に活用することも可能です。日々利用できるInstagramであることから、フォロワー数も6万人を突破しています。

また、エバラ食品Instagramの優れた部分は、全てのレシピを公開していない部分と、過去レシピがまとめられている部分です。Instagram内で、全てのレシピを公開してもいいのですが、それでは外部サイトへ促す理由がなくなってしまいます。エバラ食品は、Instagram利用者を効率的に外部自社サイトへ誘導するため、あえてレシピ全てを公開しないという手法を実施しているのです。「公開しない」という理由ではなく、「詳しいレシピは外部サイトへ」という促し方も、好感が持てます。Instagramで公開したレシピは、過去分であっても探しやすくなっているため、このような部分も優れた部分です。探しやすいことから、積極的に訪れますし、様々なマーケティングがしやすい環境となっています。

ghana_recipe

 

この投稿をInstagramで見る

 

\ユーザー投稿レシピ紹介/ 「 #手作りチョコガーナ 」で応募して頂いた投稿をご紹介♪ @tomo5097 さんのガトーショコラです🍰 しっとりしたガトーショコラにいちごがおしゃれにデコレーションされていますね🍓✨ チョコ好きにはたまらないケーキで癒されませんか💖 ぜひチャレンジしてみてくださいね🍫 @tomo5097 さんありがとうございます♪ #ガーナ #ghana #手作りチョコガーナ #手作りスイーツ #手作りお菓子 #ガーナレシピ #食ベスタグラム #チョコ好きな人とつながりたい #チョコ部 #おうちスイーツ #おうちカフェ #ガトーショコラ #いちご

ロッテ ガーナチョコレート【公式】(@ghana_recipe)がシェアした投稿 –


ロッテガーナチョコレート公式Instagramでは、自社商品であるチョコレートを使用した様々なお菓子や食べ物を紹介しています。可愛らしい写真が投稿されているため、思わず「作ってみたい」と感じるInstagramです。ガーナチョコレート公式Instagramの魅力は、レシピを公開していない部分と、レシピを知りたくなる工夫が施されている部分でしょう。Instagram内でレシピを公開しない代わりに、どのような人物に適したレシピなのか、難易度はどの程度なのか詳しく記載しています。

「子供でも簡単に作れる」「短時間で作れる」など、状況に合わせた検討ができるため、レシピが掲載されている外部サイトへ訪れたくなってしまうのです。また、定期的に行っているキャンペーンやプレゼント企画の詳細も掲載しているため、レシピを見るついでに、スムーズにPRを行うこともできます。また、魅力的なUGCも掲載しているため、同じ一般人である消費者の「やってみよう」を上手く引き出しているInstagramです。

marusanai_official


マルサンアイ株式会社は、Instagramで実施できる様々なマーケティングを行い、多くの効果を得ています。マルサンアイ株式会社は、みそや豆乳など、美味しさと健康に注目した食品会社です。マルサンアイ株式会社が行っているマーケティングは、自社商品のPRや活用レシピの投稿、LINEスタンプ作成などです。どのマーケティング方法でも、外部自社サイトをかませた造りとなっています。

例えば、InstagramでLINEスタンプを紹介し、取得方法は外部サイトという導線であったり、キャンペーン応募方法は、外部サイトへなど、常に外部自社サイトとの連携を心がけている部分が優れた点です。KPIとKGI設定が徹底しているため、統一感のあるマーケティングが行われています。さらに、食品・外食業界にとって効果的なUGCの活用も行っており、様々なマーケティングを柔軟に取り入れている企業です。そのため、外部サイトの訪問者数はもちろん、Instagramのフォロワー数も日々増加しています。

lotte.yukimi


Instagramは、他ソーシャルメディアマーケティングとも相性のいい媒体です。外部自社サイトへの導線確保であったり、併用するなどしても大きな効果を発揮します。他ソーシャルメディアとの連携で、大きな成功を得たのがロッテ雪見大福公式アカウントです。そもそも株式会社ロッテは、看板自社商品ごとにInstagramアカウントを作成しています。企業として1つのアカウントを運用するよりも、フォロワーとの関係性が良好になる、それぞれにフォロワーを獲得できるなどの利点があり、優れた方法です。利用するフォロワーにとっても、知りたい情報だけを得ることができる、見やすい等の利点があります。

ロッテ雪見大福公式Instagramでは、UGCを効果的に活用したり、人気YouTuberとコラボし注目を集めるなど、積極的なマーケティングを行っていました。YouTuberとコラボすることにより、新しい顧客層へアプローチすることができますし、これまでになかった印象や評価を得ることもできるため、効果の大きいマーケティングです。また、起用したYouTuberにも、ポイントがあります。起用したYouTuberは、「YouTube界のNHK」と呼ばれることもある品行方正なイメージを持つYouTuberです。雪見大福は、食品・お菓子というジャンルであることから、家族や子供に適した人材を起用する必要があり、批判が起きな適切な起用だったと言えます。

yoshinoya_co_jp

 

この投稿をInstagramで見る

 

\吉野家冷凍牛丼の具 4袋+山本ゆりさん作成のレシピ冊子がもらえるキャンペーン開催中!/ ① @yoshinoya_co_jp をフォロー ②この投稿をいいね! で、30名様に「吉野家冷凍牛丼の具 4袋」&料理コラムニスト山本ゆりさんによる「冷凍牛丼の具」を使ったレシピの冊子が当たります! さらに、「このメニューを食べさせたい人」のIDを@でコメントすると、その方にもプレゼントが当たるチャンス! 今回、山本ゆりさんに作っていただいたレシピは、全部で4種類です。この投稿の2〜5枚目の写真をチェックして、ぜひ「食べさせたい」お気に入りのメニューを見つけてくださいね! 詳しいキャンペーン情報はプロフィールからのリンクをご確認ください。 たくさんのご応募、お待ちしております♪ #おうち吉野家 #吉野家冷凍牛丼の具 #吉野家冷凍牛丼 #おうちごはん #時短レシピ #簡単レシピ #アレンジレシピ #yoshinoya #牛丼 #吉野家 #料理 #cooking #今日のおかず #家庭料理 #山本ゆり #家庭料理部 #プレゼント企画開催中 #食べさせたい

吉野家(@yoshinoya_co_jp)がシェアした投稿 –


人気インフルエンサーを起用することにより、Instagramマーケティングはより効果的に実行できます。人気インフルエンサー起用による成功事例は、前項のロッテだけではありません。外食チェーン吉野家も、人気インフルエンサーの起用で大きな成功をおさめました。吉野家は人気料理コラムニストを起用し、新商品のレシピ作成を行い、関連キャンペーンを実施します。起用したインフルエンサーが「食」に関連の深い料理コラムニストだったこと、UGCを効率的に集められるキャンペーン内容だったことがポイントです。さらに、第三者を巻き込む工夫も魅力的でした。

等キャンペーンでは、直接の参加者だけではなく、料理を食べさせたい相手のIDをコメントすることにより、その人物にも商品が当選します。IDを掲載するためほとんどの場合、その人物にキャンペーン内容を伝え、了承を得たことでしょう。このような作業により、よりキャンペーンは大勢に広がり、大盛況となりました。参加者が自分の意思で、自然に拡散できる仕組みを盛り込んだキャンペーンを実施したことは、非常に優れた部分です。

cafekaila_maihama

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 🌺カフェカイラのオールスター🌺 . 一番人気のパンケーキが勢揃いです(*☻-☻*) . 是非、全種類制覇を目指して… 皆さまのご来店をお待ちしております(*´꒳`*) . ※写真は全てハワイアンサイズの4枚重ねです . 🌺mahalo🌺 #カフェカイラ #カフェカイラ舞浜店 #cafekaila #舞浜 #イクスピアリ #舞浜カフェ #サプライズ #バースデープレート #バースデー #バースデーサプライズ #ハワイアンカフェ #パンケーキ #ワッフル #スフレパンケーキ #カフェ好きな人と繋がりたい #カフェ活 #カフェ部 #パンケーキ部

CafeKaila Maihama(@cafekaila_maihama)がシェアした投稿 –


Instagramを活用し、実店舗への来店客増加に努めたのが、カフェ・カイラです。Instagramに食事風景を投稿することにより、高額賞金が当選するというキャンペーンを実施しました。外食業界にとって、実店舗に足を運んでもらうことがKGIです。Instagramは、このようなKGIにも対応できるマーケティング媒体なのです。カフェ・カイラでは、不定期のこのようなキャンペーンを実施しています。不定期に開催することにより、Instagramのフォロワー減少を防ぐことができますし、実店舗を定着させることができるため、効果的なマーケティングだと言えるでしょう。

kappa.sushi


食品・外食業界のInstagram運用の中で、オリジナリティあふれる運用を行っているのが、かっぱ寿司です。食品・外食業界の基本的な運用方法といえば、既存商品や新商品など、実際に存在する商品を紹介し、購買行動を促します。しかしかっぱ寿司のInstagramでは、存在しない商品を紹介し、注目を集めていました。社員が「作ってみたい」と思ったものを作るコーナーです。販売商品ではないため、利益を度外視したインパクトのある外見により、毎回注目を集めています。時には、商品化を望む声があがるほど人気の料理もあり、フォロワーを楽しませるInstagramです。

Instagramで効果的なキャンペーン・運用を実施するポイント

 

この投稿をInstagramで見る

 

CafeKaila Maihama(@cafekaila_maihama)がシェアした投稿


Instagramは、マーケティングに取り入れることにより、企業に多くのメリットをもたらします。他ソーシャルメディア媒体と併用しても、大きな成果をあげる、魅力的な媒体です。しかし、これらは全て正しい使い方をした場合に限られます。Instagramを活用したマーケティングには多くのポイントがあり、それらを理解したうえで取り入れなければなりません。

なぜなら、間違った使い方、ポイントを無視した使い方をした場合、マーケティング効果を得られないばかりか、逆に大きなデメリットをもたらす場合もあるからです。ここからは、Instagramで効果的なマーケティングを実施するポイント及び注意点について、ご紹介していきます。それぞれ正しく理解し、適切なマーケティングを実施していきましょう。

世界観の統一

食品・外食業界に限らず、Instagramを利用する全ての投稿者に共通するポイントは、世界観の統一です。Instagram内で表現する世界は、統一する必要があります。世界観を統一しなければ、運用するInstagramの特徴を定着させることができません。そのような状況は、他無数に存在するInstagramアカウントの1つになってしまい、フォローするに値しないアカウントとなってしまうのです。公式Instagramを始める前に、どのような世界観を表現するのか、どのように統一感を持たせるのかしっかりと戦略を話し合う必要があるでしょう。

世界観を統一する具体的な方法としては、「色味の統一」「アングルの統一」「被写体の統一」などがあります。色味の統一とは、写真に収める色味を限定する方法です。逆に、多彩な色味を使うという統一方法もあります。アングルの統一は、写真撮影する際の配置で統一感を出す方法です。真正面から撮影するのか、真上から撮影するのか統一するだけで、世界観を造りだすことができます。被写体の統一とは、登場させるものを限定させる方法です。関らず「人」を登場させるのか、「人以外」を登場させるのか絞るだけで、世界観を演出することができます。

他にも、あえて文字を使う方法や、文字を一切使わない方法、統一感を排除し個性を表現する方法など様々あります。重要な事は、共通点を失わないことです。1度設定した共通点は、貫くようにしましょう。Instagramのブランディングに繋がりますし、企業や商品への応用も可能となります。

分かりやすく

Instagramでは、1枚目の写真が最も重要です。1枚目に表示する写真は、フォロワーの興味を惹き付けるものであり、検索ツールとして活用した消費者を、フォロワーにするきっかけでもあります。そのため、掲載する写真は、見た目だけで分かるものを使用しなくてはなりません。見ただけで「商品PR」なのか、「キャンペーン告知」なのか、把握できるようにしなければならないのです。分かりやすい写真を使用し、消費者やフォロワーの好奇心を刺激することによって、より深い部分へ踏み込んでくれます。つまり、分かりにくい写真を掲載してしまうと、興味が持てず、外部サイトへ踏み込まないばかりか、Instagramアカウントへ訪問することもないということです。

分かりやすくするため文字を加える方法もありますが、多すぎる表記は避けましょう。また、文字のフォントや大きさは、毎回できるだけ統一する必要があります。前項でご紹介した、世界観の統一に繋がるのです。

拡散したくなる要素

消費者やフォロワーが自ら「拡散したい」と思える内容を盛り込むことによって、マーケティングを促さなくても、独自で行ってくれます。企業が取り組むマーケティングに加え、個人個人が取り組んでくれた場合、より大きな成果をうむことができるのです。しかし、どのような内容が「拡散したい」と思わせるのかわからない企業も多いでしょう。企業の特徴や取り扱っている商品によって、「拡散したい」と思わせるものは異なりますし、実施するキャンペーン等も異なります。

そこで、それぞれの企業に合ったマーケティングを実施するためにも、専門企業であるトリドリマーケティングに相談してみましょう。インフルエンサーマーケティングの専門企業であるトリドリマーケティングには、多くの実績が存在し、マーケティングに関する確かなノウハウがあります。それぞれに適したマーケティングを提案してもらい、効果的に実施してみましょう。

ハッシュタグ

公式Instagramをより多くの消費者に見てもらうには、適切なハッシュタグ設定が必要です。企業アカウントの多くは、ハッシュタグが少なく、消費者の検索にヒットしにくい作りとなっています。また、ハッシュタグは多く設定すればいいというものでもありません。流行に合わせたもの、頻繁に使用されるものを、都度使い分けなけれならないのです。

流行のハッシュタグ、頻繁に使用されるハッシュタグは、簡単に調べることもできますが、インフルエンサーなどを起用することによって、知る方法もあります。

他SNSとの併用

Instagramは、他ソーシャルメディアと連携させやすく、マーケティングにおいても相性がいいため、積極的に併用するようにしてみましょう。前項でもご紹介したように、併用したマーケティング成功事例は数多く存在します。目的に合わせ、併用する媒体を選択してみましょう。例えば、拡散力を高めたい場合、TwitterなどInstagram以上の拡散力を持つ媒体を活用するなどです。より認知度を高めたければ、詳しい情報発信が可能なYouTubeがおすすめでしょう。アプローチしたい層によって、使用する媒体を選択する方法もあります。

自社商品以外

自社商品ばかりを前面に押し出すと、宣伝色が強くなってしまい、消費者やフォロワーに拒絶反応を起こさせる恐れがあります。利益色が強すぎる場合、「応援したい」というフォロワー離れにもつながってしまう恐れがあるのです。このようなリスクを回避するため、自社商品以外を定期的に取り扱ってみましょう。マーケティングにおいて、自社商品以外を取り扱うという行為によってオリジナリティが生まれ、消費者の好奇心を刺激することができます。

毎回他社商品を紹介するのではなく、他社商品と自社商品の比較企画や、他社商品と自社商品のコラボ企画を実施するなどです。他社を巻き込んだマーケティングとなると、様々な制約が加わります。そのため、系列店や自社の別ジャンル商品との企画がおすすめです。これからのマーケティングでは、オリジナリティを作り出さなければ、埋もれてしまいます。固定概念に囚われず、柔軟な思考、確かな行動力を持ち、積極的なマーケティングを行ってみましょう。

トレンド

マーケティングでは常に新鮮さが求められるため、常にトレンドを押さえた投稿を心がけましょう。既にある流行を発信するだけではなく、自社から流行を発信する方法もあります。新しいものを積極的に取り入れ、消費者やフォロワーを刺激し続けましょう。しかし、過激すぎる投稿、時代をよみ間違った投稿は、トラブルのきっかけになります。自粛ムードが強い中、自虐的な内容を発信したり、他社・他者を批判する内容は避ける必要があるのです。時代を正しく理解し、不快感を与えない内容にする必要があります。

インフルエンサーの起用

ソーシャルメディアを活用したマーケティングでは、インフルエンサーの起用がおすすめです。インフルエンサーとは、それぞれの媒体を熟知したプロであり、表現はもちろん、フォロワー心理もよく理解しています。そのため、ワンランク上のマーケティングが可能になるのです。しかし、採用には注意する必要があります。インフルエンサー全てが、良質であるとは限りませんし、自社に適しているとも言い切れないのです。適切なインフルエンサーを採用し、効果的なマーケティングを行ってみましょう。

ポイントを押さえInstagramを大いに活用していこう

Instagramを活用し、大きなマーケティング効果を得るためにも、インフルエンサーの起用がおすすめです。しかし、採用に不安を感じる企業も多いことでしょう。コストや時間を有するため、失敗したくないと考えることも当然です。インフルエンサー起用に関して不安があれば、専門企業に依頼してみましょう。正しい知識、確かな実績から、適切なサポートを受けることが可能です。自社だけで取り組み、大きな失敗、大きな損失を出してしまえば、取り返しのつかない自体に陥ってしまう恐れもあります。ソーシャルメディアを活用したマーケティング、インフルエンサーを採用したマーケティングを実施する場合、事前に専門企業である「トリドリマーケティング」に相談してみるといいでしょう。