人気な子供インスタグラマーランキングと企業との提携事例

子供インフルエンサーの影響力は大人以上?

テレビや雑誌で活躍する芸能人や著名人は、大きな影響力を持っています。愛用品や注目アイテムを発信すれば、それらが流行となり、一般人の購買行動にも繋がってきました。芸能人や著名人の影響力が大きかったのは、メディアへの露出によって多くの人々に知られていることが要因でもありますが、それだけではありません。

魅力的な外見、誰もが憧れてしまうような楽し気な生活を見せることによって、正しい情報を発信し、それらによって幸せになっていると消費者に信頼感を持たせることができたからです。楽しそうで幸せそうな芸能人と同じ物を手にすれば、消費者自身の人生も豊かになると思えるため、消費者は憧れの芸能人や著名人が発信する情報を信頼しました。信頼によって、購買行動を起こしたり、親しい家族や友人、抱えているコミュニティなどに情報を共有し、活用することもあります。

このような影響力にメリットを感じ、企業や実業家の間ではマーケティングの際、旬の芸能人や著名人を多用してきました。しかし、これまで行ってきたこのようなマーケティング方法では、顧客を獲得しづらくなったのです。消費者の憧れが、芸能人や著名人に限ったものではなくなったこと、そして芸能人や著名人にこれまでどおりの信頼が持てなくなったことなどが要因となります。

綺麗な芸能人が笑顔で商品を手にしていても、消費者の心は動かせなくなったばかりか、多くのデメリットを企業側にもたらす恐れもあるのです。現在は1度の失敗も、判断ミスも許されない時代となりました。企業側はより慎重に、マーケティング方法を考える必要があるのです。そこで注目されたのが、最新マーケティング方法であるインフルエンサーマーケティングであり、特に子供インスタグラマーが注目されています。

子供インスタグラマーを起用するメリット

芸能人や著名人に頼り切った従来のマーケティング方法には、現在もなお一定のメリットがあるものの、デメリットやリスクは年々大きくなり、多様化していると言えます。デメリットやリスクが多様化するあまり、リスクマネジメントも難しくなりました。

そこで注目されたのが、インフルエンサーマーケティングであり、近年大きな注目を集めているのが子供インスタグラマーを活用した、マーケティング方法です。マーケティングに子供インスタグラマーを起用することには、多くのメリットがあります。ここからは、子供インスタグラマーを起用することで企業側が得られるメリットについて、ご紹介していきましょう。メリットと、それらを得ることができる具体的な理由についても、解説していきます。

消費者に抵抗感を感じさせない

商品やサービスを消費者に利用してもらうには、企業側が発信する情報を抵抗感なく受け止めてもらう必要があります。例えば、「品質が高い」「コスパが良い」などと企業側が発信しても、消費者が信用できなければ、興味を持つことも対価を支払い利用することもありません。企業が発信したい情報を、できるだけ正確により多く消費者に受け止めてもらうために、芸能人や著名人を活用します。

綺麗な芸能人が紹介しているものであれば、消費者は「同じように綺麗になれるだろう」と信頼し、購買行動に繋がるということです。しかし近年、芸能人が発信する情報に、消費者が抵抗感を持つようになりました。その理由は、消費者の情報収集能力が向上したからです。芸能人が発信した情報の粗や相違部分を探し出したり、成分や用途を独自に調べたりするようになりました。消費者は一方的に与えられる情報を、鵜呑みにしなくなったのです。それは、大人インスタグラマーでも同様に発生することがあります。

どれほど優れた商品、サービスであっても、粗を探そうと思えば探せてしまいますし、粗探しをするということは、初めから「買わない理由」「利用しない理由」を探しているということであり、購買行動が見込めない状態なのです。つまり、ファーストコンタクトの抵抗感は、できるだけ少なく、限りなくゼロにする必要があります。

消費者が感じる抵抗感を、限りなくゼロにできるのが、子供インスタグラマーです。商品やサービスを利用するのは大人であり、大人は子供よりも自身が優れていると思っています。自分よりも圧倒的な弱者に、抵抗感も過度な敵対心も持ちません。さらに、嫉妬心を持つこともないため、素直に発信された情報を受け取ることができるのです。

イメージ崩壊やトラブルを起こさない

商品やサービスの宣伝役として、芸能人や著名人を起用するデメリットとして、イメージ崩壊や違法行為などのトラブルが存在します。商品やサービスのイメージと全く異なった芸能人を起用したり、企業側と消費者のイメージが大きくかけ離れていると、商品そのもののイメージや企業全体のイメージを崩壊させてしまう恐れがあるのです。

また、多くの費用や手間をかけ宣伝を行ったにも関わらず、芸能人側がトラブルを起こし、一瞬で多くの被害を出してしまう場合もあります。芸能人のトラブルに関して、金銭的補填は行われても、1度失った信頼、落ちたイメージを回復させることは容易ではありません。つまり企業側は、できるだけトラブルを引き起こす可能性の少ない人材を、採用する必要があるという事なのです。

子供インスタグラマーは、トラブルが限りなくゼロに近いと言えます。できることが限られていること、複数の大人に管理されていることから、企業や商品にダメージを与えるほどのトラブルを起こすことはほとんどありません。人選の段階で的確な子供インスタグラマーを採用すれば、イメージを崩壊させることもないため、非常に安全でリスクの少ない人材なのです。

費用

採用する人材によって、発生する費用は大きく異なりますが、子供インスタグラマーを採用する時、企業側は柔軟に費用を選ぶことが可能です。商品やサービスの宣伝として、子供インスタグラマーを起用する時、宣伝方法は様々あります。例えば、商品を使用してもらい、その様子をInstagramで投稿してもらうであったり、商品開発の段階で助言を受けたりなどです。子供インスタグラマーとの連携内容によって、費用を押さえたり、お金以外の方法で宣伝してもらうことも可能となります。

芸能人や著名人を起用した場合、相場もありますが、これまでの実績から費用が算出されるため、費用の柔軟性はほとんどありません。トラブルやイメージ崩壊などのリスクも背負い込む企業側にとって、費用が選べないことも大きなデメリットと言えます。子供インスタグラマーであれば、そのような心配をする必要がなく、企業の現状に合わせた人材を柔軟に選択することができ、大きなメリットと言えるのです。

フォロワーと顧客の一致

子供インスタグラマーを起用した時、子供インスタグラマーが抱えているフォロワーと、企業が求める顧客が一致しやすいというメリットがあります。子供インスタグラマーのフォロワーは、同じような年代や性別の子供を持つ母親であったり、共通事項がある子供である場合がほとんどです。このように、フォロワー層が想像しやすいため、採用する人材を正しく選ぶだけで、多くの顧客を獲得できる可能性があります。

芸能人や著名人の場合、知名度が高すぎたり、様々な活動を行っていることから、ファン層が想像しづらく、必ずしも企業が求める層を獲得できるとは限りません。子供インスタグラマーであれば、<em>ピンポイントの層</em>を獲得しやすく、また企業側もある程度の顧客層を想定できるため、より精密な宣伝方法を考えることができるのです。

子供インスタグラマーとの提携事例

子供インスタグラマーをマーケティングに活用すると、企業側にとって大きなメリットがあります。そのため、多くの企業が子供インスタグラマーを活用した具体的な宣伝方法、連携方法について知りたいと考えているのです。

それではここから、実際に企業が行っている子供インスタグラマーとの連携事例について、ご紹介していきましょう。それぞれの連携では、どのようなメリットが見られたのか、どのような層にアプローチしたマーケティングなのか、具体的に解説していきます。

Kaio Gregorio/@kaio.gregorio

フォロワー数1.4万人(2019年12月時点)

kaio君は、小学校低学年でありながらファッション関連の広告や、雑誌等でハーフモデルとして活躍しています。お兄ちゃんとそっくりなイケメンの弟、タイラー君との仲良しショットや、ファッションモデルらしいオシャレな写真がInstagramに多数掲載されていました。kaio君は、大人っぽい魅力的な容姿を活かし、loborやnomondayなどの時計をPRしています。

小学校低学年に時計のPRを任せるのは、「早すぎる」「ふさわしくない」と感じる人もいるでしょう。しかし、kaio君の外見が大人っぽいこと、そして小学生であっても職業を持っている子供として、時計を持ち歩くことは当然という近代的な要素によって、非常にマッチした提携だと言えます。

ayako/@ayaya315

 

この投稿をInstagramで見る

 

❤︎︎ 我が家はカードゲームが大好きで ウノデビューは2人が幼稚園の頃でウノが家族全員で遊べるゲームの始まりで、ウノで負けた人がご飯作り‼️なんて罰ゲームをしたり しながら何年も楽しんでますが、変化も欲しくてオリジナルルールを加えたりしていた今日この頃🤔 マテル・インターナショナル株式会社とタイアップさせて頂き、ウノフリップ、ピクショナリーエアーで一足先に遊んでます‼️ * * ウノフリップ登場に大盛り上がり😆 ウノフリップは基本のルールはウノと一緒ですが、ライトサイドとダークサイドの2つのサイドがあるウノで、ダークサイドには、5枚を引かなくてはいけない「ダークドロー5」カードなど、ハードモードなカードがあったりととにかくウノがさらに楽しくて うちはゲームする時は子ども大人関係なく容赦なく対等に戦うけど…やっぱり夫が負けてると嬉しい〜😆 * * ピクショナリーエアーは アプリを使って空中に描いた絵がARで映し出され、何を描いたかをチーム対抗で当てる新感覚のゲームでカードに書かれたお題をピクショナリーペンを使って空中に絵を描き、同じメンバーが制限時間内に何を描いているか当てるというゲーム‼️…もう2人の描いてる絵がおかしすぎて…😆とにかく盛り上がります‼️ ウノアタックでも遊んでます😊 寒くなってくるとお家にいる時間も長くなり、年末年始みんなで集まる時間に、大人も子どももみんなで遊べる素敵な時間を過ごせます😊 ❤︎ #ウノ #ウノフリップ #ピクショナリーエアー #空中お絵かき #ボードゲーム #カードゲーム #ARゲーム #クリスマス #pr

ayako(@ayaya315)がシェアした投稿 –


フォロワー数1.8万人(2019年12月時点)

イケメン双子キッズとして大きな注目を集めているのが、きょうへい君とるい君兄弟です。双子の子育てに邁進していた母親のayakoさんが、楽しみの1つとしてコーディネートを工夫し、それらをInstagramに投稿したのがきっかけでした。イケメンであり、ファッションや髪型が非常にオシャレであることから、双子ママ以外にも多くのフォロワーを獲得しています。

魅力的で遊び心のあるファッションを投稿する彼らは、ピクショナリーエアーとタイアップし、遊んでいる姿を公開していました。ピクショナリーエアーとは、立体空間と携帯電話を活用した最新玩具です。遊び方や特徴など、母親のayakoさんが細かく紹介していたため、製品をより具体的に想像しやすいPRとなっています。

tomomi/@_tomomi18


フォロワー数4万人(2019年12月時点)

tomomiさんのInstagramには、可愛らしいお姉ちゃんのゆずちゃんと、お姉ちゃんによく似た弟のはる君が登場しています。ママやパパも登場し、外出先の様子や生活の様子が頻繁にあげられているため、仲の良い投稿内容です。元気いっぱいのゆずちゃんとはる君は、Instagramで知育玩具を紹介していました。

知育アイテムや知育玩具に興味があるママたちは多いものの、子供たちが実際に取り組んでくれるか、飽きずに使い効果を得られるか不安だという声が聞かれます。また、何歳から始めたらいいのか、一般的には何歳から始めているのかなど、多くの関連情報が気になるのです。tomomiさんのInstagramでは、効果や使用時の様子、お姉ちゃんと弟の使用時の違いなど非常に具体的に紹介されているため、ママたちの疑問を払拭できる魅力的なPRだと言えます。

makiko/@makiko.721

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡ 『ALL BLACKS交通安全ゲーム』 子ども達と一緒にやってみました🙋🏻‍♀️ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ 小学生になって子どもだけで外出したり 自転車にも乗るようになって 交通安全について学ぶのは大事なこと! 知らなかったことも多かったみたいで めっちゃ勉強になるー😳🙌🏻 ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ラグビーニュージーランド代表のALL BLACKSが登場して 交通安全についての問題を出してくれるんやけど 正解するごとにメンバーが増えていくから 3人さん喜んで何度も挑戦(*ˊ˘ˋ*) ゲーム感覚で学べるのいい◎ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ALL BLACKS交通安全ゲーム https://tackletherisk.jp/school_game/ ストーリーズからサイトへ飛べるので 是非チャレンジしてみてね♡ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ALL BLACKSグッズが当たるキャンペーン (後半戦:‪2019年10月1日~11月4日‬) 応募方法→交通安全クイズを行っていただき、7問以上正解した方のみ応募申込みが可能です。 (正解数が7問未満の場合は、再度クイズにチャレンジできます。) ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ #PR #ALLBLACKS交通安全ゲーム #交通安全 #交通安全ゲーム #AIG損保 #AIG #ACTIVECARE #ALLBLACKS #子育て #育児

makiko(@makiko.721)がシェアした投稿 –

フォロワー数4.4万人(2019年12月時点)

makikoさんのInstagramでは、双子と三つ子の姉妹の様子が色鮮やかに掲載されています。それぞれのお揃いファッションやアイテム、工夫を凝らした可愛らしいお弁当など、大勢の子供を抱えているママとは思えない努力がそこかしこに見られるInstagramです。

そんな楽しそうな三つ子姉妹は、知育系玩具やアプリのPRを行っていました。楽しそうに知育アプリを実践する姿は、同じママたちから見ると大変安心できますし、玩具やアプリについても信頼が持てることでしょう。

chii/@chii_moi


フォロワー数8.1万人(2019年12月時点)

chiiさんのInstagramには、洗礼されたインテリア、整ったオシャレな自宅写真を多数見ることができます。また、オシャレキッチンでは、小さな娘がコーヒーを淹れる姿も、度々投稿されていました。娘との会話や生活、料理姿など、穏やかで温かみのある投稿が印象的です。

chiiさんと娘さんのInstagramでは、生活を彩るインテリアのPRを行っていました。他にも、サンゲツアンバサダーとして活躍しています。一般的な人がこれらのPRを行うよりも、子供との生活に取り入れやすいインテリア、生活感を適度に排除した空間づくりを印象付けることができるため、よりオシャレに理想的なインテリア情報を、発信することができるでしょう。子育て中のママであっても、インテリアにこだわる必要性、少しの工夫などママたちを奮起させ購買意欲をかきたてることができる提携例です。

a little girl (5y)/@sarasara718


フォロワー数11.2万人(2019年12月時点)

a little girlと呼ばれるInstagramでは、さらちゃんの日々のファッションが投稿されています。小さい女の子でありながら、季節に合わせたファッションであったり、髪型や帽子などのアイテムにもこだわりが見られるため、大人の女性が見ても楽しむことができるInstagramです。等Instagramでは他にも、アパレルショップでの様子や遊園地へ出かけた際の、楽しそうな様子が投稿されていました。

そんなさらちゃんのInstagramでは、サンリオが開催したイベントの様子がPRされています。さらちゃんのオシャレでカラフルなファッションと、サンリオのイベント会場がマッチし、空間の可愛らしさがより際立っていました。他には、英語教材を活用して歌っている姿など、日々の可愛らしい様子が多数見られる楽しいInstagramです。写真の可愛らしさがあることによって、嫉妬心を抱きにくく素直にPRを受け取ることができます。

Lara/@fa_la_lara


フォロワー数14.7万人(2019年12月時点)

子供インスタグラマーであるものの、Instagramの投稿内容は圧巻です。外出先の様子やファッション、投稿している文言など、全てが洗礼されているため、どのような女性であっても多くの刺激を受けることができるInstagramとなっています。

Laraちゃんは現在、サマンサタバサとデザイナー契約を結び、活躍中です。Instagramでは手掛けたデザインや、デザイナーを務めるサマンサタバサのPRなどを行っています。色遣いが鮮やかな写真、独特な感性とデザインが印象的であり、今後もさらなる活躍が期待できる子供インスタグラマーです。このような子供インスタグラマーを活用する場合、子供らしい商品から大人へ向けた商品まで、幅広く提携することが可能でしょう。

きなこ/@kinako_710

 

この投稿をInstagramで見る

 

何歳からでも始められる、育児がもっと楽しくなる”3年育児日記”発売しました( ¨̮ )‪︎ お手に取ってくださった皆様、使い始めてくださっている皆様、本当にありがとうございます🙇‍♀️✨ 私も1月1日から書き始めようと思います😊 * ~お取扱店について~ お近くのお取扱店をお探しの方は、ブログの記事に載せている「学研お問い合わせ窓口」までお願いします🙇‍♀️ * オンラインショップはきなこ楽天roomからお買い物できます☺︎︎︎︎ ブログ・きなこ楽天room→ @kinako_710 * #3年おやこ日記

きなこ(@kinako_710)がシェアした投稿 –


フォロワー数14.9万人(2019年12月時点)

きなこさんのInstagramでは、息子さんとの日々の暮らしが投稿されています。息子さんが描いた絵や、作成した玩具、遊んでいる様子などが、綺麗な写真として残されていました。他には、シンプルで可愛らしいごはん、外出先の様子やイベントの様子などが、投稿されています。きなこさんは、シンプルで遊び心のある生活スタイルを買われ、インテリアショップとコラボレーションしました。

花やクマ、リスなどがモチーフとなった、壁に貼って楽しむ雑貨です。インターネットショップで実際に売られていますし、息子さんや実際の部屋の様子が例として掲載されています。Instagram内のシンプルな生活スタイルと、等雑貨が非常にマッチしていますし、フォロワー層と顧客層も合致した提携と言えるでしょう。他にも、ランドセルのデザインや、暮らしを豊かにする玩具作り、アイディアの掲載など、マルチに活躍しています。

Yuki/@yukikuu96


フォロワー数18.8万人(2019年12月時点)

幼い双子の女の子でありながら、大勢のフォロワーを抱えているのがあゆちゃんとゆいちゃんです。YukiさんのInstagramでは、あゆちゃんとゆいちゃん双子のコーディネートから、お姉ちゃんを含めたお揃いファッションなど、可愛らしい姿が多数掲載されています。なかには、前項でご紹介した子供インスタグラマーきょうへい君るい君兄弟との写真もあり、子供とは思えない魅力的なショットが掲載されていました。

双子ママたちだけではなく、同年代の女の子にも大人気なあゆちゃんとゆいちゃんは、アパレルメーカーとコラボワンピースを発売しています。他にも、同アパレルメーカーのコートやスカートを使ったトータルコーディネートを紹介したり、2人のポップアップが添付されたファッションアイテムなども発売されました。プロの子役、モデルではないため、ママや子供たちから好感を集め、販売した商品はいずれも好評とのことです。

人気子供インスタグラマー【日本編】

子供インスタグラマーや、子供をメインに情報発信するママインスタグラマーと企業の連携は、多数見つけられます。それだけ、子供インスタグラマーを活用したインフルエンサーマーケティングが、注目を集めているという事なのです。

では実際に、どのような子供たちが人気となっているのでしょうか。ここからは、人気子供インスタグラマーたちを紹介していきます。また、具体的にどのような点が人気なのか、どういった特徴があるのかなど、詳しく解説していきましょう。企業や商品との連携があれば、合わせてご紹介していきます。

sachina/@sachina212

 

この投稿をInstagramで見る

 

sachina(@sachina212)がシェアした投稿


フォロワー数4.2万人(2019年12月時点)

双子と三つ子の男の子たちを育てるsachinaさんのInstagramでは、ママと子どもたち全員のお揃いコーデや自宅で過ごす様子が愛らしく、人気となっています。他にも、5人分の可愛らしいお弁当、帽子やスニーカーなどのファッションアイテムが可愛すぎるとして、話題となりました。

また、5人のママであるsachinaさんも美しく、ファッションセンスに長けているとして、家族全員が注目を集めています。sachinaさん一家は、企業が主催するイベントのPRや体験レビュー、知育玩具や時計など、多くの提携活動を行っていました。今後もあらゆる分野の企業と、提携が期待できる子供インスタグラマーです。

yoko/@yococono

 

この投稿をInstagramで見る

 

* ◇2019.9.21 sat. ・ 小さい時からよく知っている新ビオフェルミンSの細粒タイプ#新ビオフェルミンS細粒 のプロモーションに参加✨ 錠剤タイプしかないと思ってたからビックリ😳 私が小さい時って、ビオフェルミンって家にあるもので、お腹の調子が悪くなったときに飲むイメージ。 今もそれは変わらずで、心乃はまだ錠剤が飲めないからこの細粒タイプがあるのは嬉しい♡ 冷たい飲み物とか飲みすぎるとすぐお腹の調子が悪くなるから、そういう時にはビオフェルミンで腸内環境を整えてあげたいな。 ついでに私のお腹の中の悪玉菌も少なくして乳酸菌増やしてほしいー! @biofermin_official #こんなときにもビオフェルミン#ビオフェルミン#整腸#ビオフェルミン製薬#PR#指定医薬部外品#新ビオフェルミンS細粒

yoko(@yococono)がシェアした投稿 –


フォロワー数5万人(2019年12月時点)

yokoさんのInstagramでは、幼い娘さんが登場し、愛らしい姿を見せてくれます。無邪気に遊ぶ姿と、おしとやかにポージングする姿は、モデルのよに魅力的です。そんなyokoさんのInstagramでは、女性らしい保湿剤のPRや健康補助食品、整腸剤のPRなども行っていました。

他には、子供らしいお絵描きアプリのPRや、美容維持には欠かせないパックのPRなども行っています。子供の愛らしい姿と、ママが発信する多くの情報によって、消費者が「知りたい」「買ってみたい」と思えるようなPRが目立ちました。今後も、女性らしいアイテムやファッションを中心に、企業と多くの提携が期待できる子供インフルエンサーです。

a little girl (5y)/@sarasara718

 

この投稿をInstagramで見る

 

@sarasara718がシェアした投稿


フォロワー数11.2万人(2019年12月時点)

a little girlに登場するさらちゃんは、10万人以上のフォロワーを抱えるインフルエンサーです。外出時のコーディネートを、多数掲載していますが、着用アイテムの詳細が分かりやすく、同年代の子供を持つママたちの参考になりやすいという理由から、人気を集めています。

珍しいPRとしては、宅急便のPRを行っていました。フォロワー数が多いことから、ファッションや知育系玩具にこだわることなく、あらゆる情報発信の依頼が舞い込んでくると考えられます。どのようなPRを行っても、嫌味であったり利害関係が前面に出ることがないため、フォロワー数を減らすことなく多くの提携で活躍できるインフルエンサーです。

Yuki/@yukikuu96

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki(@yukikuu96)がシェアした投稿


フォロワー数18.8万人(2019年12月時点)

YukiさんのInstagramに登場する3姉妹も、人気子供インスタグラマーです。3姉妹のお揃いコーデや双子のリンクコーデ、子供用のファッションアイテムを活用したオシャレ写真など、多数掲載しています。ファッションに関する投稿がメインのため、企業との連携も、ファッション関連が多いと言えるでしょう。

しかし、ファッション分野だけに限りません。飲料水のポスターに採用されたり、WEBCMでダンスや歌を披露するなど、マルチに活躍しています。今後も、ジャンルを問わず活躍が期待できるインフルエンサーです。

Ai.t/@ngs.rky.kuy

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 寒くなってくると炊事洗濯で手が荒れてきますよね😭 ストッキングやタイツを履く時に身にしみるのは私だけ?笑 . 子ども達が寝る時私の手を握ったりスリスリしたりするので 出来るだけ手はスベスベモチモチでいたい😭 だから手のケアしっかりしなきゃなぁと思い 使ってみたのはヒビケアプリベント! しっかりした塗り心地でとっても良かった🙆‍♀️ . ヒビケアプリベントを使うことでひび割れを防ごうと思います🙋‍♀️ . . 水を使ったりした時はなるべく早めに塗るようにしてます🙋‍♀️ . #ヒビケアプリベント #ハンドクリーム #ハンドケア #ひび割れ #あかぎれ #ヒビケアプリベント_PR

Ai.t(@ngs.rky.kuy)がシェアした投稿 –


フォロワー数20.5万人(2019年12月時点)

AiさんのInstagramでは、良質なカメラを使用したクオリティの高い写真を見ることができます。Instagramの投稿内容では、子供たちの様子や、家族との触れ合いがメインで投稿されていました。そのため、PRなどの企業と連携する案件としては、ママらしいハンドケア商品、保湿用品、お菓子などです。家族全員で、コットンワンピースの撮影にも参加していました。

時折、夫への正直な気持ち、子供たちや自身の飾らない様子が投稿されており、その様子が自然体で「見ていて疲れない」「癒される」として、人気を集めています。

matsuko0621/@matsuko0621

 

この投稿をInstagramで見る

 

matsuko0621(@matsuko0621)がシェアした投稿


フォロワー数45.5万人(2019年12月時点)

元祖双子インフルエンサーとも言えるのが、りんかちゃんとあんなちゃんの双子姉妹です。CMやテレビ、雑誌にも登場し、大きな知名度を持っています。Instagramでは、2人のオフショットや日常ファッション、愛用品などを飾りっけなしに紹介していました。

インタビューやコラボなどの仕事をこなしながら、LINELIVEなどでフォロワーと密にコミュニケーションをとる忙しくも楽しそうな人気子供インスタグラマーです。

COCO/@coco_pinkprincess

 

この投稿をInstagramで見る

 

COCO(@coco_pinkprincess)がシェアした投稿


フォロワー数68.9万人(2019年12月時点)

Instagramに独自の感性を活かし、目を引く写真を多数投稿しているのが、cocoちゃんです。2015年に家族がInstagramを解説し、日常的なコーディネートを投稿すると、ファッションや使用アイテムが独創的であったことから、海外を中心に注目を集めました。現在は、モデルを務めながら、インフルエンサーとして、さらに多くの人々を魅了しています。

同年代の子供、同年代の子供を持つ親に限らず、ファッション系企業や、それらを仕事にしているモデル、海外メディアも一目置く存在です。新しいファッション系ブランド、独創性を演出したい企業におすすめのインフルエンサーと言えます。アンバサダーとして企業に迎え入れたり、デザイナーとしても活躍することが期待できるでしょう。

人気子供インスタグラマー【海外編】

子供インスタグラマーは、日本にだけ存在するわけではありません。日本で活動している子供インスタグラマーも、企業やビジネス界隈から注目されていますが、海外の子供インスタグラマーも、非常に注目されています。

海外進出を狙っている企業、洗礼された特色を全面に押し出したい企業など、企業や商品の特徴によっては、海外の子供インスタグラマーを起用した方が効果的な場合もあるのです。ここでは、海外で活躍している人気子供インスタグラマーを、ご紹介していきます。日本の子供インスタグラマーとの違いや、どういった企業におすすめなのか、合わせて解説していきましょう。

ミラ & エマ/@kcstauffer

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stauffer Family(@kcstauffer)がシェアした投稿


フォロワー数390万人(2019年12月時点)

アメリカアリゾナ州に住むミラちゃんとエマちゃんは、子供でありながら非常に多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーです。芸能人や著名人、大人インフルエンサーに引けを取らない、大きな影響力を持っています。

多くのフォロワーを獲得し、そして維持している理由は、可愛らしさとオシャレさ、クールな様子などモデル顔負けの魅力的な表情を披露してくれるからです。母親が幼少期の様子をInstagramに投稿したとたん、瞬く間に大勢のファンを獲得しました。愛らしい外見だけではなく、カメラの前でお話しする動画も話題となり、大人気です。現在はアマゾンやウォールマートなど、多くのブランド企業と契約し、ファッションモデルや提携商品を発売しています。

海外展開を視野に入れたアパレル企業、知名度の低いアイテムの拡散を目指している企業には、特におすすめのインフルエンサーです。ミラちゃんとエマちゃんは双子のため、子供用リンクコーデファッションやお揃いアイテム関連でも、活躍が期待できるでしょう。

ミリー=ベル・ダイアモンド/@milliebellediamond

 

この投稿をInstagramで見る

 

💎 Millie-Belle Diamond(@milliebellediamond)がシェアした投稿


フォロワー数78.4万人(2019年12月時点)

オーストラリアのシドニーに住んでいるミリー=ベル・ダイアモンドちゃんも、大きな影響力を持つ子供インフルエンサーの一人です。5歳児とは思えない大人びたファッション、ポージングが愛らしく、世界中を虜にしています。

ミリー=ベル・ダイアモンドちゃんが人気となったのは、生後2か月の頃です。家族や親族と近況をシェアするために母親が始めたInstagramに写真を投稿したことによって、可愛らしさが話題となりました。有名ブランドから声がかかるほど、愛らしい容姿をしていましたし、現在も変わらずに成長しています。

ミリー=ベル・ダイアモンドちゃんは、楽しめる仕事をモットーに、企業と連携しているようです。両親は、仕事ではなくあくまで普段の生活、楽しい気持ちを尊重し選択していると発信していました。そのため、InstagramではPR活動ばかりではなく、愛らしい表情や、遊び心満載の日常生活も見られ、さらに多くのファンを獲得しています。日本の知育玩具や、意外性のある玩具など、ミリー=ベル・ダイアモンドちゃんのような小さな子供が楽しめる玩具のPRにむいているでしょう。

ステラ & ブレイズ/@stellaandblaise

 

この投稿をInstagramで見る

 

@stellaandblaiseがシェアした投稿


フォロワー数6.6万人(2019年12月時点)

母親のダナさんが何気ない気持ちで始めたInstagramに、子供たち2人の姿を投稿したところ、天然パーマと美しいブロンド、魅力的なファッションが高く評価され、姉弟そろって大人気となりました。

可愛らしい外見が話題となり、ファッションモデルの仕事依頼が殺到したことから、現在は大手芸能プロダクションに所属し、モデルとして活躍しています。現在も、母親が管理するInstagramに度々登場し、オシャレなファッションや楽しそうな日常生活を披露していました。

学校での生活や文房具、動物との触れ合いなども投稿していることから、ペット関連商品やオシャレ小物のPRなどにも最適です。水辺で遊んでいる姿も多数投稿されていることから、子供用水着、水辺で遊ぶ玩具のPRも適しているでしょう。

商品イメージにベストマッチした子供インスタグラマーを選んでみよう

商品やサービスを宣伝する時は、新しい方法であるインフルエンサーマーケティングを検討してみましょう。これまでのように、企業側が大きなデメリットを抱える必要もありませんし、より企業や商品に合った、柔軟な提携が可能となります。

しかし、インフルエンサーを活用してマーケティングを行う時は、採用する人材を慎重に見極める必要があるのでしょう。商品や企業イメージを明確にし、それらに添ったインフルエンサーを選ぶ必要があります。さらに、大人インフルエンサーにばかり注目していたり、フォロワー数ばかりに囚われていると、より良いパートナーを見落としてしまう可能性もあるでしょう。

インフルエンサーマーケティングを実行する際は、どのような人材が最も適しているのか、自社や商品を最も引き立てられるパートナーは誰なのか、固定概念を持たず検討してみてください。「どのような手順で選んだらいいのか」また「具体的な活用方法を相談したい」等の疑問がある際は、企業とインフルエンサーのマッチングサービス「トリドリマーケティング」を活用してみましょう。

「自社に合ったインスタグラマーを探したい」「インスタグラマーを介したマーケティングを今すぐに始めたい」など、些細な疑問から即実行の提案までそれぞれの企業に合った対応が可能です。