【PC版】Instagramへの投稿方法をブラウザ別に徹底解説

InstagramはPCからも投稿が可能!

Instagramというとスマホやタブレットから使っている人が多いアプリですが、実はPCからも投稿することが可能となっています。普段はスマホやタブレットを使って更新しているという人も、PCからの使い方を覚えておくと役に立つかもしれません。どのように投稿すれば良いのか、Google Chrome、Safariについて解説していきます。

PCから投稿するメリット

最近ではスマホを使い慣れているためPCをあまり使わないという人も多く、そもそもPCからInstagramを更新するメリットが分からないという人もいるでしょう。しかし、実はPCから投稿すると画像や動画の高度な編集ができて便利と考える人も少なくはありません。もちろんInstagramはアプリ自体に加工できる機能が実装されていますが、より高度で複雑な設定の場合はPCの方が作業しやすいでしょう。特に動画編集の場合はPCの方が利便性が高いこともあり、動画を主に投稿する人はPCから投稿している人も少なくはありません。

また、キャプションをしっかり書く場合にもスマホよりPCの方が楽だと言われています。タイピングのスピード自体が違うこともありますし、単純に視野が広くなるため表現の重複や誤字・脱字に気付きやすくなるでしょう。分かりやすい投稿を心掛けている人にとっても、PCからの更新はメリットになります。

PCから投稿するデメリット

一方、PCから投稿することが絶対に良いわけではありません。PCからInstagramを更新する際にはデベロッパーツールを活用しなければなりませんが、その操作に慣れるまでは面倒に感じてしまうことが多いでしょう。普段からスマホを主に使っていて、PC自体に慣れていないという人は、なおさらストレスになってしまいがちです。

また、PCは持ち歩きには不便なためリアルタイムの更新が難しいというデメリットがあります。凝った編集が必要な投稿はPCから、リアルタイムで素早く更新したい投稿はスマホやタブレットから、といったように使い分ける必要があります。

PCで利用できる機能一覧

デベロッパーツールを使うことでPCからでも画像の投稿などができますが、通常のブラウザの状態では画像の投稿を含めて全ての機能を利用できるわけではありません。ブラウザ版で利用できる機能は、2021年1月現在下記の通りとなっているのでご注意ください。

・タイムラインの投稿の閲覧/コメント/いいね
・ストーリーズの視聴
・アカウントやハッシュタグの検索
・一部のアカウント設定
・IGTVの視聴

ストーリーズに関しては、視聴はできるもののいいねはできないようになっています。これ以上の機能を使いたい場合は、今から紹介する方法で利用してください。

【Google Chrome版】PCからInstagramに投稿する手順

まずは、最近愛用している人も多いGoogle Chromeを使ってInstagramに画像を投稿する方法を解説していきます。

Instagramにアクセスする

まずはInstagramにアクセスしましょう。これは通常のブラウザの状態でアクセスするだけですので、特に支障はありません。

スマホ版のブラウザ表示に変更する

次に、この画面をスマホと同様の表示に変更します。右上の三点マークをクリックし、その他のツール>デベロッパーツールを選択しましょう。これにより、PCを使いながらもスマホのように使用することが可能になります。このような画面にならない場合は、一度画面自体を更新することで表示が変更されるので、慌てずに更新してください。

なお、こちらの機能は右上の三点マークをクリックしなくても右クリック>検証からでも使用できます。こちらの場合も、投稿ができない場合は画面を更新すれば問題ありません。使いやすい方法で覚えておくと良いでしょう。

スマホアプリと同じ要領で投稿する

上記の手順でInstagramにアクセスできれば、あとはPCの画面上でスマホやタブレットを操作するのと同じ要領で画像を投稿できます。好きな画像を用意して、投稿しましょう。ただし、PCからの投稿の場合、画像はJPG形式しか投稿できません。画像編集をする人は、拡張子にも注意してください。

【Safari版】PCからInstagramに投稿する手順

Google Chromeだけではなく、Sagariからも画像の投稿が可能となっています。Safariを使った投稿方法についても確認してみましょう。

Instagramにアクセスして「開発」メニューを開く

safariの場合は、Instagramを開いた状態で編集>設定画面を開きます。

その後、「詳細」のタブを選択して「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れます。

iPhone表示に設定して投稿する

そうすると、今まではメニューバーになかった「開発」という項目が表示されるので、そこを選択し、ユーザエージェント>iPhoneの順に選択します。

その後は、Google Chromeと同様にスマホと同じ感覚で操作ができるので、好きな画像を投稿するだけです。ただしsafariを利用する場合も投稿できる画像はJPG形式のみですのでご注意ください。

PCからもInstagramに投稿してみよう!

PCからInstagramを操作する機会はそれほどないかもしれませんが、覚えておくとクオリティの高い画像をスピーディに投稿できるようになります。普段からスマホやタブレットだけではなくPCも使っているという人は、この方法も覚えておくと便利かもしれません。