インスタのアプリだけでおしゃれ写真に加工!ナチュラルからヴィンテージまでハイセンスな加工方法

特別なアプリは必要なし!インスタグラムに備わっている写真加工機能の活用方法とメリット

日本人の4人に1人が利用する、インスタグラム。美しく、時には面白い写真を投稿し、多くの人々の心をつなぎ合わせています。多くの人々を魅了するため、インスタグラムに投稿される写真には、様々な工夫が見られるようになりました。1つの写真を掲載するため、複数枚撮影したり、外部アプリを利用し繊細な写真加工を施したりと、長時間の編集作業も珍しくありません。そこで疑問となるのは、多くのフォロワーを獲得するためには、外部アプリを使用するべきかという疑問です。有料外部アプリを使用しなければ、魅力的な写真を作成することができず、フォロワーも獲得できないのでしょうか。

インスタグラムにも、写真を加工する機能が備わっています。有料外部アプリを使用しなくても、十分に優れた写真を作り出すことが可能なのです。そこで今回は、インスタグラムに備わっている写真加工機能の使い方を、徹底解説していきましょう。最新のエモ写真を作る方法から、有料外部アプリでは得られないメリットまで、詳細にご紹介していきます。さらに、フォロワーを獲得するための、インスタグラム写真加工技術についても、ご紹介していきましょう。フォロワーが伸び悩んでいる人は、是非参考にしてみてください。

外部アプリで写真加工するメリット

まず、外部写真加工アプリを使用するメリットについて、解説していきましょう。写真加工アプリには、様々な種類が存在します。各社特徴的なエフェクト、フィルター等を提供しているため、そのアプリでしか行えない加工が魅力です。インスタグラムに投稿する写真の、個性を演出できるというメリットが存在します。また、全ての外部アプリが有料というわけではないため、無料で多くの機能を活用できる部分も、メリットでしょう。

有料サービスを利用すれば、より繊細な加工も可能となり、撮影技術の乏しい一般人であっても、プロ顔負けの写真を作り出すことが可能です。ユーザーの実力以上の写真を作り出せること、低価格でもある程度の写真を生み出せることがメリットだと言えます。

外部アプリで写真加工するデメリット

外部アプリを利用するデメリットは、有料制による費用負担です。少額ではあるものの、利用するために費用が発生します。複数外部アプリを使用する場合、毎月の費用負担も高くなってしまう部分がデメリットです。また、それぞれのアプリを開き、写真加工を行う必要があるため、時間もかかってしまいます。さらに、様々な加工を施した場合ファイルサイズが大きくなり過ぎ、インスタグラムへの移行や掲載が難しくなってしまうこともあるのです。

それ以上に問題なのが、インスタグラムの世界観を保持することが難しくなるという部分でしょう。外部アプリを活用することにより、様々なエフェクトを利用した写真を作ることができます。しかし、それぞれの写真に個性が出過ぎてしまい、統一感がなくなってしまうのです。レトロな雰囲気の写真もあれば、スケッチ調の写真、ポップな写真など、インスタグラム内に統一性が見られなくなってしまうのです。インスタグラムでフォロワーを獲得するためには、アカウントの統一感が必要であり全体の世界観を作り出すことが必要不可欠だと言えます。つまり、投稿する写真の加工濃度を統一しなければならないのです。外部アプリを利用してしまうと、優れたエフェクトが多数存在するため、加工濃度を統一することが難しくなってしまいます。1枚1枚の写真は魅力的でも、フォロワーが獲得できないのは、統一性が乏しく世界観が曖昧ということも珍しくないのです。

外部アプリを使用する最も大きなデメリットは、広告の表示でしょう。外部アプリでは、無料・有料を問わず、多くの広告が表示されます。写真加工の最中、工程の移行時などに強制的に表示され、数秒間手を止めなければならないのは大きなストレスです。

インスタグラム写真加工機能のメリット

インスタグラムに備わっている、写真加工機能を利用するメリットは、短時間で行えるという部分です。写真撮影後、インスタグラム内で加工を施し、そのままスムーズに投稿することができます。インスタグラムを、1日に複数回投稿する人も多く、投稿にかかる時間を削減できることは非常に大きなメリットです。当然のことですが、既存機能として備わっているため、無料で利用することができます。

無料で備わっている機能であることから、エフェクトの種類が乏しいのではないかと、不安を感じる人もいることでしょう。しかし、外部アプリと同じように、様々な加工を施すことが可能です。洗練されたエフェクトのみを用意しているため、種類の多さに迷う事もなく、統一性がぶれてしまうこともありません。このように、外部アプリを使用しなくても、インスタグラムに備わっている加工機能のみで優れた写真を作り出すことができます。

インスタグラム写真加工機能の使い方

有料の外部写真加工アプリを使用しなくても、インスタグラムに備わっている加工機能で優れた写真を作成することが可能です。ここからは、インスタグラム写真加工機能の使い方について、ご紹介していきましょう。フォロワーを獲得するために有効なエモ写真の作り方から、万人に受け入れられるナチュラル加工まで、様々な手法を、解説していきます。

好感を高めるナチュラル加工

まず、万人に受け入れられ好感を高められる、ナチュラル加工の方法について、ご紹介します。

自身のアカウント画面で、投稿する写真を選択しましょう。写真を投稿するため、画面上部に表示される「+」をタップします。その後、下部に表示されるフィード投稿を選択しましょう。

ギャラリーから、投稿したい写真を選択します。この時、「写真」「動画」を選択すると、その場で撮影した写真・動画をスムーズに投稿することが可能です。写真を選択後、上部に表示されている「→」をタップすると、編集画面に移動することができます。

編集画面には、多くのフィルターが用意されています。その中から、気に入った加工を選択するだけで、ナチュラルな加工が可能です。

フィルターの種類は、「管理」から調整することが可能です。既存で表示されているもの以外にも、多くのフィルターが使用できるため、アカウントの世界観に合うフィルターを選択してみましょう。

ナチュラルな加工を目指すなら、「lux」もおすすめです。上部に表示されているマークをタップすると、「lux」を使用することができます。

luxを調整することにより、写真の雰囲気をふんわりと優しい印象に変えることが可能です。luxの調整は、フィルターを設定した後でも使用することができます。写真の印象を大きく変えられるだけではなく、過度な加工でもないため、フォロワーに不快感を与える恐れもないでしょう。

エモく魅せるならヴィンテージ加工

近年人気となっているのが、ヴィンテージ加工です。エモさが際立つため、お洒落インスタグラムユーザーの目にも留まりやすくなります。ヴィンテージ加工でのポイントは、マットなレトロ感を作り出すことです。光を追加するのではなく、コントラストと調整し、クールで落ち着いた雰囲気を作り上げましょう。

ヴィンテージ加工は、フィルター操作1つで可能です。フィルターで加工することにより、編集時間を短くすることができますし、加工濃度も容易に調整することができます。投稿する写真に、毎回同じフィルターを活用するだけで、アカウント全体の統一感を作り出し、フォロワー獲得に繋げることができるのです。

ヴィンテージ加工は、「色」の追加でも行うことができます。「編集」の中から、「色」を選択しましょう。色味を追加するだけで、ヴィンテージ感を出すことができます。

大人気!白っぽ加工

続いては、白っぽくガーリーに加工する方法を、ご紹介します。カフェやコスメ写真と相性が良く、可愛らしさと温かみのある雰囲気を演出することが可能です。

白っぽ加工は、フィルター選択だけでも十分に行うことができます。

より柔らかい雰囲気を作り出したい場合は、「彩度」の調整や「ストラクチャ」の設定もおすすめです。ストラクチャは、被写体の輪郭を際立たせつつ、柔らかな立体感を作り出すことができます。明るさだけを際立たせた場合、見にくい写真になってしまいますが、ストラクチャ調整により、輪郭のはっきりした優しい写真を作り出すことが可能となるのです。

個性を際立たせるダーク加工

ダークな雰囲気を作り出すなら、フィルターとLuxの併用がおすすめです。Luxの設定により、シャープな印象と力強さを表現することができます。

「ビネット」「シャドウ」設定の追加により、メッセージ性を強めた写真を作り出すことも可能です。これらを併用し、個性的な写真を作ってみましょう。

インスタグラム写真加工のポイント

インスタグラムに備わっている既存機能だけでも、様々な個性を作り出すことができます。しかし、投稿する写真は、個性的であればいいというわけではありません。多くのフィルター、エフェクトをフル活用することが、必ずしもアカウント運用に最適というわけではないのです。ここからは、インスタグラムの写真加工に関するポイントについて、解説していきましょう。どのようなことに注意すればフォロワーを増加させることができるのか、また世界観のある優れたアカウントとなるのか、具体的にご紹介していきましょう。

写真の質

加工技術以前に重要となるのが、写真の質です。どれだけ加工技術が向上しようとも、被写体が低レベルな写真では、優れた投稿にはなりません。表現したい事柄が伝わらないばかりか、フォロワーの共感を集めることも、難しくなってしまいます。インスタグラムに優れた写真を投稿し、多くのフォロワーを獲得したいのであれば、撮影時のアングルや被写体の様子、自然光の調整など、写真の質にこだわりましょう。写真加工は、あくまで最終調整であると認識し、写真そのものの質を大切にする必要があります。

加工濃度の統一

様々な加工を施すことは、各写真の個性を強めます。つまり、その都度異なる加工を施した場合、アカウントの統一性が乏しくなり、フォロワーへの訴求力を欠いてしまうのです。世界観のないアカウントは、魅力が減少し、美しさも面白さも訴えかけることができません。加工に時間がかかってしまうばかりか、フォロワーを増加させることもできないのです。

自身のアルバムとしてインスタグラムを活用するだけであれば、好きな加工を好きなだけ実行して問題ありません。もし、フォロワー獲得を目指しているのであれば、フィルターやエフェクト使用など、加工濃度を統一するようにしましょう。加工濃度を統一するだけで、全く異なる被写体であっても、アカウントの世界観を統一することができます。

加工の流行に左右されない


写真加工にも、流行が存在します。近年であればヴィンテージ加工や海外風加工、白っぽ加工によるエモ表現です。以前は、外部アプリを使った盛りスタンプ加工、過剰レタッチが流行っていました。全く加工しない、インスタントカメラ写真が流行した時期もあります。都度、こういった流行を追いかけ、合わせた加工を行った場合、アカウントの世界観を作り出せなくなってしまうのです。

被写体そのものに、ファンが存在している場合は、インスタグラムの世界観を統一する必要はありません。「被写体の様子が見える」という部分が、フォロワーの求めるコンテンツだからです。しかし、被写体にファン層が存在せず、コスメや食事風景、旅先での様子など異なるコンテンツを発信する場合は、最低限インスタグラム内の世界観を統一しましょう。

インフルエンサーの投稿

写真によりフォロワーを増加させることのできる、優れたアカウントにしたい場合は、インフルエンサーの投稿を参考にしてみましょう。1,000人以上のフォロワーを獲得するインフルエンサーには、何かしらの魅力が存在します。写真を眺めるだけで、他者との違い、自身のアカウントとの違いを見つけられるでしょう。

例えば、上記のアカウントは、スイーツをコンテンツとして発信しています。ポイントは、「人」がメインで映り込んでいないこと、そして「カラフル」という部分です。カラフルさを引き立たせるため、必要以上の加工は行っていません。また、撮影時のアングルも統一されています。さらに、隣り合った写真に、同じ色味が登場します。インスタグラムは写真3枚が並んで表示される媒体のため、隣り合った写真同士に統一感を作り出すことが重要とされているのです。このように、インフルエンサーの投稿から、多くのポイントを学ぶことができます。フォロワー増加に悩んでいる人は、是非他者のアカウントを見学してみましょう。

インスタグラム写真加工を最大限に活用し魅力的な写真を作ってみよう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUYA MAEKADO(@yuya_5dmark4)がシェアした投稿


インスタグラムの写真加工機能は、大変充実しています。わざわざ、有料外部アプリを使用したり、広告の多い無料アプリを使用しなくても、十分に個性を発揮することが可能なのです。どういった加工が可能なのか、まずは実践してみましょう。手軽であり、さらにスムーズに投稿できることから、これまで以上にインスタグラムを活用することが可能となります。インスタグラムに備わっている機能を最大限に活用し、魅力的な写真掲載はもちろん、多くのフォロワーを獲得していきましょう。困った際は、等記事を参考にするとともに、優れたインフルエンサーたちの技術を取り入れてみてください。