インスタグラムの位置情報とは?メリットまで詳しく解説

インスタ 位置情報

インスタグラムの位置情報機能をご存知でしょうか?画像にどこで撮影されたものかについて、位置情報を発信することができる機能です。この機能では、同じ場所で写真を撮影した他ユーザーからの関心を高めて、多くのユーザーからフォローを集めることができるとても有効な機能です。

便利な機能である反面、位置情報から住所の特定などのリスクもあるので、設定を確認する際には注意が必要です。この記事では、位置情報を使うことでのメリットや位置情報の設定方法について詳しく説明していきます。

位置情報とは?

インスタグラムの位置情報とは、投稿する際に「写真を撮っている場所」について、現在地にもとづいて表示することができる機能です。簡単に説明すると、位置情報をオンにしておくと写真撮影した場所が投稿に表示されることになります。

位置情報をつけると、他ユーザーが同じ場所で撮影した投稿を閲覧することも可能です。自分が位置情報をつけて投稿することで、この位置情報で検索した方から閲覧していただけるきっかけにもなるので、位置情報を設定しておくことでフォロワーやいいね数が増える可能性が高まります。この位置情報は、設定でオン/オフを切り替えることができるので、投稿に合わせてオフにすることもできます。

フォトマップの廃止

元々インスタグラムには、フォトマップという位置情報付きで投稿された写真をマップ上に公開する機能がありました。
フォトマップ機能は2016年12月2日で廃止となっていて、現在のインスタグラムでは自分や他人のフォトマップを見ることはできません。フォトマップが利用できた時は、フォトマップに追加機能がオンになっていることを知らないまま投稿していることが多くあり、自宅で撮影した写真が地図上に出てしまい自分の家の住所が流出してしまうトラブルや、内緒にしたい旅行先が公開されてしまう等の問題も多くありました。

現在の位置情報機能を利用して投稿を載せたい人は、投稿をする際に自分で位置情報の一覧スポットを選ぶようになっているので、スポットを選択しなければ位置情報が掲載されてしまうことはありません。

企業が運用している場合、運用担当者の自宅等の住所が流出してしまうなど注意することで、より位置情報を使った運用をしていくことができます。

位置情報の設定方法

インスタグラムの位置情報では、ショップ名や観光地名が登録済みのスポットとして検索バーに出てくることがあります。しかし、すべての場所がスポットとして登録されているわけではありません。

ここからは、「スポットが登録されている場合」と「されていない場合」に分けて、インスタグラムの位置情報の設定方法を説明していきます。

スポットが登録されている場合

スマートフォンの位置情報サービスをオンにすることで、インスタグラムでスポットをつけることができます。今回は、iOSでの操作方法を説明していきます。

  • 手順①:「設定」 > 「プライバシー」 > 「位置情報サービス」

まず、「設定」をタップして、次に「プライバシー」をタップします。

「位置情報サービス」という項目があるのを確認し、オンになっていなければタップします。

位置情報サービスがオンになることで、位置情報を登録をする準備ができました。

 

  • 手順②:新規投稿 > 「位置情報を追加」をタップ

「新規投稿」を選択し、写真を選択して次に進みます。「位置情報を追加」をタップし、近くのスポットを検索しましょう。スポットが登録されていたので、選択してシェアをタップして投稿します。

投稿した写真に先ほど選択したスポットが表示されています。このスポットをタップすると、同じ位置情報で投稿した他のユーザーの写真も表示されます。

 

スポットが登録されていない場合

位置情報を投稿する際、自分の使いたいスポットが表示されない場合もあります。その場合、自分でスポットを作ることもできます。店舗運営者で、インスタグラムを運営している方は、店舗をインスタグラムの投稿に載せていただく為にも、自分の店舗がスポットに登録されていない場合は、自分の店舗をスポットとして追加しておきましょう。

  • 手順①:「位置情報を追加」をタップ

まず、「位置情報を追加」をタップしましょう。

 

  • 手順②:「位置情報」の検索バーに追加したいスポット名を入力

スポット名の候補一覧から使用したいものを選択。スポット名を入力し登録することで、今後利用できるようになります。

 

位置情報を変更する方法

次に、本当は位置情報を記載したくなかったのに誤って記載してしまった場合に、位置情報を変更して再度投稿をする手順について説明していきます。

  • 手順①:投稿した写真の「…」をタップ
  • 手順②:「編集」 > 「位置情報を変更」をタップ

メニューから「編集」をタップします。写真のキャプション編集など表示されますが、ユーザーネーム下にある位置情報をタップします。

  • 手順③:「位置情報を変更」をタップ

「位置情報を変更」をタップし、新たな位置情報を検索して選択します。

 

位置情報を非公開にする方法

インスタグラムの位置情報は後からでも変更・削除は可能です。しかし、そもそもどこにいるかを知られたくない場合は、位置情報サービスをオフにしておくといいでしょう。この設定をしておけば位置情報が漏れることはありません。

  • 手順①:「設定」 > 「Instagram」をタップ

「設定」をタップし、アプリから「インスタグラム(Instagram)」を探してタップします。

  • 手順②:「位置情報」 > 「なし」にチェックを入れる

「位置情報」をタップして、「なし」にチェックを入れます。これで位置情報サービスがオフになります。

 

位置情報を削除する方法

最後に、投稿した位置情報を削除する方法について説明していきます。

  • 手順①:投稿した写真の「…」をタップ

投稿した写真のユーザーネーム右にある「…」をタップします。

  • 手順②:「編集する」 > 「位置情報」をタップ

メニューから「編集する」をタップし、写真のキャプション編集を表示して、ユーザーネーム下にある「位置情報」をタップします。

  • 手順③:「位置情報を削除」をタップ

「位置情報を削除」をタップして削除します。

 

位置情報をつけるメリットは?

ここまで位置情報を設定して投稿する方法、位置情報を投稿した後に変更・削除する方法について、ご紹介してきましたが、そもそもこうした位置情報をつけることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

①集客や宣伝に使うことができる

飲食店のような店舗でインスタグラムを運営している場合、位置情報はお客さんが来店するきっかけにもなるので、とても重要なものです。「近くのお店なら行ってみよう」「今度●●に行った時に、寄ってみよう」など、お店の場所を知らせることで、集客に繋がります。

そのため、運営しているアカウントで位置情報をつけて投稿することはもちろん大切ですし、さらにお店に来店頂いたお客さんに位置情報を使った投稿をしてもらうことも効果が高いです。

お店付近に訪れる方に対して、口コミの宣伝となるので、新たな集客に期待できます。お客さんが位置情報をつけて投稿してくれることによって、更に来客が増える、という良い循環が生まれますので、位置情報付きの投稿は重要と言えます。

②ユーザーに見つけてもらいやすくなる

位置情報はハッシュタグのような役割で使うこともできます。投稿の位置情報をタップすることで、その位置情報が付いている他の投稿も閲覧することができるからです。

例えば、どこかに旅行に行こうかと迷っている時に、そのエリアの位置情報が付いている他の投稿を見ることで、実際に旅行に行った時のイメージが沸くことがあると思います。

位置情報を起点にして、新しいアカウントをフォローしたり、いいねをしたりすることもありますので、位置情報は他のユーザーから見つけてもらいやすくするためにも活用した方がいいと言えます。

③位置情報を使ったキャンペーン企画ができる

位置情報をつけて投稿することに対して、キャンペーン企画などを行うこともできます。

例えば、お店の投稿を位置情報付きでした方にはプレゼントをあげる、というキャンペーンを打てば、その位置情報に対する投稿を短期間に増やすことができます。これも位置情報をハッシュタグのように使う一例だと言えますね。

位置情報機能を利用する際に注意したい2つのポイント

位置情報は、フォロワーやいいねを増やすこともできる便利な機能ですが、自分の居場所を公にすることにもなるので、注意は必要です。

インスタグラムの投稿で、自宅を知られてしまった有名人や、被害にあったなどの口コミを聞くと、位置情報をつけることで、自分も同じように、自宅の情報が流出されてしまうのでは?と、不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

こういったトラブルが起こらないように、注意したい2つのポイントについてご紹介していきます。

自宅周辺で写真をたくさん撮らない

自宅やその周辺で撮影した写真に、位置情報をつけて、多くの投稿をすると、その投稿から自宅の情報が流出されてしまう可能性があります。特に、近くに目印となる建物があり、住所を示す標識などが写り込んでいる場合は推察されやすく、宅配便のシールなどからも判断されてしまう場合もあります。

写真自体は別の場所で撮影したものでも、自宅から投稿したことで、位置情報が付与されてしまう可能性があるので、投稿の際は注意しましょう。

デジタルカメラの位置情報をオフにする

ほとんどのデジタルカメラには、Exif情報という、デジタル写真の位置情報や、カメラ情報が埋め込まれており、これはスマートフォンのカメラでも例外ではありません。

インスタグラムでは、投稿の際にこのExifデータを破棄するような設定になってはいますが、不安に感じる方はデジタルカメラの設定で位置情報をオフにすることをおすすめします。

まとめ

集客や宣伝をしたい人、フォロワー数を増やしたいと考えている方にとって、位置情報を活用することはとてもメリットがあることです。

特に、企業アカウントの場合は、位置情報を活用した投稿は必須と言っても過言ではありません。ぜひ上で紹介をしたような方法を使って運用していきましょう。

一方で、個人の位置情報を公にすることでのリスクもありますので、運用の際は今回紹介した注意点も守るようにしてくださいね。