インスタグラム公式マークの効果と取得方法を徹底解説

インスタグラムの公式マークを取得しよう

インスタグラムのアカウント名の横に水色の背景に白いレ点がついているマークを見たことがある人も多いのではないでしょうか。Twitterなどの他のSNSでも同じマークを付けているアカウントを見たことがある人も多いかもしれません。これはちょっとしたマークに見えるかもしれませんが、実は企業がインスタグラムを利用して販促活動を行ったり自社の活動を消費者に対してPRしていったりする上で、非常に重要なマークです。

まずはインスタグラムの公式マークとそれを取得する意味を知り、公式マークを取得する意味をしっかり認識していきましょう。

インスタグラムの公式マークとは

一般的には「公式マーク」という呼ばれ方をすることも多いですが、インスタグラムの公式マークの正式名称は「認証バッジ」といいます。既にこの公式マークを見ても分かる通り、公式マークがついているアカウントは芸能人や企業のアカウント、有名なインフルエンサーといった人たちです。

認証バッジという意味だと分かりづらいですが、通称である公式マークという呼び名の通り公式、すなわち芸能人本人やスタッフ、企業のインスタグラム運用担当者が実際に運用していることを証明することができるマークです。人気のある芸能人の場合は、ファンがその芸能人の素敵なオフショットや名言、テレビへの出演情報をまとめたアカウントを非公式に作ることもありますが、そういったアカウントの場合インスタグラムの公式マークを取得することができません。

すなわちインスタグラムの公式マークがついているアカウントは、インスタグラム側が正式に「このアカウントの発信している投稿内容は公式発表である」ということを証明してくれていると認識しても良いでしょう。ユーザー側としては公式マークがついているアカウントを選定してフォローしていけばデマ情報に悩まされることもありませんし、企業側としてもいち早くユーザーからの信頼を獲得するためにも公式マークの取得は最優先事項であるといえます。

「公式マーク」がつく意味とは

既に触れた通り、公式マークがつく意味は「インスタグラムがアカウントの運用者が公式の関係者である」と保証してくれるということです。もちろんそれだけで発信する情報の信頼性を高めることができるという大きなメリットを享受することができますが、実はそれだけではなく公式マークを取得することでフォロワーの増加率が以前よりも上がったり、炎上リスクを下げることができるという効果も期待できます。

情報の信頼性を高めることができる以外に、公式マークを取得することにはどういった意味があるのか、なぜそういう効果が期待できるのかといった詳しいことは、のちほど解説していきますのでぜひそちらも併せて参考にしてください。

インスタグラムの公式マークを取得できる4つの条件

まずはインスタグラムの公式マークの効果の前に、公式マークを取得するための満たさなければならない4つの条件を紹介していきます。これらは全てインスタグラムが公式に発表している条件でヘルプページでも確認できるものですので、1つでも満たしていないアカウントは何度公式マークの申請をしても却下されてしまうでしょう。インスタグラム公式に記載してある内容を引用しながら、意味を解説していきます。

本物である

「公式アカウントのマーク」ですので、当然ながら取得できるアカウントは本物であることが条件です。のちほど解説しますが、インスタグラムは公式マークの申請の際に公的な申請書類の画像を添付する必要があります。それによって本物であることが確認できなければ、公式マークを取得することはできません。

また、SNS上では稀に世界中で人気のある小説や映画では登場人物になりきったアカウントが作られることもあります。そうしたアカウントは、仮に原作者が運用していたとしても公式マークを取得できる可能性はほぼありません。インスタグラム公式のヘルプページに「実在の個人または登記されているビジネスがや団体」という表記がありますので、フィクションの中に登場する人物の場合は公式マークの取得は難しいでしょう。

独自性がある

「独自性がある」という表記は、少々分かりづらい表記だと感じる人も多いのではないでしょうか。これはアカウントの投稿する内容に注目している条件であると認識されています。簡単に表記すると「他の人の投稿を真似た投稿」のアカウントの場合、公式マークを取得できません。また、当然ながら違う人や違う企業の情報を発信するアカウントも公式マークを取得することは不可能です。

一度公式マークを取得した後も、それに安心して全く独自性のない投稿を繰り返していたり、投稿内容が以前と大きく変わってしまっているとインスタグラム公式から公式マークを剥奪されてしまう恐れもあります。公式マークはインスタグラムが投稿内容をユーザーに対して保証するという信頼性の高いものですので、一度公式マークを取得してからも保証する価値のある投稿を続けるように意識していなければなりません。

完全である

先ほどの「独自性がある」と同じように「完全である」という表記も日本語としてはあまり聞き覚えがない表現かもしれません。しかし、こちらはインスタグラム公式のヘルプページに分かりやすく内容が説明されています。インスタグラムの公式ページでは「アカウントが公開されていて、自己紹介、プロフィール写真、1つ以上の投稿がある必要がある」という表記があります。

すなわち、フォロワーしか見られないような公開制限がないアカウントであり、自己紹介文やプロフィール写真などをしっかり設定しているアカウントでなければ公式マークを付与されないということです。稀に人気のある企業や芸能人の場合にアカウントを作成した時点で公式HPやTwitterで告知をすると、最初の投稿の前に大量のフォロワーを獲得できるということもあります。しかしながら、その状態で申請をしても投稿がない状態ですので承認されることはありません。アカウントを作った場合公式マークを取得することは最優先事項ですが、こちらの「完全である」という条件を満たしているかをしっかり確認してから落ち着いて承認申請を送るようにしましょう。

有名である

たとえ本人が運用していて独自性があり、自己紹介文などにも欠けたところがないアカウントであっても有名でないアカウントに対してインスタグラムが公式マークを付与してくれることはありません。インフルエンサーは例外として、芸能人や企業ではない個人は公式マークを申請しても承認されません。

誰もが名前を知っている有名な企業であればインスタグラムのフォロワーが少なくても公式マークが付与される場合もありますが、残念ながらそれほどではない知名度の企業の場合はフォロワー数が少ないと公式マークの申請が却下されてしまう恐れがあります。もしその他の3つの条件を確実に満たし、提出している公的な書類にも不備がない場合は一旦フォロワー数を増やす努力をしてみるのも良いかもしれません。

インスタグラムで公式マークを取得するための方法

では、インスタグラムで公式マークを取得するためにはどうすれば良いでしょうか。先ほど取得するために達成しなければならない4つの条件を紹介しましたが、上記の条件を満たしているからといって自動的に公式マークを付与してもらえるわけではありません。インスタグラムの公式マークを取得するためには、4つの条件を満たしている上で自分で申請する必要があります。

ここでは、公式マークを取得するための申請の手順を紹介していきます。簡単な手順で申請はできますので、条件を満たしていることが確認できたら一度申請してみるのも良いのではないでしょうか。

「設定」から「認証リクエスト」を押す

申請ページは特別に用意されているわけではありません。インスタグラムにログインしてマイページの「設定」から「認証リクエスト」に進むだけで、必要な事項の入力画面に進むことができます。もちろん公式マークを取得してもインスタグラムの利用に特別な料金がかかることはありません。申請の手間はかかってしまいますが、メリットの方が大きいので企業アカウントとして運用する場合は基本的に公式マークの申請はしておくようにしましょう。

必要な情報を入力する

入力しなければならない情報は「氏名(本名)」、「別の名前(空白可)」、「カテゴリ」の3つです。氏名の欄にはインスタグラムのアカウント名やペンネームではなく、自分の本名を記入しましょう。必要事項を記入した後で添付する公的書類に記載されている名前を記入しなければなりません。もちろん漢字の誤変換なども申請が却下される原因になりかねないので慎重に入力しましょう。

別の名前の欄は空白でも構いません。個人がアカウントを運用していて、ペンネームや芸名がある場合に入力することが推奨されている欄です。特にそういった使い方をしていないのであれば空欄にしておきましょう。

カテゴリは、申請するアカウントがどのような使い方をされているかをインスタグラム側に示すために必要な項目です。選べる項目は「News/Media:ニュース、メディア関係」、「Sports:スポーツ関係」、「Goverment/Politics:自治体、政府、政治関係」、「Music:音楽関係」、「Fashion:ファッション関係」、「Entertainment:娯楽、趣味関係」、「Blogger/Influencer:ブロガー、インフルエンサー関係」、「Business/Brand/Organization:ビジネス、ブランド、組織、団体関係」、「Other:上記のカテゴリに当てはまらないその他のアカウント」の9つの項目が用意されています。アカウントの使用方法や投稿内容に応じて選ぶようにしましょう。

公的書類で本人証明をする

公式アカウントであることを証明するためには、公的書類で本人証明をしなければなりません。芸能人など、個人で利用している場合は運転免許証やパスポートなどで本人証明が可能です。氏名だけではなく顔写真が掲載されているものを用意しておきましょう。企業の場合は、申請者やアカウントの運用担当者の公的書類ではなく企業としての公的書類が必要となります。納税申告書や最新の公共料金請求書、会社の定款など外部の人には用意できない書類を準備しておくようにしましょう。

これらの書類は、この場面で写真に撮ってそのままアップロードすることも可能です。しかしながら、申請中に画像を用意すると慌ててしまって不適切な書類を添付してしまう可能性があります。それだけではなく、書類の中で重要な情報が手ブレで読みづらくなってしまったり、汚れがあって見づらい書類を添付してしまって申請が却下されてしまう恐れもあります。申請が却下されてもアカウント凍結や削除といった罰則は受けませんが、30日間は再度申請ができないため公式マークの取得が遅れてしまうことになります。可能であれば、事前に公的書類を用意して画像に撮り不備がないか確認しておくようにしましょう。事前に書類を用意しておけば、その画像をアップロードするだけで簡単に申請を終えることができます。

インスタグラムの公式マークによる効果

先ほど、インスタグラムの公式マークを取得することは投稿する情報の信頼度が上がる以外にも他の効果が期待できるということを紹介しました。では、インスタグラムの公式マークにはどのような効果が期待できるのでしょうか。具体的な効果を4つ見ていきましょう。

信頼度があがりフォロワーが増える

当然ながら、公式マークによる最大の効果はこの効果です。アカウントが公式の運用しているものであることが一目で分かるので、信頼度が上がります。既に非公式にファンが運用しているアカウントがあっても、当然ながらそれらの情報よりも最新の情報を投稿できるので多くのフォロワーを獲得できるでしょう。

最新の情報が知りたいというフォロワーはもちろん、正確性の高い情報を知りたいというフォロワーも積極的にフォローしてくれるでしょう。また、ファッションやコスメなどのインスタ映えさせやすい商品を扱っている企業の場合は「公式が投稿する写真の雰囲気が好きだから」という理由でフォローしてくれるファンがいることも容易に想像できるでしょう。

いずれにせよ、フォロワーが増えるということは常に企業からダイレクトに情報を届けることができ、価値のある情報を投稿すればするほど消費者の消費行動を促進させる効果が期待できるということになります。インスタグラムを用いたインフルエンサーマーケティングなど、若年層に効果が高いマーケティング戦略をとることを検討している企業にとっては非常に重要なポイントだと言えるでしょう。

日本語が分からないフォロワーにも効果的

インスタグラムは月間のアクティブユーザー数が日本国内だけでも3,300万人を突破しているなど、非常に人気の高いSNSです。基本的には20代~30代の女性が多く利用していますが、40代以上であっても利用者は多く60代でも200万人が利用しているというデータもあります。また、女性が多いのは事実ではあるものの男女比は4:6とそれほど偏りがあるわけではないので、まさに老若男女問わず多くの消費者に対して情報を届けることができるSNSだと言えるでしょう。

そんなインスタグラムを利用しているのはもちろん日本人だけではありません。日本人の月間アクティブユーザー数は3,300万人ですが、海外では30倍以上となる10億人がアクティブユーザーになっていると言われています。それらのユーザーの中には、大半の日本人がそうであるように自分の母語で投稿されたものしか見ない人もいますが、雰囲気が好きという理由で日本語で投稿されているアカウントをフォローしている人たちも決して少なくはありません。

そうした日本語が分からない海外のユーザーにとって、公式マークは非常に大きな意味を持っています。似たようなアカウントがあると、どのアカウントの投稿が公式なのか自己紹介文やキャプションでは見分けることができないユーザーも、公式アカウントだということが公式マークで分かればそのアカウントをフォローすることができるでしょう。つまり、公式マークを取得することは日本人のフォロワーだけではなく海外のフォロワーを獲得することにもつながるのです。

日本だけで商品を展開している企業はもちろん、海外進出をしている企業にとってはさらにその重要度は高くなるでしょう。海外のフォロワーを増やすためにも、公式マークは需要な役割を果たしてくれます。

なりすまし対策になる

芸能人や企業が有名になればなるほど、ファンが本人や企業になりすましたアカウントを作る可能性も出てきます。大半のファンは「憧れている芸能人や企業の情報をまとめたい」という動機でそうしたアカウントを作るので、自己紹介文に「非公式」ということを明言したり、プロフィール画像は本人や企業のロゴを使わずアカウント名にも「fan」の文字を入れるなどの対応をしてくれるでしょう。そうした憧れや好意からアカウントを作っている場合、炎上するような投稿はせずに企業としてもそれほど害はないと考えることもできます。

しかし、悪意を持ってなりすますユーザーがいることも否定できない事実です。そうしたユーザーは敢えて自己紹介文に「公式」と入れたりプロフィール画像も本人だと間違われそうな写真を設定します。場合によってはアカウント名に「official」という単語を使うこともあるでしょう。さらに悪意を持っているユーザーの場合は、投稿内容に過激な発言を含み芸能人や企業のイメージを著しく悪くしようとする可能性もあります。

こうしたユーザーに対して公式マークがない状態で反論しても、周りのユーザーはどちらの主張が正しいのか分からずに混乱してしまいかねません。時には第三者が面白がってもめ事を大きくしようとして「どちらも大人げないから、企業自体が悪い」という根拠のない噂を広げてしまうこともあります。しかし、公式マークを取得することで周りのユーザーに対して自身の正当性をアピールすることができます。悪意を持ったユーザーが作った非公式のアカウントに対してこちらからアクションをしなくても「公式マークがついていないアカウントを相手にする必要はない」とユーザーが判断してくれるでしょう。公式マークを取得することで、間接的に悪意ある非公式アカウントのフォロワーを減らしたり炎上リスクを低くすることができるのです。

検索結果で上位に表示されるようになる

さらに、インスタグラムの公式マークは検索結果にも影響を与えることができます。公式マークを取得することで、同じハッシュタグをつけた検索結果の中でもインスタグラム上で上位に表示されるようになります。そうすると同じように「#新商品」や「#キャンペーン」など多くの人が使うハッシュタグしか使っていない投稿でも、上位に表示されることでフォロワー数を増えす機会を得ることができるでしょう。

フォロワー数を増やすためには魅力的な投稿をすることはもちろん、ハッシュタグを効果的に使ったりプロフィール画像や自己紹介文を魅力的にしてユーザーから憧れを抱かれるアカウントになる必要があります。そういった準備をすることさえできていれば、公式マークを取得することで検索結果の上位に表示されて順調にフォロワー数を増やしていけるでしょう。

インスタグラムに公式マークの申請が却下された場合

インスタグラムに公式マークを取得するよう申請した場合でも、全ての承認が許可されて申請した全てのアカウントに公式マークが付与されるわけではありません。申請をしてきたアカウントをインスタグラム内で確認し、申請基準を満たしているか、公式マークを付与する価値のアカウントかが判断されてから公式マークが付与されます。

では、万が一インスタグラム公式に公式マークの付与申請が却下された場合にはどうすれば良いのでしょうか。ここでは覚えておきたい3つのチェックポイントを解説していきます。

提出した画像やアカウントの情報を見直そう

申請が却下される中で最も多いのは、申請時に入力したアカウントの情報や提出した本人確認書類に不備がある場合です。申請ボタンを押す前に情報入力画面のスクショを撮るなど対策をしておき、申請が却下された場合には入力した情報に不備がなかったか確認するようにしましょう。

特にカテゴリに関するミスは非常に多いと言われています。音楽関係の情報を投稿するアカウントなのにファッション関係にしていたり、ファッション関係の投稿をするインフルエンサーがブログ/インフルエンサーカテゴリではなくファッション関係のカテゴリで申請していると、申告内容に虚偽があると見なされて申請が却下されてしまいます。申請する前に、必ずカテゴリ選択が間違っていないかチェックすると良いでしょう。

また、本人確認書類に関してもミスが多い項目ですので注意が必要です。撮影した書類をアップロードする場合でもそもそも用意する書類が間違っている場合もありますし、写真が不鮮明でインスタグラム側がチェックしなければならない項目が見えない場合もあります。本人確認書類は、個人であれば顔写真付きの身分証明書、企業であれば会社の定款など先ほど例として挙げたものを準備するようにしましょう。書類に関しても撮影した画像をアップロードするよりは事前にスキャナ等で取り込んでおいた画像をアップロードするよりは見やすい書類を用意できます。

30日経過すれば再度申請可能

万が一文字の入力ミスがカテゴリの選択ミス、書類の不備などが理由によって申請が却下されても二度と申請できないわけではありません。インスタグラムは申請を許可した場合には通知してくれますが、そうした通知がなかった場合は申請日から30日後であれば再申請することができます。入力情報や添付した書類を見直して再度申請してみるのも良いのではないでしょうか。

ただし、申請が却下された場合でもインスタグラムから却下となった理由を開示してもらうことはできません。情報の誤入力や添付した本人確認書類の不備であれば自分たちで気付くこともできますが、紹介した「本物である」、「独自性がある」、「完全である」、「有名である」の4つの条件を満たしていなくて却下された場合はどのようなアカウントであれば公式マークを付与してもらえるのか分からずに困ってしまう場合もあるでしょう。

その場合は30日後にすぐ申請するのではなく、フォロワー数や「いいね」数が増えるようなアカウントの運用をしていくのもおすすめです。本物であることと独自性があることは満たしやすい条件ですが、完全であることに関しては意外と自己紹介文の入力が漏れているというケースもありますし、単純にフォロワー数が少ないため有名であるという条件を満たせていないということもあります。再申請自体は30日ごとにできますが、条件を満たしていないままに申請だけを繰り返しても意味がないことも覚えておくようにしましょう。

公式HPからのリンクなどでフォロワーにアピール可能

インスタグラムに公式マークが付与してもらえなくても、1ヵ月後に再度申請することで公式マークを取得できる可能性はあります。しかしながら、既に現在なりすましアカウントがあって悪質な投稿をされてしまっている場合や、なりすましアカウントの方が公式だと信じられていて現時点では問題がなくても炎上のリスクが少なからずある場合は、再申請ができる期間を待っている間に非常に不安になってしまうこともあります。

その場合はインスタグラムに限らず外部サイトも利用することで、公式マークがなくてもユーザーに対して公式アカウントであることをアピールすることもできます。たとえば公式HPからインスタグラムのリンクを貼っておけばそのリンク先が公式アカウントであることが誰にでも明白です。また、インスタグラム以外にTwitterやFacebookなどの他のSNSで既に公式マークを取得しているのであれば、そのアカウントのリンク欄にインスタグラムのアカウント情報を記入しておくだけで信頼できるアカウントであることをアピールすることができます。

これらの方法は、単に公式のアカウントであることをユーザーにアピールできるだけではなく、インスタグラムは普段から閲覧していなくても公式HPやTwitter、Facebookは見ているファンを新規のユーザーにできる可能性もあります。なりすまし対策にもなりますが、フォロワーを増やすためにも外部サイトとの連携をしておくのがおすすめです。

インスタグラムから公式マークを剥奪されないための注意点3つ

非常に信頼性の高いインスタグラムの公式マークですが、一度付与されたからといって安心してはいけません。インスタグラム側から公式マークを付与すべきアカウントではないと判断された場合は事前に通告なく公式マークを剥奪されてしまう恐れもあります。では、インスタグラムの公式マークを剥奪されないためにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。3つの注意すべき点を解説していきます。

アカウントを譲渡しない

TwitterやインスタグラムといったSNSアカウントは、当然ながらフォロワー数が多い方が多くのフォロワーに情報を発信する力を持っていることとなります。そのためある程度フォロワー数が増えてくると「アカウントを購入したいので売ってくれないか」という声をかけられることもありますし、逆にフォロワーを増やすための活動をしていると「フォロワーを増やしたいのであれば、たくさんのフォロワーがいるアカウントを購入しないか」という誘いを受けることもあるでしょう。

しかし、有償であれ無償であれアカウントの譲渡はインスタグラムの利用規約に反してしまいます。発覚した時点でアカウントから公式マークが剥奪されてしまいますし、場合によってはアカウントが凍結されてしまう恐れがあります。もちろん、そのように公式マークが急に消えることでユーザーに不信感を与えてしまい、インスタグラム内に限らず大きく企業イメージをダウンさせてしまう恐れもあります。アカウントの買取や売却、譲渡は絶対に行わないようにしましょう。

もちろん譲渡は禁止といっても企業アカウントの運用担当者が人事異動などで変更になる場合はこの条件に当てはまりません。個人で活動しているインフルエンサーやブロガーであればアカウントの譲渡や売却、買取を行う人もいますが企業の場合はそうしたことをする企業はそれほどいないでしょう。そのため公式マークの剥奪の中では最も多い例とはいえ、該当する企業はそれほど多くはありません。通常通りの運用をしていればこれに抵触してしまう恐れはほぼないので、安心してアカウント運用をしてください。

認証されたジャンル以外の宣伝を行わない

公式マークの取得申請の際に、9つのカテゴリからアカウントの使用用途を選択しています。こちらで選択したジャンル以外の宣伝をしてしまうと、アカウントの情報をインスタグラムでも担保することができなくなるので公式マークを剥奪されてしまう恐れがあるので注意しましょう。

しかし、この剥奪の条件を知ると「ファッションのコーディネートを主に投稿している企業の場合、カテゴリがファッションになるのか企業になるのか不明瞭で不安だ」という感想を抱く人は多いでしょう。その場合は「Business/Brand/Organization」を選択しておけば問題ありません。「企業がファッション系の情報を投稿している」ということになりますので、ファッション系の情報が多くても公式マークを剥奪されることはないでしょう。

もちろん、カテゴリが「企業」であればファッション以外にコスメやメイク、雑貨といったそもそも選択できるカテゴリに存在していない内容を発信しても構いませんし、ユーザーが喜ぶお得なキャンペーンやクーポンといった情報を発信しても問題はありません。最初にカテゴリを選択してはいるものの、そこまで投稿内容に神経質になる必要はありません。公式マークを取得する前と同じようにアカウントを運用していれば、インスタグラムの利用規約が大きく変わらない限り公式マークを剥奪されることはないでしょう。安心してアカウントを運用してください。

連携アプリを使って申請しない

インスタグラムは公式が提供しているアプリの他にもハッシュタグの管理や写真の加工が簡単にできるようにユーザーが独自で開発しているアプリも存在しています。これらのアプリはインスタグラムに限らず「サードパーティーアプリ」と呼ばれ、TwitterやFacebookといったその他のSNSでも愛用している人は多いのではないでしょうか。

これらのアプリは公式が提供しているものではないので公式本体の仕様変更で不具合などを起こす可能性もある一方で、公式アプリではいまいち使いづらいとユーザーが感じている不満点を解消されていたり公式アプリよりも見た目が良かったりといった理由で利用している人も多いと言われています。

なかには公式アプリよりも全てにおいて使い勝手が良いと感じられるサードパーティアプリーも存在しているとも言われていて、インスタグラムもサードパーティーアプリ自体の使用は禁止していません。また、企業としてはサードパーティーアプリを利用して見ているフォロワーが多いことを予測し、敢えてインスタグラム公式以外にもサードパーティーアプリを用いた場合の画像の見え方や動作の利便性を検証している企業も少なくはないでしょう。

しかし、インスタグラム公式もサードパーティーアプリの使用自体を禁止してはいませんが、各種申請などはサードパーティーアプリを通じて申請しないようにとの規約を定めています。公式アプリの取得申請に限らず、個人アカウントからビジネスアカウントへの切り替えといった申請なども、仮に操作できるサードパーティーアプリを使っている場合でも申請時は公式から提供されているアプリを用いて行うようにしましょう。もしサードパーティーアプリを使用して申請してしまうと、申請自体にエラーが起きて却下される可能性もありますし、公式マークの付与後にサードパーティーアプリから申請を行っていたことが判明すると剥奪されてしまう恐れがあります。

その場合、30日後に改めて公式アプリから申請すれば再度付与してもらうことは可能ですが、事情を知らないユーザーからは付与されたり剥奪されたりといった行動は不自然に思われかねなく、不要な不信感を与えてしまう恐れがあります。そうした事態を避けるためにも、普段サードパーティーアプリを使っていても申請時には必ず公式アプリから申請を行ってください。

公式マークを付けてインスタグラムのフォロワーを増やそう

インスタグラムは公式マークを付けることでアカウントの信頼性が高まり、フォロワーを増やすことができます。フォロワーを増やすことができれば、様々なマーケティング戦略の効果も上がり売上額も大幅にアップさせることができるでしょう。

しかしながら、フォロワーを増やす方法は色々な方法が知られていますが、一定のレベル以上にフォロワーを獲得するための方策やインスタグラムを使用した効果的なマーケティング戦略は意外と知られていません。インスタグラムを利用してさらに効率的なマーケティング戦略を行いたい場合は、「トリドリマーケティング」といったプロの力を借りることが重要になります。今までは自社内のみで試行錯誤していた企業も、さらに一段階上のインスタグラム利用をするために、ぜひ一度トリドリマーケティングを利用してみてください。