インスタグラムの紹介文の書き方とコツ!フォロワーを増やすための基本と応用

インスタグラムの紹介文でフォロワー数は大きく変わる!

インスタグラムに限らず、各SNSには必ずといって良いほど自分のアカウントを紹介する「紹介文」を入力する項目があります。個人の趣味でSNSを利用する場合は空白で使用しても構いませんし、自分の好きな言葉や好きなもの、出身校などを列挙するなど色々な使い方をすることができるでしょう。

しかし、企業のインスタグラム運用の担当者としてインスタグラムの紹介文を考える際には、そのような軽い気持ちで考えることはおすすめできません。インスタグラムの紹介文の内容など、紹介文の使い方によってインスタグラムのフォロワー数に大きな影響を与えることができると言われています。まずはインスタグラムの紹介文に関する基本的な知識を抑えておきましょう。

インスタグラムの紹介文とは

インスタグラムの紹介文とは、アカウントの一番上部に生じされる項目のことを言います。プロフィール画像の横に表示されるので、どういったアカウントであるのかを端的にユーザーに対して伝えることができるでしょう。TwitterやFacebookといったその他のSNSでもこうした紹介文を書く欄はありますが、インスタグラムでも同様に「企業アカウントが何を伝えたいのか」、「企業アカウントがどのような情報を発信していきたいのか」、「どういった人が企業アカウントをフォローするのがおすすめなのか」をユーザーに対して伝えることができるため、フォロワー数の増減に大きな影響を及ぼします。

紹介文に書ける項目は?

インスタグラムの紹介文では「プロフィール写真」、「名前」、「ユーザーネーム」、「ウェブサイトのリンク」を入力することができます。それぞれどのように入力していけば良いのか、まずはここで簡単に説明していきます。

まずプロフィール写真ですが、個人の趣味でSNSアカウントを使用している場合はどのような写真を使っても構いません。インフルエンサーでは自分の顔写真などを使う人が多いですし、そうではない場合は綺麗な景色や飼っているペットの写真、自分の描いた絵を使用する人もいます。

しかし、企業アカウントの場合は運用担当者が個人で勝手に好きな写真を設定するのはおすすめできません。企業のロゴや代表製品の写真など、一見してすぐに企業アカウントだと分かる写真を設定するようにしましょう。なお、2015年8月までは正方形の写真しか設定できませんでしたが、現在はそれ以外の形の写真でも設定画面でトリミングができるので使用することができます。もし今まで不本意ながら正方形の写真を利用していたという人は、早急に自分の納得できる画像に変更すると良いでしょう。

また、「名前」と「ユーザーネーム」に関しては違いが分かりづらいという人も多いのではないでしょうか。実はインスタグラムにおいては、基本的にはユーザーネームしか使用されていません。そのため、「名前」欄は空白でも特に構わないでしょう。誰かの投稿に「いいね」をした時などにもユーザーネームが表示されるため、名前はプロフィール欄でしか確認することができません。特別な事情がない場合は、企業アカウントにおいても名前欄は空白のままでも特に支障はないと考えられてます。

最後に「ウェブサイトのリンク」ですが、こちらは公式サイトや他のSNSのTwitterなどへのリンク、あるいはECサイトがある企業はそちらを反映させるのも良いでしょう。インスタグラムなどのSNSを新商品や新しいキャンペーン、クーポンなどの情報発信の場としてとらえているのであれば、TwitterやFacebookといった他のSNSといった外部ウェブサイトへのURLを設置しておくことでユーザーの利便性が高まりますし、インスタグラム以外のSNSにおいてもフォロワー数を増やすことに貢献できるかもしれません。

一方で、企業としてインスタグラムで新商品や既存の商品のお得な情報を発信しながら売上額をダイレクトに増加させたいと考えているのであれば、他のSNSへのリンクURLよりもECサイトのURLを設置しておいた方がユーザーの消費行動を促すことができるでしょう。こちらのウェブサイトへのリンクは必須項目ではありませんが、設定して置いた方が良いでしょう。

文字数制限はある?

検索結果によってプロフィール画面を見る人を増やすためには、色々な情報を入れておくことが重要です。しかしながら、他の多くのSNSがそうであるように、インスタグラムの自己紹介文にも文字数制限は存在しています。インスタグラムの場合、文字数の上限は150文字ですので注意しましょう。それ以上入力しても反映されることはありません。文字数が超過してもアカウント削除などの罰則はもちろんありませんが、不安な方は事前にWordや文字数カウントアプリなどでチェックしておくのもおすすめです。

編集する方法は?

個人利用のSNSよりも企業アカウントの方が紹介文を編集する機会は少ないでしょう。しかしながら、アカウントの運用方針を変更する場合や、期間限定のお知らせなどをプロフィール欄に記載したくなることもあるかもしれません。その場合は、一度インスタグラムにログインしてマイページを開きましょう。PCからであってもスマホからであっても、そこからプロフィール編集のボタンを押すことでプロフィールを編集することができます。紹介文はもちろん、プロフィール写真や名前・ユーザーネーム・自己紹介文・ウェブサイトへのリンクを変更できますので、こちらの方法も覚えておくと良いでしょう。

インスタのアーカイブ機能について!見方や保存方法、戻す方法を解説 | インフルエンサーマーケティング研究所

Instagramにはアーカイブという機能があります。「保管」や「記録」という意味を持つアーカイブ機能は、通常は24時間で消えてしまうInstagramストーリーズや、過去のものになるほど探しづらくなる投稿を保存しておくことができる機能です。

 

フォロワーを増やすインスタグラム紹介文の書き方【基本編】

紹介文の登録や操作自体は、インスタグラム以外でもSNSを使用したことがある人にとってはそれほど難しいものではありません。登録自体は特にヘルプ画面などを参照しなくても簡単に終えることができるでしょう。しかし、インスタグラムの紹介文はフォロワーの増減に大きな影響を与えます。どうすればフォロワーが増えるようなインスタグラム紹介文を書くことができるのか、まずは運用初心者でも絶対に意識しておきたい5項目を紹介していきます。

見やすく統一する

まずはインスタグラム紹介文だけでに注目し、統一感が出ているかをチェックしましょう。150文字という多くはない文字数ですが、意識して作成しないと統一感がなくて何を伝えたいのか分からない文章になってしまいかねません。多くの情報を入れられないインスタグラム紹介文だからこそ、ユーザーに対して分かりやすく伝える技術が必要になります。

たとえばインスタグラム紹介文の前半は「公式アカウントです♪フォローしてねっ☆」のような軽い文章なのに、最後の方には「有益な情報を可能な限り発信させていただきます」のように固い文章があると、ユーザーがどういった投稿の多いアカウントなのか推測しづらくなってしまい、フォローする気にならない恐れがあります。企業アカウントとはいえ、運用の方針によってはフレンドリーな文章の方が好まれることもあるでしょうし、逆に固い文章でブランドイメージを作っていきたい企業もあるでしょう。そうした運用方針に則って、150文字の中で雰囲気が統一された紹介文になるようにしましょう。

もちろん、自己紹介文だけではなく投稿との統一性も重視しなければなりません。インスタグラム紹介文ではポップな文章でフレンドリーな雰囲気なのに、実際に投稿を見てみるとお固い内容ばかりでは一旦はフォローしてくれたフォロワーも自己紹介文から期待した内容と違うことに失望してフォローを外してしまう恐れがあります。

ポップな内容が良いわけでも固い内容が悪いわけでもありませんが、インスタグラム紹介文は企業アカウントを初めて閲覧したユーザーにとって「入口」であることを意識しなければなりません。入口でユーザーが感じた雰囲気を投稿でも守っていけるように、インスタグラム紹介文と投稿内容には統一性を持たせるように意識しましょう。また、アカウント運用の途中で運用方針が変わった際には、その方針に合わせて紹介文の内容や雰囲気も変えていくことがおすすめです。

プロフィール画像との関連性を意識する

自己紹介文の中での統一感と、自己紹介文と投稿内容の統一感はフォロワーを増やすうえで非常に重要な項目です。しかし、もう一つ意識しておきたいのが自己紹介文とプロフィール画像との関連性です。PCで閲覧する場合でもスマホで閲覧する場合でも、インスタグラムの紹介文はプロフィール画像の横に表示されます。そのため、こちらも統一感を意識しておかなければならないでしょう。

プロフィール画像が落ち着いていてシックな印象の場合、ユーザーは投稿や自己紹介文に関してもそうした雰囲気を求めてプロフィールページを開きます。そこで表示される自己紹介文や投稿内容がカラフルすぎてポップなものの場合、イメージを壊されたと感じたユーザーがフォロワーになることはないでしょう。アカウントの印象を真っ先に伝えるのは、投稿内容ではなくプロフィール画像と自己紹介文です。それらの2つがしっかり同じ方針をユーザーに対して明示できるようにしておきましょう。

投稿内容が一目で分かるようにする

ユーザーにとってアカウントをフォローするかどうか決める基準に「そのアカウントの投稿内容が魅力的に感じられるかどうか」という点があります。そのため、インスタグラム紹介文だけで投稿内容が一目で分かるようにしておくと、それだけで「投稿内容をしばらく見るためにフォローしてみよう」や「最近の投稿内容を見てフォローするか決めてみよう」というようにユーザーを次の段階へと進ませることができます。一方で、投稿内容が分からない抽象的な紹介文の場合は「面倒そうだからやめておこう」とユーザーの離脱率を上げてしまう要因になりかねません。個人の趣味アカウントであれば抽象的な言葉や意味深な言葉でアカウントの雰囲気を作るのも悪いことではありませんが、情報発信をして自社の知名度を上げたい、売上に貢献したいということが主な目的となる企業アカウントにとっては自己紹介文は投稿内容を一目で分かるものにしておく必要があります。

そのため「季節ごとの素敵なサービスを紹介していきます」や「どこよりも早く新商品の情報を紹介します」や「フォロワー限定の特別セールの情報を発信していくアカウントです」のように、フォロワーの需要を刺激するような紹介文を書くようにしましょう。企業アカウントの場合、奇をてらった紹介文を書いてバズることを狙ってしまうと炎上リスクが高まってしまう恐れがあります。分かりやすく、ユーザーに対して親切な紹介文を書いておきましょう。

ウェブサイトのリンクを使用する

ウェブサイトのリンクの使用は任意ですので、他にSNSをやっていない場合や公式HPやECサイトがない場合は無理に作成してウェブサイトのリンクを使用する必要はありません。しかしながら、そういった外部サイトのURLを持っている企業の場合は必ず設置しておいが方がフォロワーを増やすことができるでしょう。

ウェブサイトのリンクを設置することで、アカウントに興味を持ったユーザーがそのURLを踏み、さらに企業の情報を手にしてファンになってくれる可能性を高めることができます。わざわざ検索してまでは公式HPなどを見る気はないというファンも、ウェブサイトのリンクを使用しておけば手間をかけずにワンクリックで公式HPに行けることから「それならせっかくだから公式サイトやECサイトも覗いてみよう」という気持ちにできるかもしれません。今は他のウェブサイトを開設していなくても、今後Twitterを始めたりECサイトをオープンした場合には、編集画面からしっかり編集しておきましょう。

スマホだけではなくPCでもチェックする

インスタグラムのユーザーのほとんどはスマホで閲覧しています。そのためスマホユーザーのことを考えてスマホで閲覧しやすいような投稿や紹介文を用意するのは非常にユーザーの利便性のことを考慮した素晴らしいことです。しかしながら、企業アカウントの場合はスマホユーザー以外にPCやタブレットから閲覧しているユーザーのことも考慮した紹介文を作っておいた方がフォロワーは増えるでしょう。

普段の投稿はスマホでチェックしている場合でも、ウェブサイトのリンクにECサイトのURLを設置している場合は、通販の利便性を考えてPCからチェックしているフォロワーも少なくはありません。そうしたフォロワーに対しても分かりやすいマイページを作っておかないと、徐々にフォロワー数が減ってしまう恐れもあります。また、応用テクニックの項目でも詳しく解説しますがインスタグラム紹介文はスマホから閲覧する場合には正常に表示されてもPCからの閲覧の場合には反映されないテクニックもあります。そういったものを多用していると、PCユーザーが離れてしまう原因にもなりかねないのでアカウントの紹介文はスマホはもちろんPCやタブレットでもチェックして見やすくなっていることを定期的に確認しておくのがおすすめです。

インスタグラムの紹介文をさらに魅力的にするために知っておきたいコツ【応用編】

フォロワーを増やすためのインスタグラムの紹介文は、既に紹介した5つの基本的な項目を抑えておくだけでフォロワー数を大きくアップさせることができるでしょう。しかしながら、個人のアカウントであればそれで良くても企業アカウントの場合は基本的なテクニックだけで満足してはいけません。競合他社よりも魅力的なアカウントだとユーザーに思わせ、フォロワー数を増やすためには応用テクニックを駆使する必要もあります。

では、インスタグラムのフォロワーを増やすための紹介文を書く上で、覚えておきたい応用テクニックとはどのようなものがあるのでしょうか。6つのテクニックを紹介しますので、アカウントの雰囲気に応じて上手に利用してください。

改行する

インスタグラムの自己紹介文を書く際に、改行した方が見やすくなると感じることもあるのではないでしょうか。しかしながら、現在のインスタグラム公式が提供している仕様ではインスタグラムの紹介文を書く際に改行することはできても一行の空白行を挿入することはできません。そういった時によく使われる方式として「/」を利用した列挙の方法があります。これはたとえば「新商品/キャンペーン/クーポン」などのように、情報の間にスラッシュを挟むことで、少ない文字数制限の中でもユーザーに伝えたいことを端的に伝えることができます。しかし一方で、端的に伝えすぎて冷たい情報を与えてしまうこともあるため、フレンドリーなアカウント運用をしたい企業にとってはマイナスになってしまうこともあるでしょう。

その際に使いたいのが「一括変換ツール」です。こちらは、通常通り文章を入力しながら適宜改行することで、本来ならば使えない改行をできるようにしてくれる無料ツールです。利用も簡単で登録等も不要なため、利用している企業も多いでしょう。ただし、こちらの一括変換ツールを使って作成した改行は、スマホユーザーにしか反映されません。そのためPCユーザーにとってはスラッシュを使わない分読みづらい紹介文になってしまう恐れがあります。レイアウトにこだわっている企業ではない限り、一括変換ツールに頼りすぎない方が良いかもしれません。

そのため、企業としては「.」などを利用した改行方法を覚えておくと良いでしょう。これは本来は「公式アカウントです。(改行)【空白行】(改行)お得な情報を発信していきます」としたい紹介文を「公式アカウントです。(改行).(改行)お得な情報を発信していきます」とすることで、実際には「.」が入っているものの、一行目と二行目の間に「.」しかないことで空白行を入れているように見せるテクニックです。もちろん使用する記号は、それほど目立たないものでなければ「.」に限らず「~」や「・」などの他の記号でも構いません。

こちらの記号を使った空行の挿入方法は、一括変換ツールのように完全な空白行にはならないもののスマホだけではなくPCユーザーにとっても違和感なく閲覧できる自己紹介文を作成することができます。企業アカウントとしてはこちらの方法を使った方がスマートな自己紹介文を作ることができるでしょう。

ハッシュタグやメンションを使う

インスタグラムの投稿では「#」を文頭に付けるハッシュタグを付けた投稿や、「@」の後ろにユーザーネームを付けることで特定のユーザーとの繋がりを意味する投稿をすることはもはや基本的な常識です。しかしながら、自己紹介文においてもこのハッシュタグやメンション機能を使えることを知っている人は意外と多くありません。こちらの機能は2018年5月から実装されている機能ですので、もしそれ以降に自己紹介文を編集していないという場合は、一度ブラッシュアップしてみるのも良いのではないでしょうか。

ハッシュタグの場合「#新商品」、「#季節のおすすめ」などのユーザーが検索しそうなハッシュタグをつけておくことで検索画面に登場する頻度を上げることができます。そうして人の目に触れる機会を増やすことができれば、自然とフォロワー数も増えていくことでしょう。メンション機能はそれほど使うことはないかもしれませんが、インスタグラムにおいて複数のアカウントを運用している場合はお互いに紹介文にメンション機能を利用しておくことで相乗効果でフォロワーを増やせるかもしれません。「キャンペーンやクーポンなどのお得情報を発信するためのアカウント」と「新商品や商品の効果的な使い方を紹介するためのアカウント」のように複数のアカウントを使い分けている企業は、ぜひメンション機能も忘れずに利用しましょう。

絵文字を使う

文章だけで必要な情報を伝えようとすると、どうしても印象が冷たくなってしまうケースがあります。その場合は絵文字などを利用して自己紹介文をカラフルに彩ることでもフォロワーの興味を惹くことはできるでしょう。特にプロフィール画像や投稿内容を含めてポップなイメージを押し出したい企業の場合、絵文字を積極的に使っていくことでそうしたポップな雰囲気が好きなフォロワーを増やすことができます。

ただし、150文字という文字数制限がある中ですので絵文字の使い過ぎは禁物です。あまりにも絵文字を使い過ぎると本当に伝えたいことが伝わらなくなってしまうだけではなく、企業アカウントなのに女子高生が趣味で友達と利用しているような雰囲気になってしまいかねません。カラフルにしすぎようとすると、色合いが増えて見づらくなってしまう恐れもあります。絵文字を使う場合は、絵文字の量に気をつけて使うようにしましょう。

また、絵文字だけではなく顔文字でもフレンドリーで親しみやすい雰囲気を出すこともできます。実際、LINEなどでも絵文字は使わなくても顔文字を多用するという人も多いでしょう。しかしながら、一文字で済む絵文字とは違い顔文字の場合は文字数が多くなってしまいがちです。紹介文の最後に「フォロー&いいねよろしくお願いします(^^)/」とだけ使うだけでも5文字分の容量を使用してしまいます。

ユーザーに対して使いたいことを全て記入し、その上で文字数が余ってポップな雰囲気を出したいのであれば絵文字ではなく顔文字を選択することも問題はありません。しかしながら、顔文字を入れることによって本来伝えたいことを削ることになってしまっては本末転倒です。その場合は顔文字を削除するか、少々言い回しを変えて一文字の余裕を作り絵文字を使ってポップな雰囲気にする方が良いでしょう。

外部サイトを使ってフォントを変える

基本的にはインスタグラム自体が写真の投稿を主な用途として考えているアプリですので、自己紹介文はもちろん投稿する際にもフォントは変えることができません。しかし、専用のサイトを使えば一括変換ツールで空白行を入れられるのと同じようにフォントを変えた自己紹介文を作ることも可能です。他の企業とは違う一面があることをアピールしたい企業の場合は、こういった外部サイトの機能も利用していくと良いでしょう。

フォント変更サイトの中でも「PlainStyle」は特に使いやすいと評判のサイトです。Chromeなどの普段利用しているWebブラウザからPlainStyleを開き、あらかじめ用意しておいた自己紹介文を打ちこみましょう。その後、打ちこみ画面の下部に表示されているフォントの中から好きなフォントを選び、フォント変更をするだけです。変更が終わればそれをそのままコピーして、インスタグラムの編集画面に貼り付けて編集を完了させれば、デフォルトとは違うフォントで自己紹介文を作成することが可能です。

こちらのフォントを変更するツールは自己紹介文だけではなく、名前欄にも適用されます。冒頭で紹介した通り名前欄は空白であっても問題ありませんが、凝ったフォントで伝えたいことがある場合は自己紹介文だけではなく名前欄も有効に活用していくと良いでしょう。

ハイライト機能を使う

インスタグラムアカウントの印象は「プロフィール画像」、「自己紹介文」、「最新の投稿」の3つがイメージを決定するための大きな要因となっています。しかし、その次に企業アカウントを運用する上で重視しておきたいのがハイライト機能です。ハイライト機能とは、自分のアカウントで投稿した中からお気に入りのストーリーズをプロフィール上で公開できる機能のことを言います。プロフィール紹介文のすぐ下、最新の投稿のすぐ上に表示されるのでユーザーが目にする機会も多いでしょう。

このハイライト機能を使い、サムネイルの雰囲気もプロフィール画像や最新の投稿と統一感を持たせることでおしゃれなページを作ることができます。過去に1つでもインスタグラムストーリーズを投稿したことがある企業は、こちらのハイライト機能も忘れずに使っておくようにしましょう。

さらに、インスタグラムのストーリーズといえば24時間しか公開できないという制限が有名な機能です。しかし、このハイライト機能に追加されたストーリーズの場合は24時間以上経過している場合でも問題なく視聴することができます。さらに現在公開されているストーリーズだけではなく、過去に公開して現在は既に公開されていないアーカイブの中からハイライトに設定するストーリーズを選択することもできます。特に反響の大きかったストーリーズを選ぶことで、以前からずっとフォローしてくれている熱烈なファンへのサービスをすることもできるでしょう。

同じ投稿であっても、画像だけの投稿よりも動画の投稿の方がユーザーに伝わる情報量は数倍以上多いと言われています。手の込んだ編集をしたストーリーズであれば、一つだけハイライト機能を使って常に閲覧できるようにしておくだけでもフォロワーの増加に貢献してくれることでしょう。企業アカウントを運用する上ではプレミア感を出してなかなか見られないストーリーズ機能を使ってフォロワーの心を掴むことも大切ですが、一方でいつでも見られるような動画を投稿しておくことで常にフォロワーに対して訴求力の高い情報を与えておくことも同じくらい重要です。

英語を使用する

インスタグラムの自己紹介文は、日本人のフォロワーが主な企業の場合は日本語での記載が最も適しています。日本語は漢字を使うことで少ない文字数でも簡潔に情報を伝えることができますし、なにより日本人のフォロワーにとっては最も分かりやすい言語であることは間違いありません。

しかし一方で、敢えて自己紹介文に英語を使用することでスタイリッシュな雰囲気にしたり、日本人以外のフォロワーに対しても分かりやすい運用をすることができるようになります。企業アカウントの雰囲気によっては効果的に英語を使用したり、想定しているフォロワー層によっては敢えて英語のみの自己紹介文にした方がフォロワー数が増えやすくなることもあるでしょう。

特にウェブサイトへのリンクにECサイトを設定している企業の場合は、英語で紹介文を書いた方が効率的な場合も多々あります。ECサイトは日本人が手軽にショッピングを利用するために使用する場合もありますが、「日本に住んではいるものの、日本語での会話が苦手で実店舗に気軽に行けない外国人」が商品を買うために利用する機会も決して少なくはありません。そうしたフォロワーを逃さないためにも、英語での自己紹介文の執筆も検討してみてはいかがでしょうか。

SNSの特徴やユーザー層の比較とマーケティングへの活用方法 | インフルエンサーマーケティング研究所

この記事では、各SNSの主なユーザー層や特徴、そして相性の良いマーケティング手法について解説していきます。既にアカウントを持っている方も今後アカウントを新規に取得しようと思っている方も、SNSマーケティングを行う上での参考にしてください。

 

インスタグラムの紹介文を編集できない時のチェックポイント

凝ったインスタグラムの紹介文を練り上げたものの、なぜか編集できないこともあります。インスタグラムの場合、自己紹介文の編集回数に制限はないので、編集できない際にはインスタグラム側のサーバーエラーが生じているか編集している企業側の環境に問題が発生している可能性が高くなります。では、サーバーエラーも起きていないのにインスタグラムの紹介文を編集できない場合には、どのような原因が考えられるのでしょうか。見落としがちですがしっかりチェックしておきたいポイントを3つ解説します。

好ましくない単語がないかチェック

企業アカウントの場合、ほぼあり得ませんが好ましくない単語が入っていることでインスタグラム側の制限にひっかかり自己紹介文の編集ができない恐れがあります。性的に卑猥な言葉や差別用語はインスタグラム側の制限にひっかかる可能性が非常に高いので、もし編集ができない場合はチェックしてみると良いでしょう。

企業が運用しているアカウントの場合、意図して性的な単語を入れるケースはほぼありません。しかしながら、入力ミスなどで卑猥な単語を入力してしまっている恐れがあるのでチェックしても損はないでしょう。さらに英語で自己紹介文を書いている場合は、単語自体に問題はなくても単語の組み合わせによってはスラングとして卑猥な意味合いになってしまう可能性もあります。自分でチェックしても分からない場合は、英語ネイティブの人にチェックしてもらうかインターネットで検索するなどして卑猥な意味合いの文章になっていないかどうか見直してみてください。

アプリのバージョンをチェック

企業アカウントがインスタグラの紹介文を編集できない時、好ましくない単語が入っている可能性よりはアプリのバージョンの問題で編集できない可能性の方が高いでしょう。インスタグラムは頻繁にアプリのアップデートが行われています。そのため、自動更新機能をオフにしていると、いつの間にか数代前のバージョンになっていて現在のインスタグラムの編集機能に対応していない可能性も考えられます。App StoreやGoogle マーケットでアプリが最新バージョンであることを一度確認してみましょう。特に支障がないようであれば、自動更新機能をオンにしておくことで快適なアカウント運用ができるようになります。

企業アカウントの運用を、使用のスマホではなく企業が用意したスマホで行っている場合は特に注意が必要です。スマホが支給された段階で、デフォルト設定で自動更新機能がオフになっている可能性が非常に高いでしょう。一度チェックして、場合によっては設定を変更することも考えなければなりません。

スマホのメモリをチェック

もしアプリが最新バージョンで好ましくない単語も入ってなく、インスタグラムのサーバーエラーなどでもないのにどうしても編集できない場合はスマホ自体のメモリが不足しているせいで紹介文を編集できないのかもしれません。PCでは問題なく編集できるのにスマホからは編集できない場合は、スマホのメモリもチェックしてみましょう。iPhoneであればストレージなどを見れば簡単にメモリを確認することができます。業務用のスマホの場合は、今までに投稿した画像や動画を保存していることも多く、そのせいで容量が不足してしまうというケースは非常に多いです。定期的にPCに移動させるなど、バックアップを取りつつスマホの容量には余裕を持たせておくようにしましょう。

スマホのメモリが不足していることが原因でインスタグラムの紹介文を編集できないケースの場合は、編集ボタンが押せないだけではなく文章を編集している途中でアプリが落ちてしまったり、編集ボタンは問題なく押せたのにどれだけ待っても変更が反映されないといった他のトラブルが発生する可能性もあります。キャッシュの削除やスマホの買い替えなど、スマホの容量を増やすことで対応していくのがおすすめです。

分かりやすい紹介文にしてインスタのフォロワーを増やそう

インスタグラムに限らずSNSでは紹介文を軽視して投稿内容にばかり気を取られてしまいがちですが、実は紹介文はフォローする際に必ず目に入る箇所ですのでチェックする人も多く、フォロワーの増減に非常に大きな影響力を持っている項目です。企業のアカウントを運用する上ではフォロワーを増やすことが大切ですので、しっかり分かりやすい紹介文を作成し、ここで紹介した計11個のテクニックも応用しながらフォロワーの心を惹きつけられるような紹介文にしてください。

もちろん、企業がマーケティング戦略の一環としてインスタグラムを運用する際には、紹介文だけではなく投稿する頻度や投稿する画像の選定、動画の編集や起用するインフルエンサーの起用方針に関してなど様々なことを考えなければなりません。こうした項目を社内のみで考えると、目新しい案も出ずインスタグラムのアカウント運用自体が頓挫してしまう危険性もあります。そうなる前に、「トリドリマーケティング」などプロの力を借りながら、快適なインスタグラムアカウントの運用を目指していきましょう。

インスタグラムでのフォロワーの増やし方7選!投稿のコツとするべきこと | インフルエンサーマーケティング研究所

インスタグラムを含めたSNSアカウントの運用はネットリテラシーを把握している人にとっては特別難しいことではありません。しかしながら単にアカウントを作っただけでは自動的にフォロワーは増えていかないので、特定の人にしか発信することができません。その広告を受け取る総数を増やすことこそが、アカウントの知名度を上げてフォロワーを増やす目的だと言えるでしょう。