Instagramを分析してSNSマーケティングを成功させよう

企業でインスタグラムを運用していく中で、どの程度ホームページへの誘導ができているかといった成果に関わる数値を求められることは多いでしょう。
WEBマーケティングの一環としてインスタグラム広告を出稿したり企業アカウントを開設した後、担当者を悩ませるのがKPIや数値の確認、分析作業です。
自社のアカウントはどういった属性のユーザーにフォローされているのか、投稿はどの程度ユーザーに見られているのかなどの情報も企業としてはチェックしておきたいところです。しかし、分析ツールを有料で利用するまでではない方もいるかもしれません。
そのため、インスタグラムを活用したマーケティング施策を行なったことがない方や経験が少ない方だと、何から確認をすればいいのか、また分析をどのように行えばいいのか、見当がつかないこともあるでしょう。

このような場合、インスタグラムが公式ツールとしてリリースしているInstagramインサイトを利用するのも一つの方法です。

しかし、外部アプリの分析ツールなども数多くあることから、それもあわせて活用することでより精度の高い分析を行うことが可能となります。

今回は、分析時に確認すべき基本的な項目とInstagramインサイトの使い方、また数多くある分析ツールの中からおすすめのものを厳選してご紹介します。

 

インスタグラムの分析を行う際に確認する必要がある注意点

そもそも、インスタグラムの分析はなぜしなければいけないのでしょうか?

それは、現状の施策が目標達成のために適しているのかどうか判断するためです。
また、これらの現状分析だけでなく、その分析結果によって洗い出された問題点を軌道修正することで、目標達成までの道をより近いものにすることができます。

インスタグラムを活用した施策や広告を打ち出す場合、認知向上や特定のCV獲得といったマーケティング上の目的、それを達成したかどうかを判断するために、フォロワーを増やすいいね!数を多く獲得するなどのKPIの設定を行なっているはずです。

定期的にインスタグラムの分析を行うことで現状の目標達成率を把握することができるので、目標を達成するために取るべき最善の改善策を選択することができるようになります。

設定した目標やKPIによって、分析時に重視すべき数値は変わってきますが、ここではどのような目標設定をした場合でも、重要となる指標について紹介していきます。

フォロワー数

インスタグラムはフォロワー数に対し100%投稿を届けることが出来ます。
インスタグラムでは、フォロワー数が最も重要な数値となっています。
フォロワーが増えることによって、そのアカウントで表示される広告の影響力も上がるからです。
いいねの数やコメント数、エンゲージメント率をあげるためにもまずはフォロワー数を増やす必要があります。
つまり、フォロワー数=拡散力となっているので、日・月ごとに増減の把握をし、特に意識して獲得していくことにしましょう。

長年インスタグラムをやっていてもフォロワー数が伸びない場合、ユーザーに望まれていない投稿や原因が潜んでいると考えられます。

いいね数

フォロワー数が増えて行くと、投稿毎のいいね!数は相対的に増える傾向にあります。投稿毎にいいね!数を把握することで、次月以降の投稿の見直しに活かして行きましょう。
いいねの数も非常に重要な数値となります。ユーザーは写真が良いと思った時にいいねを押してくれます。

いいねの数が少ない場合はその写真の質やコンテンツになにかしら改善点があるはずです。フォロワー数とともに増やしていきたい数値です。

コメント数

フォロワーやいいねの数が増えてきた次はコメントの数を気にしましょう。
コメント数が多いのは、それだけフォロワーからのエンゲージメント率が高いことを意味します。
コメント数を増やすためには、質の良い写真やコンテンツだけでなく、キャプションに書くテキストなどでも、工夫する必要があります。

エンゲージメント率

投稿企画ごとにエンゲージメント率の変化を確認していくことで、次月以降の企画やハッシュタグの付け方、投稿時間などを見直し、インスタグラムの運用に活かしていきましょう。
エンゲージメントはSNS上で使われることが多い用語の一つであり、ユーザーとの絆の強さを表します。
エンゲージメントが強いとフォローしてもらえるのはもちろんのこと、いいねやコメントなどインスタグラムを運営するにあたって、大事なポイントを抑えていくことができます。

エンゲージメント率=(いいねの数+コメント数)/フォロワー数の計算式で数値を出すことが可能です。

日々のエンゲージメント率をチェックし、下がっている投稿は、写真を改善すること、テキストの内容を変えていくことなど、アクションを行う必要があります。

投稿時間

投稿時間によって、インスタグラムのユーザーの反応は大きく変わります。

投稿時間の設定は、インスタグラム広告のターゲットによって変えることが大事です。学生と社会人ではインスタグラムをチェックする時間帯は大きく変わります。

日々写真を投稿をしていく中で、一番閲覧数・コメント数・いいね数が多い時間帯を見つけていきたいところです。

クリック数

インスタグラムの投稿で、ユーザーがどれだけ広告のリンクをクリックしたかを把握することはとても大切です。

たとえば1つ目の投稿はクリック率が少なく、2つ目の投稿はクリック率が多い場合、ユーザーは2つ目のコンテンツの方に高い関心を示したと考えられ、次からのコンテンツ作りにおいて、何がポイントだったかを抑えることができるので、参考にすることができます。

コンバージョン率

クリック数と同様に、重要なのがコンバージョン率です。

コンバージョンとは事前に定義した最終成果であり、商品の購入資料請求問い合わせ会員登録が代表的なものです。

インスタグラム運営をするにあたって、初めに定めた最終的なゴールにいたることができれば、コンバージョンとなります。
業界やサービス、ユーザーの状況により、コンバージョンで目指すゴールは変わってきます。

コンバージョン率=(コンバージョン数÷訪問者数)という計算式で、数値を出すことが可能です。
この計算式に当てはまることで、コンバージョン率を高めるためにはどういったコンテンツがユーザーの関心を得ることができるかについて、考える参考にすることができます。

 

インスタグラムインサイト機能で分析しよう

効果測定数値を、日々分析していくことは大変です。インスタグラムの効果を測定して、数値を効率よく分析するためには、分析ツールを活用していくことが大事です。

まずは、インスタグラムの公式ツール、Instagramインサイトについて、出来ること、使い方について解説していきます。

Instagramインサイトとは?

Instagramインサイトは、企業向けアカウント用に、インスタグラムが用意しているInstagramビジネスツールのひとつです。
インスタグラムのアカウントをビジネスプロフィールに変更することで、Instagramインサイトを無料で利用することができます。
Instagramインサイトとは、フォロワーについての情報や、投稿のインプレッションやリードといった基本的な数値を確認できる機能です。

インサイト機能を利用するには?

インスタグラムのアカウントがビジネスプロフィールになっていれば、誰でも利用可能です。
どうすればビジネスプロフィールに変更できるのかわからない、という方は以下の手順で設定を変更してみてください。

  • ①Facebookページを作成する
  • ②インスタグラムのプロフィールを「ビジネスプロフィール」へ変更
  • ③Facebookページを関連付ける

といった順序で設定することで利用できるようになります。

ちなみに、ビジネスアカウントに変更することで、連絡先アイコンがプロフィールに表示されるようになります。
このアイコンをタップすることで、企業のアカウントと直接メールや電話の連絡をすることができます。
商品についての問い合わせや仕事の依頼を受けることなど、ビジネスの入り口が広がります。

 

おすすめのインスタ分析ツール

Instagramインサイトでもある程度の解析を行うことはできますが、それだけでは自社が求める情報を得るには不十分だった、もっと詳細な分析結果が欲しい、という場合も多いと思います。

そのような時は企業が提供を行なっている分析ツールを併用することで、より正確な分析を行うことが可能になります。

今回は数多くあるツールの中から厳選して、紹介していきます。

アイスタ

出典:アイスタ

日本初のインスタグラム専門分析ツールとしてアカウントの分析市場動向の調査などに活用することができるツールです。アカウント分析ではアカウントの全体動向や投稿毎の分析も可能です。
Instagramに特化していて、プランは通常プラン、プレミアプランがあります。通常プランですと、トライアルプランとして初めの1カ月は無料で利用することができます。

ハッシュタグ分析-ハッシュタグ毎の投稿数・エンゲージメント率、キャンペーンハッシュタグ分析
投稿時間帯分析-いいね数、フォロワー数、投稿数を10段階のヒートマップで視覚化
ユーザータグ分析-タグ付けした&されたアカウント名と回数を表示
投稿分析-コメント数、エンゲージメント率
競合アカウント分析

  • プレミア版特有の機能

・想定されるキャンペーンハッシュタグの延べリーチ数を測定
・自社、他社のキャンペーンに関わらず、複数のキャンペーンハッシュタグを測定
・投稿一覧をいいねの多さ、エンゲージメント率の高さ毎に並べ替え、集計が可能
・キャンペーンに参加した一般ユーザーも含めて、インフルエンサーの特定、分析が可能
・現状最大1万投稿までのデータを、ストックすることが可能
・投稿内容、投稿アカウントなどのデータがExcelにて出力可能

費用:通常版 1000円/月 プレミア版 30万円/月
無料トライアルあり

PONY(ポニー)

出典:PONY

フォロワー数やエンゲージメント数、投稿時間など、50以上の指標を元に統計的にまとめて、インスタ偏差値を算出することができます。自社のアカウントの強みや弱い部分を把握し、打つべき施策を把握できます。

指標別分析
影響力潜在影響力成長力運用力拡散力などを偏差値化
・アカウント分析、投稿分析
・アカウントの傾向や、エンゲージメントの高いハッシュタグ、フォロワーに最適な投稿時間などを分析

費用:無料
※ハッシュタグレポート、画像解析レポート、トレンド分析レポートはオプション

Iconosquare

出典:Iconosquare

Iconsquereは、InstagramのAPIと連携し、競合やユーザー、インフルエンサーのデータも定量的に把握することができます。投稿数、いいね数、コメント数、フォロワー数、直近7日間のフォロワーの増減数、月ごとのフォロワー増減数、投稿頻度などを、視覚的にわかりやすく整理してくれるアナリティクスツールです。

全てのプランに、14日間無料トライアルが備わっています。2週間実際に利用することで、どのようなツールなのかよく理解することができます。

何より特徴的な点は、毎日、毎週の電子メールレポートがあります。
フォロワーコミュニティ、エンゲージメント、競合などの分析された簡潔なデイリーレポートが、メールで毎日届きます。
プランは、スタータープラン、プロプラン、上級プランの3つです。

解析内容をインフォグラフィックや動画にしてくれるので、企業のレポートやプレゼン資料としても利用しやすいです。

・合分析…過去一ヶ月の投稿数や、いいね数の状況比較
・ユーザー分析…最適なインフルエンサー、フォロワーの獲得状況・アクティブ度
・エンゲージメント分析…獲得できそうな投稿時間、フィルターごとのいいね獲得数
・ハッシュタグ分析…ハッシュタグの反響・実績、投稿での活用比率

費用:$81/年~
14日間の無料トライアルあり

Union Metrics

出典:Union Metrics

このツールはInstagramだけでなくTwitter、Facebook、Tumblrにも対応しています。幅広いSNS運用をしている方におすすめの分析ツールです。
Iconosquareと同じような解析をしてくれますが、有料プランで競合分析(Competitive analysis)リアルタイムデータ分析を行ってくれるのが特徴です。

ある程度の規模でアカウントを運営している企業で競合相手の動向も分析したい場合は、導入を検討してみるとデータ分析に役立つでしょう。
ハッシュタグに関する指標も分析可能です。
プランはLITE、スタータープラン、チームプラン、スイートプランがあります。

・ソーシャルプロファイルの分析
・リアルタイムモニタリング
・リーチとインプレッション
・プロファイルエンゲージメント
・インフルエンサーの識別
・オーディエンス地理分析
・自動分析
・毎週の電子メールの要約

費用:$99/月~

シェアコト インスタレポ

出典:シェアコト

企業の公式インスタグラムのアカウント分析、レポーティングを行うサービスです。レポートはPDF形式で作成され、単発での依頼を行うことも可能です。

アカウント運用におけるKPI把握のための実績データをきちんと取りたい、きれいにまとまったレポートを会議資料などで使いたい場合は便利なサービスです。

・フォロワーの増加推移
・当月投稿まとめ
・エンゲージメント率・いいねTOP5
・時間帯投稿反応率
・同時投稿ハッシュタグ分析、ハッシュタグ推移
・写真・ユーザー分析

費用:5万円/1回

まとめ

分析時に注目すべき項目、インスタグラムの分析時に活用したいインサイトやおすすめのツールについて解説してきました。
Instagramインサイトは、ビジネスプロフィールのアカウントが利用できるアクセス解析機能です。

インスタグラム運用をはじめたばかりの企業であれば、無料のInstagramインサイトツールを活用した論理的なインスタグラム運用を行うことで、さらに効率的にコンバージョンに近づくことができます。
記事中でも述べた通り、企業によって掲げているマーケティング目的が異なってくるため、インスタグラムの分析時に見るべき項目や重視すべきポイントは、各企業によって変わってきます。

そのため、どの項目を見れば目標達成率を正確に把握することができるのか、運営にあたって大事にしていないポイントは数値が低くなったとしても気にせずに施策を続けていくなど、「取捨選択を行なっていく」ことが重要になってきます。

またツールは数多くあるため、どのツールを使っていくか、何を重視するかなど迷うことが多いかと思います。
その場合は無料トライアル等で実際に使っていくことで試していき、その中から一番使いやすものを選んでいきましょう。

使いやすさだけでなく、キャンペーン運用時に役立つ分析や競合他社の解析など、自社にとって特に重視したい分析ができるかどうかを判断材料として重視していくことが、より分析作業を効率的に行うことができ運営しやすいツールを選んでいくポイントになってきます。

企業のインスタグラム運用では、ユーザーとの距離感を大事にして、写真や動画、ハッシュタグの投稿企画、頻度を考えていく必要があります。
今回ご紹介した無料インサイトツールを活用することで、フォロワーに寄り添う運用を心掛けていきましょう。