Instagramの効果測定ツールと評価改善方法の紹介

Instagramにおける効果測定の基準は?

現在、多くの企業が公式Instagramアカウントを所持し、運用しています。Instagramは無料で利用できるため広告費用がかからず、企業の運用担当者によって低コストで一気に消費者に対する訴求力を発揮することができます。新商品などの最新情報の発信はもちろん、Instagramアカウントのフォロワー限定のセールやクーポンコードも配布などのお得な情報も発信することで、多くの人を企業アカウントのフォロワーにすることができるでしょう。フォロワーが増えれば増えるほど、クリティカルなアプローチができるようになるため、企業としては様々な情報を発信してフォロワーを増やし、売上アップやシェア拡大に繋げていく必要があります。

ただし、フォロワーを増やすのはそれほど簡単な話ではありません。一般的にInstagramを利用している人の立場になって考えてみると、いくら気になるアカウントであってもフォローしているアカウントが多くなりすぎると、必要な情報を見落とすリスクが高まってしまい利便性が下がってしまいます。そのため、興味が薄れた段階あるいは投稿の質が下がってきた段階で不要なアカウントのフォローを外す利用者も少なくはありません。

企業としては、そのような利用者の「フォロー整理」に耐えうるようなアカウント運用を行い、継続的にフォロワーを確保し続ける必要があります。そのために必要なのは、単なるアカウントでの情報発信ではなく、効果測定をしながらの情報発信となることは間違いありません。Instagramの効果測定は、一般的にKPIおよびKGIという指標を使って行われます。KPIやKGIに関する簡単な解説も含め、効果測定の目的やおすすめの設定項目、効果測定に役立つツールや、想定している効果が得られない時のチェックポイント・改善策などを解説していきます。Instagramアカウントの価値を最大限に高めるために、効果測定を使いこなしていきましょう。

KPIとは

KPIは「Key Performance Indicators」の略で、日本語で表記すると「重要業績評価指標」と言います。これだけだと分かりづらいので、最終的な目標における中間目標がKPIだと考えると理解しやすくなるでしょう。たとえば「1ヶ月でAという商品を10個売る」という最終的な目標があると仮定します。その場合、単に1ヶ月オンラインショップの受注画面の前で待機していても、自動的に10個売れる可能性は非常に低いでしょう。知名度がなく固定ファンのいない商品を売りたい場合、サンプルを配布したり広告出稿したりといった行動が必要となってきます。

この時に設定するのがKPIです。「100人のフォロワーに商品の特徴を表記したInstagramの投稿を見てもらうために、内容の違う投稿を3日に1度行う」や「自分の周りの友人20人にサンプルを配布してみる」といった目標がKPIとなります。Instagramに限らず、KPIを設定する際に大切なのは最終的な目標に対して矛盾がなく、数字で評価できる具体的な目標を設定することです。たとえば最終的な目標が「10個の商品を売る」なのに、KPIとして「他社の競合商品を調査する」という設定をしてしまうと、ズレてしまいます。もちろん競合他社の状況を分析することは大切ですが、競合商品の調査は発売前のフェースで重要な項目であり、商品を売り出してから始めるKPIとしては矛盾してしまいます。また「商品を売るためにとりあえず周りの人に話してみる」という目標は矛盾がないように見えますが、具体的な数値がないため、目標が達成した場合でも未達の場合でも評価ができず、次回の販売計画の際に役立たない経験となってしまう恐れがあります。KPIは一貫性と具体性を意識しながら設定するようにしましょう。

KGIとは

KPIとともに耳にする機会が多いのがKGIという言葉です。KGIは「Key Goal Indicator」の略で、こちらも日本語で表記すると「重要目標達成指標」となります。KPIの例でいえば「1ヶ月にAという商品を10個売る」という目標がKGIとなります。KGIは、中間目標であるKPIを積み重ねることで達成できる最終的な目標です。そのため、KPIと同じようにKGIに関しても具体的な数値を使いながら設定するようにしましょう。

また、KGIは現実と乖離しすぎないように設定することも大切です。たとえば環境的にも商品的にも顧客数もそれほど変動がないのに、急に「来月は今月の5倍の売上を目標とする」というKGIを設定しても、実現は不可能です。不可能なKGIを設定するとKPIも現実と乖離したものになってしまいかねませんし、そもそも従業員のモチベーションも低下してしまうでしょう。「質の高いKPIを積み重ねることで十分に達成可能であること」が良質なKGIかどうかの目安になります。

Instagramで効果測定を行う目的

Instagramは、単に漫然と運用しているだけでは、なかなか期待している効果を得ることはできません。定期的に効果測定を行わなければ、どんなに凝った画像や動画を配信するアカウントであっても意味がなくなってしまう恐れがあります。確かに、アカウント運用担当者の労力や時間を使って運用している以上、Instagramアカウントも一定の効果を出さなければなりません。そこで、具体的に効果測定を行う目的を深堀してみましょう。

アカウント運用の方向性を定める

「企業のInstagramアカウント」と一言でいっても、企業ごとに大きな特色があります。新商品の情報を積極的に発信するアカウントもあれば、消費者との交流を目的とした親しみやすいアカウントもあります。中には、SNSを使ったプレゼントキャンペーンの開催に力を入れるアカウントもありますし、テレビや雑誌などもメディア出演情報を積極的に発信するアカウントもあるでしょう。

このように、企業アカウントはそれぞれ運用の方向性が異なります。こうした方向性は運用担当者の性格や好みによって決定されるものではなく、企業のブランドイメージや消費者の好みによって決定されていきます。すなわち、定期的にアカウントの投稿に対する消費者の反応を見返すことによって、アカウント運用の方向性が求められているものなのか、それとも修正が必要なものなのかを分析することができるのです。より消費者にとって価値のあるアカウントになるためにも、方向性があっているかどうか、運用している間に当初の方針から乖離していないかどうかはチェックするようにしましょう。

企業・ブランドの認知度を高める

無料のSNSで企業の情報を発信するといっても、単に配信するだけでは意味がありません。既存の顧客に対してお得な情報を発信し続けエンゲージメントを高めることは重要ですが、既存の顧客だけではなく新規の顧客にも企業・ブランドの存在を知ってもらい、シェアを拡大できないと企業としては好ましくない結果になってしまう恐れがあります。

Instagram上で認知度が高まっているかどうかは、フォロワー数の多寡でチェックすることができるでしょう。継続的にチェックし、認知度が順調に高まっていることを確かめることも重要です。

低コストで売上・利益を伸ばす

テレビや雑誌を含め、Instagramに頼らなくても消費者に対してアピールをする機会は多く存在しています。しかしながら、そのような広告手法はどうしてもコストがかかってしまうため、厳しい企業もあるでしょう。あるいは、潤沢な予算があっても広告にかける予算は可能な限り削減することで、利益率を高めることもできます。

Instagramの効果測定を定期的に行うことは、この利益率の向上にも寄与します。いわばInstagramはテレビや雑誌に広告出稿しない分を補うためのツールになりうるので、テレビや雑誌以上の成果を出さなければ意味がありません。各投稿がどれだけ閲覧されているかをフォロー数と比較しながら分析し、今後の売上・利益への影響を考えていく必要があるでしょう。

シェアを拡大する

単に認知度を高めて新規フォロワーが順調に増えたからといって、シェア拡大に結び付くとは限りません。フォロワー数の中には投稿の雰囲気が好きだからという理由だけでフォローしている人もいれば、フォローしてはいるものの既にアカウントを放置しているという人もいます。フォロワーがそうした人ばかりだと、何人増えてもシェアアップができないのは当然のことでしょう。

そうしたフォロワーをブロックする必要は全くありませんが、購入意欲を持っているフォロワーを増やしていく必要があります。購入意欲を持っているかどうかは、新製品の案内だけではなくセール案内やクーポンコードの配布といった投稿も行うことで判別できるでしょう。そうした購入に直接的に結びつく投稿へのエンゲージメント率が高ければ高いほど、シェア拡大が目指せるようになります。効果測定を行い、フォロワーがアカウントをフォローしている目的を分析しつつ運用していきましょう。

アカウント運用の改善点を見つける

Instagramアカウントは、運用している間に方向性がズレてしまうケースも少なくはありません。運用担当者が変更になった場合はもちろん、同じ運用担当者であっても本人が無自覚のうちに年齢や好みの変化によって投稿内容が変化してしまうこともあります。特にアカウント運用担当者が年齢を重ねて、アカウントの主要ターゲット層との年齢が離れてしまった場合、センスや流行のズレによってフォロワーからの評判が悪くなってしまう可能性もあります。

しかしながら、そうしたフォロワーとの乖離は、本人はもちろん周りの人もなかなか気付けないものです。そういった状況下で役に立つのが、KPIやKGIを用いた数値による客観的かつ具体的な効果の測定です。定期的にフォロワーの増加率や投稿へのエンゲージメント率をチェックしておくことで、アカウント運用の改善点を見つける手助けになることは間違いありません。評判の良いアカウントでも、その状態がいつまでも続く保障はどこにもありません。必ず定期的にKPIおよびKGIの達成率をチェックして、アカウント運用に改善点がなく順調に運用されているかチェックしましょう。

KPI・KGIの具体的な設定方法とおすすめの設定項目

先ほど「商品10個を売り上げる」という例を出し、KPIとKGIの解説を行いました。しかしながら、Instagram上では特別な設定をしないとショッピング設定ができないため、売上額や個数をKPIやKGIにするのはあまり現実的な話ではありません。では、Instagramではどのように評価項目を決め手設定していけば良いのでしょうか。おすすめの設定項目を3つ紹介していきます。

フォロワー数

アカウントの影響力を強めるためにも、ある程度のフォロワー数を獲得しているのは必要不可欠です。しっかりフォロワー数が伸びているのか、またアンフォローが増えていないかという項目はチェックするようにしましょう。純粋なフォロワー数だけではなく、フォロワーの増加率もチェックすることでより、さらに具体的で分かりやすいKPIが設定できるでしょう。

また、後述のInstagramにおける効果測定ツールを使うことで、プロフィール閲覧数を確認することもできます。プロフィール閲覧数は、それぞれの投稿を見たフォロワーがどのくらいプロフィールを確認できるフォロー画面に遷移したかを示す数字です。この数字が大きいのにフォロワーの増加率が悪い場合、投稿は魅力的なもののプロフィール欄の情報量が少なくフォローに至っていない可能性があります。そのため、プロフィール欄をブラッシュアップすればフォロワー数の増加に繋がる可能性がある等の仮説を立てられるでしょう。

投稿の閲覧数

Instagramアカウントの評価項目として、フォロワー数は非常に分かりやすい数値です。ただし、前述の通りフォローをしているだけで投稿を見ていないアカウントも存在しています。そうしたアカウントに惑わされずにInstagramの効果を測定するのであれば、投稿の閲覧数もチェックするようにしましょう。できれば時間や曜日ごとの閲覧数も分かれば、より閲覧数が増えそうな時間帯・曜日を狙った投稿もできます。

また、投稿数が変わっていないのに閲覧数が減っている場合、フォロワーの求めているものと乖離している可能性があるため、内容を見直さなければならないかもしれません。Instagramアカウントは見てもらわなければ意味がないので、フォロワー数の推移だけではなく投稿の閲覧数の推移にも気を配りましょう。

投稿への「いいね」/保存数

SNSの中でもInstagramは、自分の気に入った投稿や見返したいと思った投稿に対して「いいね」や「保存」というアクションをする人が多いSNSです。もちろんInstagram利用者の中には「いいね」や「保存」といった機能を使わない人もいますが、やはり投稿の「いいね」数や保存数が多ければ多いほど、人気があるフォロワーの需要に合った投稿であると考えられます。フォロワーが求めているものを発信し続けることができれば、フォロワー数や閲覧数も自然と増えていくでしょう。投稿ごとに「いいね」数や保存数の推移を分析し、フォロワーが何を求めてアカウントをフォローしているのか理解しましょう。

Instagramの効果測定におすすめのツール5選

InstagramにおけるKPIやKGIの効果測定は目視で行うと非常にコストがかかります。アカウントを始めたばかりであれば全ての投稿のエンゲージメント率などを手入力で割り出すことも不可能ではありませんが、フォロワー数が増えてコメントや「いいね」の数が増えてくると、現実的ではありません。さらに、最新の投稿だけではなく過去の投稿が注目を集めると分析はより困難になっていくでしょう。

そこでおすすめなのが、効果測定ツールです。Instagramのフォロワー推移や投稿に対する反応などを分析することで、自社のアカウントの運用方針が合っているのかどうか、そしてどの程度の効果を得られているのかを可視化することができます。Instagramのアカウント運用は客観的な評価が難しくなりがちですので、分析ツールを活用しながら効果測定をしていきましょう。

Instagramインサイト

Instagramインサイトは、Instagram公式が無料で提供しているツールです。初期登録のままでは使用することができませんが、InstagramアカウントをFacebookと連携させてビジネス利用にすることで、全ての機能を無料で使用することができます。

無料の分析ツールとはいえ、Instagramインサイトは非常に便利な分析ツールです。リーチ数やインプレッション数など、効果測定の際にチェックしたい項目はほぼ網羅されているため、一度利用してみると良いでしょう。さらに企業アカウントかつフォロワー数が100人を超えていれば、自社アカウントのフォロワーの性別や年齢層、居住地域といった情報を知ることもできます。

PCでは使用できなかったりcsv形式での出力ができないというデメリットはあるものの、毎日定期的に確認してPCに数値を打ち込みエクセルやスプレッドシートで管理すればデータ分析なども行いやすくなります。他の分析ツールを使う場合でも、Instagramインサイトと併用することで分析しやすくなるでしょう。

Insight Suite

スマートシェアというSNSマーケティングを支援する企業が提供しているのがInsight Suiteという分析ツールです。Instagramインサイトと同様に無料で利用でき、Instagramインサイト以上の機能を使うことができます。さらにスマートフォンだけではなくPCからも閲覧できるため、データを加工して計算したい人や、表・グラフを作りたい時にも重宝すること間違いなしの分析ツールだと言えるでしょう。

期間を設定しながらフォロワー数の推移を分析することもできるため、特別なキャンペーンを開催した時にどの程度の効果があったのかを簡単に測定することができます。また、Instagramインサイトの子運航で紹介したフォロワーの居住地や性別といった情報も期間を設定しながらチェックすることができます。ポップアップショップなどを出店した時、アカウントの認知度がどの程度高まったかといったことを分析することも可能でしょう。さらに、Instagramインサイトでは不可能なInstagramストーリーズのリーチ数等も分析が可能です。Insight Suiteも無料ツールの中では非常に人気があるツールだと言えるでしょう。

Iconosquare

有料の分析ツールですが、InstagramだけではなくFacebookの分析もできる優れたツールがIconosquareです。英語とフランス語しかなく日本語版はリリースされていませんが、操作は直感的に行えるため英語が苦手な人でも問題なく使いこなすことができるでしょう。Iconosquareは、分析ツールの中でも特にフォロワー分析に特化した分析ツールとして有名です。多くのフォロワーの中から、特にインプレッション数が多いフォロワーが分かるため、どのようなフォロワーに好まれているのかといった傾向を掴むことができます。

さらにKPIやKGIを改善する際には投稿内容の変更だけではなく投稿する時間帯を変更することも有効ですが、Iconosquareを使っていれば独自の分析により閲覧数が増える時間帯を教えてくれるため、その時間帯に投稿することもできます。Instagramの活用は見てもらうことが大前提ですので、Iconosquareを使うことでフォロワーのエンゲージメントをアップさせることが可能になるでしょう。

有料とはいえ、月額9ドルと比較的安価に利用することができるのもIconosquareの魅力の一つです。また、会員登録をすることで14日であれば無料トライアルを使うこともできます。InstagramとFacebookを併用している企業や、フォロワー分析に注力したい企業はIconosquareを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

SINIS

明確な競合他社やライバルブランドが存在している企業の場合、SINISの活用がおすすめです。SINISは競合他社のアカウント名が分かればフォロワー数の推移や投稿ごとの「いいね」やコメント数など、KPI・KGI設定に使える項目を見ることができます。もちろん自社カウントに関してもハッシュタグ分析を含めたフォロワー動向を分析できます。

先ほど紹介したInsight Suiteと同じようにcsv出力ができてPCでも閲覧可能なため、Instagramインサイトよりもデータ分析がしやすいツールでもあります。無料のお試し版もありますが、月額料金10,000円で競合他社6社、月額料金50,000円で10社まで分析ができるため有料登録して利用すると良いでしょう。さらに、エンタープライズ版として料金は決まっていないものの、既定のプランより高度な分析が可能なプランも用意されています。Iconosquareと比べると料金は高くなってしまいますが、ベンチマークしたい企業の分析を行う際には非常に適した分析ツールです。

Union Metrics

Union MetricsもSINISと同じように競合分析が可能な分析ツールです。競合分析に加えてリアルタイム分析など、分析内容が豊富なため詳しい競合分析をしたい時に役立つでしょう。月額料金は49セント・99セント・199セントとIconosquareやSINISと比べると安く利用することができます。

Instagramを活用する上で、競合他社の分析は非常に重要です。ある程度までは自社のKPIやKGIを達成することだけを考えていれば効果は得られますが、いずれ競合他社を意識しなければならない時が来るでしょう。そうした時に、他社アカウントの分析も可能な分析ツールは非常に役立つこと間違いなしです。

Instagramの効果測定が思わしくない時のチェック項目

上記で紹介したようなInstagramの効果測定ツールを使うことで、アカウントがフォロワーの需要を満たしているのかが分かります。しかし、残念ながら効果測定の結果が思わしくなく、アカウントの運用方針を見直さなければならないこともあるでしょう。そのようにInstagramの効果測定で良くない結果と直面してしまった時、どういった点を改善していけば良いのか紹介していきます。

現状と目標の乖離の有無

現状、Instagramの効果測定で思わしくない結果があるのであれば、必ず改善すべき点があるはずです。それは投稿数や投稿時間帯の変更といった対応しやすい改善点の場合もあるでしょう。一方で、プロフィール欄の内容の変更によるフォロワー数の増加や、そもそもの投稿内容の方針変更など、フォロワーの反応を見ながら慎重に進めていく長期的な改善点である可能性もあります。

いずれにせよ、改善点を見つけた時は、それを解消できるような目標を立てるようにしましょう。たとえばフォロワー数が多いのに投稿の閲覧数やエンゲージメント率が低いアカウントの場合は、投稿する時間帯や曜日を変更することで見られる工夫をすべきです。それにも関わらず「フォロワー数を〇人増やす」のようなKPIを設定しても、改善点はいつまでも解決しないでしょう。KPIは単に設定すれば良いというわけではありません。設定した後は、必ず抱えている課題とKPIが乖離していないかチェックしましょう。

数値の実現可能性

改善点とKPIのベクトルが合っているからといって、それだけで現実的なKPIと断言できるわけではありません。KPIは必ず数値の実現可能性にも着目して設定するようにしましょう。たとえば、現在10人しかフォロワーがいないベンチャー企業のアカウントに対し、1ヶ月後に10,000人以上のフォロワー獲得をKPIとして課すのは非現実的であると言わざるを得ません。このような無謀なKPIの設定は、モチベーションを高めるどころか従業員のモチベーションを著しく低下させ、上層部に対する不信感を抱かせる一因となりかねません。高い目標を掲げることはビジネス上で重要なことですが、非現実的すぎる目標は避けるようにしましょう。

KGIとKPIの不一致

前述した通り、中間目標であるKPIを積み重ねたものがKGIです。しかし、意外と一致していないKGIとKPIを設定してしまうケースは多いと言われています。たとえば売上アップが最終的な目標なのに、KPIがフォロワー数の増加や投稿頻度の上昇といったものの場合、一見矛盾がないように見えて一致しているとは言えません。アカウントを運用する上でフォロワー数を増やすことは確かに大切ですが、その期間内にセール情報の告知やクーポンコードの配布を行うなど、具体的に消費したくなるような仕掛けを作らないと売上に結びつくことはないでしょう。KGIとKPIはチェックしていても、矛盾がないように見えるケースが多く、一致していないことに気付くのが手遅れになってしまいがちです。KGIを達成するための項目としてKPIに過不足がないか、また同時にKPIを積み重ねた先に本当にKGIが存在しているのか、両方向から確認して矛盾点がないかチェックしてください。

KPI・KGIを改善する主な手法

KPIやKGIの設定項目によって、当然ながら改善するための方法は全て異なります。しかしながら、Instagram上のKPIやKGIであれば、ある程度決まった方法によって改善できるケースも少なくはありません。ここでは、KPIやKGIの主な改善方法を紹介していきます。

SNSキャンペーン

SNSキャンペーンとは、Instagram上に企業の人気商品やサービス、あるいはAmazonギフト券などのプレゼントを掲載し、投稿への「いいね」やシェア、コメントをした人に対して抽選で景品をプレゼントするというキャンペーンのことを言います。SNSキャンペーンを行うことで、アカウントのフォロワー数を一気に増やすことができるでしょう。キャンペーンの抽選期間が終わるとフォローを外されてしまう恐れはありますが、期間中に魅力的な投稿をしたり、定期的にSNSキャンペーンを行うことでリスクを下げることが可能です。

また、InstagramはTwitterのような拡散力があまりないという難点を持ったSNSですが、シェアを参加条件として設定することで、そうしたデメリットも克服することが可能です。フォロワーにほしいものを投稿してもらい、抽選で当たるようなSNSキャンペーンにすれば手間はかかってしまいますがフォロワーの商品・サービスに対する需要をしっかりチェックすることもできます。クリスマスや年末年始など、イベントシーズンに合わせて開催してみてはいかがでしょうか。

広告出稿

広告出稿とは、フォロワー外の人に対してプロモーション投稿を表示させる機能です。フォロワーを増やすために使う企業が多いですが、新商品などの案内をすることでフォロワーにならなくても一足飛びに売上に結びつくこともあります。SNSキャンペーン同様に、拡散力が乏しいInstagramの欠点を補うことができるため、積極的に発信していくと良いでしょう。

先ほど紹介したInstagramインサイトも含めて基本的な機能は無料で使うことができるInstagramですが、残念ながら広告出稿に関しては一定の料金がかかります。しかしながら、安価でInstagramの利用者にアカウントや新商品の存在を知ってもらうことができるのであれば、テレビや雑誌を利用するよりも費用対効果に優れているケースも多いでしょう。単に全てのユーザーにプロモーション投稿が表示されるだけではなく、普段の投稿内容やInstagramを利用する際に登録する居住地、年齢や性別といった情報に合わせて表示されるため、プロモーション活動としても非常に優れています。

投稿内容の改善

Instagramを使うマーケティングでKPI・KGIが達成できない場合、投稿内容に問題があるケースが多いと考えられます。人気のある競合他社のアカウントをお手本にしながら投稿内容の改善をしていきましょう。

特に、ハッシュタグに注目して見直すことで投稿の閲覧数を大幅にアップさせることができると言われています。最近の10代~20代はGoogleなどの検索エンジンを使わずにInstagramのハッシュタグで目当ての情報を仕入れるという人が多いと言われています。すなわち、公式ホームページよりもInstagramの方が見るという人も珍しくはありません。そうした人たちの目に投稿がとまるように、ハッシュタグはブランド名や企業名だけではなく、用途などを入れるのもおすすめです。

インフルエンサーの起用

Instagramにおいて強い力を持っているのは、紛れもなくインフルエンサーです。まだ起用したことがない企業はインフルエンサーを起用することでKPIやKGIが大きく改善できるかもしれませんし、既に起用している企業でもインフルエンサーを変更したり起用方法を変えたりすることで改善が見込めるケースは多いでしょう。

SNSキャンペーンを行う場合でも、インフルエンサーを起用して告知を行う方が拡散力も高くなり、参加者も増えやすくなります。広告出稿を行う場合も、予算に余裕があればインフルエンサーの起用と並行することで短期間でのKPI・KGIの改善が可能となるでしょう。

インフルエンサーは、企業あるいはブランドがターゲットとしている層に対してクリティカルにアプローチする力を持っている存在です。インフルエンサーを起用することで、今まで届かなかった顧客層にもプロモーション活動が認知され、売上やシェア拡大に繋がる可能性もあります。Instagramに限らずSNSにおいては積極的に起用していくと良いでしょう。

Instagramの運用は効果測定をしながら行おう

Instagramのアカウント運用は、直接的に売上には繋がらないと勘違いしている人もいます。しかしながら、フォロワーの求める情報を定期的に発信するアカウントに成長させることができれば、Instagramへの投稿だけで十分な広告となり、元手をかけずに売上をアップさせることもできるでしょう。実際、スターバックスはテレビCMをしていないにも関わらず新作フラペチーノの発売日には店頭に長蛇の列ができていますが、ああいった現象もInstagramを含めたSNSの活用が巧みだからこそ可能であると言われています。

ただし、どの企業もスターバックス並のクオリティの投稿ができるわけではありません。そもそも、スターバックスは知名度が高いためフォロワー数も多く、だからこそSNSの活用も可能という説もあります。そのため、それほど知名度が高くなくクオリティの高い投稿も難しい企業の方が多いでしょう。その場合は、投稿内容だけで競合他社に対抗するのではなく、インフルエンサーの起用などの手段も併用して対抗するようにしましょう。前述の通り、インフルエンサーはInstagramを用いるマーケティングにおいて非常に大きな影響力を持ちます。

KPIやKGIを改善し、効果測定の結果を好ましくするためにインフルエンサーを起用するのであれば、ぜひトリドリマーケティングにご相談ください。インフルエンサーのプラットフォームとしてのノウハウにより、最適なインフルエンサーを紹介するだけではなく起用方針についても提案いたします。インフルエンサーマーケティングに限らず、フォロワー数を増やすためやSNSマーケティングの認知度を上げるための起用など、お気軽にご相談ください。