Instagramを活用している芸人のアカウント20選

Instagramを活用している芸人は多い!

SNSというと、特に芸能活動などを行っていない一般人が自分の趣味や購入したもの、食べた料理や作った料理を投稿し、趣味が同じ人と交流するツールというイメージを持つ人も多いでしょう。芸能人がアカウントを持っている場合でも、マネージャーが運用していることも多く、芸能人と気軽に交流はできずに単に最新情報を手に入れるためのツールだと思っている人も少なくはありません。実際、好きな芸能人や最新情報を入手したい企業・ブランドのアカウントをフォローするためだけにアカウントを持っているという人もいます。

しかしながら、その認識はあまり正しくありません。最近はマネージャーが運用しつつ本人も投稿するSNSアカウントを持っている芸能人も多く、自分のファンと積極的な交流をする芸能人が増えてきています。Instagramに限らず。YouTubeでチャンネル開設をしたりTwitterで自分の趣味の投稿をしたりと、一般の人と変わらない楽しみ方をしている人もいます。

また、一般人の中でもフォロワーが多く、投稿によって多くの人の消費行動に影響を与える人のことを「インフルエンサー」と呼びます。海外では「セレブインフルエンサー」のように芸能人がSNSの世界でも広告塔となるケースが多いですが、日本でも同様に芸能人がSNS上でインフルエンサーとして活躍することが増えてきました。特に、2017年に吉本興業が所属芸人を活用してインフルエンサーマーケティング事業に正式に参入することを表明してからは、一気に芸能人のインフルエンサーも増え注目度が高まっています。企業としても、一般人のインフルエンサーを起用するよりコストはかかってしまうものの、知名度という点では段違いに高いため、今までの一般人インフルエンサーだけにこだわらず、芸人インフルエンサーも積極的に起用する企業が増えています。

ですが、全てのInstagramを利用している芸人がインフルエンサーとしての起用を目指しているわけではありません。では、なぜ芸人はInstagramを活用しているのでしょうか。Instagramを芸人が活用することによって得られると言われているメリットやInstagramを活用している芸人アカウントの紹介、そして企業として芸人をインフルエンサーとして起用する場合に注意したいことを紹介していきます。

芸人がInstagramを活用するメリット

売れっ子芸人の場合、分単位どころか秒単位の勢いでスケジュールが埋まっていることも珍しくはありません。確かにInstagramを使って自分が出演する番組などを告知することで視聴者を増やすことは可能かもしれませんが、そういった告知だけであればマネージャーや事務所スタッフにInstagramの運用を一任すれば良いだけです。

しかし、それにも関わらず自分自身でInstagramを運用する芸人は少なくありません。時には自分自身の出演する告知に使うだけではなく、自分の日常生活や購入したものなどの投稿といった一般人のインフルエンサーと同じような使い方をする場合もあります。では、なぜそんなにも芸人は自分でInstagramを運用するのでしょうか。芸人がInstagramを活用することで得られると言われているメリットを3つ紹介していきます。

ファンとの交流ができる

芸人は一般のインフルエンサーと比べて圧倒的にフォロワー数が多くなる傾向があります。当然ながら、一つ一つの投稿に対するコメントの数も多くなるため、基本的に全てのコメントに対して返信をすることは不可能です。しかし、芸人によってはファンとの交流のためにInstagramを利用していて、コメントに対してもマメに返信を行っていたり、もらったコメント全てをお気に入り登録している人もいます。

全てのコメントに対する返信はできなくても「この投稿に対するコメントは全て返信します」や「〇時~〇時のコメントに関しては返信率がいつもより高いです」など、ファンとのコミュニケーションのためにInstagramも含めたSNSを活用している芸人は多いでしょう。

ファンとの交流は単にファンサービスを目的として行っているだけではなく、ファンサービスを通して自分に対する好感度を高めていることを目的にしていると言われています。もちろん全てのコメント返信がそのような打算的な考えだけで行われているわけではありませんが、ファンとの交流を大切に行うことで今まで以上にファンとの距離が縮まり、好感度を高めることができるのは確かでしょう。そのため、芸人本人がInstagramを活用し、コメント返信を行ったり、自分自身の日常生活を投稿したりしてファンとコミュニケーションをとることは、本業の芸人活動に対しても多くの良い影響をもたらすと考えられています。

芸人同士の交流ができる

Instagramを含め、活用することで交流ができるのはファン相手だけではありません。芸人同士でInstagramを利用して交流することもできるでしょう。もちろん今まで全く交流のなかった大御所芸人に対してぶしつけに話しかけることは普段と同じでマナー違反だと思われてしまう可能性は高いですが、投稿をフォローしておけば交流するチャンスが生まれるかもしれません。

さらに、自分自身のアカウントで頻繁に交流したい芸人に対する好意的なコメントをしておくと、ファン経由で伝わり交流が生まれるということもあります。自分と世代が違う芸人の場合は共演する時の挨拶を除いてなかなか話しかけることができないと言われているので、大きなチャンスとなることは間違いありません。

もちろん、そうした外交的な思惑を除いて、単に自分自身と仲の良い芸人と交流するためにInstagramを活用している芸人の方が多いでしょう。親しい芸人同士の交流であればLINEなどの連絡に特化したSNSを使って終えることもできますが、あえてオープンな場であるInstagram状で交流することで、芸人同士の交流をしながらファンに対して親しみやすさを見せることもできます。また、一般的にLINEでの交流は一対一で終わってしまうものですが、Instagramを活用することで多くの人と同時に交流することができる点もメリットとなるでしょう。個人情報のやり取りなど秘匿性の高い内容をInstagram上でやり取りすることはありませんが、オープンなやり取りであればあえてInstagramを使うことで得られるメリットは多いと考えられています。

インフルエンサーとしての仕事がもらえるチャンス

Instagramを芸人本人が活用することで、インフルエンサーとしての仕事がもらえるチャンスを掴むこともできます。一般的に、芸人が仕事を受ける場合は企業側が自社の商品やサービスのブランドイメージに合う芸人を選定し、事務所を通して依頼するケースがほとんどです。この方法でももちろん仕事を得ることはできますが、芸人としてのイメージが先行してしまう恐れはあるでしょう。

しかし、InstagramなどのSNSを使い自分自身の日常生活やライフスタイル、購入したものを公開することで、芸人としてのキャラクターだけではないイメージを世間に公表することが可能になります。たとえば毒舌キャラで売っている芸人の場合、私生活はシンプルでモノトーン系のインテリアを好むと思われがちな傾向がありますが、私生活が花や動物をモチーフとしたインテリアが多いことを公表すると、ギャップが注目されることがあります。このように、普段のキャラクターとは違う一面を見せることで、ファンが驚き注目されるだけではなく、メディアに取り上げられて企業側に注目される可能性を増やすことができます。自分自身の芸人としてのキャラクター以外に仕事の幅が広がれば、インフルエンサーとしての起用はもちろん今後のテレビ番組での仕事もジャンルが増えていくかもしれません。知名度が高い芸人の場合でも知名度がそれほど高くない芸人の場合でも、Instagramを使うことで自分自身の仕事が増えるのであれば積極的に活用したいと考えても決して不思議なことではありません。

Instagramを活用している芸人20選

芸人の中には上記のメリットからInstagramを利用している人が少なくありません。最近では事務所から受ける仕事だけではなくYouTuberとして個人で稼いでいる芸人も多く存在しています。もちろんYouTubeだけではなくTwitterやInstagramも多く利用されています。

ここでは、そのようにInstagramを利用している芸人の中でも、特に注目度が高いアカウントを20個紹介していきます。紹介する事例の中にはインフルエンサーとして実際に活動している事例も含んでいますので、芸人を起用する際の参考にしてください。

①渡辺直美

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺直美(@watanabenaomi703)がシェアした投稿


「インスタ女王」として有名な渡辺直美さんのInstagramはフォローしている人も多いのではないでしょうか。彼女のフォロワー数は非常に多く、国内外の著名人との交流も盛んです。普段から飾らない私生活を投稿しているため、渡辺さんの投稿を見るためにInstagramを始めるという人もいるほどです。

渡辺さんは普段の生活を投稿してファンとの交流を楽しむだけではなく、企業と提携してインフルエンサーとしても活動しています。特に有名なのは、2016年の東京ディズニーランドおよびディズニーシーにおける「夏5ウィークデーパスポート」のPR活動ではないでしょうか。夏季の平日限定で夕方5時以降に入園できるパスポートのプロモーション活動を渡辺さんが行い、迫力ある写真の効果も手伝い知名度アップに貢献しました。普段はディズニーに行かない人も、渡辺さんの投稿をきっかけに夏5ウィークデーパスポートを利用し「#夏5でやってみた」という写真を撮り、自身のSNSに投稿したと言われています。

②梶原雄太


お笑い芸人の梶原雄太さんは「カジサック」という名前でInstagramを利用しています。梶原さんご自身の投稿だけではなく、奥様も「ヨメサック」という名前で共同でInstagramを利用していて、芸能人との交流やお子さんとの生活の様子、普段作っているお弁当の様子など幅広いジャンルの投稿をしています。

さらに梶原さんはInstagramだけではなく、YouTubeでも質の高い動画を次々と投稿している芸人としても有名です。キングコングの相方である西野さんが出演する動画や、ココリコの遠藤さんなどが出演する動画もあり、お笑い芸人好きな方はチャンネル登録しているという人も多いのではないでしょうか。動画編集技術も高く、一つのバラエティ番組を見ているような気持ちになります。お笑い芸人とのトーク動画が多いですが、梶原さん自身が家事をやって大変さを実感する動画など、お笑いに興味のない子育て世代から注目される動画も少なくはありません。梶原さんのファン以外にも、様々な世代の人から注目されているチャンネルですので、Instagramと一緒に一度見てみるのも良いのではないでしょうか。

③宮川大輔

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮川大輔(@miyagawadai)がシェアした投稿


自分自身の出演したテレビ番組の告知をしながら、ちょっとした私生活も公開しているのが宮川大輔さんです。宮川さんのInstagramでは、自分が食べたラーメンの写真や移動中に見た景色など、一般のインフルエンサーと同じような投稿が多く見られます。その素朴な投稿に惹かれる人も多く、イメージアップに繋がっていると考えられています。

また、単なる番組告知や自身の私生活だけではなく、大晦日やお正月、バレンタインといったイベントの際には関連性の高い投稿も数多く行っています。宮川さんは毎日テレビで顔を見かけるほどの人気者ですが、そうしたマメな投稿をすることもファンから支持を得ているようです。芸能人仲間が頻繁に投稿に登場することも多いため、芸人の私生活に気になるという人からも人気の高いアカウントです。

④ゆりやんレトリィバァ


スキンケアやボディケア商品の老舗であるキールズのインフルエンサーとして活動しているのがゆりやんレトリィバァさんです。テレビではいじられ役として活躍している印象の強いゆりやんレトリィバァさんですが、Instagram上では普段の姿だけではなく美容に気を遣う女性らしい一面を投稿することもあります。単に番組告知や私生活の姿を投稿するだけではなく、テレビではあまり見せていない一面を見せることによりファンから強い支持を獲得しています。

肌の綺麗なゆりやんレトリィバァさんがキールズのクリームのプロモーション活動を行ったことによって、ファンに対して大きな影響を与えることは言うまでもないでしょう。ダイエットやヨガの様子なども発信しているゆりやんレトリィバァさんは、彼女の持ち前の明るさに惹かれてダイエットのモチベーションを保つためにフォローしている女性ファンも多いと言われています。若い女性だけではなく老若男女問わず幅広い世代の人に愛されているゆりやんレトリィバァさんですので、今回の事例で紹介した以外にも和菓子を販売している高山堂やスポーツ用品を中心に販売しているNIKEなどのインフルエンサーとしても活動しています。歌手としての活動など、彼女自身が色々なジャンルで活動しているため、インフルエンサーとしても非常に起用しやすい芸人ではないでしょうか。

⑤ノブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

千鳥ノブ(@noboomanzaishi)がシェアした投稿


千鳥のノブさんのInstagramは、主に自身が出演した番組の告知に使われています。人気者のノブさんはテレビ番組への出演も多いため、告知だけでも定期的な更新が可能になっており、ファンも出演番組を把握するために非常に役立っていると言われています。しかし、そうした忙しい中でも自分自身の出演番組を告知するだけではなく、人気アナウンサーの弘中綾香さんや歌手の藤あや子さんなど、親交のある芸能人が書籍を販売した際などには自発的にプロモーション活動も行っています。「#PR」のタグを使っていないことから、依頼されてインフルエンサーとなっているわけではなく、自分自身が進んで行っていることが分かり、そうした優しさもノブさんの人柄に惹かれるファンからは好評を得ているようです。

特に、2021年1月1日には2020年12月31日に活動を休止した嵐のデビュー当時の衣装を着た様子を投稿し、普段はノブさんをフォローしていない嵐ファンからも多数のコメントがあったと言われています。

⑥有吉弘行

 

この投稿をInstagramで見る

 

有吉弘行(@ariyoshihiroiki)がシェアした投稿


毒舌キャラとして人気の有吉弘行さんですが、Instagramでは芸人との交流や自分の食べたものなど「可愛い!」と人気の投稿が多いと言われています。フォロワー数も非常に多く、芸人アカウントの中では注目度が高いことが分かるでしょう。アンガールズの田中さんや狩野英孝さんといった芸人仲間だけではなく、広瀬アリスさんや広瀬すずさんといった女優との交友関係を伺わせるなど、Instagramの投稿だけでも有吉さんの顔の広さを垣間見ることができます。

投稿写真も綺麗なものが多く、有吉さんを単なる毒舌キャラのお笑い芸人だと思っている人はギャップに驚くのではないでしょうか。忙しい中で定期的な更新がファンから愛される大きな要因となっているようです。

⑦木梨憲武


いつも明るく憎めない笑顔が魅力的な木梨さんは、交友関係が広いことでも有名です。普段の投稿から同じ芸人のバカリズムさんや南海キャンディーズの山里さんとの仲の良さが伺える投稿が多いですが、それだけではなくプロレスラーとして活躍した長州力さんや歌手の森山直太朗さんなど、色々な人との投稿で楽しそうな様子を窺い知ることができます。

特に「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」で共演した渋野日向子が全米オープンに出場した時はInstagram上で応援メッセージを送るなど、テレビ番組でも分かる木梨さんの優しさが分かるInstagramです。楽しそうな様子の投稿も多く、ラジオ番組や飲み会などの様子も投稿するなど、マメな投稿がファンから好かれています。

⑧小藪千豊


お笑い芸人としての活躍が目立つ小藪千豊さんですが、歌手としても精力的に活動しています。Instagram上ではスタジオで撮影した写真も多く、テレビでの小藪さんしか知らない人は意外な姿を見ることができるのではないでしょうか。

また、テレビではクールなキャラクターで出ていることも多い小藪さんですが、ももいろクローバーZさんと共演した投稿ではハッシュタグをたくさんつけて投稿するなど、お茶目な一面を見ることもできます。さらに新喜劇の中で言及したら果汁グミをたくさん送ってくれたmeijiに対してInstagram上でお礼を伝えるなど、忙しさの中でもInstagramの特性を活かした活用をしていることが分かります。

⑨イモトアヤコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

イモトアヤコ 公式(@imotodesse)がシェアした投稿


自分自身が食べたものやスタッフさんからの差し入れの情報、そして番組告知など幅広いジャンルの投稿をしているのがイモトアヤコさんのInstagramです。イモトさん自身が写っている投稿の中には、普段テレビで見かけることが多い太眉メイクとは異なる写真もあり、ファンの中にはその珍しい投稿のためにフォローしているという人も少なくはありません。

また、オフショットの中でも変顔をしているものが多いなど、サービス精神の高い投稿も多く、そうした面白さもファンからの人気を集める秘密になっていると言われています。投稿の中には番組スタッフと交流しているものもあり、Instagramをフォローしているだけで彼女の普段の生活を見ることができるでしょう。

⑩カズレーザー

 

この投稿をInstagramで見る

 

カズレーザー(@kazlaser)がシェアした投稿


「高学歴芸人」としてのイメージが強いカズレーザーさんは、テレビのクイズ番組でしか彼を知らない人にとっては、クールでふざけたことなどしそうにないと思われがちです。しかしInstagram上では本来のお笑い芸人としての茶目っ気を存分に発揮しているため、カズレーザーさんの面白い姿を見たいという人はフォローしてみても良いのではないでしょうか。

特に、相方の安藤なつさんと一緒にアンバサダーをつとめる自動車買取・販売のラビットにちなんだ投稿は、多くの人から注目されたと言われています。この投稿も、先ほど紹介した千鳥のノブさんの投稿と同様に「#PR」のタグがついていないため自発的な投稿であることが分かり、カズレーザーさんの茶目っ気の一端を目にすることができます。

⑪フワちゃん

 

この投稿をInstagramで見る

 

フワちゃん(@fuwa876)がシェアした投稿


フワちゃんのInstagramは画像編集技術が非常に高いことで有名です。一つの投稿を見るだけで、奇抜な色彩感覚と卓越した画像編集技術が伝わるのではないでしょうか。原色を多く使う色調なのでインパクトも強く、投稿一つ一つの訴求力が高くなっています。

インフルエンサーとして起用する場合、一つの投稿でどれだけのインパクトを与えられるかが大きなポイントなってきます。商品やサービスの紹介をする場合にキャプションで詳しく説明をする人も多いですが、Instagramの場合は動画や画像による訴求力の高さが重要視される場面も多いでしょう。芸人に限らずインフルエンサーを選定する場合には、アカウントの雰囲気だけではなくそうした着眼点で選定するのもおすすめです。

⑫おばたのお兄さん


「まーきのっ」のセリフで人気を博したおばたのお兄さんは、自身の童顔を生かして独特の投稿をしています。画像編集で「〇〇な小学生」など、アルバムにある一枚の写真のような投稿をすることもあり、独特のセンスがファンから人気を集めています。

自身が通っている湘南美容クリニックなどインフルエンサーとしての投稿もしますが、出演した「細かすぎて伝わらないものまね」の本編でやらなかったネタを投稿することもあり、ファンであれば見落としたくない投稿も多いでしょう。奥さんである山﨑夕貴アナウンサーとのツーショットを投稿することもあるので、おばたのお兄さんのファンだけではなく山﨑さんのファンからも注目されているアカウントです。

⑬平野ノラ


バブリーネタが人気の平野ノラさんは、楽屋でのスタイリング中の様子や美容院での様子、洗顔の様子など普段の生活の一部を切り取った投稿が注目されています。YouTubeチャンネルの宣伝をすることもあるため、Instagramをフォローしておけば平野さんの最新情報を入手しやすいでしょう。YouTube以外にもTikTokの動画をInstagram上に共有していることもあるため、彼女の色々な姿を見ることができます。

出産予定日直前まで精力的にInstagramを更新し、ファンとの交流を楽しんでいます。平野さんのファンだけではなく、同じように出産を控えて不安に思っている多くの女性に勇気を与えているアカウントです。

⑭バカリズム

 

この投稿をInstagramで見る

 

バカリズム(@bakarhythm)がシェアした投稿


ロケ弁を撮影した投稿が多く、芸能人の食生活やロケ弁などコアな情報が好きな人はバカリズムさんのInstagramをフォローするのも良いのではないでしょうか。ロケ弁の写真を投稿するだけではなく、そのロケ弁が出された番組名もキャプションに記入されているため、番組ファンも楽しみながら閲覧することができるアカウントです。

もちろんロケ弁だけではなく、自身が脚本を書いた映画「地獄の花園」のキャスト情報を投稿するなど、様々な情報を得ることができます。話題が豊富なバカリズムさんらしく、Instagramでも色々な小ネタを見ることができるので、お笑い好きの方はぜひチェックしてみてください。

⑮みやぞん


ANZEN漫才のみやぞんさんは、「世界の果てまでイッテQ!」や「天才テレビくん」など、自分の出演する番組の告知が多いInstagramアカウントです。告知だけではなく、ロケ中のちょっとした写真などを投稿することもあり、みやぞんさんの普段の姿を垣間見ることができます。

また、ファンからはみやぞんさんが投稿する愛犬「ラブ」の写真も人気を集めています。寝ている姿やソファでリラックスしている姿など、犬好きにはたまらない写真が多く投稿されています。最近は藤あや子さんのTwitterなど、自分のペットの写真を投稿する芸能人も増えていますが、こうした写真はオフショットよりもさらに身近に芸能人を感じられるのではないでしょうか。

⑯ロザン菅

 

この投稿をInstagramで見る

 

ロザン菅(@sugahirohumi)がシェアした投稿


コンビであるロザン宇治原さんとのトークをYouTubeに投稿し、その更新情報を主に投稿しているのがロザンの菅さんのInstagramです。InstagramやSNSといったアプリで簡単に投稿情報をチェックできるSNSとは違い、YouTubeは定期的にチェックしていないという人も多いため、このように毎回YouTubeの更新を告知してくれると助かると感じるファンも多いでしょう。

もちろんYouTubeの更新告知だけではなく、見に行った映画やおすすめの本、そして自身が出した本など色々な内容の告知もあります。相方の宇治原さんとの仲の良さを垣間見ることができるため、ロザンファンからも人気の高いアカウントです。

⑰山里亮太

 

この投稿をInstagramで見る

 

山里亮太(@ryotayamasato)がシェアした投稿


明るい人柄で人気のある南海キャンディーズの山里さんのアカウントは、トークライブ時の撮影など現地に行けなかった人も楽しむことができるInstagramアカウントとして人気です。もちろんトークライブの様子だけではなく、相方のしずちゃんと行うイベントの告知なども行っているため、ちょっとした情報もしっかりキャッチしたいファンからも注目されています。

また、プロフィール欄では自分の自己紹介よりもしずちゃんのアカウントの紹介に文字数を割いているところもファンから注目されています。南海キャンディーズの仲の良さを堪能したい人は、山里さんとしずちゃんのアカウントを両方フォローするのがおすすめです。

⑱しずちゃん


相方の山里さんからは「迷走期」と表現されている南海キャンティーズのしずちゃんのアカウントですが、共演者との仲睦まじい写真を載せるなどしずちゃんの素敵な笑顔を見ることができるアカウントとして知られています。

特に2020年の新型コロナウイルスによる自粛期間中には自宅で弾き語りに挑戦している動画なども投稿されていて、なかなか外出ができないファンの楽しみの一つになっていたとも言われています。

⑲近藤春菜


ハリセンボンの近藤春菜さんのアカウントは、テレビでの姿そのままに明るい様子が伝わってくるアカウントです。相方の箕輪はるかさんとのツーショットを載せることもあり、コンビ仲の良さが伝わってきます。

「スッキリ」や「サワコの朝」など自身が出演するテレビ番組を告知することもあるため、出演番組が多い春菜さんの姿を見逃したくないという人はフォロー必須かもしれません。Instagramを始めたのは2020年4月なのでまだ投稿数はそれほど多くありませんが、定期的に更新されていて芸人仲間との交流も多く、見ているだけで楽しいアカウントです。

⑳夢屋まさる

 

この投稿をInstagramで見る

 

夢屋まさる(@yumeyamasaru)がシェアした投稿


「パンケーキ食べたい」のフレーズが人気の夢屋まさるさんのアカウントは、スイーツの写真も多くイメージ通りだと感じる人が多いでしょう。しかし、格闘ゲーム「ストリートファイター」のキャラクターのコスプレ写真や、喫煙写真などスイーツ以外にも様々な夢屋さんの姿を見ることができます。特に喫煙写真ではフォローしているファンからも「イメージと違う!」とギャップがあることが分かるコメントがされていて、テレビでは見せない夢屋さんの姿を見たい人はフォローした方が良いかもしれません。

YouTubeではメイク動画もアップしているため、スキンケアを気にする男性からも人気の高いアカウントです。メイクはしなくてもしっかりスキンケアをしたい男性はInstagramやYouTubeをチェックしてみても良いのではないでしょうか。

芸人をインフルエンサーとして活用する際の注意点

ここまでで紹介した通り、Instagramを活用している芸人はたくさん存在しています。もちろん、ここで紹介した以外にも多くの芸人がInstagramを活用し、自分自身のファンや交友関係のある芸人との交流、インフルエンサーとしての活動やYouTubeチャンネルの宣伝など様々な用途に活用しています。

芸人はそもそも知名度が高くイメージも確立している場合が多く、一般のインフルエンサーを活用するよりもインフルエンサーマーケティングとして高い効果を期待できる場合がほとんどです。しかしながら、一方で芸人をインフルエンサーマーケティングに起用する場合は、一般のインフルエンサーとは異なる注意点が必要な場合があります。どのような点に注意しながら芸人をインフルエンサー起用すれば最大の効果が得られるのか、覚えておきたい3つの注意点をチェックしておきましょう。

普段のイメージを優先する

芸人をインフルエンサーとして起用する場合、当然ながらターゲット層は芸人のファン層になります。そのため、普段の芸人のイメージや、芸人のInstagram投稿から受けるイメージを優先して起用するようにしましょう。たとえば普段から犬派であることを広く公言している芸人に猫を飼っている人向けの商品プロモーションを依頼しても、ターゲット層と異なるため期待していた効果が得られない可能性が高くなります。

いくら人気の高い芸人を起用しても、Instagram上でのプロモーション活動を行う場合、フォロワー外の人たちに対して影響力を及ぼすのは非常に困難なことです。テレビや雑誌といった従来の広告手法での起用とは異なり、Instagramは限定的なファンに対するプロモーション活動であることを意識すれば、自ずと普段の投稿イメージの重要さは理解できるでしょう。

単に「若い世代をターゲットとしている商品だから若い世代に人気のある芸人を起用しよう」あるいは「男性をターゲットとしている商品のインフルエンサーだから、とりあえず20代男性に人気のあるインフルエンサーなら問題ないに違いない」という起用方法では、ターゲット層と乖離してしまう可能性が高くなります。強烈なイメージを持っている芸人を起用するからこそ、芸人のファン層・フォロワー層と商品・サービスのターゲット層がしっかり合致しているか確認するようにしましょう。

炎上リスクに注意する

芸人に限ったわけではありませんが、インフルエンサーの起用時には炎上リスクを常に考えておかなければなりません。特に芸能人や芸人は普段から注目度が高いため、ふとした投稿が原因で炎上してしまう恐れがあります。問題のある投稿ではなくても、悪意のあるアンチファンによって炎上させられてしまうこともあるでしょう。

インフルエンサーマーケティングは最近話題になっている新しい広告手法ですが、影響のある人物によってファン層(フォロワー層)に対してプロモーション活動を行うという点では従来の広告手法と大きな違いはありません。すなわち、起用した芸人が炎上したことにより商品やサービスに対して悪いイメージが付きまとってしまう恐れがあるのです。広告を降板するほどの芸人自身に非がある炎上であれば賠償金などで金銭的な補償は受けられる可能性もありますが、それでも商品・サービスに対してついてしまった悪いイメージが払拭できるわけではありません。

そのため、芸人を起用する際には慎重に選定しましょう。もちろん将来的な炎上リスクを全てチェックすることは不可能ですが、選定の時点で悪い噂がないのかはしっかりチェックしておく必要があります。また、まれに過去の投稿が原因で炎上することもあるので、起用の際には過去の芸人の投稿までしっかりチェックしておくことをおすすめします。

無理な企画は行わない

バラエティ番組などで、芸人の身体を張った収録を目にすることも多いでしょう。芸人を起用するとなると、一般のインフルエンサーを起用する場合とは違い、Instagram上でもそうしたバラエティ番組のような無理な企画ができると勘違いしている人は少なくありません。しかしながら、そうした企画は行わない方が無難です。いわゆる「芸人イジリ」のつもりで企画していても、フォロワーから見るとイジメのように見えて企業イメージ自体が悪くなってしまう恐れがあります。さらに、企画内容によって芸人がケガなどを負った場合は企業アカウント自体が炎上する恐れがあるでしょう。

普段からバラエティで身体を張っている芸人を起用する場合、ファンもそうした起用を望んでいると勘違いしてしまいがちです。しかし、ファンの多くは「テレビではそういう姿を見るのが好きだけど、Instagram上では普段の生活を見たい」と考えるものです。そのため、Instagram上で無理な企画をしても全くファンの需要を満たさずに反感を買ってしまう恐れもあります。

芸人の起用方針に感しては、普段の投稿内容や芸人・マネージャーとの話し合いによって慎重に決めるようにしましょう。特にコンプライアンスに違反するような起用は、芸人が炎上した時以上に企業のブランドイメージを大きく損なう恐れがあるので注意が必要です。

注目度の高い芸人の起用でインフルエンサーマーケティングを進めよう!

芸人のように注目度の高い存在をインフルエンサーとして起用することで、一気に企業や商品・サービスへの注目度を高めることができます。特に若い世代はSNSは使うもののテレビは見ないという人が多いため、インフルエンサー起用によっていままで取りこぼしていたターゲット層を顧客にすることができるかもしれません。

芸人に限らず、若年層をターゲットとするのであれば注目されている人物のインフルエンサー起用が必要不可欠です。このようにターゲットに対してクリティカルなアプローチが可能なインフルエンサーの起用を考えているのであれば、ぜひトリドリマーケティング(旧コラボマーケティング)にご相談ください。最適なインフルエンサーを紹介させていただきます。