ゼロからフォロワーを増やして、クライアントに選ばれやすい投稿をする!人気インスタグラマー・すずきあすかさんのインスタ投稿のテクニックとは?

毎日使うSNSで仕事ができたら――。
そう考える人に人気なのが、インスタグラムなどのSNSに、商品のレビューを投稿し、企業から報酬を受け取る「インフルエンサー」と呼ばれる職業です。「コラボマーケティング」を使えば、企業側は煩わしい交渉をすることなく、「コラボベース」に登録する大勢のインフルエンサーにPR案件をお願いできます。

そもそもコラボベースには、どのようなインフルエンサーがいるのでしょうか?
今回はフォロワー数19千人(11月27日時点)を誇り、女優や声優としても活躍するインスタグラマー・すずきあすかさんにお話を伺いました。
すずきさんはインスタグラムをはじめたばかりの時は、実はフォロワーが全くいない状態だったそう。そこから、どのようにして多くのフォロワーを獲得したのでしょうか? また、「コラボベース」で企業と頻繁にマッチングできる理由なども教えて頂きました!

 

「コラボベース」なら利用料がかからず、数多くのPR案件に応募できる

――「コラボベース」の存在を知ったきっかけを教えてください。

Webやアプリの検索画面で、「PR案件を依頼する企業とマッチングできるサービス」を探していたとき、たまたま見つけたんです。「コラボベース」は企業とインフルエンサーを直にマッチングさせるサービスですが、それぞれから利用料を請求しませんよね。それを知ったとき、「なんてすごいサービスなんだろう……!」と驚きました。

 

—— ほかにも「企業とマッチングできるサービス」は登録していますか?

いくつか登録していますよ。でも、いちばん案件が豊富なのは「コラボベース」ではないでしょうか。だから、「コラボベース」を利用する回数が多いんです。
「モデルとしてPR案件を引き受けられる」など、ほ かのサービスにも利用するメリットはあります。でも、「コラボベース」ほどグルメ系のPR案件は多くない印象です。それに、アプリが開発されていなかったり、アプリがあっても使いにくかったりします。
「コラボベース」は、そういうことがなくて使いやすいんです。

—— 「コラボベース」を使ってみて、ほかにも何か感じたことはありますか?

企業側がインフルエンサーに報酬を支払う「有料案件」よりも、無償でサービスだけを提供してもらえる「無料案件」が多いな、と感じました。報酬が欲しいインフルエンサーにとって、有料案件は魅力的に感じると思います。

 

客観的なアドバイスを取り入れて、フォロワーが増えるアカウントへと育てていく

—— すずきさんは、いつからインスタグラムをはじめたんですか?

3年前くらいです。実は、インスタグラムが流行りだしたとき、アカウントさえ持っていませんでした。その流行を遠目から見ている感じでしたね。でも、だんだんとインスタグラムが気になりだして、アカウントを開設したんです。
女優や声優の仕事もしているので、ありがたいことに応援してくださるファンの方はいるんですよ。でも、インスタグラムのユーザーは、そういうファンの方とは層が違って、最初はフォロワーさんが全くいませんでした。
絶景と言われる風景写真を投稿しても、「いいね」が1桁台のときがあって、「インスタって私には合わないかも……」と思いました。当時はハッシュタグを付けることさえも知らなくて、「どうやって投稿すればいいんだろう?」と悩んでいましたね。


▲現在のすずきさんのアカウント

—— 今は、たくさんのフォロワーがいますよね。どうやって増やしたんですか?

それまでバラバラだった投稿内容を整理し直したんです。
以前は「電車」や「Pokemon GO」など、自分の趣味をジャンル関係なく投稿していました。でも、それを見たセルフプロデュースに詳しい友達から、「この投稿だとフォロワーは増えないよ!」とアドバイスをもらったんです。それからは、その友達に写真を選別してもらったあと、写真をきれいに加工して“インスタ映えする写真”を投稿するようになりましたね。
すると、フォロワーさんがだんだんと増えていくようになったんです。

 

—— 投稿で心がけていることはありますか?

食事についての投稿では、全部の料理について、なるべくコメントするようにしています。そうしたら、「丁寧にPR文を書いてくれそうだから依頼したい」とグルメ系のPR案件の依頼が多くなったからです。
あとは、検索で見つけてもらえるように、ハッシュタグを意識しながら投稿しています。

 

1日に何回も新着案件をチェック。自分に合いそうなPR案件は積極的に応募する

—— すずきさんは、「コラボベース」のPR案件によく採用されていますよね。案件に応募するとき、意識していることはありますか?

ほかのインフルエンサーよりも、なるべく早く応募しようとしています。だから、「今日追加されたPR案件」という通知が届く前に、1日に何回も「コラボベース」を開いて、新着案件をチェックしているんです。
都心に住んでいるので、行きやすい場所であれば、ジャンル関係なく応募して、お仕事につなげていますね。これまで200件くらいは応募しているはずです。不採用になったとしても、「しょうがない」と割り切れるようになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お正月ぶりに会ういとこと女子会してきたよ🐈 実はこうして二人で会うの初めてだった!! そして一緒に写真撮るの忘れた😇 . . 代々木にあるビーフキッチンスタンドさんで飲み放題♪ メニューも多いしおしゃれなサングリアもあるのが嬉しいよね🍷 . アツアツの鉄板とともに登場するビフテキやハンバーグなど、お肉たっぷり食べてお腹いっぱい🎶 ローストビーフもさっぱりしていいよね コンソメのポトフも安心する味でほっこりした~😌 . ビフテキ290円~というコスパもいいお店だから、気軽に肉食ディナーが出来るよ🌟 たくさん飲みながらいっぱい話に花が咲いた~🎶 . . #代々木 #ビーフキッチンスタンド #肉バル #代々木肉バル #pr #コラボベース #女子会 #飲み会 #yoyogi #お酒 #肉 #肉食 #肉食女子 #大山鶏 #からあげ #ステーキ #フライドポテト #ハンバーグ #いとこ #親戚 #サラミ #シャンパン #乾杯 #グルメ #グルメな人と繋がりたい #グルメ好きさんと繋がりたい #食欲 #飯テロ #ご飯 #あすにゃんグルメ

すずきあすか🎙𝔸𝕤𝕦𝕜𝕒 𝕊𝕦𝕫𝕦𝕜𝕚(@suzukiasukadesu)がシェアした投稿 –

 

—— 仕事につながりやすいのは、どんなジャンルのPR案件なんですか?

グルメ系ですね。実は「コラボベース」を利用するまで、グルメ系の投稿はほとんどしていませんでした。外食には滅多に行かない家庭で育ったので、外食しても味の違いがよくわからなかったからです。でも、「コラボベース」のPR案件で、飲食店で食事するようになって、味の違いがわかるようになってきました。美味しい飲食店と出会えたので、「コラボベース」を利用してよかったです。

 

—— 最後に、今後はどんなPR案件に応募してみたいですか?
ファッションが好きなので、お洋服を提供してもらえるPR案件があれば、応募してみたいですね。実店舗でお洋服を購入して、そのレビューを投稿するPR案件も面白そうです。
「この商品はしっかりとPRできそう」と思ったPR案件には、積極的に応募しています。企業の担当者の方には、私のインスタをじっくりと見ていただき、私がその案件にマッチするかどうかを判断してほしいと思います。

 

すずきあすかさん
■Instagram:https://www.instagram.com/suzukiasukadesu/

詳しくはこちら↓