毎投稿25個のタグを手間をかけ厳選! フォロワー数4.6万インフルエンサーの「隠れた努力」

プライベートでInstagramを始めてその楽しさにハマり、インフルエンサーへの道を歩み始めた小林由依さん(@yui.minny.now)。

毎日一投稿のアップ、各投稿に手間をかけて選んだ20個以上のタグ付け、投稿内容はフォロワーの興味関心に沿ったもの……など多くのルールを設け、コツコツと投稿を続けて現在4.6万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーとして活躍しています。

PR投稿に取り組む際も、その真面目な姿勢は変わりません。今回はそんな小林さんに、Instagramを仕事にしようと思ったきっかけや、投稿のときに意識していること、また、魅力的に感じるキャンペーンの特徴などについて伺ってきました。

 

はじまりは「写真が好き!」。地道な努力でインフルエンサーに

—— まず、小林さんがインフルエンサーになった背景を教えてください。

もともとはプライベート用として、日常のささいなことをアップしていました。YouTubeやTwitterなどほかのSNSのアカウントも持っているのですが、写真が好きなので、自然とInstagramに力を入れるようになったと記憶しています。そのうちフォロワーの数も増え、投稿に手応えを感じて徐々に楽しくなってきて。それで、これを仕事にできないかなと思うようになりました。

—— プライベート用から仕事用に切り替えようと決めたとき、フォロワー数を増やすために工夫したことなどはありますか?

一番力を入れたのは、投稿数と頻度を増やすこと。なるべく毎日投稿してみんなに忘れられないようにしました。あと、それまでは日常のことをアップしていましたが、やりたい仕事に取り組みやすいように、トレーニングやグルメ、おでかけスポットなどの投稿を増やしました。

また、ハッシュタグは毎投稿25個ぐらいつけているのですが、ひとつひとつ検索して、これは人気投稿に載りそうだと判断したものしかつけないようにしています。

—— 25個ものハッシュタグをひとつひとつ検索しているんですか!? ものすごく手間がかかってるんですね!

実はそうなんです(笑)。あと、写真は自分が納得したものでないと絶対に使わないようにしています。暗すぎないこと、色味を揃えることなど、プロフィール画面を見たときに全体のバランスがとれているかどうかも、意識するポイントです。

 

投稿は、内容選びから画像・テキストまで、徹底的な「フォロワー目線」で

—— 普段からとても丁寧に投稿されてらっしゃる印象を受けましたが、PR投稿に取り組むとき意識していることがあれば教えてください。

通常の投稿とも共通する部分ですが、基本的には自分が興味のある内容を投稿するものの、「それがフォロワー層に人気が出そうか」という点は必ず意識するようにしています。

—— 小林さんの現在のフォロワーは、どんな層なのですか?

全体の8〜9割が男性だと思います。

—— そうなんですね。では「フォロワー層に人気が出そうか意識する」というのは、たとえばグルメのPRをするときには焼き肉店を選ぶといった感じでしょうか。

そういう場合もありますが、女性向けのお店でも、「デートで女性を連れてくると喜びますよ」とコメントをつけて紹介するケースが多いですね。逆に、自分がどんなに興味があっても、そうした視点の置き換えでは補えない高級すぎるサービスのPRや、フォロワーさんが興味を持ちにくいサービスのPRはあまりやらないようにしています。

—— 素材選びからフォロワーさん視点に立って考えているんですね。投稿内容にはどんな工夫がありますか?

投稿内容の工夫はいくつかポイントがあって。まず、グルメ投稿のときは料理だけじゃなく自分も一緒に写った写真を一枚目に投稿しています。そのほうがフォロワーさんの反応が圧倒的に良いんです。

あとは、写真では伝わらない部分も動画だと伝わるので、よく投稿の2枚目以降に動画を差し込んでいます。自分の動画も出していたりするんですけど、自然な様子が伝わるようで、結構好評なんですよ。

テキスト部分では、マイナスなことを書かないのは大前提ですが、初めて行く人にも分かりやすいように丁寧に・長く書くことを意識しています。あと、投稿についたコメントには必ず返信するようにしていますね。

—— なるほど……。教えてもらったポイントは通常の投稿にも共通すると思うのですが、PR投稿ならではのポイントはありますか?

そうですね……、PR投稿の場合、もちろんハッシュタグに「PR」とつけるのですが、なるべくそのサービスやモノを好きで利用していることが伝わる投稿を意識しています。自分が本当に興味のあるキャンペーンにしか応募しないので、そもそも嘘はないのですが、PR色が全面に出ると、どうしても自然な投稿ではなくなってしまうので……。

 

魅力的なキャンペーンはやっぱり「見た目のインパクト」が肝心!

—— toridori base(トリドリベース)を使っていて、パッと目に留まって「いいな」と感じるキャンペーンはどんなものが多いと感じますか?

写真が鮮やかだったり綺麗だったりするものは目を引かれますね。Instagramは画像中心のSNSなので、映える写真が撮れるキャンペーンはポイントが高いです。

グルメ投稿でも、見た目のインパクトが大きいメニューがあるだけで、フォロワーさんの反応がすごく良くなるんです。クリスマス、バレンタイン……など、季節に合ったサービスも反応が良いですね。

あと、審査が早いキャンペーンは予定を立てやすいので応募意欲が高まります。

—— 小林さんがこれまで取り組んだなかで、印象に残っているキャンペーンはどんなものですか?

浅草の着物レンタルのPRキャンペーンです。友人も誘っていいという条件だったので、みんなで着物を着て浅草を巡ったのがいい思い出です。

あと、長野県にあるスキー場のホテルに泊まったキャンペーンも楽しかったですね。宿泊までできるキャンペーンはなかなかないので、これからもっと増えてほしいと思います。

—— 楽しんでもらえるキャンペーンが増えるよう頑張ります! 最後に、インフルエンサーとしての今後の意気込みを教えてください。

今は、フォロワーさんの数をもっともっと増やすことが第一の目標です。1日150〜300人単位で増えてきているのでその増加率をキープしたいのと、これからは増やすだけじゃなく、どんな層のフォロワーさんを増やしていきたいかを真剣に考えたいと思っています。

—— そこでもまた小林さんの努力が光ってきそうですね……。本日はありがとうございました!

 

 

小林由依|こばゆい さん
■Instagram:@yui.minny.now