人気な子供ユーチューバーランキングと企業との提携事例

子供ユーチューバーと提携する企業が急増中

インフルエンサ―の中でもユーチューバーは、ヒカキンさんやセイキンさんを始め目にする機会が多いという人もいるでしょう。そのようにユーチューバーとして活躍しているのは、大人だけではありません。現在は子供ユーチューバーも非常に活躍の場面が多く、その知名度の高さから企業と提携している子供ユーチューバーも少なくはありません。

しかし「子供ユーチューバー」と言いつつ、実は子供単体で活動しているユーチューバーはそれほど多くはありません。多くの子供ユーチューバーは、自分だけではなく両親や兄弟を始めとした家族と一緒に動画に出演しています。そういったユーチューバーを特別に「ファミリーユーチューバー」ということもありますが、この記事では子供ユーチューバーもファミリーユーチューバーもまとめて「子供ユーチューバー」として、企業との提携事例や起用する際のメリット・デメリットを解説していきます。

現在人気のある子供ユーチューバーTOP7!実際の企業との提携事例も

ヒカキンさんやセイキンさんなど、大人のユーチューバーはテレビなどへの露出も多いのが特徴です。しかしながら、子供ユーチューバーはテレビには出演しない場合が多いので、有名な子供ユーチューバーでも一般への知名度はそれほど高くはないというケースも少なくはありません。

ここでは、知らない人も多い子供ユーチューバーの中から、特に現在人気沸騰中の子供ユーチューバーを7名紹介していきます。実際にどのように企業と提携しているかも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

【7位】がっちゃんねる★TheGacchannel


「がっちゃんねる★TheGacchannel」はプラレールやミニカーなど、男の子向けのおもちゃが好きな男の子のユーチューバーです。そうしたおもちゃで遊ぶ動画を投稿しているので、実際に買おうか迷っている人がCM以上の使用感を把握できるということで人気を集めています。しかしながら、おもちゃの遊び方を紹介する子供ユーチューバーは決して珍しい存在ではありません。その中で「がっちゃんねる★TheGacchannel」はおもちゃの遊び方以外の内容も非常に好評です。

「がっちゃんねる★TheGacchannel」では鉄道の施設やイベントにお出かけする動画が投稿されることもあります。鉄道が好きでも距離が遠くてなかなか行けないという人はもちろん、実際に行くか迷っている人が動画を見て決断できるというのは大きな特徴です。

そんな「がっちゃんねる★TheGacchannel」の企業との提携事例は、もちろんミニカーブランドとの提携です。アメリカのマテル社が展開している人気ミニカーブランド「ホットウィール」の「ツイストクラッシュ・トラックビルダー クリエイトクラッシュ・トラックビルダー スターターボックス」でダイナミックに遊ぶ様子が紹介されました。

この「ホットウィール」は日本ではあまり知られていませんが、実は50年以上の歴史を持ち世界中にファンの多いミニカーブランドです。ホットウィール特有のダイナミックな遊び方をテレビや店頭だけで紹介するのは非常に難しいですが、「がっちゃんねる★TheGacchannel」と提携したことで分かりやすく遊び方を紹介することができた好例だと言えるでしょう。

【6位】70cleam


ユーチューバーにも色々なタイプがいますが、子供ユーチューバーの場合は実際におもちゃで遊んでいる様子を紹介する動画がほとんどなので、子供自身が動画に出ているものが非常に多くなります。しかし、この「70cleam」は一味違い、子供が顔出しせずにおもちゃを紹介しているのが特徴です。

動画には女の子が登場していますが、他の子供ユーチューバーとは違い顔も名前も公開されていません。しかしながら、しっかりおもちゃで遊んでいる様子を見ることは可能なので、商品の遊び方を知りたいという消費者のニーズは満たしています。

そんな秘密主義で海外にもファンの多い「70cleam」と提携しているのは、ピープル株式会社の「ぽぽちゃん」人形シリーズの一つ、「おしゃべり総合クリニックに変身!ぽぽちゃん救急車」です。ぽぽちゃん人形はお人形遊びが好きな女の子に人気のおもちゃですが、こちらのシリーズはお医者さんごっこができるということもあり詳しい紹介をする方が消費者にとって訴求力が高くなるとの判断でしょう。

さらに、「70cleam」ではこちらの提携事例の前から頻繁に「ぽぽちゃん」の違うシリーズで遊ぶ様子を撮影した動画が公開されています。すなわち、「70cleam」のチャンネルを投稿している人の中には「ぽぽちゃん」への潜在的な需要を持っている人もかなり多いと推測できるため、企業の起用方針として非常に理にかなっていると言えるでしょう。

【5位】プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV

「プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TVは、冒頭で紹介したように子供単体のユーチューバーで活動しているのではなく、ファミリーユーチューバーとしての活躍が目立つチャンネルです。「プリンセス姫」というチャンネル名通り、「ひめちゃん」を始め、「おうくん」「パパ」「ママ」「もとちゃん」を含めた5人での動画が多く投稿されています。

投稿内容は子供ユーチューバーの定番でもあるおもちゃやお出かけの様子を撮影したものに加え、演劇やミステリー風のドラマ動画も投稿されています。子供ユーチューバーの主なファン層は同年代もしくは少し年下の子供が多いと言われていますが、この「プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV」は子供だけではなく大人も楽しめるという点で、少し違った特徴があります。

「プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV」の提携事例は、他の多くの子供ユーチューバーとは違いヤフー株式会社が開催した「全国統一防災模試」です。災害に対する自分の「防災力」をアプリで期間限定で測定できるというキャンペーンのPR活動を行いました。

動画の内容は、いつものメンバーが実際に「全国統一防災模試」を受けつつ防災に関する知識を得ていくというドラマ仕立ての内容です。防災に向けた内容はニュースやネットでも簡単に手に入れることができる時代ですが、ファミリーユーチューバーを起用することで子供も含めて誰でも気軽に閲覧することができるというメリットがあります。

【4位】HIMAWARIちゃんねる


「まーちゃん」と「おーちゃん」の2人の姉妹が主に活動している「HIMAWARIちゃんねる」は、他の兄弟や両親が出演することもあり、動画の内容に応じて登場人物を臨機応変に追加しているファミリーユーチューバーのチャンネルです。動画の内容はおもちゃの紹介だけではなく、知育菓子の使い方や季節のイベントなどの四季折々の雰囲気を感じられる内容になっています。

メインで出演している「まーちゃん」と「おーちゃん」が女の子のなので、それに準じて紹介されるおもちゃやイベントも女の子向けのものが多く、女の子のファンが非常に多いチェンネルです。また、この「HIMAWARIちゃんねる」は動画の投稿が頻繁なことでも注目を集めているアカウントです。

株式会社タカラトミーの「とんで!オウリー」と提携していて、動画で商品を紹介するのはもちろん、テーマソングを歌ってり商品の公式サイト内で出演しているなど、活躍の場がYouTubeに限られがちな子供ユーチューバーの中では少し違った活躍をしています。動画内容自体も「まーちゃん」と「おーちゃん」の2人が「とんで!オウリー」で一緒に遊ぶ仲睦まじい内容となっていて、子供の「欲しい」という欲求を非常に刺激するクオリティの高さです。

【3位】なーちゃんねる(Naaachannel)


子供ユーチューバーのチャンネルには子供の名前をもじったものを使われている例が非常に多いですが、この「なーちゃんねる(Naaachannel)」の「なーちゃん」は子供ではなくお母さんの名前です。お母さんの「なーちゃん」と、息子の「こうちゃん」が2人で出演し、アンパンマンやウルトラマンといった男の子に人気の高いアニメのおもちゃや仮面ライダーやウルトラマンといった特撮のおもちゃを紹介したり、恐竜や虫など男の子が興味を持ちやすいジャンルに関する動画もたくさん投稿しています。先ほど紹介した「HIMAWARIちゃんねる」が比較的女の子向けの内容が多いのに対し、この「なーちゃんねる(Naaachannel)」は男の子の心を掴む内容です。

ただし、この「なーちゃんねる(Naaachannel)」の動画の投稿自体はそれほど多くはありません。他の子供ユーチューバと比べると低い投稿頻度ですし、季節ごとのイベントなども特別実施することはありません。しかしながら、英文タイトルやキャプションを駆使して海外の視聴者にも親切な動画という特徴があります。

「なーちゃんねる(Naaachannel)」が提携した企業は、おもちゃの会社ではありません。サンヨー食品株式会社の非常に有名な即席麺である「サッポロ一番」とタイアップした動画を投稿しました。ドラマ仕立ての動画の内容は、「サッポロ一番」の商品アレンジを親子2人で楽しく作るものです。

子供はおもちゃにも強い興味を示しますが、一方でお母さんと一緒に料理をすることに憧れを持っている子も多いでしょう。お母さんも「大きくなってきたから、そろそろ料理に興味を持たせたい」と考えている人も少なくはありません。そんな双方の需要を刺激しつつ、即席麺という比較的難易度の低いアレンジレシピを紹介していることで、何度も視聴された動画になっています。

【2位】キッズライン♡Kids Line


「キッズライン♡Kids Line」は「こうくん」と「ねみちゃん」の子供ユーチューバーそれぞれが、お父さん・お母さんと一緒におもちゃで遊んだりイベントに出かける様子を放送しているチャンネルです。これだけだと他の子供ユーチューバーの投稿との差別化が非常に難しくなってしまいますが、この「キッズライン♡Kids Line」はご家族全員がドラマを好きという一家であり、動画も全体的にストーリー性が高く非常に見やすいものになっています。

チャンネル登録数は非公開となっていますが、一番閲覧されている動画は日本人の人口の約3倍にあたる3.6億回もの再生数があるという人気子供ユーチューバーです。投稿数に関しても1日に2~3回投稿されることも多く、動画のクオリティと投稿頻度という点では他のユーチューバーの追随を許さない存在です。日本の子供ユーチューバーの中ではトップクラスのチャンネルだと言えるでしょう。

他の子供ユーチューバーのチャンネルとは一味違う「キッズライン♡Kids Line」の提携事例は、日本赤十字社とのタイアップです。日本赤十字社は「いのちと献血俳句コンテスト」を定期的に行っていますが、13回目の「日本赤十字社第13回 赤十字・いのちと俳句コンテスト」の開催を「キッズライン♡Kids Line」がPRしました。

大人は献血者などが会社に来る機会もあるので献血の知名度は高いですが、子供の中ではまだまだ献血の知名度は高くありません。しかしながら、多くの子供のファンを持つ「キッズライン♡Kids Line」がPRを行うことによって、子供の中での献血の知名度を飛躍的に上昇させることに成功しました。テーマ的には難しいように感じる人も多いかもしれませんが、「キッズライン♡Kids Line」の特徴であるストーリー性を活かした動画内容で、しっかりした内容ながらもお遊戯風に伝えて子供にも非常に分かりやすく興味を惹くような動画となっています。

【1位】Kan & Aki’s CHANNELかんあきチャンネル

「Kan & Aki’s CHANNELかんあきチャンネル」は「かんなちゃん」「あきらちゃん」「あさひちゃん」「ぎんたくん」の子供4人が出演しながら、おもちゃや知育菓子の紹介も行っている子供ユーチューバーのチャンネルです。動画の内容は基本的に4人のみの出演ですが、コメント返信や動画の編集、チャンネルの管理などはお母さんが行っていることもあり、広義の意味でファミリーユーチューバーだと言うことができるでしょう。

先ほどご紹介した「キッズライン♡Kids Line」同様に「Kan & Aki’s CHANNELかんあきチャンネル」も、動画のクオリティ・投稿頻度という点で非常にレベルが高く、日本で一、二を争う子供ユーチューバーのチャンネルだと言っても良いでしょう。

そんな「Kan & Aki’s CHANNELかんあきチャンネル」の企業との提携事例は株式会社ブリヂストンです。タイヤ製品で有名な株式会社ブリヂストンですが、実は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて「ブリヂストン × オリンピック × パラリンピック a GO GO !」というイベントの中で「GO GO 体操」という公式体操を行っています。

この「ブリヂストン × オリンピック × パラリンピック a GO GO !」というイベントはオリンピック・パラリンピックをイメージした運動や体操、アトラクションを通して地域社会への貢献を目指しており、全国各地で開催されています。しかしまだまだ知名度が低く、東京オリンピック・パラリンピックを楽しみにしている子供に人気の「Kan & Aki’s CHANNELかんあきチャンネル」を起用してPR活動を行うことで知名度の上昇に成功しました。

子供ユーチューバーを起用するメリットとデメリット

子供ユーチューバーはインフルエンサーの中でも子供のファン層が最も多く、消費者の購入意欲を刺激する際に非常に効果的なインフルエンサ―の一ジャンルです。しかし一方で、企業が子供ユーチューバーを起用する際には把握しておかなければならないデメリットが存在していることも事実です。

ここでは、子供ユーチューバーを起用する際のメリットと、起用を検討する段階で考えておかなければならないデメリットをそれぞれ3つずつ紹介していきます。必ずメリット・デメリットのどちらも把握してから起用の検討を行うようにしましょう。

【メリット①】子供の購買意欲をダイレクトに刺激

子供ユーチューバーの主なファン層は当然ながら同年代もしくはそれ以下の子供達です。しかしながら、最近はテレビCMの中でおもちゃのCMを行う企業も減り、なかなか子供の購買意欲をかきたてることが難しくなってきています。そんな中で子供ユーチューバーを起用すると、子供達に対して魅力的なおもちゃやお菓子、イベントの紹介を詳細に行うことができます。

特に、既に有名な子供ユーチューバーを起用すれば、チャンネル登録をしている多くの子供達の購買意欲をダイレクトに刺激することが可能です。子供が見ているかどうか分からないテレビCMに対して広告費用を使うよりも、子供ユーチューバーを起用して自社製品のCMを行った方が効果が高くなる場合もあるでしょう。

【メリット②】購入層にも分かりやすく伝達可能

子供のおもちゃを欲しがるのは基本的に子供ですが、当然ながらおもちゃを直接購入するのが子供ではなく両親や祖父母の世代です。そのため、子供の購買意欲を刺激するだけではすぐに消費活動に繋がらないケースも珍しくはありません。子供にとっては非常に魅力的な商品でも、大人の目線で見ると「すぐに遊ばなくなりそう」「こんなのに高いお金をかけても、あまり使わないかもしれない」という感想になってしまうこともあるでしょう。

そこで子供ユーチューバーを起用すると、子供が実際に遊んでいる様子を購入層に対して分かりやすく伝えることができます。子供ユーチューバーに大人目線では気付けない色々な遊び方をしてもらうことで「すぐに遊ばなくなりそうだから買いたくない」という意識を「色々な遊び方ができそうで飽きないだろうから買ってみよう」という意識に変化させることができます。子供の購買意欲をダイレクトに刺激するだけではないので、直接の消費行動に繋がる可能性が高くなります。

【メリット③】再生数を稼ぎやすい

大人をターゲットにしている動画は多く、一度話題になってもすぐに違う動画の方が人気を集めてしまうケースも少なくはありません。また、大人は一つのジャンルだけではなく様々なジャンルのチャンネルに登録しているケースも多く、一つの動画で大量の再生数を稼ぐのは意外に難しいと言われています。

しかし、子供は大人よりも興味を持っているジャンルが少なく、仮に多くのジャンルに興味がある子供であっても「おもちゃ・お菓子・お出かけ」を網羅しておくことで一つのチャンネル登録で満足する可能性が非常に高くなります。そのため、先ほど「キッズライン♡Kids Line」の項目で紹介したように一つの動画で3.6億を超える再生数を稼ぐことも可能になります。

動画の再生数が伸びればそれだけ企業の知名度の向上や商品の周知に繋がるだけではなく、今まで興味がなかったそうに対して訴求力を与えることも可能になります。再生数が稼ぎやすいというのは、子供ユーチューバーを起用する上で非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

【デメリット①】新陳代謝が活発

消費者の購買意欲を大きく刺激することができる子供ユーチューバーの起用ですが、一方で新陳代謝が非常に活発というデメリットもあります。子供の成長は速いため、人気のある子供ユーチューバーを起用してもすぐに商品の対象年齢を過ぎてしまうことも多々あります。それを見込んで対象年齢より年下の子供ユーチューバーを起用しても、それはそれで商品の魅力を十分に伝えることができなかったり、商品のターゲット層と子供ユーチューバーのファン層の年齢が乖離してしまい、起用の効果を得られません。

子供向けの商品は一歳ごとに特徴が大きく違うということも少なくはないので、どの商品にどの子供ユーチューバーを起用するのか慎重に見極める必要があります。また、一つの起用が成功してもそれに安心せずにすぐに次世代を担える子供ユーチューバーを探す必要もあるでしょう。大人のユーチューバーを起用する場合に比べ、起用する子供ユーチューバーを選定するためのコストが大きくなってしまいがちです。

【デメリット②】「子供ユーチューバー」に批判的な人も多い

最近はユーチューバーの知名度の向上に伴い、子供ユーチューバーの存在も広く認知されてきています。しかしながら、子供ユーチューバーは基本的に幼稚園から小学校の子供が活躍しています。学校や習い事、友達との遊びで忙しい時期の子供ユーチューバーを起用して企業の宣伝をさせることに対して批判的な意識を持っている人も少なくはありません。

子供ユーチューバーと同年代の子供達にとって子供ユーチューバーは憧れの的ですが、実際の購入層である大人世代や祖父母世代の中には「子供ユーチューバーを起用している企業の商品を購入するのは抵抗がある」と考える人もいます。芸能事務所に所属している子役を起用するのはコストがかかってしまいますが、そのコストをかけた方が子供ユーチューバーに対して批判的な人への訴求力が期待できるというケースもあります。

【デメリット③】子供の顔出しによるリスクも!

「70cleam」のような例を除き、多くの子供ユーチューバーは実際に顔を出して活動しています。そのため、子供が顔出しをしていることに対するリスクも企業は考慮しておかなければなりません。芸能人でもない未成年の子供が顔出しをして活動していることに対して批判的な立場の人がいることはもちろん、顔出しをしている子供たちが学校でいじめ問題を起こしたり万引きなどの犯罪を起こすことで企業のイメージ自体が悪くなってしまう可能性もあります。

これらのリスクは、芸能事務所に所属している子役や大人ユーチューバーを起用する際にも考慮しておかなければならないリスクですが、子供ユーチューバーは子役や大人ユーチューバーに比べてプロ意識が低かったり、危機管理能力が低いということも非常に多くあります。そのため、実際に顔出しをしている子供ユーチューバーを起用する際には万が一の事態も考慮しておいた方が良いでしょう。

メリットとデメリットを理解して子供ユーチューバーを起用してみよう!

子供ユーチューバーの起用には賛否両論あり、メリットもデメリットもたくさん存在しています。しかしながら、デメリットを理解してリスクヘッジをしておけば子供ユーチューバーを起用することで消費者の消費意欲を大きく刺激することが可能なのは確かな事実です。

しかし、先ほどデメリットの項目で紹介した通り、子供ユーチューバーは新陳代謝が非常に活発で起用が難しいという側面もあります。広告のたびに適したファン層を持つ子供ユーチューバーの選定を行うのが難しい企業も少なくはないでしょう。そうした場合は、「コラボマーケティング」のサービスを使用することで、適した年齢層のファン層を持つ子供ユーチューバーの起用ができるだけではなく、次世代を担う子供ユーチューバーを継続的に探すことも可能になります。大人ユーチューバーよりも選定にコストがかかりがちな子供ユーチューバーを起用する際には、「コラボマーケティング」を使用して効率良く選定作業を行いましょう。